リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 小ネタ二題2013梅雨まっただ中 | トップページ | 八甲田山について »

2013年6月27日 (木)

ネットワークのグローバルスタンダード化に伴うディジタルデバイドのアガヴェーション

Sonna
コンピュータがリビングへ配置されることがカジュアルになり、インターネットへのアクセスがデファクトスタンダード化することに伴い、デジタル、ネットワークおよび関連のセンテンスが大量に流れ込んできた。そのスピードは明治開国の頃比にならず畢竟そうした用語をそのままライフスペースへ取り込まざるを得なくなった。カタカナというフォノグラムでかつ漢字やひらがなと異質な文字の存在もそうしたフェノメノンを側面からアシストした部分があろう。斯くしてアルファベットで表記されていたセンテンスがそのままカタカナでトランスクライブされる時代が訪れた。これはイノベーションと呼ぶべきかあるいはパラダイムシフトと呼ぶべきか。しかしこれらの中にはアイデンティティのような日本語で表現しにくいコンセプトやテーゼはさておき、レゾンデートルなどむしろ漢字表記の方がシンプルになる語までインクーディングされており、漱石がアイロニーとわざわざ表記したような横文字西洋かぶれの部分もあるとの誹りは免れまい。
一方で明治は先取の気鋭にアクティブな時期でもあり、横文字用語をそれだけでアンチテーゼとディフィニションしてしまうのは、こうしたクリティサイズを多くデベロプメントするエイジド・パーソンよりさらに古い明治と並立させた時、滑稽に見えると同時に、万人向けのアグリーメントを得るエグザーションをディスポーズしているようにも思える。
.
・・・一応、文章にはなっとると思うがw

« 小ネタ二題2013梅雨まっただ中 | トップページ | 八甲田山について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 小ネタ二題2013梅雨まっただ中 | トップページ | 八甲田山について »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック