リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 日本で一番デカい湖のほとり | トップページ | 昨日までエアコンつけていたのだが »

2021年10月16日 (土)

こだま号の時間

昨日記事の場所には「こだま」で行った。

東海道区間の場合、およそ30分間隔。

ほとんどが自由席で、乗ってきた人は見回してここと決め、腰を下ろす。

その間に「のぞみ」が風圧で車体揺らして抜いて行く。何となれば2本に抜かれる。

めいめい落ち着いた頃、発車のアナウンスが流れ、ドアが閉まり、プラットホームを離れる。

70キロくらいまで加速して、ポイント渡って本線に合流してから、おもむろに「新幹線の速度」へ加速して行く。

でも10分20分。

『まもなく、岐阜羽島です』

ガタンゴトンの速度まで落として、ポイントを渡って、ホームに入って行く。

繰り返し。まばらな数の人が降りて、まばらな数の人が乗る。

その間にのぞみに抜かれる。

こだまが2つの駅で10分止まるその間に、最初に抜いたのぞみはもう50キロ先に達している計算。

お弁当広げておしゃべりに興じる女性達。

その代わり、ビールをプシッとやってもたれているおっさんや、ノーパソ叩くカタカタ言う音は聞こえない。

2本目ののぞみに抜かれた。

『発車します』

本線に躍り出れば、それはそれでN700S。

Fb033btvcaux0sk

画像がないと寂しいからこんなのつけておく。乗る機会ほとんどないから切符もないのよ。

ちなみにこれ、「里帰り出産」での利用で大いに歓迎されたことをJR東海は知っているのだろうか。

« 日本で一番デカい湖のほとり | トップページ | 昨日までエアコンつけていたのだが »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本で一番デカい湖のほとり | トップページ | 昨日までエアコンつけていたのだが »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック