リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 駅に明かりを | トップページ | 名古屋人として来るべき東海地震に備えて【2】 »

2012年5月29日 (火)

目指せ日本のロヴォス・レイル        で、いいのか

JR九州は28日、水戸岡鋭治氏のデザインによるクルーズトレイン「ななつ星 in 九州」の運行について発表した。運行開始時期は2013年10月を予定している。
http://news.mynavi.jp/news/2012/05/29/081/ 

ほう、ついに出て来るか。
日本でこういうクルーズトレインは過去に例が無くて、強いて言えば、お座敷列車とか、まぁそんな程度だったが。
 
3泊4日コースと1泊2日コースを週1回ずつ運行。3泊4日のツアー代金は、最後尾車両を使ったデラックススイート(定員2人)が1人55万円。2人で計110万円となる。1泊2日のツアーは1人15万〜22万円。「明治維新の頃のホテルを、機関車が引っ張る」(みとーか氏)なるほどね。
 
ちょくちょく出してるヴェニス・シンプロン・オリエント・エクスプレスが、1泊2日で20万から30万円。クルーズトレインの頂点とも言える南アの「ロヴォス・レイル」…あら日本語サイトあるのね。1万3000リアルから2万6000リアル(15~26万円)
 
ま~「伝統と格式」っていう箔は歴史が付けるものだからね。ここでとやかく言うのは時期尚早ですが。
こういうのってひとときの住み家…すなわち「仮寓」が最高の状態と思うわけです。だからオリ急なんかマホガニーにトルコ絨毯、ゴブラン織りとこう来ている。一方で現行の「防火」に関わる法律に従い、合理化を考えると、見かけ倒しのショボイものになることが多いのですよ。みとーか氏のこったからそんなドジ踏まないとは思うけど。 
 
お手並み拝見、そしてもしよければ、関門を越えて本州へ出張ってきて下さい。折角、列島のJR全部繋がってるんだから。
 
ああ、一点だけ。英名「Seven Stars」ってどうにかならんかったか。タバコじゃねーんだから。

« 駅に明かりを | トップページ | 名古屋人として来るべき東海地震に備えて【2】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目指せ日本のロヴォス・レイル        で、いいのか:

« 駅に明かりを | トップページ | 名古屋人として来るべき東海地震に備えて【2】 »

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック