リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 楽じゃないけど楽しい | トップページ | どうにもならんものはしょーがねーのだが »

2023年3月 6日 (月)

それはそれで良いかと

Fqift02aiaaelqt

ハイレゾ病に罹患すると「どうせならハイレゾで聞きたい」状態になり、それはそれでレパートリーを狭めてしまう「音楽を聴く=音を楽しむ」にあるまじき本末転倒を招きがちなのであるが。

ハイレゾのコンバータはCD音源カッチカチのガッチガチに解像していただけるので、それはそれで記録された情報余さず出しているであろう鮮烈で切れ味鋭い音楽に仕立てて頂ける。ピアノや弦楽器はさすがにしんどいが、ドラムスはアタック感インパルス立ち上がり俊敏この上なく、80~90年代のヴォーカル曲などは「目一杯」出してる感を聞き取ることが出来、それはそれで良いでは無いかと拘らずに聞けるようになった。ただ70年代ユーミンはちょっとナロウかな。まぁこのあたりはレコードが前提で、低音控えめ(=低音が強いと針まで揺さぶられてハウリングする)、歌声強調で、畢竟、「やりすぎピラミッドバランス」な作りになっているせいもあろう。それでも俊敏に動き回る音は心地よく小気味よい。在宅勤務のお供に最適だ。

デジタル記録は劣化しない故に技術の進歩でリフレッシュされる。ええ時代に生きとるなわしら。

« 楽じゃないけど楽しい | トップページ | どうにもならんものはしょーがねーのだが »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽じゃないけど楽しい | トップページ | どうにもならんものはしょーがねーのだが »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック