リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« また戦争すんの? | トップページ | 第2次宿題解決大戦~自由研究~ »

2013年8月30日 (金)

特別警報

Tw1
見ろ(画像クリックで気象庁の紹介ページ)

で、終わってしまうのだが、それじゃちょっと寂しい。

「警報」は本来災害発生の可能性が高い場合に出されるものだが、余りに頻度が多いのと、全部災害につながったかというと違う部分もあり、警報出たからと言って即行動に移した方はそうそう多くあるまい。仮にそういう方針であったらこれまでのほとんどは空振りだったはずだ。

比して確実に人命に関わるいわば「一線を越えた」大災害というのは確実に存在していて、我々はそれを2年半前、さらに兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災:1995年)に見たばかりである。その前の「人的被害が最も多い自然災害」は伊勢湾台風である。死者不明5千余。
Isewan
(http://www.pref.aichi.jp/kensetsu-somu/ama-kensetsu/www_pref/necessity.html)
この惨状がわずか3時間ばかりの間に生じたと書いてあなたは信じるか。
信じるであろう。津波が5分で街をのみ込む動画が存在している現在であれば。

伊勢湾台風の被害を書いた新聞記事等に目を通すと「過去、千万単位で犠牲が出たのは近代的では無かったせいで、戦後14年を経た今は違う……というおごりがあった」旨の記述が目につく。その点で二つの地震は同様であったと言って良い。稀に来る「怪物的な存在」への気づきがなおざりにされたのである。この点で「特別警報」の導入は歓迎する。

「何すりゃいいんだよ」
ではない。何をすべきか自分で考え決めておき、実行できるよう訓練するのである。
……画像のリンク先気象庁のサイト内に取ってほしい行動が書いてある。あなたの身の回りに置き換えてどうすれば良いか具体的に決めてほしい。ん?
Tw1_2
珍しい場所だな。っておい。
Tw2
...おい。

« また戦争すんの? | トップページ | 第2次宿題解決大戦~自由研究~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特別警報:

« また戦争すんの? | トップページ | 第2次宿題解決大戦~自由研究~ »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック