リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 小ネタ集 | トップページ | 屁が止まらん »

2009年6月 1日 (月)

ピンク・キャデラック

まぁまずはアメリカン・ギャグを1つ2つ。

男がキャデラックで田舎町のガソリンスタンドに乗り付けた。
店は年老いたオヤジが一人。
ゆっくりした動きで給油装置をクルマにセット。ここまで快調にハイウェイをぶっ飛ばしてきた男はイライラ。
オヤジはガソリンを入れ始めるが、待てど暮らせど満タンにならない。
男は我慢できずについに怒鳴った。
「やいオヤジ。いつまでかかってんだよ。壊れてんじゃねぇのか?」
するとオヤジはキャデラックを一通り見回してから言った。
「ダンナ。だったら給油中はエンジン止めてくだせぇよ」

会議中、秘書がボスのズボンのチャックが開いていることに気がついた。秘書は控えめに「ガレージのシャッターが開いてますわよ」と教えたのだが、ボスは「何を意味不明なことを言ってるんだ」と相手にしなかった。
後で男性社員から指摘されたボスは、秘書の物言いが意味するところにやっと気が付いた。そこで翌日、早速謝罪することにしたが。
「やぁ、昨日はありがとう。ところで君、ガレージのシャッターが開いている時、中に大きな赤いキャデラックが止まっていなかったかね?」
「いいえ、私が拝見したのは、ちっちゃなピンクのフォルクスワーゲンですわ」

負債、16兆円。本日の株価、75セント。
「GMにとって良いことはアメリカにとっても良いことだ」
とCMで謳っていたGMの最期がこの有様である。

タイトルはB・スプリングスティーン(てゆーかジェリー・リー・ルイスか)の同名曲から。
♪でかくてガス食う時代遅れ~ピンクのキャデラック~だけどスバルじゃ彼女と楽しめね~
とかいう歌なんだが、まぁあれだ。要するに時を経ての判断は「この会社は間違った」なのだ。

実は排ガス規制・燃費改善を最初に言い出したのはアメリカなのだ。マスキー法と言って、世界一厳しい、世界の誰もクリアできないとまで言われた。しかし日本各社はこれを好機と捉え、ホンダCVCCエンジンを筆頭に次々マスキー法をクリア。現在の「アメリカにおける日本車」のイシズエを築いた。
狼狽えたアメリカは……「日本車を優遇しすぎだ」と言ってロビー活動(政治家への根回し)を展開、日本車に輸出を自主規制させた。

現在日本の大量生産システムの元祖は言うまでもなくアメリカ自動車産業である。安全で高品質。戦後日本はアメリカに範を取り、工業立国への道筋を整えた。品質管理の権威ある賞に「デミング賞」というのがあるが、その名の元であるデミング博士に最初に頭を下げたアメリカの自動車会社は、ビッグ3の一角にして自動車量産の祖、フォードである。ただ、日本がデミングを招聘したのが1950年、対しフォードがデミングを訪ねたのは1981年である。アメ車がマスキー法の基準をクリアしたのは1995年になってからとか。そして今般破綻騒ぎをフォードだけは回避した。

前にも書いたが、広大な平原を一直線に貫くハイウェイ、そこをデカいアメ車でこんこんとぶっ飛ばす。そのスタイルを否定はしない。そこをプリウスだ軽自動車だってのは野暮ってもんだろう。でも、デカいことは大飯ぐらいと必ずしもイコールではない。

デミングの残した14の「マネジメント原則」から幾つか。


1.競争力を保つため、製品やサービスの向上を常に心がける環境を作る。最高経営者がその責任者を決める。
2.新しい哲学を採用する。我々は新たな経済時代にいる。遅延、間違い、材料の欠陥、作業の欠陥などの一般常識となっている水準には満足できない。
3.全品検査への依存を止める。品質は統計的手法で向上させる(完成後に欠陥を見つけるのではなく、欠陥を防止せよ)。
4.価格だけに基づいて業者を選定することを止める。価格と品質によって選定する。統計的手法に基づく品質保証のできない業者は排除していく。
5.問題を見逃さない。全体(設計、受け入れ材料、製造、保守、改良、トレーニング、監視、再教育)を継続的に向上させるのがマネジメントの役割である。
(wikiより)

まぁとりあえず、繁栄の始まりは反省ですから。ああ、部品代だけはちゃんと払ってね。


>京都教育大学学長殿

裁判で判決が確定するまでは「容疑者」だからとりあえず停学ってなら話は判るよ。
だけど「教育的配慮」って言われると単に身内庇ってるようにしか思えないんだよね。
いい年して「配慮」されるような輩に教鞭を執られる側の立場になってみろっての。
0点。
つーか小説のカリカチュアライズみたいなのがまーだ実在するのかって吃驚。

« 小ネタ集 | トップページ | 屁が止まらん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピンク・キャデラック:

« 小ネタ集 | トップページ | 屁が止まらん »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック