リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 男には負けると分かっていても戦わねばならないときがある | トップページ | 昆虫食ねぇ »

2023年2月21日 (火)

プレイリストJ-POP復活か? #ハイレゾ

「夢中になれる」(≒推し)の歌手は大体若いうちに決まって、家で鳴らしてると娘に昭和臭いとか言われるのであるが。

Bfa0796ed0c3479783398a53f221dbbf

この辺が増えてきた。きっかけはそれぞれアニメなのだが、まぁ、正常進化形と言えるトレンドになりつつあるのではないか。

ちなみに個人的見解だが、宇多田ヒカルは歌詞はさておき曲想は平成の延長だと思うし、Kalafinaからソロ活動に移行した歌姫三人は曲想自体はアニソン(≒昭和J-POP)に近い。

Aimerちゃん令和最新型にカテゴライズしたら(10年前から歌っているので)ファンは怒ると思うが、リブートして令和スタイルと書けば良いか。彼女がチト先行して時代が追いかけてるとした方が的確か知らんが。Adoちゃんは後世、画期と呼ばれるだろう。

さてこの辺の楽曲音質はさておき全部ハイレゾデータで揃えられるのも良いところである。「あっ!」と思った方あるかも知れぬ。要するにデジタル空間(z領域)で動いてる楽曲・アーティストであると言って良い。徹底的に電子音を武器にしている。音質はさておき。

妻は米津っちだが、おいらはAdoちゃんAimerちゃんを攻めようか。弾数が少ないのでまだプレイリストとしては未分化だが、そのうちまとまる。

 

 

« 男には負けると分かっていても戦わねばならないときがある | トップページ | 昆虫食ねぇ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 男には負けると分かっていても戦わねばならないときがある | トップページ | 昆虫食ねぇ »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック