リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« おとをけしておとをだすみみあて | トップページ | 地球温暖化抑制対策 »

2023年12月 1日 (金)

オフシーズンも面白い

Slogan_2023_20231201191201

↑流行語大賞とか。おめでとう、というのが相応しいか知らんが。ただ、自分は虎党だからいいが、野球に興味の無い人には何のことやら、だろう。言われている通りコレの審査(?)は偏向が過ぎる。アノ漫画家外さないと今後も誰も知らない野球用語が流行ったことにされるぞ。

さておく。

ひいきチームが優勝したせいもあるのだろうが、今年はオフシーズンになっても野球のニュースを追うのが楽しい。新人の加入やトレード、そして退団など、それぞれのチームの変容とそこから類推する来年の動向を探るのが楽しい。追ってこの2020年代初頭の「日本プロ野球」の推移は画期と呼ばれると推定される。一昔前「剛速球」と言われた150キロ台後半の急速をこの数年で多くのピッチャーが投げられるようになってきたからだ。結果これについて行けるか行けないかでギャップが生まれ、世代交代が進んでいる。ベテランが主力から一歩引いた形になり、それを伸び悩んだ球団がトレード等で獲得しようと大きく動いている。

阪神で言うとランディ・バースが有名だが、ホームランをバカスカ打つ外国人選手、というのが目立たなくなった。これも上記剛速球投手の増加とリンクしている。簡単に言うと日本を舐め腐った選手は返り討ちを食らう。高校野球で活躍した選手がプロ入り即躍動というのも減少してきた。お金とデータで強化したプロ選手に去年まで高校生が立ち向かうにはチト壁が高くなりすぎている。

ただ水準の底上げが図られているのは確かで、大谷翔平じゃないが「あこがれるのはやめましょう」という時代が到来しつつある。新旧混交となる2024シーズン、どんなドラマが見られるやら

« おとをけしておとをだすみみあて | トップページ | 地球温暖化抑制対策 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おとをけしておとをだすみみあて | トップページ | 地球温暖化抑制対策 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック