リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 仕事が楽しい(^^) | トップページ | 悪いことしようぜ »

2008年5月16日 (金)

FTAジサクジエン自画自賛

FTA。Fault Tree Analysis。
故障の原因をなんで?なんで?と原因へ向かって探っていって、木の枝みたいな形の図にまとめるヤツ。

…経験ある方はご存じの通り。普通にやると煮詰まって発想が枯渇し、肝心な原因に行き着く手前で行き倒れる。因果関係がおかしくなったり、堂々巡りになったり、「コレに違いない!」と決めつけた原因をこじつけるような筋の通らない図ができたり。

一方品質工学ってのは筋は通っているが、概念説明してもなかなか理解いただけない。
「理想と現実の乖離を埋める」
と、一般観念を言うと、
「理想って効率100%とか考えるのかアホ」
って返ってくる。そ~じゃね~んだって。グラフにした時のローカスの形はどれがいいかって問いかけだっての。
極端かつ難しく捉えすぎ。

んじゃ、ってんで、↓Oパブ氏依頼のネタを品質工学の考え方で捌いてFTAにまとめてみることにした。結果の姿があくまで「FTA」であり、内容に納得行けばプロセスはどうでもいいはずだからだ。どうやら品質工学の概念を浸透させるには、品質工学という言葉を出さずに、サブリミナル的にスピリッツだけを植え付けるのがいいらしいw。
もちろん、この作業はその15分でたどり着いたネタの「見える化」、及びそれ以外にも何か無いか洗い出すことも兼ねている。ちなみに品質工学に覚えのある方向けに説明すると、理想は理想はとミニマル反復でy=βMが書けるレベルまで事象を分解しつつ、途中途中の「乱す要因」を書きだして、因果関係で結び直してFTAに起こすわけだ。

やってみた。
壊れた。なんで?熱破壊だ。なんで?電力食い過ぎか放熱が不足か。
え?理想と現実比較じゃないのか?いいの、頭からケツまでそれだけに固執することはないの。やりやすい発想法で手持ちの手段で、y=βMに帰着できる基本点「数値とグラフで関係が表現できる」レベルまで掘り下げてからでいいの。
続けるよ。企業秘密という程じゃない。電力食いすぎるのは電圧と電流と内部抵抗と…
ああ。
それはミニマル反復。
生み出たパルスの伝搬と回帰。
回帰したパルスがさらに生み出す新たなパルス。
出るわ出るわ湯水の如く。電気接続、機械構造。理想はなあに?乱すのなあに?
それの理想は?乱すのは?無理に乱そうとしてみると?
思い浮かぶままパワーポイントにたたき込む。理想→現実。ギャップの候補。
ギャップの中身の理想と現実。繰り返す繰り返すスパイラルスパイラル。
トランス状態w。
すっげー。おいエンジニアのみんな。品質工学で故障原因究明やってみ。

FTA作るのがめっちゃ楽しい♪

叩き出したパワーポイント。思考の過程を書き留めるため。書きだしたそれはそのまま資料。
煮詰まらないよ。原点回帰の繰り返し。前へ前へ辿って行くだけ。筋道は常に見えたまま。
15分のネタも出てきた。それ以外のネタも出た。過去に起こった事例も出てきた。
モーツァルトは言いました。曲は完成されて頭で鳴ってる。僕はそれを楽譜に書くだけ。
相対論の速度の極限、ニュートン式に帰着する。超ひも理論の方程式には「4つの力が」含まれる。
アナロジーが力を与える。それと同じね似ているね。それらはみんな真理だったね。
真理はレーザビームのように、行く先を遠く照らし出す。たとえそれは遠くても、照らされている見えている。
パワーポイント午前一杯。言葉を拾ってエクセルコピペ。体裁揃えて罫線引いて。
今回該当○印。その他該当△マーク。それらは理想を乱すもの。設計時点の注意点。
だったらついでにそう書いておくか。こっちはラインの作り方だね。
出来上がったFTA。定時まであと30分。一人で作って8時間。Oパブ氏のリクエスト、OK勿論含まれる。しかもどころか、彼が求めたそれだけじゃない。

それも含んだとあるパーツのあらゆる故障の原因リスト!

100項目。

「多すぎて手が回らないんじゃない?」
一個一個は単純だし(ソフトの設定値を一ついじるとか)、手当てすべきが設計なのか製造ラインなのかどうしようもない(自然の摂理に伴う)のか、全部同時に示してある。できる範囲でやればいい。
とりあえずOパブ氏の問いに対する答えとなる18の疑わしい内容についてピックアップしてメールに書いて飛ばす。全体はエクセルを、思考の経過はパワーポイントを見てね。
で、書きだして気付く。あれ?このリストって。

・あってはならない回路が何かの原因でできてしまうグループ
・動くはずのないところで半導体部品が動作してしまうグループ

に別れるじゃん。じゃぁそう分けておけ。
うん。部品に余計な電流が流れるって要はこのどっちかじゃんか。

他に何か?いや、ありゃ出せばいいのよ。そこからまた行き着くかも知れない。

※おまけ:ニコ動のアカウントお持ちの方は、この記事のBGMにこちらをどうぞ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm325368
…だからトランスのミニマル反復そのものなんだってば。大好き大好き大好き大好きw

« 仕事が楽しい(^^) | トップページ | 悪いことしようぜ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 仕事が楽しい(^^) | トップページ | 悪いことしようぜ »

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック