リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« うずまきいっこ | トップページ | 寝坊して、うろついて、汽車が走って »

2007年9月 7日 (金)

ケッコン記念日に寄す

だいたいイタズラ好きだが(37歳が書く文章のツカミか)、「驚愕をもたらした」という点で最大の成功例はこれだろう。
「カチョ、直前ですいません、明日金曜なんですが、休暇を頂戴致したく」
(いかにも緊急という感じの深刻な顔で)
「ん、何かあったか?」
「はぁ、結婚式で」
「ほぉ、社内の人か?」
「はい、自分のです」
「お前結婚すんのかっ!」
課内の男共は一斉にこっち見るわ、庶務ギャルさんが
「え~っ!!」
って大声出すからフロア中がこっち見るわ果ては研究所の所長(同じフロアのドア向こう)が何事かと顔出して大騒ぎ。
ちなみにオレはプライベートは一切語らない「クールな一匹狼のヲタク」(なんじゃそら)で通っていたから、初めて口にした「プライベート」がこれとあっては破壊力メガトン級。
「いつからどこで…○○さん電報の準備を」
「あーいらないですジミ婚ですから」
1回しか使えない爆弾。有効に使わせて頂きました。

さて結婚となると新生活の立ち上げという奴でいろいろ物いり。住居は社宅として、生活用品のうち音響映像関係は自分の第2システムを持ち込んで。
必要になるのが台所回り。電機メーカーの人間ですから自前で揃いますワナ。構内売店に立ち寄ってカタログをひょいひょい取って、
「あのーすいません」
「はいはい」
「これこれこれこれこれこれください」
「あらご結婚か何かですか?」
(満面の笑み)
「ええまぁ」
「では30万円以上のお買いあげですので、送料無料で5%お値引きさせていただきます」
そう来なくちゃ。

一方妻の方はというと、元より名古屋娘なので、親が娘にドーンと持たせるのがスタイル。なのでそちらはそちらで少々生活用品を用意して下さるという。
『家具屋のトラックに荷物も積んでもらうことにしたんで』
問題はこの後。荷室の横っ面に「寿」と大書きしてあるトラックでというのだ。Baka

『透明で中が見えて、バックしちゃいけなくて(嫁に行くのが戻るなど縁起でもないってこと)、最後に近所にモチまきして』
名古屋嫁入りの伝統スタイルだとか。
『紅白幕を付ける場合も…』
湘南の朝陽に煌めく寿トラックかい。
さすがに、湘南を疾走するには奇異な姿になるので、オプションフル装備はお控えいただいた。

んで、結婚式当日。人生最大の儀式と言っていいのだが、緊張するタマではないのであしからず。家族で入り、式場最上階レストランでお茶して紋付きメタモルフォーゼ。妻は白無垢。
「重い」
そらそや。式は神前式。誓いの言葉に三三九度。うわっ本物の日本酒じゃねーか。
ちなみにオレがアルコールを食道より奥へ入れたのは後にも先にもこの時の杯だけ。
衣装替えしてチャペルでパチリ。妻の場合ウェイディングドレスだと「かわいいお嫁さん」に仕上がったので、是が非でも写真だけ撮っておこうと思ったわけ。
式後は家族で食事会。横浜なので?てゆーか事前の食べ比べで選定した中華フルコース。
終わって自分の式のお勘定(笑)。
「デビッドカードで」
現ナマはみっともないだろ。
さてこれで式は終了。帰宅先は新居。まずヤッたのが…
…なにカンチガイしてるんだよ。婚姻届を市役所に持って行くんだよ。
5時はとうに過ぎているのでガードマン氏に。
「今日はもう終わりましたよ」
だーかーら!婚姻届は無関係なの。事務作業自体は明日かも知れないけど婚姻成立日は出した日になるの。
もうひとり出てきてどうにか解決。ああ、びっくりした。
これでようやく二人の生活がスタート。際して妻に伝えたのがオレの取扱説明書及びテレビチャンネルの読替表、及び…
「コーミソースは売ってません」
「えーっ!」
「みそ煮込みうどんも寿がきやラーメンもありません」
名古屋と関東の文化の違い。
クルマで駆けつける郊外スーパーに対して、ちゃりんこでうろつき回る駅前商店街。
食材も違うし味付けも違う。
そんなこんなしながら「なんにもわからない」から始まった新米夫婦。

時を経て名古屋に移り。
家族も増え。
当時住んでいた社宅は民間に払い下げられて立派なマンションに変わったけれど。
我々夫婦の出発点がそこであることは今でも変わらない。
本籍を変更するのは、安住の地を得てからにするつもり。
今日からまた一歩。

« うずまきいっこ | トップページ | 寝坊して、うろついて、汽車が走って »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« うずまきいっこ | トップページ | 寝坊して、うろついて、汽車が走って »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック