リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« ハイレゾじじい耳危機一髪 | トップページ | ひろプリ。ええやん #ひろプリ »

2023年2月 4日 (土)

アデノシン三リン酸

Fof9pn0aaaeqbnv

「耳がヤバたん」で病院に行った話は昨日書いた。血流改善で様子見ましょうでATPをもらった。

Fos1l8aayait9gt

現在まで3回飲んだ。

その「風船を挟んだように」聞こえる症状と、伴う左右の聞こえ違いによる違和感は消えた。

に、加え。

元々バックグラウンドノイズ的に走っていた耳鳴りも消えた(肩こりと同期するわずかなピー音は時々存在する)。

「静寂から立ち上がる実態感のある音像」とかオーディオ評論でよく見る文言だが、静寂を基本にいろんな音の過渡特性が高まって聞こえる。要するに「リアルさ」が増しているのだ。結果、オーディオのボリュームを少し下げても非常にクリアだ。

小学生の頃、家に着く前から母親がテレビを見ている(ブラウン管のスキャン周波数15750Hzが聞こえる)のが分かるほどで、応じてオーディオヲタクになったのだと自覚しているが、それはひょっとするとADHD者の聴覚過敏の一形態であったのかも知れぬ。

さてこの結果、ウチにそんざいする3つのオーディオシステムの音質差がより明瞭というか「あからさま」に聞こえるようになってしまった。「聞けりゃいい」にした装置の音がマズくて聞けないw

問題はこの後である。症状が治まったと報告すると、もう一回くらい薬もらって様子見&またおかしくなったら来てね、になろうが、「特に違和感は無いけどオーディオ的快感は維持したい」という欲求の出現を心配する。

いい音で聞きたいが為にお薬を飲む。

やばたんw

12539_011

« ハイレゾじじい耳危機一髪 | トップページ | ひろプリ。ええやん #ひろプリ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハイレゾじじい耳危機一髪 | トップページ | ひろプリ。ええやん #ひろプリ »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック