リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 三が日終わり | トップページ | 準備と片付けの儀式 »

2022年1月 5日 (水)

直感的に理解できること ソニーポータブルラジオICF-P27

「ラジオを買って欲しいんだが」

Fiu5uszamaaur3v

義父のラジオ。ソニーICF-P21。2009年。義父はこいつでNHKの「ラジオ深夜便」を聞きながら寝落ちするのが日課だ。「女性の声」が聞き取りづらく、テレビの女性キャスターなんか「何言っとるだ」状態なのだが、ラジオは聞き取りやすいという。

「壊れました?」
「そろそろ新しくしようかなぁと」

回路も構造もシンプルだから壊れにくい方だが、外見上はテープ貼り付けてあるの見えると思うが、電池ボックスのフタがガバガバになってるくらい。音も出るが。

「スイッチ切れたか分からんだわ」

5393dbfaff3d4d77b07eaaef3a05dfd3

こいつのスイッチはボリューム兼オン・オフダイヤル、周波数選択ダイヤル、AM/FM切り替えスイッチ、以上、という操作性。ボリュームを絞り、更にもう少し回すとカチッとクリック音がしてオフになる。

カチ。あれ?

「指先の摩擦でクリックのノッチを越えて回しきる」というのがわかりにくいのであろうか。

10年以上経過してるしまぁええやろ。

Fiu54edaaamlbjx

ICF-P27。21年11月発売のチャキチャキの新製品。

Photo_20220105183801

AVwatch

操作性の点で21との相違はボリュームダイヤルはボリュームのみの単機能になり、オンオフスイッチはAM/FM切り替えスライドスイッチと一体に変わったこと。OFF/AM/FMになる。これ実は大きな変更で、要するに「ノッチを越える」という特有かつ大きな力を擁する操作を排除している。および、「オフになった」ことがスライドスイッチの位置で一目で分かる。

ちなみに回路は21の「バリアブルコンデンサ(という電気部品)をダイヤルつまみで直接動かす」方式から、電子回路式に変わった。同調も取りやすいし、温度で特性が変わったりしない。ちなみにバリコン式の場合、その部品構造によってダイヤルの動く範囲が決まってしまい、応じて「ダイヤルをどの程度動かすと周波数がどの程度変わるか」は、この構造で決まってしまったが、電子式ならダイヤルは指令を与えるだけであるから、ダイヤルの角度に対する周波数の変化量はどうにでもできる。受信性能の向上はもちろん、操作性向上への寄与も大きい。ちなみにだいたい、AM放送で周波数を少しずつ動かして行くと、無音→ザラザラ→声が聞こえてくるがサ行がささる→良く聞こえる→声が聞こえてくるがサ行がささる→ザラザラ→無音……という変化をたどるが、電子式は大体、9kHzずつステップ状に変化するので、聞こえない→聞こえる→聞こえない……といった変化になる。感度は高まり(S/N比が向上し)、混信は減る。

Icfp27

外観上は「周波数の書かれた数字の間を赤い針が動く」という操作性への変化はないので、問題となることはないだろう。「変わらず」「よりよい」珍しくソニーに対して褒めてやると書くことができる。

T1200

えふえむせんようらじお

デジタルチューナというとボタン操作と数値表示が主体なのだが、実はダイヤル式だと「一旦回しきってそこから3番目が○○局」という使い方ができる。もっと言うと手探りでも大丈夫。この手のキカイの大いなるレゾンデートル。古いとか言っちゃダメな領域。いいね。

見れば分かる。触れば分かる。直感的に理解できる。それは世代を超えて共通な「一元的品質」であり、利便性を越えて失われてはならないもの。

「ええタイミングで買えたわ」
「ですね~」

ソニーが電気自動車発売を公表した日に。

« 三が日終わり | トップページ | 準備と片付けの儀式 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三が日終わり | トップページ | 準備と片付けの儀式 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック