リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 画質という名の冷めた情熱 | トップページ | 父の影 »

2014年5月15日 (木)

オーディオビジュアルの生き残る道

Tw1

こんなニュースもあったし画質の次は音質かなぁとか思って夜が明けたら、

Tw2

と来たもんだ。おいおいスピーカーで起業したオーディオメーカーがオーディオ売り飛ばすとは何事ぞ。

Tw3

で、株価が上がったとさ。骨抜きにすると会社の価値上がるのか。「投資家」とやらは阿呆か。

本件よく「パナソニックと違ってソニーは・・・」という物言い見るが、こちらは「オーディオビジュアル専業」である。比較するにはムリがある。

時間を遡る。1970~80年代。「オーディオ」という趣味道は大体こういうスタイルをしていた。次第にステップアップしていった。

Tw4

音源および再生システムはこうなっている。

Tw5

「ディスクメディア」たぁ今風の表現だが、要はレコードでありCDである。高価だが高音質を保証した。「録音機」は今でこそ半導体メモリでありディスクメディアだが、この当時は「カセットデッキ」である。一方FMの音楽番組を録音する行為(とりわけ特定の楽曲を狙って)を「エアチェック」と言った。エアチェックを繰り返してテープを作り、室内で楽しんだりウォークマンで持ち出したのである。

これが現在だとこうなる。

Tw6

「ステップアップ」もへったくれもない。スマホとイヤホンがあれば事足りる。パソ持ってれば再生出来ない物はない。こと音楽を聴くに関して「オーディオ機器」は「必要不可欠」の地位を失ったのである。存在自体エンスーのために用意されたマニアックな機械なのだ。つまり

オーディオ機器を買う、について一つ壁が存在する。

とはいえ先に自分PC紹介したが、音質に気を配ったPCそれなりの成果聞こえるし、スマホでもイヤホン変えれば音質変わることは周知されている。なればMP3でへったくそ聞かせる、以外であれば、潜在需要はある、となる。すなわち、我々オーディオエンスーは「いい音」の存在意義の周知拡散に努めるべきだし、アーティスト各位におかれては、中身勝負での曲・歌づくりに邁進頂きたい。ちなみにひょっとすると、高価だが何十年も前のスタジオ機器より、最新の民生ハイレゾの方が数段音が良いかも知れぬ。

いい音楽を、いい音で。とはいえ所詮道楽分野。その保険やプロバイダ事業で儲けて、オーディオは赤当然の趣味商売にするか(三菱ダイヤトーンなんか今や採算度外視)、どこかデカイ会社にぶら下がって好き放題やらせてもらうか。

パトロンが必要ですな。

« 画質という名の冷めた情熱 | トップページ | 父の影 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーディオビジュアルの生き残る道:

« 画質という名の冷めた情熱 | トップページ | 父の影 »

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック