リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 令和最新型オーディオの指南書 | トップページ | 何も起こりゃしねぇよ »

2023年8月23日 (水)

イヤホンが進化してもスピーカーでしか出来ないこと【考察】

Fkb7mkgakaeukib_20230823193601

(BOSE 363 処分済み)

昨日の続き。左右の耳で音を聞く限り、スピーカーで出来ることは将来イヤホンで全部代替可能なような気がする。

Pb160510

(DIATONE DS-200Z 弟の家にいる)

どころか、音源を意図的に配することでスピーカー2本じゃ不可能だったことすら逆に可能になるのではないか。

Pb160514

(ヤマハ NS-F500 鍼灸院の院長先生のリスニングルームにいる)

空間に音楽を混ぜるという行為も、イヤホンの外音取り込みで可能なように思える。

Fg3o6pdaiaacavt_20230823194201

(ソナスファベール LuminaⅠ リビング)

残るのは「全身で音波を浴びる」という行為と、単純に耳の保護としてのイヤホンの代替(本末転倒!)であろうか。

Me1_20230823205201

(TAD ME-1)

室内に音を充満させて浴びるのはそのままで快楽だ。音のシャワーそのものだ。高音が耳に飛んで来、低音が身体ごと揺さぶる。ただそれはそう、それだけの音量が許可される空間を要求する。逆に言うと空間用意して相違は身体全体で感じるかどうか、である。そしてそれを快く感じるにはライブ体験がないとならない。それだけのために空間とコンポーネントを用意するのか。

イヤホンとバーチャルじゃない音の写像。筋骨を共鳴させて感じる音。

……鉄道模型(それもまた縮尺された写像)みたいな高級趣味商品としかこの先生きのこる道はないのか。

« 令和最新型オーディオの指南書 | トップページ | 何も起こりゃしねぇよ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 令和最新型オーディオの指南書 | トップページ | 何も起こりゃしねぇよ »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック