リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« ずしーん | トップページ | カイロプラクティックを探そう »

2012年5月 6日 (日)

Blu-Swing

Sn3n0169
公式はここ
 
●冒頭の能書き
きっかけは「林ももこ」である。彼女のライブに行く→サポートミュージシャンの方とついったーであーだこーだ→へーJAZZYなバンド組んでるんだ→ほう、いいじゃん→ポチっと。そんな流れ
 
●更に能書き
ジャズ自体は嫌いじゃないが、CDは数枚しか持ってない。マイルス・デイヴィス、チック・コリア、マンハッタン・ジャズ・クィンテット、後はハードの試聴でチラチラ出してるヴァーヴレーベルのスペシャルライヴくらい。子供が寝た後コーヒー片手に夫婦でダラダラ喋りながらとか、夜の首都高ナトリウムランプの明かりの中転がしながら、とか実にJAZZYなシチュエーションだが、
 
・先達の巨人達の板は音が古い
・CD時代に収録されたモノは逆に演奏から鬼気を感じない
 
JAZZてCD(44kHz/16bitPCM)と相性が悪いのではなかろうか。ちなみにこのPCM方式は高音域ほど位相差情報が失われる。
 
ともあれ聞いてみようか。ハードはおなじみパイオニアPD-M580(CD)→ティアックD-T1(DAC)→ヤマハDSP-AX4600(アンプ)→ダイヤトーンDS-200Z(スピーカ)。ここでアンプはダイレクト2ch再生とし、トーンコントロールはパスしている。
 
●結果
まずはスタンダードな作りで一安心、というが第一印象。何でもそうだが偉大な先達がいると、オリジナリティを出そうとするあまり、奇をてらう→奇抜になる傾向が見受けられるものだが、比して真っ向ストレートだ。↑サイトを見るといろいろなジャンルのミュージシャンが集まっている、ということだが、いい感じに選りすぐりの結晶体に出来上がっていると思う。安心して聞いていられる。

音質の方はスピード感があって「フットワーク」という意味で軽快だ。ちなみに軽さは反面、低音域の密度を失わせる傾向があるが、ちゃんとズシズシしており、むしろマッシヴ。21世紀的というか、新世代の音と感じる。ただ一つだけ苦言、パンポッドでぐるぐる動かすのやめて。アコースティックは「ライヴ感」だと思うから。2本のスピーカの間に座って虚空を眺めて音と対峙している時、これやられると萎える。
 
●結論
そんなわけでJAZZ系は「巨匠の名作」であってもCDだとあれれ?というのも多い中、安心して買える、と個人的には感じた。がーっと集める、というより、ちょいちょい買い足してCDラック埋めて行くものだろう。なお、彼らは東京近辺のブルーノート系を始め、ちょくちょくクラブで演奏しているので、「とりあえず生」というのも一つの手段。ほれ、そこの男、退社後の彼女のスケジュール聞けってばよ。
 
special thanks Miyamoto "Bhutan" Tomoaki on Drums (@miya_blu_swing)

« ずしーん | トップページ | カイロプラクティックを探そう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Blu-Swing:

« ずしーん | トップページ | カイロプラクティックを探そう »

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック