リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« メイドインジャパンへの回帰 | トップページ | 科学する心しましょう »

2018年12月16日 (日)

NOAH@新東名

実家行に引っ張り出す。新東名→圏央道

●燃費

休憩2回所要4時間20分。コンピュータ燃費計はこんな回答。

Duikamtvyaiqjob

結論から言うとほぼカローラと一緒。高速運転ではほぼモータの出番はないので、ハイブリッドシステムは単なる死重に近く、図体の大きさによる空気抵抗・車体重量の差もあって(要は重い)不利なのだが、比して頑張ったと言えるか。なお、原動機並列駆動は登坂時にちょくちょく発生。下り坂における「抑速回生ブレーキ」(エンジンの完全不使用)は東名箱根越えでのみ見られた。

●クルーズコントロール

今回これは非常に効果的だったとニヤニヤしながら書きたい。何せ上り下り状態に寄らず勝手に原動機をブーストし、エネルギを回生する。その切り替わりの際ショック等は一切生じない。

「アクセル踏みっぱなし」は結構疲れるものだが、これから解放されたことは大きい。勿論追い越しや割り込みで加減速は発生するが、それはステアリングの下にあるコントロールレバーをちょいちょいで済む。ただ、加速モードがフル加速だけしかないのが難点と言えば難点。最もこれはエンジンが非力という部分もある。

●メリットデメリット

・座面が高い
カローラは床に座るのに近いのだが、NOAHは椅子に座るのに近い。これは腰への負担を大いに軽減してくれる。

・視点が高い
イコール遠くが見える。当たり前だが予測・「かも知れない運転」の円滑化が図られ、安心材料。

・背が高くて図体が大きい
横風で振り回される。

・エンジン自体は非力
箱根の登坂など相当な回転数までエンジンが猛る。なお、風切り音、ロードノイズ、エンジン振動など、カローラより若干少ない位で合格範囲。但し、オーディオが満足に聞けるほど静粛なレベルではない。

●総じて

カローラに比べて疲れないし腰も痛くならない。良きかな。

« メイドインジャパンへの回帰 | トップページ | 科学する心しましょう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NOAH@新東名:

« メイドインジャパンへの回帰 | トップページ | 科学する心しましょう »

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック