リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« ふぁみふぁみま~ | トップページ | 大型連休やるこた一つ »

2009年9月18日 (金)

飢餓の構図

豊かさの象徴秋葉原。
女性の高貴なるポテンシャル。

ちょっと絡む話。

世界の飢餓人口が10億人を突破したとか。
「搾取」が原因とはよく言われる。投機ネタに回されて人々の口に届かない。

救命ボランティアの娘の話を書いてる関係で、この辺は彼女と「検討」した。
結論として、災害や戦役による一時的な不足以外の食料援助はすべきではない。

大切なのは「生きる術」を伝えて活用してもらうこと。

人類にとって飢餓は「異常な事態」ではない。肥満や、ダイエットのリバウンド現象は、むしろ飢餓に対応した仕組みが飽食で裏目に出たもの。

食い物探して地球中をうろついてこれだけはびこったわけだし、文明だって元々は食料の安定確保を目指した工夫が原点。穀物を全部食うのではなく、残して種蒔くという術に気付いた。種蒔けば確実に収穫をもたらす肥沃な場所の存在に気付いた。……1万年前の話。

ただ単に配るだけじゃそのことに気付いてもらえない。応じた土地でなければ恵みも得られない。
「待ってれば何かもらえるだろう」そう思われてしまっては失敗ではあるまいか。

勿論、「術」の定着には時間が掛かる。1万年前なら生命と食い物の間に横たわる淘汰の法則が発動した。しかし、現在それを許したら人類の負けだろう。現実問題として、それまではどうにかして食いつなぐ必要があるのだ。
ただ、そこに出来合いの食料をポンと提示したら元の木阿弥である。せめて、食料が何かの対価として供給される存在であり、待つだけじゃダメだ、程度のコンセンサスは確保しないとならない。

ナニ?偉そうな能書きはいいから具体例を出せ?

飢餓地帯は多く乾燥した砂漠地帯である。ひっくり返すと日照は豊富に過ぎる。
そこでアキバ系が考えることといえば。
そう。太陽光発電所を持ち込めないか。
現状の変換効率20%そこそこでは面積勝負である。広大な面積に設置するのは人手を要する。そして、依らず人類共通が理解できる事実として、あらゆる恵みの原点は太陽にあり。

人類は欠点を長所に変えることで必要なものを得てきた。ナイル川の氾濫地帯を耕作適地と見抜いたように。
人は本来競争ではなく、共生する生き物であるとオレは信じる。


なんてな(^^)

« ふぁみふぁみま~ | トップページ | 大型連休やるこた一つ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飢餓の構図:

« ふぁみふぁみま~ | トップページ | 大型連休やるこた一つ »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック