リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 新年あけまして1週間経過 | トップページ | アウトレットモールとやら »

2020年1月11日 (土)

記事を書くための習作

Photo_20200111220001

部屋中に「きたのじゅんこ」の版画ぶら下げててケルト記事をかみ砕いて書けないというね。

ケルトの戦士については「アーサー王伝説」があるので、実像や評価については人によって書くことが違う。最も信ぴょう性が高いのはカエサルの「ガリア戦記」であろうが、写真記事の通りこの盾が2200年前のものであるなら、150年を経た紀元前50年代の戦士像が的確か?という別の問題が出てくる。ちなみに「アーサー王」はさらに時代を下った紀元5世紀ごろの話でさらに500年ほどずれてくる。

根本的な部分で攻めると「2200年前」(紀元前200年ごろ)は既に鉄器時代のはずで、この写真記事の命題「装飾用なのに使用して傷ついた痕跡があるのはなぜ?」に対する答えは普通に考えて「装飾用だろ」で終わってしまう。

ただ。

ケルトの戦士って「名誉職」みたいな部分があるのね。戦士っても階級によって装備は様々で、上級職は二輪馬車を駆る「騎士」。盾についていうと、なし→木製→青銅製で装飾付きとグレードアップ。ちなみに鎖帷子はケルトの発明で鉄製とされます。んな重い装備は馬車に乗ってこそ。

これ、古い時代に作られて実用に供されたものを、宝物として継承し、後世に現れた偉大な騎士の副葬品とした…とかいう可能性はないかね。

« 新年あけまして1週間経過 | トップページ | アウトレットモールとやら »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新年あけまして1週間経過 | トップページ | アウトレットモールとやら »

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック