リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« わりとどうでもいい | トップページ | 一等星コレクションプラス »

2010年12月 4日 (土)

はやてよ、津軽の海を見よ

なんてな(^^)
Pc040014
「島の末端まで達する」とか「本州以外に乗り入れる」ってのがエポックなわけでして。
開通オメでござる。八戸の時より感慨深い。新幹線開業前の「はつかり」の時代(所要8時間)を見てただけに、青森には遠い、というイメージが今もある。実際700キロは遠いんだけれども。これで名実共に岡山行くのと変わらなくなったわけだ。
 
青森は通過1回下車2回。但し下車1回は「三内丸山古墳日帰り弾丸一人旅」であってそれ以外行ってない。従って実質1回。1回こっきりの理由、やはり「遠い」から。でもこれから変わる。
 
千葉に居る間に一度家族で行きたいと思っているのが酸ヶ湯温泉である。斜め上の「スパリゾート」無理矢理観光地化を進める温泉地が多い中で、ここは地に根を下ろした湯治場を守っている。硫黄臭い「いかにも」な温泉ってのもポイント高い。八甲田-酸ヶ湯-奥入瀬-十和田湖はまぁ鉄板だろう。
 
青森の場合「冬」の観光開発がカギになると思う。酸ヶ湯までは真冬でもバスが入るが、やはり雪というのはハードルが高い。津軽がそこ逆手にとって「リアル地吹雪ツアー」とかやってるが、実はこの辺開通後の掘り起こしに悩んでいる八戸方面の役割じゃないかと個人的には思っている。なんかこう~、「何か作る」んじゃなくて、「ありのまま」を楽しめるものないすか?せんべい汁OK。その先さ。
 
新 青 森 0631
はやて12
東   京 0951
東   京 1010
のぞみ29
博   多 1513
博   多 1530
リレーつばめ51・つばめ51
鹿児島中央 1803
 
おお、無理がない!

« わりとどうでもいい | トップページ | 一等星コレクションプラス »

コメント

いい事言う!!
地方は未だに都心の後追いと箱物と新しい物で賑わそうとする。
ありのままを上手く活用すればいいのに、といつも思います。

コメありがとうございます。
ビルの間に空があるささくれだったトコロにいるから、原風景に接する意味があると思うのです。清里を原宿の飛び地みたいにしたのは大罪ですよ。最近は鎌倉がそっち方面に進み出してイヤな気配です。
 
その昔「土曜半ドン」の時代、仕事が引けると日光や熱海で一泊どんちゃんというスタイルがありました。新幹線だとそれが金曜定時後に岩手秋田青森で可能になります。「新幹線だからここまで可能」という視点から工夫してもらえればドンドン人は行きます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はやてよ、津軽の海を見よ:

« わりとどうでもいい | トップページ | 一等星コレクションプラス »

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック