リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« リサイクル…なのか? | トップページ | スピーカー放浪記 »

2020年3月26日 (木)

C/2019 Y4「アトラス」

百武彗星とか

1024pxhyakutake_color_1

(Wiki)

その直後地球に接近し一晩中見えていたヘールボップ。

Halebopp031197

(同)

天を横切る尾をたなびかせるその姿を家族にも見せたいなぁと思っていて、アイソン彗星に期待していたら

Soho_ison

(SOHO:連続写真。右下の尾を引いてるのが太陽接近直前の姿。左上のは残骸)

太陽に近づきすぎてぶっ壊れやがった。

で、今月になってにわかに注目され始めたのが

2019y420200503rgbut200_2

(Michael Jager氏)

「アトラス彗星」(登録番号C/2019Y4)である。彗星は発見者の名前が付くが、アトラスはもちろんギリシャ神話の巨神ではなく、Asteroid Terrestrial-Impact Last Alert System…要は探索システムですわね。双眼鏡で見えるかどうか、という話だったのが、ヘールボップ並みじゃね?って話になってきた。

Mag

吉田氏サイトによる光度予測。黒い点は実測。何と「-1等」(シリウス並み)と予測されている。

Eucddmqu0aagxaf

但し日本からの見栄えは夜明け前の低い空にギリギリ。もっとも、予報通りなら十分肉眼で見えると思うけれども。

彗星は「彗星のごとく」の言葉通り突然に。そして急に変化するので今のところは小耳にはさむ程度で。

 

 

« リサイクル…なのか? | トップページ | スピーカー放浪記 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リサイクル…なのか? | トップページ | スピーカー放浪記 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック