リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 「ポチッとな」の違和感【NOAH】 | トップページ | 抱き枕を買いました »

2018年11月11日 (日)

脳あるクルマの黎明【NOAH】

●相棒?

Tw1

クルマは燃料制御・姿勢制御を中心に電脳化が進んで。

一方対人機能であるオーディオはナビやETCが加わって「コンソールの箱」にまとまり。

ドラレコやバックモニタなど「クルマ側の機能だが人に対して働きかける」機能が加われば両コンピュータが1つにまとまるのは当然の帰結。

パネルにタッチ、オーディオ→ソースSD→Kalafina→プレイモードランダム

「♪ひみつのたそがれに……」

いいねいいね。

「ブツッ」

……!?壊れた?ファイル書き込み失敗した?

『おはようございます。本日の名古屋の天気は晴れ……』

黙れ小僧。

トップ絵KITTはやり過ぎにしても、人工知能を備えて「人と車の仲立ち」へ進んで行くのはあるべき姿なのであろう。ただ、人が選んだ操作や機能を中断して割り込んでくるのは何らかの危険な状況がある時だけでよろしい。「安全」と「正常」がイコールであるクルマにおいては、それを遮る物は「異常」への警戒心を人に抱かせる。この辺のお節介はまだまだ車載電脳が「それっぽい仕込み」の次元を出ていないことを示唆する。まだまだ仕草を真似する幼児である。

とはいえ。

Carlineup_noah_interior_cockpit_pic

Drpilgmu8au1ztv

ステアリングホイールに付いてるこのスイッチをなぶって、ディスプレイを経由し、燃費や航続距離、外気温、エアコン、そしてオーディオなど、「クルマ自身、クルマを介した向こうの状態」をヒョイヒョイ選択してチェックして把握しながら運転するのは中々面白い。ちなみに、トランスミッションレバーに触ること殆ど無いわけだが、その分左手はステアリングを握る時間が増えるわけで、こうしたスイッチをいじくる余裕が存在する。言い換えると無駄なくこっちの操作にシフト。

走り屋さんの醍醐味はクルマという機械と一体化した自分の手足であり、機械と身体の直接対話、であろうが、この車載電脳を駆使した情報把握はそれの脳みそ番というアナロジーを感じる。接地感もダイレクト感もへったくれもねぇと前の記事に書いたが、コンピュータを介して頭の一体感を感じる。それはそれで快い。

「もしもし」
『はい●●病院です』

iPhoneはBluetoothで繋いであるのでオーディオ切られてナビ画面は相手先の名前と番号を表示する。もちろんハンズフリー。ちなみにUSBの充電口は4つあるので携帯端末の使用は好き放題。

21世紀のクルマである。そしてこの辺の電脳部分は初歩的だったねぇと俺が骨になる頃孫かひ孫に語られようぞ。

1回目の給油。10リットルのみ。航続距離80キロとかなのだが、コンピュータが燃料入れろとウッサイので。

« 「ポチッとな」の違和感【NOAH】 | トップページ | 抱き枕を買いました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脳あるクルマの黎明【NOAH】:

« 「ポチッとな」の違和感【NOAH】 | トップページ | 抱き枕を買いました »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック