リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 寒露の頃 | トップページ | ゴゴと貴婦人 »

2023年10月 9日 (月)

とりあえず津波は来た

スマホがピコン「津波注意報」あん?地震速報は何も無かったが。

20231009-105258

気象庁曰く「津波が観測されたので注意報を出しました」後付けかい。

20231009-105359

鳥島近海の地震がそれっぽい。気象庁はマグニチュード不明と言い、米国USGSは5.0~5.5前後を推定している。ただ「M6未満」で津波というのは考えにくい。

地震との因果関係がはっきりしない津波被害としては、天正地震(1586年)慶長地震(1605年)トンガ海底噴火(2022年)などが知られる。天正地震は伊勢湾、若狭湾、琵琶湖(?)で津波が生じたとされ、これらを説明できる地震が思いつかない。慶長地震は京都で人が感じたかどうか議論になるレベルの割りには大津波が襲って人的被害が5千を超える。チリ地震のような遠い地震に基づく津波や、海底地滑りなど諸説シミュレーションされているが結論はない。トンガの火山噴火に伴うものは爆発による気圧変動で海面が持ち上がったもので、海底の変化で水面が変動する通常の津波と成因が異なる。

鳥島近海の地震と津波は1984年以降観測されており、海底火山の活動や、この海底火山により海底構造が崩れたりすることで、地震の割りに地形の変化が大きいのでは?等々、これも諸説あるが結論は出ていない。

いずれにせよ「海溝地震→津波」は十分条件だが、「津波の原因は地震」は必要条件の一つに過ぎない。このことは「海面変動を起こす要因」をもっと考えておく必要がある、と言える。「来たので注意報出しました」では防災・減災に何も寄与しない。

過去に、「地震とペアになってないから」という理由で虚報扱いされた津波の記録はないのだろうか。

« 寒露の頃 | トップページ | ゴゴと貴婦人 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寒露の頃 | トップページ | ゴゴと貴婦人 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック