リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« NOAHの活躍2 | トップページ | 帰行 »

2022年1月28日 (金)

父を送りて

立派な戒名を頂戴したので位牌に掲げる。待たせてしまった結果、初七日法要も同時。

送り出す前に時間をもらって謝辞を述べる。生前にありがとうと伝えるタイミングが無かったので、参列いただいた近所の皆様への謝辞を込めて。

父が大好きだった石原裕次郎を流してもらい、父が生前、買うには買ったが遂に袖を通すことの無かった礼服を自分が着て。

最初は抱き上げられ、肩車に乗せられ、手を繋いで歩き、やがて肩を並べるように。

言い争うこともあるにはあったが、基本、温和であり、受験や就職といった試練では最大の味方であった。

やがて自分自身も父となり、孫の姿を見せると、父は相好を崩した。その時、父は、「おじいちゃん」になったのだろう。以降は、郷里は長野であったが、八王子を永住の地と定めたか、大病を得ながらも、地元のために行動した。たくさんの人々の協力を得て、その活動は支えられた。支えて下さった方々が、焼香にも訪れて下さった。

父の姿を、我々が父となってなぞった結果が、孫達の数多はなむけの折り紙に囲まれた父の姿である。それは、父への最大の孝行であり、父の人となりの証であろう。

父よ、さようなら。そして、ありがとう、お父さん。

Img_8534

父を抱き、帰路につく。

« NOAHの活躍2 | トップページ | 帰行 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NOAHの活躍2 | トップページ | 帰行 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック