リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« こまごまとじたばたする | トップページ | 冬に雪国へ出張に行くバカ »

2024年2月29日 (木)

4年に一度100年に一度400年に一度

Img_3215

今日は2月29日。

昔の新年は農作業に合わせて春分スタートだったので、「1年の最後の月」である現在の2月にこの過不足調整がついている。1月1日を今の位置に持ってきたのは紀元前153年で、ローマの執政官の着任日を1月1日と定めたのでこうなったとか。ちなみに30/31日を交互に付ければいいと誰でも思うと思うが、この辺は7月に名を残すジュリアス・シーザーや8月に名を残すアウグストスなど、時の皇帝がいぢり倒した結果である。

さておく。

現在の閏年のシステムの基本を確立したのはそのジュリアス・シーザーである。1年が「365日と1/4」であることは、古代ギリシャ時代以前からシリウスの観測等から知られていた。この「1/4」のずれを補正するため4年に1度の閏年を定めたのである。しかし、彼の死後1500年も経過すると、「1/4」の補正では不十分なことが誤差の蓄積で明らかになってきた。1/4は0.25だが、実際の1年は365.24219日で、「11分15秒」の誤差がある。この誤差は128年で1日になるので、1500年も経てば目立って当然となるわけだ。

この辺りの修正が反映されたのが現行の暦「グレゴリオ暦」である(1583年)。4年に1度を基本とするが「400年で3回抜く」ように修正したものだ。具体的には「100で割り切れる年」はうるう年にせず、「400で割り切れる年」はうるう年を置く。この結果「西暦2000年」は400年に一度の珍しい年(しかもグレゴリオ暦施行後わずか2回目)に該当するが、暦の流れは普通に4年に一度と何にも変わりがないので、損をしたのか得をしたのか。

からの、6回目の「普通の」うるう年。今日もあちこちでコンピュータの不具合が。いい加減学習しろやw

20240229-201642

ちょうど暦の起源となった南天の犬が南中しておるようで。

« こまごまとじたばたする | トップページ | 冬に雪国へ出張に行くバカ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こまごまとじたばたする | トップページ | 冬に雪国へ出張に行くバカ »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック