リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 悠長 | トップページ | それ「政治的戦略」 »

2006年12月 6日 (水)

edyにまつわるエトセトラ

…懐かしい歌みたいだな。

ICカード覗きシステム(やらしいな)「パソリ」は、鉄道カードに関する限り、本当に覗き機能しか持たないが、edyがあると途端にその利便性を増す。

家からカードにチャージが出来るのだ。

大体電子マネーなんてのは落としたら最後だし、どこでも使えるわけではないので、特段持つ気はなかったのだが、持たざるを得ない事態が2005年に発生した。

大げさに書いたが要するに、愛知万博のサテライト会場「ポケモンパーク」の決済が全部edyだっだのだ。「持ってるヤツはチャージしろ。持ってないならedy買え」なのである。

買わざるを得ないじゃないか。

で、それっきりポケモンデザインのedyが財布の中で腐っておったわけだ。

それがここにきて、一念発起したがごとく使う気になった。

理由は幾つかある。ICカードの増加とパソリの導入、そしてedyの使える店が次第に増えてきたこと。とりわけ、高速道路のSAPAに突っ込もうという動きが出始めたのが大きい。現金が無くてもedyがあるというのは安心でもあるからだ。

てなわけでedyを家からチャージできるようにする。手続きは簡単で、持ってるedyとクレカ番号をビットワレット(edyを展開している会社)に登録する。そんだけ。パソリ付属のソフトを起動し、クリックしてぴっぴ。クレカ登録が入るので2~3日のタイムラグはあるが、これでedyに家からチャージ可能となる。

可能となったので適当に突っ込んでみる。コレって実は逆に、高額決済に際して現金うぞうぞ出すよりスマートだよなぁとか思う。

さて本日は妻子が栄で舞台見物。夕刻待ち合わせて飯でも食おうかと。ちょうどいいからedy決済してみようか。

 

と鼻息荒く行ったモノの、その店は非対応なのであった_||○←世の中こんなもんだ

« 悠長 | トップページ | それ「政治的戦略」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 悠長 | トップページ | それ「政治的戦略」 »

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック