リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« ニッポンのモノ作り | トップページ | アムトラックの事故~アメリカの鉄道技術~ »

2015年5月13日 (水)

池田彩コラボレーション・ミニアルバム "featuring X"ガチ聞き

Ce4b5bwusaarl

●プロフィール

「プリキュア」のOP/ED歌唱で知られるアイドルシンガー(本人談)池田彩。彼女のユニオンミュージック発4枚目のアルバム。6曲入りのミニアルバムで、各曲ごとに1人ずつゲストヴォーカルをフィーチャー。「X」氏6名コラボ6曲で構成される。面白い試みだと思うし、彩ファンもフィーチャリングボーカル側のファンにも変化球で楽しめる。ユニオン円盤の音作りも大体分かったので、満を持して(?)ガチ聞きシリーズ池田彩見参!である。

●楽曲傾向

Ce4qrmpuiaeta1p

「寝た子も起きるような歌い方を目指しました」
(「スマイルプリキュア」OP歌唱に当たっての心構えについてインタビュー記事より)

に、代表されるように、パワフルな歌唱が持ち味。これを存分に活かしたノリノリの楽曲アソートで、仕事に行く前に聞くとか、ライフハックに好適。楽しいことこの上なく、例えばドライブのお供にもピッタリ。リリックはひたすらポジティブで「絶対に振り向かない!」みたいな強い意志がうかがえる。なお作詞は全て本人で、これは彼女の円盤では初の試み。良い仕上がりだと思う。

●音の傾向

ヴォーカルにフォーカスしたアルバム相応、ヴォーカルが大きく前に出た音になっている。スピーカから鳴らすと2本の真ん中にドンと定位し、二人の声が代わる代わる、そして重なって朗々と歌う。バックトラックとのバランスは比重ヴォーカルと言え、再生機器を選ばずボーカル楽しめる、と書ける。とりわけイヤホン、ヘッドホンリスニングの場合、頭の中で二人がコラボする。意識したのだろう、「声が満ちる」を感じられる。ただ、所々ヴォーカルトラック、およびドラムス、ベースにコンプレッサの発動を感ずる。そしてこのような音作りは機器のグレード上げたなりの新たな発見に乏しい場合が多いが、この板の場合、手を伸ばせば届く場所で音が飛び回るという経験できる。「スイートプリキュア」で音符形の妖精が飛び回るのだが、そのイメージの音像化、と言える。左右のスピーカ間隔大きく取れるのであれば、2等辺三角形の頂点で、少し大きめの音で、ドライブしてやると良い。きらめき弾ける音が聞こえる。

あと、現行ユニオン版彼女の円盤で大きな特徴と言えるのが「立ち上がりの柔らかさ」である。オーディオされる向きには「刺さる」という物言い意味分かると思うが、その不快が絶対あり得ない、と書ける方向の音作りがされている。これも再生機器を選ばず、の効能に繋がるが、逆にそこに物足りなさ、今一段の突き抜け感を要求する向きもあるかも知れない。池田彩を激しく鳴らしたい、応じた録音があっても良いだろう。

●総括

てなことをスピーカからの距離を正確に計って、などという聴き方をするのは恐らくヤボで、ガンガン鳴らして乗りに乗ってこーぜー!が多分「正しい使い方」なのであろう。ちなみにヴォーカル勢はプリキュア、或いはその前の時間のヒーロー番組の歌唱で知られる方々なので、例えばお子様に「あの番組の歌の人だよ」と水を向けて、音楽への新たな親しみへの第一歩、とするやり方アリだと思う。「いつも一番よく使うキカイ」に放り込んでガンガン聞こう。

■テクニカル

・CD:アキュフェーズDP-65
・アンプ:ヤマハDSP-Z11
・スピーカ:ヤマハNS-F500
・ヘッドホン:スタックスSRM-323S+SR-404

・包絡線

「客観性が無ぇ」とか言われることあるので付ける。

Ce4xq3_uiae_sul

ドン!と立ち上がり、ハイレベルで突っ走り、スカッ!と終わる。

・スペクトル

Ce43jv1uuaijfwt

f特を見るため88/16にリサンプリングしている。22k以上の横一線はナイキスト則に従う演算ノイズである。CD16ビットの理論限界SN比(96dB)に対し、90dB以下に収まっている。22kでスパンと切れているので、余裕を持ってデジタル化の後、CD用に44/16に演算処理していると判ぜられる。
20-22K付近に盛り上がりがあるが、CDフォーマットは高域に行くに従い位相情報が欠落するので「デジタル臭い」音に繋がる、これが故意ならある種バイアスの効能を持ち、高域の音密度を上げる効果を有する。もちろん、ステップ状の立ち上がりにも入り込み、オーバーシュートの低減に寄与する。

« ニッポンのモノ作り | トップページ | アムトラックの事故~アメリカの鉄道技術~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 池田彩コラボレーション・ミニアルバム "featuring X"ガチ聞き:

« ニッポンのモノ作り | トップページ | アムトラックの事故~アメリカの鉄道技術~ »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック