リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 労災の兆候 | トップページ | とりま4往復 »

2019年2月 8日 (金)

走り回る北極

300pxgeographical_and_magnetic_pole

地球が磁石であるのは知られる通りで、このような棒磁石をブッ挿したイラストで表現される(Wiki)。ちなみに、「地球の北磁極」は「S極」なので注意。北がSだから方位磁針のNがそっちに向くのよ。なお、「北磁極」で磁針を使うと地面を向く。さておき、

Tw1

その北磁極がえらい速さで動いているんだと。地球の内奥はドロドロの溶けた金属で、そいつがぐるぐる動いているもんだから、金属中の電子がぐるぐる動くことになり、電流が流れていることになって、磁力が発生する(ダイナモ理論)。

この金属の流れは一定じゃないので、磁極は動く。それはいいのだが、このところ20年ほど、その速度が急上昇している、と。

磁力の強い場所はシベリアとカナダと二カ所あって、

Fn

(出典)

この両者の磁力のバランスが、金属の流れの変化を受けて崩れ、シベリア側が強くなり、北磁極の移動が加速した…と推定されるとのこと。ただ、じゃぁシベリアに来るのかというとそうでもなく、ズレが大きくなると逆向きに戻すような力が過去には働いたという。

過去には。

ちなみに、ここまで猛スピード(55キロ/1年あたり)動いたことはなく、この先どうなるかはワカラネエとのこと。地磁気が反転することはないらしいが。

« 労災の兆候 | トップページ | とりま4往復 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 走り回る北極:

« 労災の兆候 | トップページ | とりま4往復 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック