リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 正しく怖がる放射線【1】 | トップページ | 伊予灘の地震について(臨時) »

2014年3月13日 (木)

正しく怖がる放射線【2】

3.放射性崩壊の種類と特性
放射性崩壊は大きく次の3つに分けられる。

α崩壊:崩壊時にアルファ線を発生する
アルファ線:高速で運動するヘリウムの原子核(陽子2個と中性子2個)
代表例:ラジウム・ラドン・ポロニウム
備考:アルファ崩壊を起こす放射性物質はそう多くない「ポロニウム」はキュリー夫妻が発見し、出自ポーランドにちなんで名付けた。

β崩壊:崩壊時にベータ線を発生する
ベータ線:高速の電子・または陽電子(電子のプラス電気バージョン。ニュートリノに関するツッコミはさておく)
代表例:セシウム137、ヨウ素131、ストロンチウム90(番号付きはセシウムなりヨウ素なりが「放射性物質」としての性質を備えたもの。ごく簡単には)
備考:放射性のセシウムやヨウ素はウランの核分裂で発生する。ウラン自身は2つに割れてセシウム等を作り、同時に2個の中性子を放出する(これはこれで「中性子線」という放射線)。この中性子が別のウランに当たって核分裂し……と続く。

γ崩壊:崩壊時にγ線を発生する
ガンマ線:極めて波長の短い電磁波。針のように鋭いビームである。
代表例:ヨウ素131がβ崩壊を起こした直後のキセノン131(つまり、ヨウ素131はβ崩壊を起こした直後、更にγ崩壊を起こす)

(つづく)

« 正しく怖がる放射線【1】 | トップページ | 伊予灘の地震について(臨時) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正しく怖がる放射線【2】:

« 正しく怖がる放射線【1】 | トップページ | 伊予灘の地震について(臨時) »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック