リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 小ネタ集 | トップページ | 乗る見る食う »

2022年11月24日 (木)

悲劇、歓喜、そして奇跡

1997年。

父・ワイ・弟「「「やったー!!!」」」
母(床ドンドン)「うるさい!何時だと思ってんの!」

「悲劇」も目の当たりにしたし、「歓喜」もその瞬間に立ち会った。詳しくもなんともないが、欧州のチームに勝つことがどれだけの高いハードルかは知っているので自分の記録も兼ねて書き残しておく。

Photo_20221124224501

この組み合わせに決まったとき、エスパニョルとドイッチェは、如何に雑魚2国をタコ殴りにして得失点差を稼ぎ、互いが雌雄を決するか、という流れを思い描いたであろう。要は「舐めプ」したくなりますわな。交代枠を使わなかったのも「要らんやろ」という判断があったのかな?という希ガス。

そこを突いたサムライの一閃、と言えなくもないが、日本代表にはドイツを含む欧州リーグでプレーしている選手もいるわけで、ドイツ国内からも「言われてみればそうじゃん」みたいな反応が出てきている。

にしてもまぁ、あちらが「ジャイアントキリング」と捉え、こちらが「大金星」「奇跡」と捉えるのは実力差に応じた感想ではある。

おめでとう。でもって、コスタリカは「次日本に勝つ」しかその先開ける道がなくなったので、文字通り背水の陣で来る。頼みますぜ。

« 小ネタ集 | トップページ | 乗る見る食う »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小ネタ集 | トップページ | 乗る見る食う »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック