リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« いざというときの迂回路 | トップページ | 485系とその一族に誉あれ »

2024年1月27日 (土)

ボトルネックはオーバーヘッド【 #ハイレゾ 音源再生】

Fab45jcaqaeehpb_20240127182701

XM5さん。現状、通勤やポケGOの耳当てとして、ネット会議のヘッドセットとして、飛行機移動のノイズキャンセラとして八面六腑の活躍。

ただ、ただ。

純粋な音質という点では今ひとつなのは否めない。BluetoothのLDACは革命的なフォーマットだと思うが、CDグレードならフォロー出来てる感あるも、ハイレゾとなるとXM5自体の性能もあってかなりシンドイ。

・STAX SRS-323+SR-L500
・XM5
・IER-M9+澪標極

Gevdsptbuaagjlm

比較対象が悪すぎる。ちなみに「この地位」(冬場用)は従前MDR-1Aさんが勤めていたのだが。

20240127-182335

おや?後継機に興味がわくが、今日び普通の単機能有線オーバーヘッド密閉型ヘッドホンが売れるか?という。機能という点で見ればXM5は満額回答なのだ。一方で発音体・振動板デバイスとしては強力な磁気回路を使った平面駆動やMEMS:Micro Electro Mechanical Systems(微小電気機械システム)などの応用が始まっている。従前この手の最新デバイスはそれこそソニーがサッと飛びついたもんだが、今のソニーに開拓者として未踏の地に歩み出す勇気も技術も無い。枯れた頃にモソモソ出てくるだろう。

テクニカでもデノンでもシュアでもゼンハでもいいけど、44バランスが使えて10万切るくらいの価格帯で「脱却」した令和最新型を是非w

« いざというときの迂回路 | トップページ | 485系とその一族に誉あれ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いざというときの迂回路 | トップページ | 485系とその一族に誉あれ »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック