リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 【プチ家電レビュー】JAPANNEXT製モニター「JN-IPS238FHD-T」 | トップページ | いざというときの迂回路 »

2024年1月25日 (木)

ソニー・タカラトミー・シャープ・三菱電機月面に達す

月面探査機SLIM(Smart Lander for Investigating Moon)さん

0120

(三菱電機のサイトより)

月面に達す。但し。

Lev2

どてっ。逆さま。

20240125-210114

本来このように、シャープさん謹製の太陽電池パネルを甲羅にしたカメのように降り立つ予定が、着陸直前にエンジン出力が失われて、衛星自身が(こいつ自分で考えて判断する)どうにか降り立った結果がこれ、とのこと。いささか不細工だが狙った地点の55m離れたところということで、

Ger9v_ubeaeaowp

まーいーか。

で、この写真はどーやって撮ったんだって話なのだが、お供の探査ローバ(Lunar Excursion Vehicle LEV-1)を経由して、同じくお供の変形型月面ロボット(LEV-2)

Main02_pc

(タカラトミー)

が撮ったもの。こいつは元気に走り回っているそう。なおSLIM自身が撮ったモノはこう。

202401251_01

SLIMは電池を残り12%の状態で電源断として、太陽電池に光が当たるチャンス待ち。お月さんはウサギさんのいる側(表)をずっと地球に向けたまま、29日かけて地球の周りを回っている。つまり、「地球を巡る周期」と「自転の1回転」がまったく同一、ということ、なので、南極・北極および一部のクレーターの中以外は、月に1度は陽が当たり、発電出来るチャンスがあると。

・目標地点に下ろすこと→55mずれ
・お供の探査機を下ろしてそれぞれに与えられた仕事をすること→活動中

まぁ、アメリカやソ連の最初の月への到達が「突っ込ませる」(激突)だったのに比べたら、いささか不細工だが、「着陸」と言えるんじゃね?んで何でスラスタぶっ壊れたかな三菱電機さんよ。

Img_0308

ここに、メイド・イン・ジャパンがおる。

« 【プチ家電レビュー】JAPANNEXT製モニター「JN-IPS238FHD-T」 | トップページ | いざというときの迂回路 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【プチ家電レビュー】JAPANNEXT製モニター「JN-IPS238FHD-T」 | トップページ | いざというときの迂回路 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック