リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 父の帰還 | トップページ | 父、胃パンピヨする »

2020年12月 6日 (日)

元来た道を戻るのではなく

Img_6039

今回の「父との戦争」に用いた乗車券である。これ見て鉄ヲタはニヤニヤするだろうし、そうでない方には意味不明であろう。

名古屋から名古屋へ行く乗車券って何だ?

実はこの乗車券の経由地は「円」を描いている。名古屋市内を出発し、中央本線をひたすら東上し、甲府側から八王子に到達。帰路は新横浜から新幹線で名古屋へ戻る。旅行全体としては「八王子へ行って帰る」のだが、経路としては一切重複がない。1枚で買えるのである。

このルートを選んだそもそもの趣旨は「多少は旅の要素を入れたい」であった。ただ、「大阪からの列車に乗らない」という大義名分が後からついた。

ついでに書くと験担ぎにもなったかもしれぬ。同じ場所へ戻るにしても「後戻り」はしないのである。

果たして父は帰還し、娘は一つ階段を上がった。

らせんを描いて上昇して行くことはいいこと。この切符は暗示していたのか。

Enretnuwae44mw_20201206222901

寝覚ノ床

« 父の帰還 | トップページ | 父、胃パンピヨする »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 父の帰還 | トップページ | 父、胃パンピヨする »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック