リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« しょーもない話 | トップページ | 失態 »

2024年3月27日 (水)

【ハイレゾ音源再生】ダイソーハイレゾ対応イヤホン6088

Gjltqytaeaautcg_20240328002101

●冒頭の能書き

100円ショップであるダイソーの商品で文字通り「破格」の500円というプライスで「ハイレゾ対応」を標榜するイヤホンが現れた。このハイレゾマークを表示するには応じた測定と大人の事情のコストを要し、含めて500円というのは採算が取れるのだろうかと余計な心配のひとつもしたくなるものだ。一方でハイレゾの何たるかを知っていてそれを楽しんでいる「オーディオマニア」はハッキリ言って歯牙にも掛けない(鼻で嗤う)価格ということも出来る。じゃぁどこに訴求しているのだろうということであるが、逆にそういう音キチがネタで買ってくれるという目論見であるならピンポイントの過ぎる商品戦略であるがここに引っかかった奴がいるとも書ける。純粋にはダイソーでイヤホンコーナーを見ていて「値段も凄いが音も凄そうだ」と思った人が手に取るように……あたりであろうか。
この記事は、そういう人たちが「ハイレゾ」という文言に応じた結果が得られるであろうか。および、マニアが愛機故障に遭遇した際急遽こいつを買うことでその場しのぎになるのだろうか。そんなシチュエーションの元に試聴してみた結果である(偉そう)。

※ハイレゾとはなんぞや
簡単には「CDを遙かに超える情報量を持った音楽データ」を言う。CD1枚に640MB記録出来るが、ハイレゾの楽曲は「1曲」で100MBとかのデータ量に達する。超音波も含まれ、上記ロゴマークを製品に付与するには超音波まで再生出来るか測定して判断される。楽曲自体はダウンロードで購入し、対応した機器類で再生する必要がある。「機器類」で再安価なモノは「DAコンバータ付きヘッドホンアンプ」で1万円くらい。パソコンやスマホのUSB端子と接続して使う。

●外観と設計思想

Gjmmqbgbuaajlo3

取り出してみる。アルミハウジングでひんやりしている。安価イヤホンに良くある「プラスチックに銀色塗装」ではなく、本物のアルミニウムで応じた重さがあるのでチープな感じはない。スペックを見ると10mmダイナミック型(普通のパルプ振動板1発)とあり、金属は周波数の高いところで共振するので、ハイレゾに必要な高周波方向の拡大に金属の手を借りようという設計思想と推定する。なお周波数帯域は20~40000Hzと表記されているが、「どの周波数を基準に、どこまでの減衰(要するに人の耳における聞こえづらさ)を許容しているか」までは記載がない。

●聞いてみましょう

Gjmnzu1akaame3b

再生機器……何か質問が?ガチで聞いてやろうと言うんだから持てる最高の音質を流し込んでやらなくちゃダメでしょ。音源はDENON製スーパーオーディオCDプレーヤDCD-SX11(令和定価41万円)から写真のアキュフェーズ製プリメインアンプE-470(最終価格54万円)を経由して送り込む。なお、470のヘッドホンアンプは専用のプッシュプル回路が積んである。

耳に押し込むとイヤーピースで外耳道に固定され、意外に外の音がシャットアウトされる。

Gjmovbxboaaou9a

今年から評価用基準音源「オトナプリキュア’23」エンディング「雫のプリキュア」(96/24→データレートCDの3倍)。
まず普段使いのイヤホンソニーIER-M9の音の再現を正方形「□」として基準にすると、ダイソーの音は「-」だ。低域も高域も「出そうとしている」のを感じるが、音の大小や音の広がりが非常に狭い。しゃんしゃん、かんかん、とハイレゾ=高域の伸びという先入観に応えるような強調が聞こえ、良い悪いというより「違和感の塊」に終始する。この歌4人で歌っているが盛り上がると分割振動に移行するようで歪んでビビる。シンプルなダイナミック一発だから繊細に反応するように作ってさえくれれば適当に鳴るはずなんだけど、キラキラ感とドスドス感を出そうとして出きらず不自然。

Gjmpkwbcae13dl

次、昨今の音作りマシマシ系代表でウタことAdoちゃん「新時代」(48/24)。マシマシはそのまま再生すると圧迫感を与えるが、適当に軽いのがマシマシを適当にスポイルして聞きやすい。ただ、この曲の通奏(どすどす系)は片鱗が感じられる位。

Gjmqwknasae7ddb

ハイクオリティヴォーカル、サラ・オレイン「Fantasy on Ice」(96/24)。冒頭アカペラはいい、頑張ってる。ただ、弦楽が入るとお世辞見つけるのに苦労する。管物はアルミハウジングが共鳴するのか相性がいい。

Gjmrgo4bqaaqbuh

ハイレゾの頂点、DSD11.2MHz(データレートはCDの20倍)でシューベルトの「ます」。弦にキツさがある。ピアノは痩せて聞こえる。各楽器は定位というか置いてある。バラバラに鳴っていてアンサンブル感は少ない。

Gjmr1oebyaa66o1

EDM・ディスコサウンド。ユーロビートより「Mad Desire」(CD音源)。…音域の真ん中がない。ドンシャリ(低音と高音を強調した音作りのこと)狙いだと思うが真の「ドン」がないのでひたすらシャリシャリ。

Gjmstktacaaoldn

90年代ディスコ、ジュリアナ東京の代表曲「Coextensive」おお、元がドンシャリなので耳を痛めるレベル。→ディスコ、テクノ、EDM は向かない。

Gjmtthaauaenl3i

ドンシャリのドンが出ないということは男性ヴォーカル圧倒的に不利なので女性でもう少し。Kalafinaの綺麗どころで「Kyrie」(96/24)。お、悪くないぞ。ただ、ハーモニーの美しさや絡み合い伸びていく倍音みたいなのは無理。だけど、ここまで書き並べた楽曲群では最も相性が良い。というか、決して高音質とは言いがたいが音源の美しさでカバーしている、みたいな。 

●まとめ
ドン成分の少ないドンシャリである。基本的には狭く痩せた音。不足と違和感が没入を妨げる。音数が増えると歪み大きな音では破綻する。相性がいいのは弦より管、男声より女声。 EDMや打ち込み系には向かないというか危険
500円なら許せる。1000円だと怒る。厳しい物言いになってしまうが仕方がない。繰り返すがEDM系だけはガチで本機で聞くのはやめた方がいい。

ハイレゾという文言に惹かれて買った方へ→これがハイレゾとは思わないでね。頑張って次は少なくも電気店で買ってね。
イヤホン壊れた無くしたで代用になるか?→30分我慢出来るかどうか。管物と女性ヴォーカルだけでプレイリストをセットアップすべし。

TAD聞いて寝るわ。

« しょーもない話 | トップページ | 失態 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« しょーもない話 | トップページ | 失態 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック