リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 禁断症状というヤツ | トップページ | 品質無管理 »

2012年4月29日 (日)

交通事故だらけ

集団登校の列に突っ込むとか。
ガードレールに突っ込むとか。
「ボッとしていた」
「居眠り」
京都の事件(事故じゃねぇ)は犯罪として、あとはやるせないものばかり。
いつぞや娘がおちんちんびろーんに遭遇したとき、K察は「春はヘンなのが多い」と言っていた。心理的・脳内環境的に何かあるのだろうとは思う。「春眠暁を覚えず」にもある通り、冬に対する身構え、抵抗から解放される時期であるし、一方で「積雪」と「真夏日」が同時に記録されたりするのも四月である。身体の変調が心の変調を招く、或いはその逆は当然起こりうる。
 
にしても、最近いろいろと「無茶」が多い気がする。名古屋戻って1ヶ月だが、対向車線逆走信号無視を見たし、交通事故の場面にも遭遇した。妻もアパートの目の前で事故を見た(妻自身が巻き込まれたのではない)。今般のバス事故は「通常二人勤務だが繁忙期なので一人」と言っている。距離は法的基準に照らして問題無いかも知れないが「寝たら代わりは誰も居ない。遅れてはいけない」というのは緊張気疲れを呼ぶものだ。思い起こせば福知山線尼崎事故も4月だったではないか。
 
余裕を持って運転しろ、と警察は言う。しかし「時間通りに・予定通りに」が現在常識、とされている。実はこの辺り「ジャストインタイム」という工場の慣習が悪習として作用している一面である。この「ジャスト…」は指定時刻に納品しろ、の意味だが、遅れることは許されないので少し早めに着く必要がある。かといって複数の納入先でそれやってると時間が無駄になる、そこで、という妥協が生じる。「安全第一を蔑ろにすると却って生産性が落ちる」のはフォードの貴重な教訓なのだが、名目上の生産性ばかりを気にして、この領域に踏み込んでいる気がするのは自分だけか。ハインリッヒの法則の支配下に置いてどうする。
 
人はミスをするし、体調が毎日同じわけではない。人間が機械ではなく人間であることを前提にした考え方を導入する必要があるのではないか。

« 禁断症状というヤツ | トップページ | 品質無管理 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 交通事故だらけ:

« 禁断症状というヤツ | トップページ | 品質無管理 »

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック