リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« みいはあ【 #ハイレゾ 音源再生】 | トップページ | TAD-ME1(その2) #ハイレゾ 【ハイレゾ音源再生】 »

2021年10月23日 (土)

TAD ME-1(その1) #ハイレゾ 【ハイレゾ音源再生】

●冒頭の能書き

…長いよ。セッティングの記事はこっち(作成後リンク)。音質の記事はこっち

音響機器との付き合いは中学生時分にアイワ製の「ラジカセ」を買ってもらったことに始まる。当代トレンドの「ダブルカセット」で、FMラジオのランキング番組や友達に借りたカセットから気に入った楽曲を拾い集めてテープを作っていった。高校に入るにあたりパイオニアのミニコンポ「プライベート」を買ってもらった。当時の「ミニコンポ」は令和の現在ディスカウントストアに転がってるそれと異なり、「CDプレーヤ」など、単体売りをベースに入門者向けのセット売りとしたものだ。当時の主たる音源は「レコード」であったから、機器は応じて30センチ以上の奥行と幅があった。CDを持ってるほうが珍しい時代だったが、親は「どうせならいいもの買え」とオプションのCDプレーヤをつけて買ってくれた。総額20万円(CD6万)。レコード・CD・チューナー(ラジオ)・メタルテープ対応ダブルカセットデッキ。まぁフル装備である。これにウォークマンが追加され、楽曲を拾い集めてメタルテープに「ダビング」し、ウォークマンで聞きまくる没入の日々が始まった。「音質」に目覚めたのは、ラジカセとの圧倒的な違いに気づいたのと、オプションで用意されていたレーザーディスクプレーヤの存在、そして融合した世界として提示されていた「ドルビーサラウンドによるホームシアター」だった。オーディオの次はビデオデッキでしょ、という家庭としての計画もあって、応じた雑誌を読むようになり、「AV機器ガジェオタ」へと順調に進化していった。

なれば、応じた機器類の展示会が開催となればホイホイ出かけるのが当然の流れである。「オーディオフェア」がそれで、CDプレーヤの普及とホームシアターの訴求もあって、最も製品開発が活発に行われた熱い時期であったかと推察される。池袋サンシャインシティでエスカレータで上下しながら各社のブースを回った。ただ、一部のメーカは「試聴室」を隣接ホテルの客室を借りて設けていた。アキュフェーズ、ラックスマン…超高級機器で奏でられる世界。学生身分では当然手が出ないけれども、「質の高いもの聞いてみたい」ただそれだけで予約し、足を向けた。そして、扉を開けると、その機械はあった。

Model2402

パイオニア・エクスクルーシヴ。同社の物量投入優先のハイブランドである。巨大(質量93kg)かつ美しく仕上げられたスピーカシステムに搭載された発音ユニットこそ、TAD(Technical Audio Devices)との出会いであった。

デモ音源を流してゆく。奏でられる音はただただ美しく、そして正確無比で、恍惚と聞き入った。「クラシック」は美しく再生されると最高に気持ちがいいことを知った。

「いかがでしたか?」
「今すぐには無理ですが、いつかは」
「そうですか」

説明員の男性は、小さく笑んだ。1987年秋。高校2年生。

(つづく)

« みいはあ【 #ハイレゾ 音源再生】 | トップページ | TAD-ME1(その2) #ハイレゾ 【ハイレゾ音源再生】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« みいはあ【 #ハイレゾ 音源再生】 | トップページ | TAD-ME1(その2) #ハイレゾ 【ハイレゾ音源再生】 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック