リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« コミットメントの進捗(3) | トップページ | コミットメントの進捗(4) »

2010年1月12日 (火)

奇蹟を装った偶然か。偶然のように見える奇蹟か。

名古屋の工場では転勤者で社宅が溢れてアパートに住んでいた。
隣の部屋の人も同じ理由の同じ会社の人だ。
「どーも」
「どーもどーも」(NHKの回し者ではない)
お子様も娘の歳に近く、よく遊んでくれた。
氏は更に大阪に転勤となったが、賀状のやりとりは続いていた。
〝退職しました〟
そんな便りが来たのはもう2年も前になるか。
「ウチの会社きついとこはきついしなぁ…」
新しい仕事がどうとかは、訊かなかった。

弟から転職の相談を受けたのは1年ほど前のことだ。
「…面白そうな仕事じゃん。やったら?」
弟の転職は確定した。新職場は中部地方。
「何の因果で兄弟近場に住むことになるんだか」
ところがオレが千葉転勤になったのはその後のこと。兄弟、関東と中部で交代。ちなみに妻方の義妹夫婦も関東→名古屋転勤になっており、兄弟揃って関東と名古屋入れ替わり。

何のカンケイがあるんだって?

気づいたのは妻だった。年賀状の住所録を更新していて。
「これ、住所近いんじゃない?」
弟の住所と、元隣人氏の住所。
いや。
「近いどころか、弟の住所から『何タラ社宅』ってのを抜いてみな」
A棟とC棟。
「まさか」
弟にメッセンジャーを飛ばす「A棟に隣人氏さんているか?」
Re:その名字の人なら職場で机並べてるけど
何だと?
弟:下の名前プリーズ
賀状の本人写真も一緒に送った。
電話が来た。

「うゎこの人だよ。うそマジで?」

オレの隣人だった人が、転職して、今度は弟と同じ職場。
日本の人口1億2千万。一体どれだけの確率でこんな事が起こるのだろうか。
一つ言えるのは「奇蹟」かどうかはともかく「奇蹟みたいな話」はあるということ。

であるならば。
「『息子さん…君元気ですか?姪っ子がお世話になりました』っていきなり言うんだぞ」
「おう分かった分かった」

早速いたずらの仕込みに余念がないオレ達兄弟であった。

« コミットメントの進捗(3) | トップページ | コミットメントの進捗(4) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奇蹟を装った偶然か。偶然のように見える奇蹟か。:

« コミットメントの進捗(3) | トップページ | コミットメントの進捗(4) »

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック