リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

2022年1月26日 (水)

メカたちの終焉

母が愚痴る。
「Line通話が遅い」
「WiFi経由だと遅いよ」

WiFi……ああそうか。

Fj_uxjoakasrohq

バッファローWBR-11。「WiFi」「無線LAN」というシロモノが出始めた頃のキカイである。「10Mbps」しか出ない。どーせ両親がネットするのはヤフーかメールが関の山、と放置していた。こんなんでリアルタイム通信してれば遅くなるわ。サクッと入れ替え。

20220126-214718

わははw

Fka_x2yauae0eel

引き続いて粗大ゴミ整理中に発掘されたのがこの子。TEACサラウンドプロセッサ「AV-475Dpro」。1987年頃の製品。「ドルビープロロジック」方式のサラウンドプロセッサである。左右チャンネルの位相差に「後ろチャンネル」と「センターチャンネル」の情報を仕込み、左右の和を取ればセンターチャンネルが、差を取ればリアチャンネルのゲインが上がり、今的に表現するなら「疑似4チャンネル」で再現される仕組み、加えて、これらチャンネルのゲインが高くなると、左右チャンネルの音量を下げ、よりその存在を強調する「ステアリングロジック」回路がアナログで仕込んである。応じて、これに取り込んで動かすと「サー」とホワイトノイズが入る。

でも、レーザーディスクの音をここに通して「映画館と同じ音」で映画を見るのは本当に楽しかった。今は映画自体がつまらない。

「粗大ゴミ持ち込みの予約です」
「市民の方ですか?」

後生大事に取っておくものでもない。

Fkb7mkgakaeukib

実家オーディオを解体する日が来た。

2021年12月23日 (木)

文系理系と分けるのではなく

Photo_20211223203001

↑有名な奴。

「家電品が動かないトラブルでコンセントが抜けてないか確認せずにサービスに文句を言う」

とかこの二日ほど書いたが、まぁ類例であろう。

我々が現在享受し、画面で指を走らせることによって得られる利便は、本来専門知識を必要とし、順を追って所要の作業を行うことによって得られた内容が殆どだ。従って、知識が無い場合、何らかトラブルが生じたときに「順を追って」確認することができない。

「理系じゃないから全然分からないしぃ」

↑良く聞くが、ネットワークがインフラ化した現在、応じた知識を最低限万人が備えておく必要があるのではないか。とりわけ令和以降社会へ羽ばたこうとする若人(!)達は、ネットワーク上でパソコンを武器に仕事をする必要がある。

仕組みを知らぬ武器で戦って良いのか?

娘が大学に買わされたパソコンが届いた。「マウスコンピュータ」と書けば、PCの排熱で暖房いらずの御仁はニヤニヤすることであろう。オヤジ的にはレートの高いCG動画作るんじゃあるまいにんなもの要るか、と思うようなスペックだが、逆に言うと娘にとってそれは卒業後の「経験値に応じた武器」になり得るものだ。まっさらのwindowsだけの無課金状態であるから、アカウントを取得し、アプリケーションをインストールし、ガジェット接続して、覚えて行くといい。専用のドライバをダウンロードとか不要になっただけ令和の今は楽だ。現下「動くようになるまで」は勝手にやるのだが「なぜそうなるか」を知ってるかどうかは後々大きくスキルの差を生む。

「数式で語られる世界」をある程度把握しておくべき時代になったのだ。毛嫌いするのは勝手だが、置いて行かれて、格差は広がって行くだけ。それこそ武器の優劣が人生を制する。

 

グレードアップして一発で仕留めろ。それはどのみちこの先求められる「効率化」された世界だ。

2021年12月22日 (水)

安い・簡単・便利・喪失

「音楽の聴き方」が多様化している。

入手方法は

・放送やネットなど「流れているものを聞く」
・ダウンロード
・音楽の記録された物体を購入

耳に入れる方法は

・据え置きオーディオ装置で再生
・手のひら媒体からイヤホン等で再生

CDが登場し、パソコンが現れて、デジタル音楽プレーヤが誕生……という段階を見てきた我々世代は、CDからパソコンを経由してプレーヤに取り込む作業に何ら抵抗を感じない。しかし幼いときからスマホだけを見てきた世代にとっては、この手段を知らなかったり、パソコン自体無かったりする。

Photo_20211222191301

スマホからアプリ操作でWiFi経由でスマホにリッピングする機械。いつぞや交通系ICカード世代は「紙の切符」の買い方を知らない、と書いたが、同じ部類である。使ったことのないものの使い方なんか知るよしもないのである。切符にせよリッピングにせよ「何かあったときに回帰すべき原点」なのだが、それが見事にミッシング・リンクになっている。家電製品が動かないとサービスマンを呼びつけたら電源コンセントが抜けてましたとかザラだ。失笑する向きもあろうが、こういうのが拡大すれば「画面に表示されないことは何も知らない・できない」総合バカ国家ができあがることに慄然となるべきだろう。それは原理原則をぶっ飛ばして上澄みの結果だけ享受しているなれの果ての表れに過ぎない。

E0xk0touyaa7kkp_20210531203601_20211222192601

「スマホでネット上の音楽を聴く」行為は、「音楽を聞きたいときに聞く」ために必ず発生した↑この作業から万人を開放し、アクセスの簡略化に寄与した。その一方で、簡略であるが故に、この行為を行う意義を感じられず、応じた専門知識を持とうとする者自体を減少させてしまった。日本の技術は多く趣味が高じて仕事になったの繰り返しで維持されている。なれば、画面が取って代わった技術は最悪の場合、継承されない。大げさだ?地図を使ってナビゲーションできる人はやがて居なくなる。すると地図が語る地勢や文化圏形成の成り立ちを理解したり、興味を持って調べる者もなくなる。

「安い・簡単・便利」

あなたが業務や面接で「利益や売り上げを伸ばすにはどうすればいいか?」と問われたとき、↑こいつを流れ星に願い事するように口にすれば大抵、褒められるであろう。ただその利便と引き換えに「難しいこと」への興味と挑戦が失われて行く気がしてならない。困難を簡単にしょうとした努力の結果が簡単なので、困難に挑戦し続けないと新たな利便は生まれない。

自戒を込めて

2021年11月28日 (日)

所詮→書斎→要塞

Ffrba0jauaamkjg

アンプとCDいずらかして蹴込みスペースを作った。

ここは本来「タンス部屋の空いたスペースに鉄道模型を置いておくにあたりその蓋を兼ねてジオラマを作成すると共にタンスの配置上居場所のなくなったオーディオコンポを配置しついでに聞けるようにした」だけであって(本当かよ)、長時間籠もることは想定していなかった。が、オフィスにせざるを得なくなり、足を投げ出して着座できるスペースをちゃんと作ることにした次第である。もちろん、膝上スペースをこれほど取っておく必要は無いので、カラーアングルで出来てることを生かして、モノが置けるように段を追加する予定である。

Ffreozacair6z3

一方で鉄道模型の工作スペースとして用意したのは本来こっちで、田宮のこれも、

Fejzqw3aaaahfgz

余ったLEDで明るさアップなども施したのであるが、床に安座でよっこらせ、よりも、パソ引っ込めてイスで作業、の方がいいのかも知れない。はんだ作業はさすがにここで行う予定だが。

いわゆる「書斎」は「ひみつきち」の大人バージョンなのだが、そこすっ飛ばして「オーディオ・模型・パソコン」に武装された空間にできあがってしまった。ちなみに遮熱防音の二重窓であり、そこそこ大きな音を出しても環境への影響も少ない。ポケモンGOのジムも触れるのでまさに「要塞」である。

いいのかこんなことしてて。。。

2021年11月26日 (金)

REALFORCE2号機 @TOPRE_REALFORCE

Ffh0b92amaqebe

このスペースは。

Ffh1uceauaiklrn

こうなっていてw。本来列車眺めながら音楽聴きながら時間を無駄に消費する存在自体家族にフルボッコされるスペースである。が、平日日中にはここに会社支給のタブレットPCが鎮座してオフィス兼会議室に化ける。問題はだ。

ここに写っているこのブログ記事を書いてる富士通のキーボードは、本体軽量化を極めた結果プラスチック板でカタカタ動き、

Product_img1

会社支給のタブレットはキーボードの感触がペタペタなのである。あまつさえはこの両機で「電源」(USB-C)、とイーサネット(LAN)、USBの端子位置が全く左右逆と来やがった。

・快適なキーボードをここに固定してPC本体側を好きな向きで使いたい

Photo_20211126224201

で、これである。REALFORCE リアルフォース 東プレ R3 キーボード 静音 ハイブリッドモデル ワイヤレス Bluetooth USB 無線/有線両対応 テンキーレス 静電容量無接点方式 Windows iPad iPhone Android 昇華印刷 日本語配列 91キー スーパーホワイト R3HC22……なげー名前だなおい。長者ヶ浜潮騒はまなす公園前、Supercalifragilisticexpialidocious。←やめれ

実はREALFORCEは2台目である。

Eri1r44vaaiw6gr_20211126224801

これは会社で使用するために購入し、会社に持って行った。比してこちらはBluetoothでワイヤレスなので、富士通と会社タブとシームレスにつなぎ替えて……というわけだが、実際問題どっちもUSBぶすーで使っている。それはともかくスコスコシャカシャカした打鍵感でせっかちの身には意図通りに響くキーボードで快適至極である。「喋る」速度で打つような感じだ。実際文章できあがる速度違うし、肩こりの度合いも変わる。ちなみにもちろん、モバイル用として持ち歩く気はない(1.3kgある)

「値段は高いがいい味です」とは愛知の秘密コーミソースの昔のCMだが、正直、同じ値段で1ダース買えるキーボードもある中、手放しでおすすめとは書けない。ただストレスなく仕事するなら最高の相棒、とは書ける。

Ffiaxyaauae7wgb

好きな機械に囲まれた空間。

2021年11月24日 (水)

あなくろ

プレゼンのリハ。

工場随一の大ホールで行う。HDMI経由でスクリーンにパワーポイント。

音声はワイヤレスマイクでPAシステム。

「で、ネット会議の方は?」

そのプレゼン用のパソコンから放流する。

「ホールの質問をネットに流す方法と、ネット経由の質問をホールに流す方法をどうしましょう」
「う~ん」

ここで本来必要なのはオーディオインタフェースである。

Fe8sb5baaaqjxro

(辞書の下のキカイ)

マイクの音をパソコンとPAに分流。パソコンが拾ったネットの声をPAへ横流し。でもそんなものありゃしない。

「ワイヤレスマイクの横にBluetoothのマイクを付けましょう」

輪ゴムで一体化w

BTマイク→パソコン→ネット会議システム
ワイヤレスマイク→PA→ホール内スピーカー

「ホール内の質問は?」
「ホール内スピーカーの音をBTマイクで拾えればいいでしょ」

ワイヤレスマイク→PA→ホール内スピーカー→BTマイク→パソコン→ネット会議システム。

 

(イメージ)

お、おう。ひとり離れた場所にタブレット抱えて移動し、モニタしてもらう。

「寝ぼけた音ですが言葉は聞き取れます」

ええんか。

「ネットの質問は?」

放っておくとPCの内蔵スピーカから出る。

Yvc330_case_20211124184601

「音だけコレから出します。で、ワイヤレスで拾う」

なんだと?

ネット→PC→ヤマハちゃん→ワイヤレスマイク→PA→ホール内スピーカー

まぁ、BTマイクとヤマハちゃんが一体として扱われるので、「ヤマハちゃんの音をBTマイクが拾ってしまう」は抑えられる。

「プレゼン中にヤマハから音が出るとワイヤレスマイクが拾いませんか?」
「スピーカーのボリュームをゼロにしておくんだよ!」

音量「小」ボタンをポチポチポチ……

所要の「機能」はコレで満たす。

しかしネットインフラの整った令和の現在これでええんかw

2021年10月14日 (木)

鉄道の危機

10月14日は「鉄道の日」……明治5年。新橋~横浜間開業による。

P4240101

当時の客車。本物をレストア。

次々やってくる山手線を要する東日本も、新幹線じゃかじゃか走らせる東海も、空気輸送で大赤字である。

コロナでテレワークが広がった結果、「あれ?これで十分じゃね?」ってのが企業に広まったってのは大きいだろう。新幹線東京名古屋1万円。費用削減効果大なること解説の要なし。事前に資料を送って意見をやりとり(議事録ドリブン)、なら、顔つき合わせる必要もない。顔色?声音?雰囲気?そんな曖昧な要素を意思決定に持ち込むな。

さてそうなると鉄道会社大いに不利である。構造物には税金と維持管理費用が存在し、それは客の多少に関わらず固定費として発生する。バスは道路という国や自治体の持ち物を走るからそういうのが発生しない。

「公共交通として維持するために」何らか特例・免除が必要だろう。「赤字だからやめる」では、更に日本の「血管」が細く衰えて行く。

Fbuyvojucamdbqr_20211014194501

「とりあえず16両編成を5分間隔で走らせておけば良い」

時代は岐路を与えた。

2021年9月30日 (木)

パソコンに頼りすぎてパソコンが分からない

Photo_20210930211901

有料記事なので引用は見出しだけ。

2_20210930212201

メーカも認めている、それはいいんだが、新聞記事の方に「うーん」な文言が。

「IT機器に不慣れな教員が多くパニック」

中日新聞(東京新聞の本体)だから眉にツバする必要はあるにしてもよ、ネットとパソコンが情報インフラの地位に座って何年経った。自分が初めてパソコンに触ったのが1991年で、「PC-9801Vm」とか。理系の大学生で、時期的にも理解度も早いほうであるから、まぁ50歳より上の世代でパソコン不得手で、というのは分からぬではない。一方で2010年には、業者に回線工事してもらってパソコンを接続すれば即インターネット開通の時代になっていたから、これ以降の大学生は文系理系を問わずパソコンで……ナニ?学校自体のパソコン導入はつい最近だ?それどころかリモート授業という着想自体が去年?パソコンはセットアップ「してもらう」もので、自分でやったことは無い?

何度か書いてるが、そもそもパソコンは「機械」だけ販売されていて、直接計算機として使うなり、OS(オペレーティングシステム・人とパソコンとアプリケーションを仲介)とアプリケーションを入れて現在知られる「パソコン」のスタイルで使うなり「買った人が自分でやって」というスタイルだった。そりゃ専門知識が無いと扱えんわ。これは逆に言うと、今の「家電化」したパソコンは、そーゆー面倒くさい部分を全部メーカで済ませた状態で店に並んでいる、ということになる。スイッチ押してユーザ登録するだけで「使える」わけだが、その「使える」理由を知っておかないと「使えない」状態になったときドコに問題があるのか分からなくて詰み、ということになる。電源が~ということだが、長押し強制リセットとか、電池やケーブルを動くモノのそれと交換して、PC本体なのか電池やケーブルなのか確認するとか、「知識と経験」がモノをいう、ただし「きかいをうごかす」にあたり基本的なことは、身についてないんだろうね。「画面が出るか出ないか」で始まる世界に「まず電源を確認しましょう」は存在しないわ。

ちなみに「行ける学校に行った結果、教員免許が取れたので先生になりました」って手合いを知ってるが、まさか、ね。

2021年9月23日 (木)

非常事態宣言解除後を見据えて

E_dgu_kuyacmkw7

E_7j85zvgaawzk

98qziemu

サナギは強い糸で固定してから脱皮するのであるが、こいつその糸かけに失敗してコロリと落下、盗掘された後野ざらしになってる棺桶みたいな状態だったが、紙箱に転がしてどうにか羽化に成功した。ちょいと翅の形成不全があるようだが飛べるという。

さて春先から続けてきた在宅ワークであるが、ワクチン打って2週が経過するし、9月末の非常事態宣言解除を機に通常勤務に戻そうと思っている。だが元のルーチンに戻そうと思うと「めんどくせ」と思うことが多い。「通勤」事態はモード遷移・ライフハックの機能があるうえ、30分もかからないので難では無い。変わりそうなのは昼飯だ。食堂へ移動し、行列して給仕を受け、座れるテーブルを探し、片付けて精算、職場へ戻る。それよりは朝行きがけに購買で買い込んで自席でポケGOしながら食った方が昼休みを有効に使える。

会議は可能な限りネット経由。その他ほとんどの業務はテレワークと変化は無い。

地味に面倒くさいのが全社資料レベルの論文書きだ。印刷してぶちょーのはんこもらって出せ。pdfにして送れという条件が残されている。スタンプラリーをせよと言うのだ。

「期限29日ですけど」

ちっ、うっせーな。

とはいえまずは「5分前まで寝とぼけていてもログインさえすれば定時出社」に慣れきった堕落したパターンを律さないとq

2021年9月 2日 (木)

去りゆくモノへの挽歌

通達:テレビ会議システムを廃止する
事由:ネット会議システムの普及により使用されなくなったため

てのがメールで来た。ここでスマホで無料動画チャットをしている世代向きに軽く説明する。その昔個人対個人のリアルタイム交信は「電話」しか手段がなかった。電話局と個々の電話がケーブルで接続されており、電話番号に基づいて相手先の電話局→個々の電話と接続される。「声」に特化しているので、ある瞬間に送れる情報量は少ない。

そこに何とか工夫して静止画を送れるようにしたのがファクシミリであり、リアルタイムで動画のやりとりは「テレビ電話」と呼ばれ、未来を象徴するアイコンだった。これで推察可能と思うが、相手の装置に電話番号で接続して、可能な範囲でリアルタイムの動画通信を実現したのがテレビ会議システムだった。ただそれは品質の割には非常に高価で、スマホの動画チャットのように気楽に所有し、利用できるシロモノではなかった。

インターネットでそれが難なくこなせる理由は何かというと、「電話における音声の代わりに必要な情報を載せる」のではなく、「電話用の通信線だが、通信線が機能性能上対応可能な範囲で電話の規格とは全く無関係に信号をやりとりする」からである。そして逆に、電話の機能をインターネットの規格に取り込んでしまっているのが昨今である。テレビ会議システムが「空きがなくて取り合い」だったのは2010年くらいだっただろうか。それでも新幹線は出張のおっさんで満員だったわけで、テレビ会議の満足度推して知るべしである。そしてその「同等機能」であるところのネット会議に対し、テレビ会議の質の低さにトラウマな世代は及び腰だったわけだが、テレビ会議の2拠点(3拠点以上のシステムもあったのか?)に対し、同時に100人くらい別々の場所から接続できる。ほぼほぼ、「対面会議のバーチャル化」が可能なレベルと言える。ならまぁ「これでいっか」になるし、テレビ会議システムなんか価値はなくなるわけで。

機械を借りて、配線して、電話番号打ち込んで、ログインパスワード入れて……いま、過去へと消える。多分、忘れ去られる運命。なのでせいぜい、ここに「そんなものあったよ」と書き残しておく。

より以前の記事一覧

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック