リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 知識が必要である理由 | トップページ | バロメータ »

2014年8月20日 (水)

午前4時の避難勧告

朝起きたら土砂崩れの一報で、夕刻には惨状がようやく見えてきた。

7b8fdb45s

広島何が起こった。

報道によれば距離20キロの範囲で土石流が23カ所、土砂崩れが2カ所で起きたという。午前4時に避難勧告を出したと言うが、寝ていたり、豪雨と雷の中では受け取るすべが無かったのではないか。

雨の動きを見てみる。

20140819210000

20140819220000

20140819230000

20140820000000

20140820010000

20140820020000

20140820030000

Tw2

前夜から非常に狭い範囲で猛烈な雨が降り続き、朝方に向かって強くなっていったことが見て取れる。注目すべきは23時に一端おとなしくなっていることで、「峠を越えた」と感じてもおかしくはない。

そして、また、こういう話を書かなくてはならないのだが。

Tw1

地質の特徴も、土砂災害の可能性が高いことも、過去の実例もあった。
http://www.cgr.mlit.go.jp/ootagawa/sand/west/page1/index04.html

何かこう、単位時間あたりの積算で、警報を「自動的かつ強制的に」押し込む術はないのか。いやできるはずだ。「エリアメール」のプッシュは実用化されている。携帯端末が扱えなくても、戸別にラジオ機能付きの受信機を備えることは可能であろう。岡崎で大規模な水害が発生したこの時、自分は夜っぴてレーダーを見ていたわけだが、それはヲタの直感で尋常では無いと判断しての行動であった。それを機械的に行い周知する仕組みが絶対に必要である。

最後に怖いものをお目にかける。昨日昼下がり、名古屋市周辺の「30分間」の雲の変化である。

20140819143000

20140819144500

20140819150000

名古屋市の東部で何も無い→猛烈な雨になったのがお分かりいただけるだろうか。

どこでも起こりうる。アスファルトで覆われた都市部では土砂災害は無かろうが、その代わり処理しきれない水が溢れる(内水氾濫)。山岳地は言わずもがな。住んでいる場所の地質まで把握しろとは言わぬ。ただ土砂災害危険区域を示す地図は各自治体出しているから、それは把握しておき、予報を見てアンテナ高くして(ネットを駆使して)情報把握と早めの避難を心がけていただきたい。

昨日の続きになるが、1954年は夏場から台風と大雨が相次ぎ、宮古島台風、伊勢湾台風とまるで「とどめを刺す」かのごとく巨大台風に襲われた。「繰り返す」はありうる。まだ気を抜かないでいただきたい。

« 知識が必要である理由 | トップページ | バロメータ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 午前4時の避難勧告:

« 知識が必要である理由 | トップページ | バロメータ »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック