リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« リスタートの体制 | トップページ | その時は来る »

2021年3月27日 (土)

「あさかぜ」の30年

Exd2rju8aexdbe

寝台特急「あさかぜ」。

1956年に東京-博多間に運転開始した夜行寝台特急。大阪を深夜に通り客扱いをしない(大阪をスルーする)という当時としては大胆な発想で設定された。応じて客不足が心配されたが大人気となり、1958年、フル空調の青い専用客車による「ブルートレイン」としてスターダムに躍り出た。その後相次ぐ国鉄運賃・料金の値上げ、相対的な航空運賃の低廉化、新幹線の高速度化により、「飛行機より遅く出て飛行機より早く着く」メリットが失われ(新幹線や飛行機でサクッと現地に入ってビジホに泊まった方が時間もコストも節約できる)、2005年、その幕を閉じる。

土日鉄道に「あさかぜ」が来たのは、八王子「ムラウチ」で鉄道模型を扱っていた頃だから1988年かそんなもん。車輪変えたり金のストライプを貼り替えたりして延命してきたが、各所リニューアルの決定版が出てきたので総入れ替えを図ることにした。ガワと床下はあまり変わりないが、室内は2段ベッドが作り込まれ、窓際のハシゴも表現されている。

Exfhvrqveaqf1xq

まぁ、走りなさい。なお、土日鉄道版「あさかぜ」は華やかな主役という側面もあるので、個室寝台車オロネ25を2両連結した豪華列車であるw

« リスタートの体制 | トップページ | その時は来る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リスタートの体制 | トップページ | その時は来る »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック