リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 地震から身を守るために | トップページ | ようやくperfume »

2009年7月29日 (水)

こんな時代だからこそ、娘に美しい日本語を

「今から言う言葉を、お父ちゃんの後について、真似して言いなさい」

「は~い」

「はるはあけぼの」

「はるはあけぼの」

「ようようしろくなりゆくやまぎわ」

「ようやくしりうく」

…。

ぷかあ。

« 地震から身を守るために | トップページ | ようやくperfume »

コメント

今からセンセイの言うとおりにいってね。
「 棚からぼたもち 」 はい!
「 タナカラボタモチ 」
「 雨降って地固まる 」 はい!
「 アメフッテジカタマル 」
・・・・・・

最近では、「犬も歩けば?」
「ボー二アタル~!!」 
「鬼に?」
「カナボー」 
「塵も積もれば?」
「ヤマトナル~~~」

お利口な子達になりました。

「ね~チリってなあに?」
「う~ん・・・ ホコリってことかな。」
「あ~分かった! ごみがいっぱいってこと? ウチのゴミ箱ねぇ・・・・」

う~~~ん・・・・  
アナタは賢い。

我が家の娘 (2歳の頃) は
「一反木綿は?」 というと
「ふんどしじゃないよ 」  でした。 

子どもには美しい日本語を。

元・阪神タイガースの井川は、ファンから色紙に四字熟語をと言われ

「漁夫の利」

と書いたそうです。

日本語は美しく。
その前に正しく。…しまった漁夫の利は中国の故事←だめじゃん

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんな時代だからこそ、娘に美しい日本語を:

« 地震から身を守るために | トップページ | ようやくperfume »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック