リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« こんな雨の日には | トップページ | 布団恋しき冬の朝 »

2019年2月 1日 (金)

EX5489えきねっとJR九州

Dyunhouv4aynsx

会員登録してアプリを突っ込む。これでJR東海が「5489ネット」での予約サービスを始めれば、JRのネット予約全て制覇(?)である。切符の引き換えが各社エリア内限定なのがウザいが、まぁその地域に行くために買うので不便たらたら、ということはない。

全部知ってるから。

旅慣れた人や鉄ヲタは充分であろう。時刻調べてアプリやウェブサイトで予約、券売機にクレカ突っ込む。そんだけ。ただ、「行きたい場所にはどうやって行き、何が必要か」から始まる方にはハードルが高かろう。どのサイトでどの切符を買えばいいのか誰も情報を与えてくれない(自分で調べる必要がある)からだ。駅で調べて手配してもらった方が確実、ということになる。

でもそれでいいのかね。

Tw2

Tw3

例えばこれはベネルクスの国際特急「Thalys」のサイトである。国と言語を選ぶとすぐ予約ページへ飛ぶ。多分、ちょっと英語が読めて地名が分かれば誰でも予約できる。対して「シンカンセン・ドットコム」みたいな統一ページは存在しない。「5489」か「えきねっと」で予約し、日本に入ってから紙切符を引き取り、というスタイルになる(東海はEXor鉄道ICカードとクレカ紐付けで論外)。日本に来るなら運営会社を把握してそれぞれで会員になれ…アホか。

しかも全部デザインも操作性も異なる。不親切なことこの上ない。もちろん、旅慣れない人にも同様に不親切。

統一した方が運営コストも下がると思うが…もう少しナントカならんか。

« こんな雨の日には | トップページ | 布団恋しき冬の朝 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EX5489えきねっとJR九州:

« こんな雨の日には | トップページ | 布団恋しき冬の朝 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック