リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« テレビ離れはネットのせい? | トップページ | 娘のトリエってなんだろう »

2011年8月 6日 (土)

白亜紀と秋葉原

今日のレシピ
9時から昼:国立科学博物館恐竜展
昼:アキバでプリキュアイベントとうちやえ ゆかさんのミニライブ
いやいやもちろん娘同伴。いやいや娘がダシでなくて娘が主役。
そこ「オマエなら一人で行きかねない」禁止。
 
●恐竜展
 
「はやぶさ」みたいな流行ネタならいざ知らず、普通に自然科学知識涵養系は朝一で余裕ぶっこける。
Sn3n0075
と思ったのが甘かった。既に韓国タレントの空港で迎え並みの大行列。
Sn3n0076
まぁ恐竜物毎年どこかしらでやっているが、今回目玉はトリケラトプスの生ものと、新知見を反映した始祖鳥系とティラノの標本展示。
Sn3n0077
娘さん音声解説を聞きたいというので借り受けて持たせる。おお学究肌…!?
Sn3n0078
さてパネルの解説見る限り「お子様とお父さんお母さん向け」って感じ。アロサウルス(実物)。
Sn3n0079
ステゴザウルスの背中の板(実物)。
「ねーねーお父さん『異性へのアピール』ってなぁに?」
「この背中の板を見ろ。オレってカッコイイだろ。みたいな」
Sn3n0081
トリケラトプス(実物)。ちなみに今回、トリケラ・Trex・ステゴと並ぶ子供達の人気恐竜、アパトサウルス(旧称ブロントサウルス)系の展示は無し。
Sn3n0082
ティラノ。「獲物に襲いかかる直前をイメージ」した標本だって。まぁ映画「ジュラシックパーク」のシーンや、猫の狩りでも思い浮かべて頂ければ結構。ただしこの標本レプリカ。
 
で。
 
何だかなぁと思ったのはトリケラとTrexの前が「撮影スポット」に成り果てていること。
「○○ちゃんこっちこっち」
「そこ立って。こっち向いて」
「プシッタコだって。変な名前」
オウムみたいなくちばしのトカゲって意味だよ。笑う前に調べよう。そういう「不思議を調べる」姿勢を身につけることが「学習の習慣化」の一歩、自分で調べる力を身につけることに繋がるんでないかい?さて何でアパトサウルスに変わったかも調べてみましょう。
 
恐竜展はまぁこんなもん。「Newton」見てれば新しい知見は判るし、個人的には図録買うほどでも、って感じ。なお、予定されている方は、朝一から狙うことをオススメ。涼しいとかそれでも空いてる方なので昼よりマシ。
秋葉原へ移動。
 
●プリキュアイベント
 
着ぐるみショーとうちやえさんのミニライブ。「ちゃんとした歌を娘に聴かせたい」というのが連れてきた理由。
Sn3n0083
いやぁブロッサムもお疲れ様だね。真夏のアキバの屋外で変身状態だぜ。ハートキャッチのOPをみんなでダンス。
「短いけどブロッサムとはこれでお別れです」
子供達ごめんな。大人の事情で1曲が限界だぜ。
さてうちやえさん。ちょっと前に書いた「ぼいす☆せっしょん」に続き2度目。着ぐるみじゃ無くても真夏のアキバの屋外で踊って歌うんだぜ。どんだけ大変か。
でも伸びしろの深さが豊穣なお声は相変わらずで、特に「プリキュアメドレー」は工藤真由バージョンの元気さと違って、ちょっと大人っぽいと言うか「お姉さん」の雰囲気。ちなみに個人的には「5GOGO」の「♪大胆不敵フルスロットル」というフレーズが最も個人差が出る(この曲の白眉)だと思っているが、工藤バージョンの迫力に対して余裕を感じた。
こんな聞き比べ、贅沢だぜ?
 
CD買って握手会…で、イキナリ世間話。
「暑い中お疲れ様です~」
みたいな。オヤジだよな言動が。会社の得意先回りの時候挨拶じゃねんだから。気の利いたこと言えなくてすんません>うちやえさん
Sn3n0088a
「Sweets」は持ってるのでこっち。娘の名前でサインを頂いた。
「パパもありがとう」
(^0^;)
 
J-POPは脈々と生きとるぞ。


« テレビ離れはネットのせい? | トップページ | 娘のトリエってなんだろう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白亜紀と秋葉原:

« テレビ離れはネットのせい? | トップページ | 娘のトリエってなんだろう »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック