リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 伊予灘の地震について(臨時) | トップページ | 正しく怖がる放射線【4】 »

2014年3月15日 (土)

正しく怖がる放射線【3】

4.放射線が人体に与える影響

アルファ線:ヘリウム原子核(陽子2個と中性子2個)
この4つの素粒子で出来た塊が、超高速(秒速2万キロ……単位は間違いにあらず)で細胞に叩き込まれる。陽子が2個=プラスの電気を帯びており、細胞内の組織を構成するタンパク質の電気的性質を変え、結果DNAを破壊する。

ベータ線:高速の電子や陽電子(厳密には同時に「ニュートリノ」を出すが、人体には影響ないので略す)
電子なり陽電子なりがほぼ光速(秒速29万キロ)で細胞に叩き込まれる。電子はマイナスの電気の総本家。陽電子はそのプラス電気タイプであり、同じく電気的な影響を与えてDNAを毀損する。

ガンマ線:電磁波(紫外線より波長が短い連中。X線より更に波長が短いものを指す)
目に見えないが光そのものである。が、極めて細い針のように作用し、人体深くまで入り、DNAを破壊する。

5.体外被曝と体内被曝

「被爆」とはこれら放射線を人体が受けることを言う。次の2パターンに大きく分かれる。

①人体の外に放射性物質があり、それが放つ放射線を浴びる(体外被曝)
②人体の内部に放射性物質が取り込まれ、それが人体内部で放射線を放ち、浴びる(体内被曝)

②の体内被曝は更に4パターンある。

・食品として取り込まれ、ウンコやションベンになって出て行くまでの間に被爆する
・食品として取り込まれ、更に栄養物質と勘違いされて体内に吸収され、被爆し続ける
・呼吸によって肺に吸い込まれ、吐き出されるまでの間に被爆する
・呼吸によって肺に吸い込まれ、吐き出されずに肺にとどまり、被爆し続ける

である。ここで消化・排泄のルートによって体内の放射性物質が半分に減るまでの期間を「生物学的半減期」という。

(つづく)

« 伊予灘の地震について(臨時) | トップページ | 正しく怖がる放射線【4】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正しく怖がる放射線【3】:

« 伊予灘の地震について(臨時) | トップページ | 正しく怖がる放射線【4】 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック