リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »

2023年4月30日 (日)

全プリキュア展at名古屋 @all_precure_exh #precure

┏注意┓
┗━━┛
行く前にこの記事読まれる方もあると思うので先に
・入場は時間指定制です。指定された時刻の20分前から隊列を編成します。10時予約なら9時40分には会場に着いていてください。
・当日券の有無は、開場時刻前後に公式Twitterに出るので確認してください。(その後売り切れる可能性もあります)
・大人のコスプレ入場は禁止。応じて近隣のトイレで着替えるのも禁止。
・展示品は静止画撮影可能ですが、禁止エリア・禁止事項もあるので、係員の指示に従うこと。
・お手洗いは事前に行っておくように。
・物販は見本やweb写真を参考にチェックシートに必要数を書いて提出、在庫を取ってきてもらうスタイル。

赤くしたところは試験に出ますw

Fu8lcb4aaaevbky

娘と、娘の友達と出撃(JD×2)。抽選当たったので開場時刻前には隊列に入れる。

Fu8krqqagaac7pq

4割は「元プリキュア幼女様」の女性達、3割が「現役幼女様」とそのご家族。なに?残りの3割?「大きなお友達」……野郎ども臆せず来いw

中はこの展示のために描き起こされたキャラクター色紙(一部声優さんサイン入り)や設定画、

20230430-150917

等身大フィギュアなど(キュアブルーム反応してくれてありがとうw)。

Fu8krqqagaidgbd

書きすぎてネタバレしても面白くないので良くある画像にとどめておくが、華やかでキラキラで細部まで高密度。変な例えだが質の良いオーディオ機器みたいな。なおこの変身シーン集合体はモニタ中央で全員のフルバージョンを流して行くので、全部見ると80分弱掛かる計算w

Fu8krqbagaewpeu

戦利品バッグ。食品以外で5000円以上お買い上げでこれに入れてもらえます。

Fu8su0amaetero

子供達に勇気を与えつづける永遠のプリティでキュアキュアでありますよう。

2023年4月29日 (土)

それはそれで実用性がなくては

Fu3erw0aqaed8hy

鉄道模型ジオラマ(レイアウト)はそれなりに建物並べておけば、列車が走る姿自体はリアルに見える。が、「人の住む場所」として体を為してないと俯瞰した時に興ざめになる。つまり「街作り」……都市設計を要求される。ここは終着温泉駅前で、役場と公立病院(右奥のビル上構造物)が集約配置された場所。このスペースをどうするか。メルヘンチックな「おうち」が4軒並んでいるが、これは昔良くあった「公営の間取り2Kの平屋の借家」をずらっと並べようか……と仮配置したもの。しかしそおゆうのって、どっちかつーと都市部あるいは都市近郊において「新しく独立した世帯」のためにあるんじゃないか。ここは老舗旅館が並ぶ温泉宿。

Fu3hnumauaaqpgu

で、まずは「人の集まる場所」ということでコンビニを配置。後は薬局や銀行もあるといいだろう。

Fu3ulmoaeaifwle

ビルを買うw。証明写真機もこういう場所「あるある」としてコンビニのそばに配置。メルヘンおうちのあるスペースは適当に狭いので「列車の見える公園」とし、更に木を立てる。病室から緑が見えるのは良いこと。なお残りのスペースは駐車場。これだけ揃ってると応じた駐車キャパがなくては。

Fu3pf6agaap04

こなた都会駅のサイド。駅ビルの向こうの空間はバスターミナルで、線路際まで歩道になっている。ここは所定の位置に列車を止めるため、駅を見通す必要からも好都合。にしても幾つビルを買っても空間が埋まらない。都会ってカネが掛かるわw

2023年4月28日 (金)

超高音質在宅会議

在宅なので始業直前にログインしたら文字通り隙間無く会議突っ込まれてびっくり。

「アウトルック見たら空いてたので入れさせてもらいました」

ええけどワイのオリジナルの仕事はいつやれと。昼休み潰せ?

朝から夕までヘッドセットかぶっているつもりはないのでオーディオに開放する。そう、前にもやったが「ガチ音質指向」にTEAMSのクソ音突っ込むわけ。

Fuxpse_ayaizqb3

「GW突入に当たって安全の注意を……」

Oh工場長いい声してるぜ。

さて昼休みは短歌結社の月謝を払い込みに郵便局へ。短歌はご想像の通り老後の趣味の側面があるのでこういうレトロフィットなシステム継承は理解できる。しかし「平日日中」の対応を要求されるので会社勤めの身にはしんどい。せめても引き落としやクレカ決済はできないものか。

午後もダンピングファクター500のMOS-FET3パラ180WアンプをA級動作させて会議。ノイズまみれを増幅するわけだが、ノイズまみれを鼓膜にダイレクトに突っ込むよりナンボかマシ。

で、5時。アホか。

整形外科でゴリゴリ揉まれる「めちゃくちゃ固いですね」

ヒコーキ乗って出社して会議詰め合わせでは。

2023年4月27日 (木)

炭化ケイ素とアジの開き

帰宅すべく駅で降りると会社から電話。

「7時から会議でれませんか」
「17時じゃなくて午後7時?」
「はい……」

生憎と会社VAIO抱えてるんだよなぁ。

「はい……」

とはいえ家では夕餉の準備がスタンバイ(なんだこの日本語)。アジの開きを味わいながらヘッドセット。なに?開発が行き詰まった?

「スイッチング電源用のMOS-FETですが、メーカから生産中止のアナウンスが来て、どうしようかなって」
「SiCのFETは?ってか、その辺の電圧帯もう単純シリコンなんか作ってないでしょ」

SiC:シリコンカーバイド・炭化ケイ素。高い電圧に耐えられ、内部損失が小さく、動作が速い。

「ありますけど高くて」
「冷却楽じゃん」
「それは今でも一緒なんですよ。放熱器とか使ってないし」
「だからギリギリまで温度追い込めるでしょ。その分スイッチング周波数ギャン上げしてトランスをケチりゃいいじゃん」
「トランス……作り替えですよね」
「どうせSiCのFETにしたら基板再設計でしょ。だったら超小型にしちまえばええやん。リップル減るから電解も要らんとちゃうか」

こういうのをイノベーションという。

「やってみますわ」

へーい。

20230427-223734

秋月で買えるってことはBtoBの価格は設計努力でどうにかなるレベルってことだよ。

I09219

うひゃひゃ。超高級品のたたずまいだわw

2023年4月26日 (水)

1時間だけなんだけどねぇ

Fups7xexsaamu0s

雨が止んでくれたので文字通り朝飯前にポケモンGO。やらないと太るし腰に悪いしクソも出ねぇ←他の言い方は無いのか

Fuptbrhxwaafrk

で、こんな朝メシで今日がスタート。ちなみにホテルメシはたいてい洋風にする。パンとハムとベーコン卵に外れは少ないからだ。但しAPA、あんたんとこはダメだw

Fuptkirwwaa3y9e

昼メシは海鮮丼。タコが透明で柔らかいのは鮮度の証。

Fun_k1bagaaphty

朝メシ、昼メシ、ナッシー。←韻を踏めばいいのか

Fuog5yjakaepntd

肉と揚げ物と魚しか食ってないので待ち時間に甘味。うまし←韻を踏めばいいのか

Fun0ztaqaiscpq

そして今回の「せいかぶつ」農協の期間限定ショップでゲット(同じ物通販あるが売り切れ中)。

Fupwzfpx0aidad7

さてセントレアまでソラシドで飛ぶのだが、それはわずか1時間のフライトなのだが、「のぞみ」の5列シート3時間以上に疲れてしまうのはなぜなのか。無駄に緊張する。

Fuoezg1agaakdxl

機内から5分で着席する。え?指定券?チケットレスだよ。予約確定直前まで画面進めておいて、間に合う目算が立った時点でポチッとするのよ。

000000000038_lsxnumj

ヒコーキ降りて1時間後、絶賛冷蔵中。

2023年4月25日 (火)

仕事ですから、ええ

0f744f709d444811b1af4a4a9b2485c4

乗る。

16c4e33fce504b42ba8a086b33caa52b

モードチェンジ

74940d69c088487987a05720b5fa629f

飛ぶ

4db06d27f51a422983efe403fe00d06a

ソラシド

4d767761f6b64bd7b828b089a6423342

食う。

今日は以上。

2023年4月24日 (月)

まぁ昭和セールスは終わりにしようぜ

在宅勤務に勤しんで(大嘘)いるとインターホン。

「はい」
「(ドーナツチェーンの親会社)の者です。研修で回ってます。試供品置かせてください」
「だめです」
「すぐ終わりますので」
「だめです」
「ちょっとですから」
「何ならポスト入れてください」
「入りませんので直接お渡しを」
「お引き取りください」
「あの」(ぶつ切り」

なんという旧態依然で「新人」が本当ならパワハラ寸前(普通4月中にいきなり現場出すか?)のことやってるか。帰れと言ったのでそれ以上何言われようと無視。追って防犯カメラを覗くと引き返したようだ。

サテこの活動には、端的に押し売りまがいでウザいから来るなという部分に加え、問題点を2つ指摘できる。

①新人研修で……
情に訴えかける。商品力で訴えるのがあるべき姿ではないのか?

②令和の今にあって「とりあえず開けてください」というやり方
これはマズイ。「宅配業者に偽装した強盗」がこれだけはびこっているのにどう区別しろというのだ。その背負ったモップが実は凶器という可能性がゼロと言い切れるか?

なのでwebの窓口から苦情メール。そういう営業活動実際やってたのか?偽装強盗の可能性もあるので本物との判定にカメラ画像の提供の用意あり。

1時間ほどして「地域営業統括」の責任者なる方から電話。

「委託先が勝手にやってました。そういうやり方しろという指示はしてません」(プラス謝罪の修飾語)

指示の有無はさておき本当にドーナツ屋の親会社ならまぁええわ。

戸別訪問営業のことをザラ場狩りとかドブさらいとか地回りとか様々言うが、どれもネガティブなニュアンスを含む。実入り(要するに投じた手間に対する売り上げが低い。パフォーマンスが悪い)業態であることの証左であろう。

すなわちこのやり方は、最早売る方はコスパもタイパも低いしモチベーションも上がらない。受けるこっちも心証が悪いし業者に対する評価が下がると双方いいとこなしに成り果てたのだ。

やめれ。な?ナニ?使ってもらわないと良さが伝わらない?一般に掃除用具はどの家庭にもあるわけで、掃除機はイヤとか「定期的に掃除道具を新しくしてくれるサービス」が「刺さる」人・家庭にはそういうのがあるという告知だけでまずはいいんでないの?商品をニコニコ使ってる写真に料金体系を明記して、使用シーンはQRコードで動画にアクセス。試供品ご希望の方はお問い合わせ……てなチラシのポスティング(SNSのプロモーション)でええやん。サービスの目的と料金が明示されてる方が好感を抱く時代だぜ。

「仰る通りです」

ウチ使わないけどな。あー全部水星逆行のせいだから←使ってみた

画像がないので赤文鎮おいとく。

Fue5uxeacasqssq

2023年4月23日 (日)

生存確認

Fuyrp9caqaahg65

先のカナヘビ氏が居着いていることを確認。エサ(=昆虫)が十分居ることの証。それは野菜かバラたちにイモムシが付いてる裏返しかも知らんけどね。

Fuyrp9bagaawr4w

アゲハ。ルー(ヘンルーダ)に付いた奴はどうにも育ちが鈍い。「アゲハ草」って触れ込みだったのでは?

Fuyttppagamt3_s

おっさんの買い物。何するんだって?「無駄な抵抗」って奴よ。しかしこれメーカはドコよ秋月さん。

2023年4月22日 (土)

車載はいつも周回遅れ

ハイレゾ野郎のくせに車載音響はカロッツェリアχからディーラー純正へ「格下げ」してある。これは残価設定(要するにサブスク)でクルマ乗ってるので、ある程度「言いなり」にならざるを得ないのと、

カロッツェリア、アルパインなど専門メーカーのシステムがショボいからだ。要するにハイレゾに乗り遅れたので見限った側面がある。さておき、今乗ってるNOAHは丁度発注時期にナビのモデルチェンジがあって意識せず96/24までだがハイレゾ対応になってしまった(製造はパナと聞いたが果たして)。

さて今般サブスクの期限切れで乗り換える22年型NOAHは、ちょろっと書いたが

Noah1

ついに192kHz対応。ただし、96/24にダウンサンプリングされるうえ、

20230421-225228

扱える容量は「32GB」までで変わらず。なんでぇバカヤロ。

20230421-224451

クルマで聞く奴はロードノイズに負けないようポップスが多い。ポップス(特に邦楽)の192kHz楽曲なんて皆無に近いのでそっちの恩恵は正直あまり無いのであるが、昨今リリースされる楽曲自体はハイレゾは増えている。

20230422-142548

「鬼滅の刃」エンディングでおなじみAimerちゃんの「残響賛歌」が96/24で72MB。32GB=32000MBであるから、このクラスの曲が444曲入る、という勘定。(こらそこ、ギガが減るとか崩壊した言葉を使わないように。それで言うギガはこういう意味じゃ)

「それしか入らない」「それだけ入れば充分」反応は様々だと思うが、ドライブ音楽って「BGMとしてダラダラ流す奴」と「好きな奴かき集めてノリノリで聞く奴」の両側面があると思うのだ。自分はユーロビート流してればどっちの用も足りるがそれはどっちかてえと特殊な部類。ちなみに聞く時はウォークマンからBluetoothなので32GBの悩みは対象外。

今後「令和ハイレゾJ-POP」が増えるとなると、まぁ実績として「無くてもあまり困らない」ものを消すか削減しかあるまい。どれ消すか。まずは「英語で歌っているから歌詞の意味を追いかけず流し聴きしている」すなわちBGM用途でアクセントとして洋楽ポップを少し入れてある。Enya,ABBA,ケルティックウーマン,カーペンターズ。ただ例えばカーペンターズは「絶対、今後増えない」ので、流れてくると「またこれか」になること必定で、すると「いつでも何度でも」を厳選して入れた方が良い、となる。

あと多いのはユーミン。200曲ほど。こっちは「スタンダード」と化した楽曲を残して……となるが、そもそもMP3にレートを下げているので、あくせく削ったところで容量確保にはあまり寄与しない。

ハイレゾでも音質悪い奴とか48/24であまり恩恵を感じない奴とかあるが、それを1曲ずつレートを下げたところで効果は微々たるもの。

20230422-172904

ケーブルレス、ドライバレスはギヂュチュ的なこと考えなくて済むからいいのよ。でも質を考えるとぶるぅとぅすがもう少しレートの高い奴に対応してたら良かったんだけどねぇ。ナニ?スマホからサブスクのストリーミング流し込むのが前提だ?それこそ「ギガが減るわ」。

●23/06/11追記

20230611-002607

おろ?

2023年4月21日 (金)

うろちょろしてじたばたする

・義父の処方箋の受け取り
・整形外科でケツを揉まれて湿布をもらう
・取り置き雑誌の受け取り
・新しい鉄道模型のカタログ購入
・ポケGOのタスクを進める

外出から戻ってきた妻と交代で出撃。まず薬局に行って取りそろえに時間のかかる義父の処方箋を依頼し、その間にケツ揉み。終わると自分の処方箋を薬局に持ってって二人分もらう。

本屋に行って受け取り、ポケGO対応でわざと遠回りして模型屋に寄ってカタログを買う。

以上2時間。

Fupp9hfwwamkvpp

カタログ。こういうのは別にweb版があれば十分なのだが、「検索性」という点で一日の長があるのよ。「カタログのこの辺のページ」って奴がwebではできない。また、テキトーにページめくって適当な読み物になる。「調べる」だけなら手のひら端末で事足りるけどね。

ミッションコンプリート。

2023年4月20日 (木)

根無し草ではダメなんですよ

1_20230420225001

イーロンマスクのロケット試射。左下にマルがいっぱい見えてると思うが、これ1つ1つがエンジン。出力を上げるためいっぱい同時に使う。全部が完全に機能するか、幾つかダウンするにしてもバランス良くダウンしないとロケットはあらぬ方向に飛んで行く。なおこの試験では2段目に着火せず、爆散した。

非常に難しい。だから挑戦する価値があるのだが、未知なことが多いので課題を見つけてフィードバックして行くしかない。早道はない。

若手からTEL「製造現場でスマホアプリで直角を出すってアリですか?」

大型機器の配線をするにあたり、ねじ締めを確実に実施するため垂直に仕上げる必要がある。

Fukbhkyaeaqgzah

「作業端末にコレをインスコして、毎回これで角度をチェックしろと」
「そうです」

うーん、「まず、アプリを探す」あたりなんつーか今の子だわ。

「スコヤって知ってる?」
「?」
Fuiso5bamaekszm

「こーいう」
「?」

20230420-230117

「直角の当て治具」
「こんなのあるんですか!」
「あるんですよ。ラインに転がってるから現場の班長さんに聞いてみ」
「そうします」

実証モデルはCAD→レーザ加工機直結で作らせたから(金属用の3Dプリンタはまだ高価)、できばえは直角カッチカチ。一方で量産では曲げ加工になってサテ直角の担保どうしよう、になったんだってさ。

まぁスコヤなんて「どこかで見かけないと」存在を知る機会なんかないわな。鉄道模型やってると自分で板金加工して自作する猛者が一定数いるので、応じて治具工具は専門誌読んでると出てくる。類例で、雲形定規とか、自在曲線定規とか、自動フィッティングツールでグラフ描いてると存在知らんかも知れんね。言うてオイラもエクセルでガンマ関数扱えるようになったのをいいことに「ワイブル分布」をグラフ化するワークシート作って「ここにデータを寿命順に並べて入力すりゃいい」ってやってるんだけどね。

●おまけ

「このデータ『10℃2倍則』から微妙に外れてるんですけど」
「あー、活性化エネルギが実験で正確に取り出せたので、そのままアレニウスの法則の定義式に放り込みました」
「あ、そういう方法もあるんですか」
「ってか、それがオリジナルで、活性化エネルギと使用温度帯の関係で、たまたま『10℃で2倍』前後を示すのが多いので、ざっくり当たりを付けるのに使われているだけ」

こういう「実務向けの算術」は「数学」ではないので大学では教えませんわね。

2023年4月19日 (水)

個人個人の問題ではなく

有名な双子タレントのひとりが認知症、追ってもう一人も認知症となり、行方不明の後、施設に収容……というニュースがあったが。

その際「万引き常習」で捕まったのがきっかけという。

これね、「欲しいから持って行く」んでやんすよ。善悪超越して、本当にただそれだけ。ウチも園芸用品をすっこ抜かれたことがあるが、防犯カメラに写っていたのは「あらいいわね」とばかり路傍の花を引き抜くがごとく持って行く“犯人”の姿。

人格崩壊系の症状が出た場合、行動に制限がかかる場所で対応しないとどうにもならない。人権がとか冷徹な対応がとか筋違いの物言いである。財産と命を守るためどうしようもないのだ。

「酔っ払ってると酔ってることに気づかない」とは良く言われるが、こちらも然り。自分が病気であると認知できないのだよ。だからなぜ咎められているのか理解できない。本人は「常識」に従って行動しているだけなのだから。

01010201

これは今後増えて行く。昭和の前半まで60歳なんか「老人」で80まで生きてる方が珍しかったわけだが、今後「老人」に見える年齢は上昇して行く。応じて今までなら「死んじゃうので」発現しなかった症状や現象が加齢に伴い生じる確率が上がることになる。こう書いてるオイラ自身も20~30年したらどうなっているやら。

応じて薬や、何らかVRを駆使した仮想的なQOL向上策(要は幻で満足させる)は出てくるだろうが、今まさにそこに向かおうとしている世代には間に合わないだろう。遠くない未来、家族や介護の手に余る事態の到来を憂える。

動ける限りは健やかに。そして旅立ちは穏やかに。医療とITがすべきことと出来ることはまだ沢山ある。

2023年4月18日 (火)

量産できるの?それ

「ケーブル加工を外注に出します」という取引先からの申し入れ。

「工程管理は?工程表見せてもらえますか?」

出てきたのは四コマ漫画みたいな奴。材料・組み合わせ・できあがり・テスト。

問題は。

61dfpexw36l__ac_sx300_sy300_ql70_ml2_

「圧着端子を手加工ですか?」
「はい。既にある物を使えるし、全部コレなので扱いにも慣れてます」

61vckxq5h7l_ac_sx679_

こういうのをケーブルの先端に締め付けるのに使う。ハサミのように動かしてギュッと締める。なのだが。

応じて、かなり強い力が要る。

「1日中コレ動かすんですか?」

61ia38tsvwl_ac_sx679_

しかもいろんなサイズに適応している。逆に言うと「間違えて使う可能性はありませんか?」

「なるほど……」
「やってるウチに疲れて判断力落ちてきますよ」
「……」

ご再考頂けると……御社のためにも。

2023年4月17日 (月)

勝手にサンルーム作らないでください

20230417-190340

今日の名古屋は北風ぴぃぷぅで寒かったのだが。

Ft5ouwpaeaeawhx

先日来居着いているカナヘビ氏を確認。

Ft5ouwpaeaeawh1x

(拡大)

無銭宿泊で勝手にサンルーム作って日光浴たぁいいご身分だなおい。

「トカゲ」は自分の寝床は自分で穴掘るが、カナヘビは出来合いの穴なり物陰なりに住み着く。当然、ドコを気に入るかは個体差があるので、このあたりが「カナヘビの飼育」を難しくしている。以前飼ってた奴と同じ条件でも新住人が気に入るとは限らないわけだ。なお今回の「物件」は、以前クワガタの飼育に使っていたあれやこれやを庭に置いた結果、テキトーに組み合わさって出来たもので、木造竪穴住居サンルーム付きになってしまった。「風は来ないけど日光当たるやんけ」と理解しているか知らんが、日光浴大好きな生命体であるから、まぁ、人工物が気にならないならそれなりの住環境を有しよう。

住まわせてやるから家庭菜園やバラにつくイモムシ食えよ?ええな?

2023年4月16日 (日)

まだ営業開始前なんですが

アゲハが産卵し始めるのはGW近くになってからだからまだレモンにネットを掛けなくても大丈……

Ft007wfamaejdwy

早!。お客さん、まだウチ営業開始前なんですがねぇ。

春型と呼ばれるサナギで越冬して今頃出てくるアゲハは、その越冬に体力(ゲームで言うHP)を消費して少々小さい。

Ft7lpofaeaeelo1

(動画の子)

その春型が産卵して1サイクル後の成虫は、エサである柑橘の新芽をたらふく食えるので図体が少し大きい。

Fahb46veaadnii_20230416184701

これを夏型と呼ぶが、従来パターンだと6月になってから見られるのだが、今年は3月下旬に高温が続いたせいか、動画の通り4月5日に既に春型がお出まし。となると「1サイクル後」はGWの頃には恐らく出現する。そうなると柑橘の新芽は十分とは言いがたく、一方で朝晩気温は下がるので、幼虫の活動低下・HP消費もそこそこ発生する。

「春」とも「夏」とも言い切れない中間形態が出てきたりしないかい?というわけで宿屋レモンに早着のこの客人はガチ目に生態チェック。

2023年4月15日 (土)

老害の兆候

すぐ「昔は……オレは……」と言い出すのはヤバいそうな。まぁ、若い人は付いてけないから黙っちゃうわな。応じて若い人からの「新しい話」が引っ込んでしまう。

オーディオや鉄道とかこの手の罠「だらけ」と言って良い。食堂車があって寝台車があって、なんて、「ない」時代の人に説いても伝わらない。

Ftwey4kaqaac45h

ビュフェってもトレイに好きなもの取ってセルフレジでチェックアウトちゃうで。立ち食いカウンターで軽食が食える車両のこっちゃ。

Ftwffdrayamrmn

スピーカだのケーブルだの説いても、スマホでワイヤレスペアリングしてる人に「わざわざ手間を掛けるメリット」は見いだせないだろう。
なおオーディオ老害は老害同士でレコードが至高とかハイレゾをdisる奴はダウンロードで音楽を買う方法を知らない無能なだけだとか地獄の罵り合いをしている。

先日聞いたのは天文界隈にもそういうのいて、夜空の半分にどーんと広がってたヘールボップ彗星

Hb412mcn_20230415222001

に、比べて最近の彗星はショボいと文句をたれるそうな。いやいやデケェ彗星なんかただの確率で「科学する」発言とは思えず、生で見られたこと御の字と思っとけアホンダラとしか感じないわけだが。

結局マウント取りたがった結果、自分の知ってる範疇開陳してるだけの(しかできない)惨めなジジイなんだろうな。なりたくないもんだが、なるんかねワイも。ひろがるスカイプリキュア面白がってみてるけれども←ただの危ないジジイだ

2023年4月14日 (金)

弘法筆を選ばず工坊道具にこだわる

SOHO()用VAIOノートが課員に行き渡った結果、みんなデスクトップのモニタを繋いで2画面を始めた。そして平成の香りを漂わせるデスクトップ(メモリ8GB)はみんなほこりをかぶってる有様。そりゃそうだ。わざわざ使い分ける理由はどこにもない。

以下課内チャットの要約。

「デスクトップ返しますか?」
👍
「じゃぁモニタとマウスとキーボードも返しますね」
😭

まぁ一度2画面の利便を知ってしまうとねぇ。そしてテンキー付きフルキーボード使ってると、いかなVAIOでも操作性の差は歴然。使えるならそれに越したことは無いわけで。

「じゃぁUSBドック(前に書いたこれね)とモニタとマウスとキーボード買いましょうか」
👍

モニタは予算の範囲内でなるべくデカいの。まぁゲームや映画に使うわけじゃないので画質や遅延は気にしなくて良い。

問題はマウスとキーボードだ。

「すのPは私物だよね、ナニ使ってる?マウス込みで予算5K」

Eri1r44vaaiw6gr_20230414222901

😶
😅

(沈黙)

「いやあの質量原理主義と言うことで。軽いと動いちゃう。あとBluetoothはケーブルレス化と机上のスペースファクター確保の点で優位」
「なるほど」
「ワイヤレスはいいなぁ」
「私もさんせーい」

言うて予算5000でワイヤレスも……となるとエレコム・バッファロー・サンワサプライ……。

安物買いの銭失い。

キーピッチ、キータッチ、押し下げ量、反力……ただ茶軸赤軸語る段階ではなく論外。となるとエレコム・バッファロー・サンワサプライ……。

「ロジクールは」
「無線だけど予算に収まる奴はBluetoothじゃないから、VAIOかドックのUSB1つ潰すよ(専用のレシーバーを使う)」
「でもBluetoothっていきなり切れるじゃん」
「専用レシーバーはマウスとキーボード別々に壊れて結局レシーバー2本使いとかカカクコムでよく見る」
「すのPマウスは?」

1_20230414225201

「帰れ」
「だって腱鞘炎になるんだもん。こいつで言いたいのは独自無線とBluetoothの両刀。2台のPCにつなげる。ということ」
「なるほど」

以下略。結論:モニタは可能な範囲でデカい奴。マウスとキーボードは候補を並べるので各自チョイスのこと。

「すのPは要らんな」

お、おう。

おう。

その分少し高いのをみんなに買ってやってくれろ。

 

2023年4月13日 (木)

おっかさん名古屋は怖いとこじゃ2023

20230413-185217

三日連続火事で人死に……の翌日がこれである。恐ろしくそしてなんて悲しい事件なのか。

20230413-185359

これ、神経がマヒする一方呼吸できなくなって行くんだよね。どうしてこんな苦しいこと選んだのか。

20230413-185829

……死神でもおるんか。

Ftlgjdxamaen3fx

砂に巻かれて金星しか見えん。

Ftmfgbaagaezzf

そしてとどのつまりはここ10日間で3回目の有感地震。普段は半年に1度あればいい方。

今日は赤口←大凶

2023年4月12日 (水)

どうすんだこれ2023

20230412-185023

我を張った挙げ句この有様。

20230412-185242

……二酸化塩素は意思があるのかw

20230412-190634

特許を見てみよう。この会社としては「製造方法」ばかりであるが、

20230412-190734

こんなの出してる。「SARS-CoV-2とACE2タンパク質との結合阻害用組成物 」おん?経過情報(特許庁と出願者のやりとりの経緯)を見てみると。

二酸化塩素が空気の消毒に適している 」←これは認められている

 なお、出願人は、令和3年4月23日付けで提出された早期審査に関する事情説明書において、本発明を「ガス状組成物」として使用し得ることを示す確認実験のデータを示している。しかしながら、二酸化塩素ガスが、二酸化塩素水溶液と同様に、SARS-CoV-2のSタンパク質とACE2との結合阻害活性を有することは、本願出願時の技術常識を参酌しても、当業者に明らかであったとは認められない(後述の理由3も参照のこと)。
 したがって、当該実験データは、出願当初明細書等に記載された内容を超えるものであって参酌できない。
 仮に参酌するとしても、上記請求項に係る発明に記載の、二酸化塩素ガス濃度の数値範囲の全てにわたって、当業者の予測を超えて格別顕著な効果が奏されるとは認められず、二酸化塩素ガス濃度が特定されていない請求項1に係る発明については、より一層効果が認められない。

要約「あに言ってだおめぇ」

で、……最後どうなったと思う?

「特定の濃度で二酸化塩素を含むガス状組成物を生成するステップ」

「消毒効果がある」ものを「特定の濃度でガス状にする」だけ。まぁ苦しい効能書きにならざるを得ませんわね。ちなみに消毒薬として二酸化塩素の効能はあるんだけれども、それをどこか吹き付けて拭くにしても、この特許の内容だと濃度薄すぎ。なら消毒用アルコールでええわ。

特許書いた人、買っちゃった人、この会社の他の(真面目な)製品関わっている人、付き合わされた特許庁審査官……典型的な「誰も得しない」案件。誰かがごり押ししたんだと思うんだけどねぇ。どう落とし前付けるんだろうねぇ。

鉄則:高い能書きは特許を調べろ

2023年4月11日 (火)

黄砂に吹かれていやどす

インバータの話は終わったよw

20230411-223405

中部山岳地帯を越えて関東まで到達するのは「たいがい」でござる。テレビ報道大げさみたいなようだが、クルマとアレルギー持ちの方は注意されたい。

やらしーのは高気密住宅等の常時換気システムだ。アレは排気は換気扇だが、吸気は部屋にある吸気口

Ftb_gujaqakst_v

使わない場合、テキトーにあちこちの隙間から吸い込む。

20230411-225405

(島津製作所)

黄砂の粒径はスギ花粉よりさらに小さいので、隙間から容易に侵入する。窓をピッタリ閉めても換気システム止めないと意味ないし、あるいは、24時間運転の換気扇は多くトイレにあるので、オフできない場合はトイレの窓をわざと少し開けておく(=換気する分全部そこで吸わせる)、という対策が必要だろう。

花粉症なので、喘息持ちさんが「視程が悪化するほどの微細粒子で覆われる」日にどんな思いでおられるか憂えるものである。

2023年4月10日 (月)

VVVFインバータという奴(その8・最終回)

●ベクトル制御

20230409-230717

やる?

Eq0007m

本当に?w←責任持って書け

・ベクトル制御の目的

見るからに面倒くさいのだが、それでも採用したからにはそれなりに理由がある。端的には前にも書いたシーメンスのドレミファがベクトル制御で、通常のVVVF制御(V/f比一定制御orすべり周波数制御)より省エネ性能が高かったから各社なびいた……という噂話を聞いた方もあるだろう。実は誘導機はVVVF与えておけば負荷(お客様の数、レールと車輪の粘着状態)に応じて、適当にズルズル滑りつつも回ってくれる。対して空転が始まるとモータ周波数が与えた正弦波周波数に追いついてしまうので更に回転が早くなるという「どつぼ」にハマるので、モータ回転数を監視して、本来欲しかった回転数になるまでインバータ周波数を下げてやらねばならない。なお、逆にトルク不足については電圧上げる(トルクブースト。弱め界磁の逆「強め界磁」)という力業で絞り出すことが出来る(※)。
それでもリアルタイムにトルク監視して制御できるこいつが採用されたのは、モータ電力が大きいので、空転→下げよう→加速やりなおし……でチョイチョイ生じるムダが「塵も積もれば」的に大きくなるので、ベクトル導入による効果が結構大きいから、というのが一つ。もう一つはベクトル出始めの頃には磁石モータの可能性が既に見えていて、こいつは逆に滑っちゃいけない。どういうことか?誘導機はかご形導体に電流を発生させるために正弦波周波数をモータ周波数より少し高くしてやる必要があるが、磁石モータは最初から磁力を持っている=励磁されているのでそうした特性は不要で、むしろ正弦波周波数と全く同一の周波数で運転してやる必要がある。なぜなら磁石部分に電流を発生させてはいけないのである。その電流が生じる熱で高価なレアメタルの磁力が減少してしまう(減磁という)。出力周波数とモータ周波数を精度良く一致させるには「瞬時に」必要なトルクを確保する必要がある。その方法はベクトルしかない。ベクトル開発する意義がある、というわけだ。
※負荷に対してトルクが不足するとモータは回転を維持できず失速(ストール:Stall)する。モータは過大な電流が流れて過熱し危険な状態になるため避けなければならない。

・ベクトル制御の考え方

馬が3頭のメリーゴーラウンドを考えてもらいたい。その3頭の位置を方程式で示せという課題が出たらどうするか。ターンテーブル回ってるし馬は上下に動いてるし、しかも3つ。途方に暮れる。でも、アナタがターンテーブルの上に乗っていれば話は別だ。馬の位置と上下運動だけ考えれば良い。更にどれか1頭の馬に乗っていれば、自分の馬と他の馬の差だけ表現できれば良い。その差の表現に高校数学の最難関3次元空間のベクトル表記「空間ベクトル」を使うのだ。

・手順

行列式並べてもしょうがないのでかいつまんで。あ、クソ面倒くさいので、結果だけ欲しい方は下の方の「要するに」まで飛んでください。

①三相→二相変換

1頭の馬に乗って他の2頭を表記する。

V1

ソース以下同)

モータ出力u相をα軸として固定し、vとwを見ると、それぞれ常に120度ずつ差を持って表現できる。この位相差は常に固定なので、ベクトルの合成で表現できる。

②1次巻き線(モータコイル)2次巻き線(かご形導体をトランスと見なした)の分離

V2

固定子を座標軸上に固定すると、回転子(かご形導体)はそこからある角度離れ、角速度ωで回転している。

③固定子と回転子の座標軸合わせ

V3

上に方に出てくるめちゃくちゃ面倒そうな行列式は③を出す物(dq変換……ベクトル制御の技術上のキーワード)である。

④すべり周波数を用いた回転座標系による表記

V5

「地上とメリーゴーラウンドターンテーブルの関係を式で表現」としておく。この図がピク誌図18に相当する。

ωs:すべり角周波数(註:すべり周波数自体はfで、ω=2πf),1:モータに与えている電流,φ2:回転磁束(=トルクの元になる磁力成分)。

・要するに

で、欲しいトルクは、これがベクトル化した最大の効能だと思うのだが、

V6

ベクトルの外積演算で立体方向に答えが突き出てくる。「ベクトルなんか習ってどうするんだよ」……ここで使ったでしょw。なおこれは電流と磁束と更に直交して生じる力、すなわち「フレミングの左手の法則」に合致すると書いたら少しは感動してもらえるか。

V7

τ=トルク,p:コイルの数,MとかL:モータコイルのインダクタンス(モータに少し電流を流して測る),ω1=モータ回転周波数+すべり周波数→θ1が積分で得られる。

これより、ベクトル空間の計算のお約束によって、モータで測定して得られる固有の電気定数と、すべり周波数の検出によって、必要なトルクと、それを得るのに出すべき電流値が算出できる。

20230409-230717

すべり周波数を観測して瞬時に最適なトルクを提供できるモータ制御機が爆誕する。なお、家庭用においても、洗濯機や、エアコン・冷蔵庫のコンプレッサなどでは、1回転内でトルクが脈動するため、ベクトル制御を導入すると騒音低減・省エネの効果が大きい。

お疲れ様でした。令和最新型に到達です。

・SiC素子のMOS-FETを使う

スイッチ用の半導体素子紹介してきたが、あれらはいずれも「シリコン」すなわちケイ素で出来ている。水晶・石英が二酸化ケイ素であるから、要するに地球の主要構成要素の「石」である。このため、真空管スイッチに対して石と呼んだりする。

20230410-192157

(石)

「シリコンカーバイド」Silicon carbideはそのシリコンと炭素の化合物、炭化ケイ素である。

Index

(まだまだデカく作れない)

シリコン半導体に対するメリットは

・耐圧が高い
・かなり高温まで動ける

ここで「耐圧」はぶっちゃけ素子を分厚く作ることで確保する。お見せしたIGBTの実物で「コレクタは裏」と書いた。表と裏の間に母線電圧が加わる。厚み=距離であるから、電子なりホールなりが通過すると応じた電気抵抗で発熱する。比してSiCはそもそも耐圧が高いので、薄く作れる。IGBTでも「板」に見えたと思うが、SiCになると、

20230410-211745

スケスケレベルになる←他の書き方は無いのか。
MOS-FETのところで「耐圧と大電流の両立が難しい」と書いたが、耐圧の高いMOS-FET=分厚いMOS-FET=内部抵抗の大きなMOS-FETとなるからだ。対してSiCならスケスケレベルなので抵抗値ももちろん小さい……高耐圧大電流の夢の素子爆誕、というわけだ。

Img_sicpowermod_01

鉄道用SiCのモジュールはスペックが公開されていない(輸出貿易管理令該当=輸出するのに経産相の許可が必要なレベル)ので産業用で申し訳ないが、

20230410-212648

rDS(on)のところに25℃で4.9mΩという文字が見えると思う。オームの法則よりP=RI2であるから、300A目一杯流しても損失は441W。同じくスペック表を書いた3300V1200AのIGBTがオン電圧2.0V(25℃)とあるので、同じく300A流すとP=E×Iで600W。オフからオンに要する時間は0.25マイクロ秒(SiC-MOSFET)、1.4マイクロ秒(IGBT)……画期的な理由がお分かり頂けるだろう。なお、FWDは「ショットキバリアダイオード」という方式を採用している。これは、ヴァルタ・ショットキ(Walter Schottky)という物理学者が発見した「ショットキ障壁」という性質を使ったダイオードで、「金属と半導体を接触させる」だけで実現でき、早くて損失が少ない。また、シリコンのダイオードでショットキを作ると、電圧が逆(カソード電圧が高い)時に漏れ電流が大きいという弱点があったが、SiCはその弱点が前に出てこない。早い・簡単・低損失というわけだ。なので先にFWDだけSiCにした「ハイブリッドタイプ」のスイッチモジュールが存在するのはご存じの通りである。

小さな素子で大きな電流が流せて損失が小さい……電車用インバータ装置はGTO時代の1/3のサイズになったとか。そして小さいのでモータ一つ一つにインバータ装置をあてがうことが出来、モータの特性を測定する必要があるベクトル制御のメリットを最大限発揮できる、こうなるわけだ。永久磁石同期電動機(PermanentMagnetSynchronousMotor:PMSM)磁極センサレスベクトル制御SiCインバータ……現下最新最高性能の電気車推進装置の姿である。

(こっそり:ピク誌図11なんか違わないか?SiCは基底周波数が高く取れるんじゃなくて、実印加電圧が高く取れるから応じて基底が少し伸ばせるんじゃないのか)

・用語の補遺

ピク誌しれっと説明せずに出してる用語を追加説明。

IPM:インテリジェントパワーモジュール。実物紹介したIGBTやMOS-FETのモジュールに、これらのオンオフ用回路や、過電流遮断回路、遮断が働いたことをマイコンへお知らせする回路などを内蔵したもの。ただ、VVVF駆動信号はあくまでマイコンが生成。インテリジェントと言うわりに脳は持ってない。

PGセンサ:パルスジェネレータ方式の回転数検出器。ガラスの円盤に1024本とかバーコードみたいに放射線状の線が書いてあって、モータの回転軸に取り付ける。光が反射する/しないでモータの角度や回転数を検出する。

レゾルバ:小さな発電機で同じくモータ軸に取り付けて回転方向・回転数の検出に使う。

●まとめ

①VVVFインバータは6つのスイッチセットを高速でオンオフさせて、擬似的に三相交流を生成して、誘導電動機や同期電動機を任意の速度やトルクで駆動する電子回路である
②VVVF駆動装置から発生する音は、高速のオンオフで発生する磁力急変に伴ってモータコイルなどから発生している
③VVVF装置は、スイッチ用半導体や制御するマイクロコンピュータの進歩に合わせ、時代時代で小型・低損失・低価格を追求してきた。この結果、「音」も時代と共に変化してきた
④現下最新の構成はSiC半導体で構成したスイッチセットで永久磁石モータを駆動する装置である。モータ個々の特性値を学習させ、ベクトル制御で瞬時に最適なトルクを発生させることが出来る

路面電車に1セットだけ乗せて恐る恐る……から、40年でモータの特性を学習して瞬時トルク制御でこなすようになりました。

以上お付き合い頂いた方お疲れ様でした。

(おわり)

2023年4月 9日 (日)

VVVFインバータという奴(その7)

・制御方式と「音」の話

インバータの歴史は「使える半導体とその制約。および制約を越える工夫の産物」で積み上げられてきた話は前に書いた。この結果がニョジツに反映されているのが、インバータ制御の電車から出てくる「音」である。電磁石の実験の話で、自分の磁力で自分を振動させると書いたが、他にも、巻き線コイルの磁力と鉄芯通過中の磁力による吸引反発、急な大電流オンオフによる発熱冷却がもたらす膨張収縮など、モータとして回転力に寄与せず振動に化けてしまう成分が少なからず存在する。このうち、自分で自分を振動させるのを、「磁気歪みによる磁性体の変形」という現象に伴うものであるから、磁歪音(じわいおん)と呼ぶ。たま~に電柱のトランスがジーと唸っているが、これは磁歪音がほぼほぼを占める。

ピク誌図4のVVVFの波形イラストをご覧頂きたい。パルス列の始まりと終わりのポイントを、正弦波1発分の始まりと終わり(位相0度~360度・ぐるっと一週)に合わせてある。逆に言うと、正弦波を近似するに何個のパルスを使うか決めている、こうなる。正弦波4ヘルツをパルス45発で作るとすると、パルス自体の周波数(1秒間に使うパルスの数)は4×45=180Hzになる。PWMについてPWM「変調」と書いたが、これは、パルス列の周波数で正弦波を搬送しているという解釈になる。なので、パルス列のことを搬送波(キャリア)、搬送波の周波数をキャリア周波数と呼ぶ。

加速するためにインバータの出力正弦波の周波数を上げよう。8ヘルツになった。するとPWM自体の周波数は倍の360Hzとなる。うぃ~ん。モータの発する唸り音の「音程」は上昇する。磁歪音を「キャリア音」とも呼ぶゆえんがここにある。どっちでも良い。電磁音と言っておけばこだわる人にも角が立たない。

さて360HzとかGTOだと動ける限界に近い。それ以上周波数上げるにはどうするか。正弦波を作るパルスの数を下げるのである。27パルス。すると同じ出力正弦波8Hzで216Hz。キャリア音としてはいったん下がる。だが、インバータは加速しているので再び上がる。うお~ん。

以下、素子の動作限界に近づくとパルス数を下げる……を繰り返し、応じて音色が変わって行く。最後は簡単インバータで出てきた1発パルスに行き着く。こういう方法を、出したい正弦波とキャリアが同期していることから「同期式」という。シーメンスのアレはこの性質を利用してドレミファ~にしている。
なお、電車用VVVFは多く出力0.5Hzからスタートするが、こういう低い周波数は、出したい正弦波の位相無視してキャリアを一定にしている。「非同期式」である。

で。

(GTOかと思ったらSiCに更新されてたよ。いいけど)

「唸って」ますわね。すなわち周波数成分が1つじゃない。いろんな音が混じっている。これは矩形波をコイルに与えている所為で、ちょっと書いたフーリエ級数を実際に展開すると答えが出てくる。

Photo_20230409160701

さてこの「音」を喜んでいるのは我々ヲタくらいなもので、世間一般にはウケが悪いらしい。また、音になるということは電力の無駄が発生している。このうち「うるさい」の解決は、IGBTになって動作が速くなり、耳障りな周波数を故意に避けることができるようになったし、キャリア周波数を細かく変更して、見かけ上(聞き分け上?)ランダムにするなどの方策がとられている。

(名鉄4000)

・一時的な存在?「3レベル」式

20230409-171701

(富士時報)

どうしよう。やる?wピク誌は図16。

母線電圧に対して十分な素子耐圧が確保できない場合、単純には素子を直列にすればいい。ただ、直列の2つを「完全に同時に」オンオフしないと、先にオフした方に全ての電圧が掛かることになってぶっ壊れる。しかし完全に同時にオンオフさせるのは、素子の個体差のみならず、駆動回路の特性まで揃える必要があり、現実的には難しい。そこでまず、母線コンデンサを2個直列にして中間電位(NeutralPoint:NP)を作った上で、ぜってーNP以上の電圧が加わらない・加わったらNPに逃がす(クランプするという)構成を取ったのが3レベルインバータである。プラス・マイナス・NPの3つの電圧を持つので3レベル、である。4階建ての上2つのアームの動作で見てみよう。下から1階~4階と呼称する。正弦波の裾野の低い電圧を出すときは、3階の素子だけパタパタする。NPC電位から3階を結ぶダイオードを経由してNPC電圧がモータに出て行く。正弦波のてっぺん近くを出すときは3階と4階を同時にパタパタする。マイナス~NP+NP~プラスの全ての母線電圧がモータコイルに出て行く。ここで、3階素子がパタパタしているとき、4階素子が耐える電圧はNP~プラス間の電圧で良く、3階と4階がパタパタしているとき、全ての電圧が1階+2階の素子に加わるが、直列なので耐えられる。こうなる。ちなみにもし、何らかの理由で1階素子にNP以上の電圧が加わると、1階→NPに接続されているダイオードでその電圧は逃がすことが出来、3階素子の電圧がNP以下に下がると(つまり4階素子にNP以上の電圧が加わりそうになると)、NP→3階に接続されているダイオードでNP電圧に戻される。こうなる。

この方式は素子を守り、よりなめらかに正弦波を近似できる一方、素子は2倍+クランプダイオードも6個追加になって制御も面倒と、デメリットの方が多い。なので、IGBTの高耐圧化が進むと「不必要」になって採用されなくなった。

20230409-180854

(3300V/1200A……1500Vの2倍あるからいいだろ?という設計。これは1アーム分で、紹介した実物と同じく2素子並列)

更には「そもそも高耐圧」なSiC素子の登場により、ますます出番は減る一方……と考えて良いと思う。なお、これをもう少しこじらせた「階調インバータ」という奴が、UPSや太陽光パネルの電力系統連携装置などに使用されている。これは家電用の安価素子を使えるというメリットがある。

20230409-184437

今日はピク誌をなぞった内容じゃないが、これで現在主流のIGBTインバータに追いついた状態。磁界はちゃうわ次回は令和最新型「SiC-MOSFETによるPMSMのベクトル駆動」と、ピク誌で解説なしで使われている用語の説明、で、最終回、の予定w。何が「ちょっと補足」だよスゲーボリュームじゃんかオレ。

(次回・最終回)

2023年4月 8日 (土)

VVVFインバータという奴(その6)

●素子の変遷(つづき)

一通り書くわね。いやムダにならんから。

・逆導通サイリスタ

20230407-234433

これは簡単。こういう奴。そのFWD構造も内蔵したサイリスタ。日本最初のインバータ電車である熊本市電8200が載せたのはこれ。

・GTOサイリスタ

20230408-153016

あー、素子カタログ読め、ということではありません。

GTO:Gate Turn Off

「ターンオフ」というのはサイリスタの消弧のこと。前述した基本的なサイリスタでは、オフさせるためにはカソード>アノードとなるように逆電圧を与える必要があった。これに対してGTOでは、ゲート端子をカソードより電圧を低くして(逆バイアスを掛けると言う)、カソード→ゲートと電流を流す。すると、カタログ図にあるゲートの「P」にある「プラスの電気の運び屋」(ホールという)が、マイナスの電圧に引き寄せられてゲート端子に抜かれる。すると今度は、ホールと合体しようとカソードから入ってきていた電子が行き場を失う→「ホール」と「電子」という電流の担い手がいなくなってサイリスタとして動作が止まる。すなわち、アノードカソードという「サイリスタ全体の電圧」ではなく「ゲートG端子を使ってターンTオフOできる」。GTOと。で、ホール引き抜きは1カ所だけだと時間がかかるし、電車用のサイリスタはデカい円盤なので、隅っこのホールが残ってしまう可能性がある。そこで、円盤上に二重三重の円を描く形でゲートを配置し、花びら状にカソードを配置したのがピク誌図7のイラスト。

これの画期なところは、ゲート→カソードに流せばオンになり、カソード→ゲートに流せばオフになる。オンとオフで扱う動作を逆にするだけで良いこと。転流回路まわりごっそり不要なこと。応じてサイリスタ全体の動作も早くなること。で、ようやく1500V電車の床下に載せて扱えるレベルになり、80~90年代インバータの主役に躍り出たのは皆さんご存じの通り。うぃ~んうぉ~んわぉ~ん。なおGTOGTOと気安く呼ばれるが、GTOサイリスタであって、あくまでサイリスタの一種。

・トランジスタ

FtllpafagaaevhqDig_07

ここまでの記事で何回か出しておいて今更だが一応。正式には下記FETなんかと原理が異なるのでバイポーラトランジスタ。この人は家電品に一杯使われていた物(廃盤)。端子左からエミッタ・コレクタ・ベース。略号がECBなので「えくぼ」なんて覚え方をした。ベースからエミッタに電流を流すと、コレクタからベースのホールめがけて電子が突っ込んできてベースを貫通、エミッタに流れる。ベースの電流をオフにすればコレクタからの電流は止まる。ベース電流でコレクタ電流をコントロールするスイッチ。電子顕微鏡サイズで何億も作り込んだのがICやマイクロコンピュータ。すなわち現代電子技術産業の立役者がトランジスタ。さておく。GTOは「オフするために電流を流す」必要があったが、トランジスタは流すのやめれば良い。かんたん。直ちに大型化して電力制御に用いる試みがなされた。工場なんかで使う産業用インバータ、

Img_mv1

(こんなの。宣伝したやったぞ金よこせ三菱電機)

はこれで登場した。が、大きな電流を流すトランジスタは、内部損失が大きいし、制御のベース電流も多く流す必要があって、そのための回路や放熱に工夫を要した。

・MOS-FET

Fdvgbhzviaeeo3h_20230408184001

先に紹介した照明基板に載ってるこいつらがそう。Metal-Oxide-Semiconductor Field Effect Transistor酸化金属皮膜電界効果トランジスタ……ってその意味はどうでもいいです。韻を踏んでる発音をお楽しみください。

20230408-184420

こいつの特徴はゲート-ソース間に「電圧を与える」(≒充電する)だけでドレイン-ソース間がオンすること。充電されたのを放電すればオフになる。またこのメカニズムと、電流の運び屋が電子だけ(逆にホールだけのものもある)なので動作が速い。ただ、高耐圧と大電流化の両立が難しい。
※上記バイポーラ(ホールと電子)トランジスタに対してこの電界効果トランジスタは電子かホールのどっちか一方で動くので、ユニポーラトランジスタと呼ぶ、こともあるが教科書にそう書いてあるだけで誰も使わないw

・IGBT

トランジスタは高耐圧大電流用に作れるんだけど大きい奴は動作が遅くなってベース電流の回路も大きくなって……

MOS-FETの制御性とスピードで高耐圧大電流に作れればなぁ……

という切歯扼腕があって。「じゃぁ、MOS-FETでトランジスタオンオフすりゃいいじゃん」となって、

An0020_p3_1_jp

(サンケン電気のサイトより)

「等価回路」の方を見ていただきたい。MOS-FETのゲートーソースに電圧与えてこいつをオンにすると、トランジスタのコレクタからベースを通ってMOS-FETに流れる回路が出来る。ベース電流が流れたのでトランジスタはオンになる。MOS-FETのオンでベース電流をずっと流し続ける事が出来る。MOS-FETをオフすればベース電流も切れるのでトランジスタ部分はオフする。やがて最初から両者一体化された新種のトランジスタが生産された。コレクタと絶縁されたゲートを持つバイポーラトランジスタ。すなわちInsulated Gate Bipolar Transistor:IGBTの登場である。現下、主流の素子で、動作周波数も201系サイリスタの253Hzから通常2kHz。上記産業用だと14.5kHzに設定できたりする。

さて本記事のハイライト。ピク誌図9のBにあるようなIGBTモジュール。中身をぱかりんちょ(おいおい)

Ftlzlriacaeeje_

これ、ピク誌図2の例えば「SU1,SU2」など、プラス側マイナス側各1アーム入り「1相分」のセット。大電流用でIGBTとFWDと2素子並列に入っている。白い四角い部分が「シリコン半導体」そのもの。光の当て方により虹色にキラキラ光る。右側2素子こっち向いてる素子がIGBTで真ん中の短冊状の部分(セルという)から1本手前に引き出されているが、これがゲート。ワイヤが沢山生えているのがエミッタ。左端のセルから一本手前に戻っている。これがゲート回路に戻る。コレクタは裏面。右手素子の奥側にあるのが相棒のFWD。左右に沢山ワイヤ生えてて、これが左側素子のコレクター、小ぶりなFWDのアノードーそして右側素子のコレクタ(と裏側で接続されているフレーム)に繋がっている。左素子がインバータ用プラス電源(母線:ぼせんという)側のアーム、右素子がマイナス用アーム、となる。

以上インバータ用パワー半導体素子のオールスターキャスト。なにIGBTどっから持ってきたか?大学生時分に研究室に転がってたのをかっぱらったw

SiCは後で書くわ。とりあえずピク誌「IGBT」の説明まで完了。

(つづく)

2023年4月 7日 (金)

VVVFインバータという奴(その5)

・素子の変遷

インバータの出現には高速なスイッチが必要で、半導体技術の進歩でようやく可能になったと書いたが、その半導体の種類による「可能なことと不可能なこと」と「不可能を克服するための工夫」の存在が、インバータの理解や変遷をやや難しくしている。この辺単純でビーっと一本調子のチョッパと異なる。一方でその工夫が運転に伴い電動機から発せられる独特の音(電磁音、磁歪(じわい)音、キャリア音)の変化に繋がっており、音鉄たちに新たな地平を提供したことは書くまでもないだろう。素子の変遷と時々の工夫、技術者達の努力を知っておくのは悪くないかと。

サイリスタ

SCR(Silicon Controlled Rectifier)として開発された素子で、トランジスタに似た動作、ということで登録された商標が標準名称になったものだ。

20230407-190230  

構造はこうなっている。2つのトランジスタを直列に重ねたのと同じ構成。アノードの電圧がカソードより高いとき、ゲートからカソードへ電流を少し流すと、NPNで構成されたトランジスタがオンになる。すると、このトランジスタは、上のPNPで構成されたトランジスタをオンにする。すると、PNPのトランジスタを通ってきた電流はゲートからカソードへ流れて行く……すなわち、自分の動作で自分をオンの状態で保持する。エンジンが自分の動力で燃料ポンプを動かすのと同じである。つまりゲートからカソードへパルス電流を1発流すだけでオンのままになる。こうなる。なお、オフになる条件はカソードの電圧をアノードより高くする。

これは元々交流回路に使う。

20230407-202437

上のような正弦波交流に対し、サイリスタのゲートへ図のような角度(位相と呼ぶ。位相が90度とか言う)で電流を流すと、サイリスタはオンして(円弧の特定のポイントで点火するので点弧という)正弦波が流れ出す。そのうち交流だからプラスとマイナスがひっくり返るので、そのポイント(位相180度や360度。ゼロクロスと呼ぶ)でカソードの電圧がアノードより高くなり、サイリスタはオフ。すると次のゲートパルスでまた点弧して……となる。こうすると交流から必要な電力を点弧位相を制御するだけで取り出せることが分かるだろう。この交流にサイリスタを使った電力制御を「サイリスタ位相制御」という。思い当たる用語でござろう。そう、ED75や811系はこれで走っているわけだ。
(点弧動作のことを英語ではFirelingと呼ぶ。着火そのもの。紹介した方法はゲートからカソードへ抜くのでカソードファイアとかいう。点弧用のちょろっと流す電流をトリガーTrigger引き金電流と呼ぶ。文字通り引き金だわ)

さて、交流だとプラスマイナスの逆転で「勝手にオフになる」のだが、直流はプラスマイナス固定であるから、「無理矢理オフ」する工夫が必要になる。流れを反転させるので「転流回路」と呼ぶ。ピク誌図6。わかる?不親切だわこれ。

①メインのサイリスタがオン。同時に右向いてるダイオード→コイル→コンデンサのルートでも電流が流れ、コンデンサが充電される。ここはコイル-コンデンサ直列の共振回路になっているので、充電が終わると逆流を開始しようとするが、その右向いてるダイオードに阻止され、この逆流は成立せず、コンデンサには書いてあるプラス、マイナスの極性で充電されたまま、いったん動作は止まる。なお、ダイオードは「アノードの電圧がカソードより高い」時だけその方向に電流を流す。その「電流を流し始めるタイミング」を自由に変えられるのがサイリスタというわけ。

②メインのサイリスタをオフする(消弧)するとき、補助サイリスタをオンにしてやる。すると右向きダイオードに阻止されていたコンデンサからの逆流が、この補助サイリスタを通して流れ、ぐるっと回って同じコンデンサに逆向きに充電される。つまり、メイン・補助双方のサイリスタのカソード側の方が、アノード側より電圧が高くなった。

③共振回路なので、再度逆流を始める。メイン・補助のサイリスタを消弧させつつ、メインのサイリスタに並列のダイオード、右向きのダイオードを通り、①の充電状態へ戻って行く。

ようやくサイリスタがオフになった(転流回路の方式はいっぱいある。これは一例)。で、以上の動作から分かるように、点弧は一発だが、消弧動作はすごくもっさりになる。メインのサイリスタがデカいと、応じて転流回路もデカい。また制御面でも、オンするとき、オフするとき、双方でサイリスタオン信号を出してやる必要がある。「デカくて遅くて面倒くさい」わけです。で、制御しやすい、より小さいサイリスタの開発が始まる……のだが、長くなりすぎるので今回はここまで。ただし、次の説明をしておきたい。ピク誌これの説明がないので。

・環流ダイオード

強力電磁石の実験で「バチンとなって感電」と書いた。電車のモータなんてバカでかいコイルにバカでかい電流を流しているのだから、いくらサイリスタもっさりとは言え、微分項di/dtのdiがバカでかいので恐るべき電圧が発生する……危惧がある。これを防止するには「スイッチを切っても、モータのコイルには同じ向きに電流が流れるように処理すれば良い」となる。

ピク誌図2をご覧頂きたい。図ではスイッチSU1がオンで、直流電源プラスからU相コイル-V相コイルに流れてSV2を通って直流電源マイナスに戻っている。いま、SU1をオフにしたとする。モータコイルには引き続き同じ向きの電流を流したい。どうするか、SU1の下側のアーム、SU…あら?SU2の誤記だろこれ……をオンにする。すると、上記マイナスに戻ってきた電流が再度U相コイルへ流れて行く。

ではわざわざSU2をオンにする制御回路を用意するのか。答えは「要らない」。その代わりダイオードを逆向きに(直流電源のマイナス側にアノード、プラス側にカソードが来るように)、SU2に最初から並列に付けておく。こうするとSU1のオフで行き場を失った電流が勝手にダイオードをオンにして流れ続けてくれる。この動作を環流といい、これ専用のダイオードを環流ダイオード、英語でFreeWheelingDiode略してFWDと呼ぶ。全てのスイッチが同じ。すなわち、インバータ用のスイッチセット「アーム」は、常に主スイッチ素子とこのFWDがワンセットであることを意味する。これで図6の転流回路をもう一度ご覧頂きたい。主素子と逆向きのダイオードが並列に付いており、消弧電流がここを流れている。つまりこいつFWD兼、転流用ダイオードというわけ。なおもちろん、チョッパ回路でも環流ダイオードは付いている。

つづく

※FWDなのでフライホイールflywheelダイオードと誤認する方が時々おられる。状態維持という役割が似ているので更に勘違いしやすい。しかしフライホイールはあくまで回転体の運動エネルギを維持する円盤円筒の事なのでゴッチャにしないように。テストだとバツです。

Fsybf1dauaupvdh111

2023年4月 6日 (木)

VVVFインバータという奴(その4)

・電圧を変化させる方法

電流型?いや令和VVVFほぼほぼ電圧型だし、「電圧を変える」って説明で電流型を先に持ってきたら混乱するだろ。

20230406-190330

「正弦波の電圧を変える」というのは↑こういうことを意味する。チョッパの説明で「オンとオフの時間を変更して、平均の電圧を得る」と説明したが、じゃぁ最初に説明した矩形波インバータでオン時間を半分にしてみようか。

20230406-191117

何か違う。そう、正弦波の電圧変化カーブに合わせて、少しオン、長くオフ→次はもう少しオン……と、変化させて、この山なりカーブを平均電圧の繰り返しで作ってやる必要があるのだ。

作図が面倒くさいので名大のシラバスからパクってくる(おいおい)。

20230406-202136

ソース

オンオフを繰り返して平均値を結んだ線が赤い線=インバータ装置で得られる正弦波である。このパクリ図をピク誌図4の回路図と比較すると、正弦波の上の方(電圧がプラス)に出ているパルスがスイッチS1S4のオンオフ、下側がS2S3のオンオフに相当する。

このパルスの幅を変えて所望の電圧を近似的に得る方法を、パルス幅変調方式(PWM=PulseWiseModulation)という。おなじみの用語、出てきましたね。

・周波数を変化させる方法

20230406-203853

周波数を変える、というのはこういうことを意味する(上から下へ並べてある)。忙しい波の方が周波数が高い=モータの回転数が高い=電車としてはスピードが速い。
従って、周波数が高くなるに従い、オンする時間=パルスの幅を広げるタイミングも、再度狭めて行くタイミングも変えて行く必要があることを意味する。以上まで揃って、ピク誌図4の①~③の説明になる。「電圧と周波数を同時に変える」のは忙しいのだw
(※図の横の式の最後に付いてる+8とかいうのはこの作図ツールのどこに波形を置くかという指定なので無視して)

・電流型?

直流からスイッチパタパタPWMで交流を作るわけだが、大本の直流電源の電圧が変わってしまうと、PWMで出てくる電圧も変わってしまうことに気づくだろう。でもって、運転席の後ろにかぶりついて架線電圧計を見ていると(そんな奴あまり居ないと思うがw)、公称直流1500Vと言いつつ、1300から1700あたりまでフラフラしていることに気づくはずだ。
このふらつきを嫌って、インバータの電源電圧を一定にするべく更にチョッパを突っ込んであるのが西日本207系である。主回路構成はピク誌図3の「電流型」と一緒。

電圧型は上に書いたように周波数と電圧と両方を考慮しながらパタパタやるので忙しい=初期のインバータ装置では、制御するマイクロコンピュータもスイッチの仕事を請け負う半導体素子も、この忙しさに追いつけなかった。そこで、電圧は全部チョッパにやらせて、インバータは既出の矩形波かんたんインバータ動作にしているのが電流型(インバータ部の6つのスイッチは「電流を流すか流さないか」だけに使用しているの意味)である。ただ、この方式だと、チョッパ用とインバータ用と、両方ともモータ電流に耐えるデカい(=高価な)スイッチ素子が必要で、応じてデカくなるので、コンピュータで架線電圧をチェックしながらVVVFのパルス幅をいじれるようになると、鉄道車両用からは消えていった。

はい、以上で「VVVFインバータ」がナニやってるかの説明になります。これでもう一度ピク誌の1.および2.を読んでみてください。何言ってるか分かるはずです。そして、こういうのがある程度ニヨニヨしながら見られるはずです。

つづく

2023年4月 5日 (水)

VVVFインバータという奴(その3)

・電圧と周波数を変化させる必要性

この節の書き方はいささか同意しかねる。直感的な理解もしづらい。まず「誘導電動機」の特性を書く方が先じゃないのか。

小学校の実験で、トイレットペーパーの芯のような空洞の円筒に大量のエナメル線を巻いてコイルを作り、中に棒磁石をスコスコして「誘導起電力による発電」をやった方は多いと思われる。この実験は、コイルを固定して磁石を動かしているが、別に磁石を固定してコイルの側を動かしても結果は変わらない。重要なのは「電線=導体のあるところで磁力を変化させると、導体に電流が発生する」(ファラデーの電磁誘導の法則)ということだ。ピク誌は少し飛ばして図17、誘導電動機の模式図をご覧頂きたい。コイル3つあって120度ずつ並べて向かい合わせ、その中に「かご形導体」を入れてある。3つのコイルに前述の三相交流の正弦波を順番に与えることは想像が出来るであろう。でもって、その結果、「コイルによる磁力変化」で「かご形導体」に電流が流れる、ことも想像できるであろう。

で。

かご形導体に発生した電流は、今度はそれ自身磁力を発生する。右手をグッジョブ👍 の形に作っていただきたい。親指の向きに電流が流れると、残り4本の指の向きのように、電線の周りをぐるぐる回るように磁力線が発生する(右ねじの法則)。で、三相交流がコイルに流れることによる磁力と、かご形導体に右ねじの法則で生じた磁力と、「磁力と磁力」になったことが分かるだろう。ざっくり、この双方の磁力による吸引反発でかご形導体がぐるぐる回り出す。電磁「誘導」の法則に則って回転する「電動機」で「誘導電動機」である。なお最近流行のPMSM……永久磁石同期電動機は、最初から回転子が永久磁石になっているもの、とすれば、類例として理解しやすいし、「導体に磁力を発生させる必要性が無い=省エネ」ということにも気づかれるであろう。ちなみに誘導電動機の原理を説明する実験は「アラゴの円盤実験」として知られる。

で。本質に入りますよ。

電流と磁力の相互作用って「変化が急であれば急であるほど」得られる作用が大きいのですよ。小学校で太い釘にエナメル線まきまきしてコイルを作り、電磁石の実験をしたと思います。このとき、「超強力な磁石」を作ろうと思い立ち、電池をいくつも直列に繋いで、スイッチを、オン。

ばちん!

「うぎゃっ!」
「いって~~」
「やべー切れ切れ」

ばちん!

「ぎゃ~~!」
「火花出た火花!」

何が起こったか?

スイッチをオンにする→コイルに急に磁力が発生する→その磁力でコイルの巻き線に電流が流れて(上記かご形導体と一緒)電圧が発生する→その電圧が非常な高電圧で感電した(ついでに言うと急激な磁力変化でコイルが振動して音を出した)。こうなったのです。

式で書くとこう。

20230405-190505

Lはコイルのインダクタンスでぶっちゃけ巻き数に比例します。分数は微分で……いやいや読むのやめないでw……「電流の変化の大きさ」を示します。小学校のスイッチなんか鉄板同士を指で接触させるものですわね。逆に言うと一瞬で電流が流れたり切れたりする。電池マシマシで電流が大きい/一瞬でオンオフ→eコイルに発生する電圧がデカい。こうなるわけです。

戻って。

「三相交流が順番にコイルに流れることによる『回転する磁場』」の回転数が上がると言うことは、磁場の変化速度が上がる……微分の部分が大きくなることを意味する。応じて「かご形導体」に発生する電流・磁力も大きくなり、三相交流の周波数に少し遅れて追従する。「遅れる」部分を「すべり」。回転数の差を「すべり周波数」と呼ぶ。これより、三相交流の周波数を変化させることで、モータの回転数が変わる。周波数を変化させる必要性=バリアブルフリークェンシーVariableFrequencyに到達。

で。

コイルに突っ込む三相交流の電圧を高くすると、磁力が強くなってかご形導体に現れる電流も強くなって……となるのは容易に想像が付くであろう。磁力すなわち回転力トルクである。ここにトルクは電圧で制御できる=バリアブルボルテージVariableVoltageに到達。

「ん?ということはモータの回転数とトルクを別々に制御できる?」

気づかれた方多かろう。誘導電動機をVVVF運転する最大のメリットにして、大きな起動トルクと高速回転が必要になる鉄道への利用がジャストフィットしている理由がここにある。能書き記事の式。

20230403-230550_20230405204201

E=与える電圧、N=コイルの巻き数、2πn・cos()←まるごとsin(2πnt)の微分=周波数

・逆起電力の話

さてピク誌では「逆起電力に対抗して」電圧が必要になるような書き方になっている。逆起電力が勝ってモータから電圧が逆に出てくる状態……すなわち「発電機」になっているのが何のことは無い回生モードである。ただ、これに打ち勝つというよりトルク制御の目的で電圧をいじるのが主目的と説明されることが多い。なお当然、モータ回転数より三相交流の周波数を下げ、コイルの印加電圧も下げることで意図的な発電機運転=回生ブレーキ力の制御を行うことが出来る。

以上ようやくVVVFで誘導機が回転するまで来ました。ではVVVF運転するための回路構成と動作はどうなっているのでしょう。

(註:Vf比一定制御?ありゃVVVF制御の恩恵として定トルク領域が得られるぞって結果論じゃん。仕組みと概念の説明で触れる必要は無いと思うわ)

つづく

2023年4月 4日 (火)

VVVFインバータという奴(その2)

では「鉄道ピクトリアルNo.1011」を教科書に、補足を入れる形でブツクサ書いて行きます。図版等は基本的に同紙を参照してもらって。

・インバータと言う語とその目的

invert+er。「反転」。これは「交流から直流に変換する装置」が先に出来て「変換器」(convert+er=converter:コンバータ)と名付けられたため、後から出来た「直流から交流に変換する装置」は、その逆の動作ということで反転装置・インバータと呼ばれるようになった、という経緯による。なお、最初の交流直流変換装置はスイッチがモータの回転で順番にカチカチ切り替わって行くというシロモノで、ゆっくり切り替えて行く必要があった。同好諸氏におかれてはスイス等欧州の交流電化で「帯分数表記16(2/3)Hz」(50Hzの1/3)という周波数の存在をご存じの向きもあると思うが、これはその「回転式変流器」をゆっくり回すために考え出された。

この人もそう。

・インバータの基本

20230404-203905

最も身近な交流は家庭のコンセントである。ここにオシロスコープを突っ込むとこういう波形が観測できる。三角関数正弦波・サインカーブという奴で、交流電圧波形というとこれのイメージがある。が、「交流で動く機械」にとって、正弦波かどうかは実は余り問題にならない。プラスとマイナスが決まった回数逆になるならそれで交流の条件を満たす。ピク誌の図1をご覧頂きたい。スイッチS1と同S4を同時にオンにすると、「交流」と書いたところには、上の端子に+、下の端子にーが取り出せる。次にS1,S4をオフにし、S2,S3をオンにすると、「交流」部分には逆の電圧が出てくる。出てくる電圧は直角直角のギザギザ波形

Efeehdau8air8i5_20230404205301

であるが、これでもちゃんと交流の電気として通用する(※)。こういうのを「矩形波(くけいは)インバータ」と呼ぶ。最も簡単なインバータのひとつで、「車の中で家電製品を使おう」みたいな安いインバータや、同好諸氏には「マイネ40が当初付けてた蛍光灯のトランジスタインバータ」がこれだと書いておこうか。なお、鉄道用でもGTO素子を使った初期のインバータでは、最高運転周波数付近はサインカーブに近づけようとせずこれだった(1パルスモード)。また、家電用でも20kHz位で動くIHクッキングヒータや、60~100kHz位で動く照明用インバータなどはこのタイプのインバータである。

※この矩形波を「フーリエ級数展開」という数学的処理を施した数式で表現すると、多数のサインカーブの集合体として記述できる。そのうちの一番目立つ正弦波の成分で駆動されていると解釈される

Fdvgbhzviaeeo3h_20230404230501

(照明用のインバータ回路)

・三相用インバータ

鉄道車両の駆動用に使われているインバータで作る交流は三相交流である。

ピク誌図2をご覧頂きたいが、正弦波交流が3つ順繰りに流れてくる。3つの電線で3つの交流電源を少しずらして流している。これが三相交流である。モータに流すと順繰りに磁力が発生して回りそうな気がするだろう。そしてその通り交流電源=インバータ装置は3つ必要になる。三相交流の電源と負荷の関係を図示すると一般にこうなる。

Photo_20230404231501

「~」のついたマークが交流電源。「Z」は誘導電動機に入っているコイルと考えて頂ければよい。すると「~」の部分に上記4つスイッチのインバータがそれぞれ必要なように思えるが、3つの電源は時間的に少しずつずれながらプラスになったりマイナスになったりするので、スイッチは半分ずつ共用でき(1つの電源がプラスに繋がっているとき、他の2つはマイナスに繋ぐ)、2個ずつ3セット、6組で三相交流を得ることが出来る。これでめでたくピク誌図2のスイッチ6個の回路図に到達できる。で、スイッチのことを「アーム(arm:腕)」と呼ぶのだが、これは冒頭に書いた「機械スイッチ式コンバータ」で、スイッチが動く有様が「腕を動かしている」ように見えたからだ……という説をここでは主張しておこう。そして、「機械スイッチが付いて来られるスピードのために、周波数の低い交流を作ることが必要だった」という事実をひっくり返すと、「好きな周波数の交流が得られるインバータ装置を作るには、高速なスイッチが必要」となり、実験的には真空管スイッチ、本格的には半導体スイッチの出現までの長い時間がかかったのである。

(つづく)

(註:三相の中性点の話はスイッチの実動作の方が直感的に分かりやすいので触れなかった)

2023年4月 3日 (月)

VVVFインバータという奴(その1)

Frqyb7bayaizxgj_20230403192301

同好諸氏。今月同雑誌の内容ご理解頂けただろうか?

●冒頭の能書きその1

鉄道ファン(ヲタク)というのは「○○系は○○線を走っている」というのを基本的知識としてすべからく所有していて、そこからつながりのあるものを派生的に体系化して記憶して行く。しかしテレビ番組が扱う鉄道特集や「鉄道ファンを自称するタレント」の言動は、沿線情報や駅弁関係、「謎のルートを通る列車」なんかにベクトルが向かうことが多く、鉄道の根幹たる「走る機械とその仕組み」に向くことはまずない。いやいや走ってナンボなんだから「どうやって走るか」を知ってこそが原点だろうし、そのために数々の工夫と仕組みが考え出されて大規模なシステムになっていることに鉄道の本質、それを知り尽くす趣味の醍醐味があると思うのだ。鉄道ファン検定クイズ:鉄ビュースポットとして知られるナントカ橋はどこにあるでしょう……それ「本質」と関係あるか?何かシステム工学としての鉄道の知識の一角なのかそれ。ちなみにこんなんでカネ取って「資格」とか言ってんだぜ。資格はあるけど走る仕組みの説明もできない……意味あるのかそれ。その金で機械工学便覧でも買った方がよほど「趣味の充実」に資するわ。以上「鉄道趣味」に対する意見表明。

●冒頭の能書きその2

じゃぁ走る仕組みとして何があるのかというと、現存しているのは蒸気、内燃(エンジン)、電気(モーター)である。過去には人力及び馬車鉄道もあったとしておく。さてこのうち蒸気というのは動力の発生と伝達機構が外に出ていて見えるので直感的な理解は簡単である。

エンジンもエンジン自体は見えないが、自家用車があれば類似の機構として理解自体は難しくない。

で、電気車なのだが、「直流モーター」に関する限りは模型や玩具、最近では電池式の手持ちファンなどどんな家庭にもゴロゴロしており、

Fsybf1dauaupvdh

(ゴロゴロ)

磁石とコイルが見えているので、その間で磁力があーだこーだしているのだな、と類推が出来る。何なら理科の実験でコイル巻き巻きしてモーターを作ることすらあり、回る原理は理解できる。そしてその回転数は与える電圧で変えることができ、電圧を変えるには抵抗器を接続する。

Fsyb2ckacaecxcw

(抵抗器)

扱う数式はE=RI(オームの法則)……小学校4年生である。

ここで。

鉄道用のようなバカでかいモータの電圧を抵抗でいじると、電流値「I」がものすごいので、抵抗器はカンカンに発熱する。同じくオームの法則より電力P=EI=RI2である。抵抗器を冷やすのに別途ファンを持ってきて冷やすとか電力無駄遣いの尻拭いに電力を使っている。そこで、「抵抗器の代わりにスイッチを置き、これを高速で切ったり入れたりして、例えばオンする時間とオフする時間を同じにしてやれば、平均して掛かる電圧は半分じゃね?」という考え方が出てきた。これを電流をぶった切る(Chop=チョップする)のでチョッパ制御という。扱う数式は、

20230403-225433

Vi=入力の電圧。ton=スイッチがオンしている時間。toff=スイッチがオフしている時間。Vo=得られる出力電圧。なおこの分数の部分を「デューティ比」と言う(※)。

チョッパ回路実際動かすと(おいおい)

ここまではまぁ、直感的な理解が可能であろう。

で、VVVFインバータでござる。こいつで動かすのは三相交流電動機(誘導機または同期機)である。扱う数式はこうなる。

20230403-230550

三角関数のコサインである。実はインバータを学校で勉強しようとすると、工業系の大学で「電動機制御」や「電力変換」といった講座を履修して初めてお目にかかれる。バックボーンとして電気工学、その基礎として電磁気学、半導体で回路構成するので電子工学、扱う数学として幾何や解析を要求する。「直流」が「交流」に変わるだけでハードルがバカ高くなるのである。

そんなシロモノであるから今回鉄道ピクトリアル誌、どのレベルで解説するかと思ったら、なんとたったの(!)8ページでベクトル制御まで圧縮記述。で、冒頭「ご理解頂けたか?」になるのである。ほぼほぼ要点をかいつまんで、になってはいるが、基本的に「分かっている人の書き方」なので、「それ要るか?」「そこを端折るか」「いきなりそこか」と思ったところが幾つかある。で、補足を混ぜつつ、もうワンステップかみ砕いて書いてみようと記事を立ち上げた次第。何?ドヤ顔で偉そうだ?あまりこう文系理系によらず等しく楽しめる趣味であった鉄道に「デジタルデバイド」「理解度の格差」をもたらすのではないかという危機感があるのよ。人によって楽しめる範囲に差が出来るし、今後これがスタンダードになると、越える越えないで視野が変わる「壁」となって立ちはだかる。それじゃ楽しくないので「三角関数なんか試験終わってすぐに忘れた」という人でもインバータ制御分かる手助けできれば。

および、図鑑に書いてない(書けない)インバータの秘密を知った子供達が将来その道のエンジニアを志してくれれば。

GTOのインバータは三菱の音が好き。IGBTの2レベルは東芝E231の墜落だ」

はいはい。で、その「音」がなぜ出て今は目立たないか知りたくないかい?w

つづく

※チョッパの原理式と言われるが、実際には「連続モード」の時しか成り立たない。なので電源回路の設計で安直に電圧差からデューティを逆算して素子を駆動しても所要の電圧にならない。「オン時間中にインダクタンスに蓄積されるエネルギ×周波数」が1秒間あたりに受け渡される電力になるので、負荷の消費電力とインピーダンスから所要の電圧が得られるところでバランスするようにデューティ比を設定する。

※「知りたいが、ここ読んだだけでうんざりだ。結果だけ寄越せ」という方は仕方ありません、まとめはここです。

2023年4月 2日 (日)

墓。

Fssora0aeaeeteq

弟と「父及び将来母」の格納先(!)を下見。しかし骨になってまであっちこっち引っ越しとか何だかなぁ。

「マンション墓」なので16:9の17インチモニタのサイズ。壺を奥手に納めて手前がお供え物スペース。三十三回忌まではここ。以後は集合墓へ改葬し永代。眉をひそめる向きもあろうが土地買って石買って供養料払って掃除草刈りなど管理とか、正直、やってられん。

母親へ写真を送ると電話「こんな狭いの!?」

自動制御の地下駐車場みたいに呼び出すタイプもあるが、それは粉末にして詰め込むんだぞ←他の言い方はないのか

「お弔いは形ではなく心だ」とはどこのお坊様も等しく仰ること。現実性を勘案して我々兄弟としての案がここ。

「今度東京出張ついでにバーサンに動画見せてみるわ」

よろしこ。

・おまけ

「契約こっちでやるけど、埋葬許可証がいるんだわ」
「そんなのどうやってもらうの!?」

……火葬した時に出とろうが😅

2023年4月 1日 (土)

ポタフェス2023名古屋

Fsnq595amaavkn1

●冒頭の能書き

ポタフェス=ポータブル・オーディオ・フェスティバル。まぁみんなで寄ってたかってイヤホンヘッドホンを聞きまくるイベントであるから、コロナ禍は中止中止でじっと我慢の日々。久々名古屋で開催。
個人的には「出張行の長時間移動に向いたヘッドホン」探しが目的だが、今回は娘(JD)が参戦。娘はウォークマンZX507を持たせてあり、イヤホンとしてはXBA-300を。家用としては耳への負担を考えてテクニカの安価なオープンエア型を与えてあるが。

・カナル型はうっとうしい
・ヘッドホンは重い
・ワイヤレスが良いが、左右独立TWSは落としそうで怖い

とのこと。となるとネックバンド式のワイヤレスになるのだが。いいのあるかな?

1_20230401174401

●先に自分の目的の方を

De_ah_d7200t_web_1

デノンAH-D7200。音源はソニーNW-WM1AM2。3.5mm-6.3mmアダプタを介して再生。
スッキリした鳴り方だが密度感足らないとも言える。音質自体は悪くないが没入感は得られにくいかな。良好なピラミッドバランスとでも書くか。困るのはジュリアナ東京ぎゃんぎゃん鳴らしているのに隣の人の声が聞こえると言うこと。新幹線で聞いてたら周囲に漏れるわ。

Mdrz7m2

ソニーMDR-Z7M2。44バランスにズボッ。大型機ならではの迫力がある反面、高級()ウォークマンさん1AM2ではこいつを御し切れていない。すなわちアンプのパワー不足。「いやいいんだけど、もう少しこう……出るだろ」みたいな。ソニー的にはZ7M2と1AM2は「おすすめの組み合わせ」としてあるが。音漏れは少し。ちなみに我が家で最も高性能なヘッドホン駆動回路を持っているのはアキュフェーズE-470だったりする。こいつ「プリメイン」だが、ヘッドホンアンプは意外やマニアックで左右独立の差動である。MDR-A1,CD900ST,M1ST,WH-1000XM5いずれも柔道の寝技のごとく組み敷いてねじ伏せてあきらめさせたように鳴らす。その高速応答と制動力と比較しちゃうとね。アナログのポタアン積んで2段弁当?バランス駆動が台無しじゃん。

てなわけでステータスは結論なしの「待機」。なお改めてXM5を聞き込んでみると、低域の迫力は感じる反面、細部が汚れる。ピアノとか再生すると「馬脚を現す」。まぁXM5はヒコーキみたいなノイキャン必須環境での使用が目的で「聞き込む」ことはないからイイんだけどサ。

●娘さんの場合

2_20230401183701

ネックバンド。こういう奴なのだが、最近のこの手の奴は耳を塞がず聞きたい用途……ジョギング等向けとして骨伝導タイプの発音体が主体になっている。「骨で聞くんだ」と説明したら「へー面白い」と。

聞いて回る。フォーカルポイント、AVIOT、JBL、ソニー。

娘さんの感想だと、フォーカルよりAVIOTが好感。更にAVIOTでは高価なBA+ダイナミックのハイブリッドよりも、ダイナミック一発シリコンフォームの機体の方が「音がフィットする」とのこと。

が。

Floatrun_01

ソニーの新製品「Float Run」

「あ、これいい。これ最高」

あー。

Floatrun_07

こう使う。この記事読んでる諸氏は「ニアフィールドリスニング」という言葉と形態を想像できると思うが、それを突き詰めて耳直近に16mmのスピーカーシステムを設置したのがこれだ。発音体と外耳道の間に空間があるので盛大に音漏れしそうなイメージだが、密着満員電車でもない限りそうでもない。そもそも小さいから発音体-外耳道間で「広がる範囲」には限界があるし、耳障りな高音域は指向性が高いので外耳道に突っ込んで行く成分が多い。皮膚表面で反射する音波なんてたかが知れている。まぁ、構造から想像するほどは「音漏れ感」はない。こうなる。で、

Fsnvgqjaeaay2sv

こうなるw
まぁ、ヘッドセットにもなるので、スマホやパソコンでの遠隔授業でも有効に使えるだろ。

イヤホン・ヘッドホンは基本「相性」です。人が良いと言うキカイが自分に良いとは限りません。「高音質と定評があるから」「高価なんだから」とか言い聞かせて苦痛を我慢するより、没入・リラックスできる音を聞きまくって探した方が幸せです。「音」を「楽しむ」のが「音楽」ですから。

以上

« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック