リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

2021年7月28日 (水)

介錯

悲しい話。

多分、カラスアゲハの子。この脱皮でほぼ判別できると踏んでいたが失敗した。

載せてる葉っぱはアシナガバチに狩られるのを避けるため店で別途買ったのだが、そこに農薬「脱皮阻害剤」(だっぴそがいざい)を使ってあったのだ。これは人間で言えば「骨が形成できない」状態となり、グロテスクな姿のまま動けなくなってしまった。

農薬の使用は「売り物を食われては困る」からであろう。ひとえに安易な自分の戦略ミスである。アゲハ自体は農業害虫であり、畑作において駆除対象であることは承知している。しかし生かそうと思った命を自らの過ちで前途無効にするのは命に対する原理的な罪である。

結果、命はあるが何もできない状態。

それは多く命を預かる人は安楽死を選ぶ状態であるが、昆虫にそんな手段はない。ならば、自らの責任で一瞬にして終わらせるのが業苦を除く唯一の手段である。そう介錯のように。

許せとは言わぬ。ただ、済まぬ。

私は手のひらで君を殺めた。君が生きていた証をここに記録する。五分の魂は妖精達に託す。

この手のひらにはそこで息絶えた数多虫たちの体液と、いつぞや噛まれたヤマカガシの毒素抗体が染みている。

2021年7月22日 (木)

必要緊急の外出

E651axbviaegfyv

新東名御殿場~中央道河口湖経由で八王子GOを試みるとしたが、そもそも八王子ジャンクション事故で圏央道まで大渋滞とあっては、試すもへったくれも選択肢はそれしかないのである。新東名から接続するバイパスへ出、ぐみ沢あたりで合流渋滞のノロノロがあったくらいで後はスムーズ。藤野や談合坂で疲れたクルマの休憩行列を横目にスカスカ到着。自分自身は中央道慣れてるからこれで良いが、中央道は舗装がボッコボコで乗り心地が悪いので、家族移動は圏央道が優先かな。それはそれで東明がボッコボコなのだが。

E651axrveayi96i

「荷」を下ろしてとw

E651t5ovoacml5b

必要で急ぐミッションその1。母親テレビーレコーダの差し替え。「何も出来なくなった」という愁訴に現品はスイッチガバガバ。2007年のキカイだ。もう充分。ジョーシン電機の配達と同時に引き取り。

E651ay0vkaaimht

いつもの行為。テレビーレコーダはパナ同士でリンク動作。どっちか電源操作すれば相方が一緒に動く。そしてうぜぇB-CASの申告。QRがついててスマホでできるだけマシか。なお旧レコーダ自体は生きていて、母親が自力でDVDに焼く模様。

E651t6ivuamisga

必要で急ぐミッションその2。自宅OPPOがDSDディスク(DSD音声をDVD-Rに記録した自家製スーパーオーディオCD)を認識しなくなってきたので、実家のデノンを召し上げ、代わりにソニーのユニバーサルプレーヤを放り込む。まぁなんてちゃちで粗末なキカイなんでしょう。ちなみにHDMIでマランツのAVアンプに繋ぐが、その先テレビに繋ぐと、音はテレビから出てくるという意味不明とんちんかんな仕様。HDMIからPCM音声を抜くアレを使ってトスリンク(光デジタル)で放り込む。キカイが売れないと悲鳴上げる以前にやることいっぱいあるんじゃないのか業界は。

E651t7vviamtef

48/24位に落とされてるような音だがまぁええわ。もはや実家で懇々と音楽聴くようなことはねぇ。

E651uafucaqkjfc

以上終わってゴミの山。

E6518rovkai7yso

「荷」を使った結果はこう。

E6518shvgaawr9

およびこう。このコクワガタはまだ胴が赤いので成虫になってすぐ、の個体であろう。

E658qvmveaqgkpl

「あれ食べていいの?」

だめw

2021年6月22日 (火)

てっぺん回って

E4yflwnvoaavxb2

昨日は夏至。つまり今日からは日が短くなる一方ということでまじぴえん。

仮に100年生きるとして、夏至の経験回数も半分過ぎたという意味でもあってまじぴえん。梅雨のさなかに訪れる夏至は晴れた日少ないのでこういう写真撮れたことは逆にぱおん。

E4yjiy9viaiycnf

娘が「父の日」として買ってきてくれたコーヒーゼリー喰う。うまし。

E4dp4g6viaam9na

おめさん3年目か。大人になるまで1年かかかったとしてまぁ半分だな。でもってちったぁ我々に慣れろやw

2021年6月20日 (日)

ドゥユハブ危機感?

レモンのアゲハをがっつりアシナガバチに狩られてしまった。

それもそのはずで隣接アパートのベランダに順調に巣が育っている。物干しに出ると刺されるリスクがあるのだがどうしているのだろう。

「見ず知らずなのに教える方法もないしねぇ」

詰み。

アゲハと言えば工場の若手が「クロアゲハっているんですね」とか言ってきて目が点になった。昆虫に興味なくてもアゲハとクロアゲハといるくらい「常識」の範疇と思っていたからだ。

「見たことないです」

Hi380042_20210620183801

黒い翅バッサバッサしてるの目立たんか?(ハグロトンボ・2007年)

否。

スマホ見てるから「周りの虫」なんか見てないねん。そして過去より激しく「虫なんかどうでもいい」ねや。

Euuomtxuyaeff5q

「主、今年イモムシ少ないが」 

スミレ草抜去したからツマグロヒョウモンがおらんねん。野菜に付くヨトウ食っといてや。

2021年6月 6日 (日)

黒。

買い物から帰ってくるとハチが一匹足下に降りてきて……巣を作っとるやないかい。

E3moipsvkaamtt4

昆虫小動物好きですが君はだめ。フタモンアシナガバチ(二紋脚長蜂)である。「紋」は黒い背中の黄色いぽっち。左右に二つある。これで女王様。攻撃性は高くないと言われるがだからって営巣させるわけにはいかんのよ。

E3mdsypuyaqogqd

黒いゴミのようなものはアゲハの幼虫。先の終齢まで育った奴はその後行方不明。まぁサナギになるとき大きく移動するのでそれだと思うが。今回孵化は5匹確認。何匹生き残るかな?

で、夕刻になりカラスがやかましい。あん?ウチの裏?

E3mg7dbvgaodav2

表に2羽いて呼んでるようだ。近所の電柱に巣があったから巣立ちしたヒナかお前。

「あー」
「あーあー」
「あっあっあっ」

いろんな呼び方してるのかね。ええからはよ行け。

以上今日は黒い生命体ばっか。

2021年4月28日 (水)

花と木と虫

E0ccc04vuai0hal

元気しとるよ。風に吹かれて葉っぱがぐわんぐわん揺さぶられるたび妻子は心配そうだが、こいつら「葉っぱと一体」だから。少しずつかじってるのがまた。

E0ccuvzucai0sje

雨宿りのシジミチョウ。何もしねぇからそう警戒するな。

E0ccmgdveasngvf

セイヨウミツバチ。お客さんようけ飲んで食ってはりますけどお代は頂きまっせ。ええ、アシナガバチはぶっ殺してミツバチは見守ります。差別です。

E0dvlzmucackqdm

黄色い粉が脚に付いてますね。花粉です。こうやって「おだんご」にして巣に持って帰って幼虫の餌にします。もちろん、花に出たり入ったりするうちに多少取れます。めしべにくっついて受粉に繋がります。

花が咲いて虫が来て虫が来て実を結ぶ。

2021年3月29日 (月)

花の散るらん

Expdzevoamc7m6

ようやく振り仰ぐ余裕が出てきたと思ったら散り始めてて、雪の如くに手を広げる子供達。

Expe5yrvoaqukl1

「春と聞いて」

いやお前1ヶ月くらい早くないか?いいけど。あ、エサね。はいはい。

2021年2月10日 (水)

#ツマグロヒョウモン の越冬態様について

2月10日である。

Et1uh5uu0am7idf

はい?

ツマグロヒョウモンは越冬の態様が未確定であり、幼虫が一般的と考えられる旨前に書いた。…いいからウチに来い。翅が伸びる前に木枯らしに吹き飛ばされてしまうわ。

Et1wadmvgaqrrio

結論:越冬という生態もそれに応じた特定の態様も持たない。気温に応じて動ける時に動き、成長できた者は蛹化・羽化と進展し、気温と食草に恵まれなかった個体は死ぬ。

Eqdcijkucaarjbg_20210210182201

確かに幼虫になり、このように集まったりしていたこともあったが、それはただ単にその時そこが居心地いい(=温かい)からいただけで、翌日には居なかった。すなわち、テントウムシのように定住(?)もせず、日々動ける温度になると動き、食い物(スミレ)があれば食い、成長した奴はさなぎになり、羽化に至る。一方、気温の上がらないところに入り込んで動けなくなった奴は死ぬ。それだけのことだと判明した。ちなみにまだ幼虫でゴソゴソしてる個体もある。

これはアゲハやモンシロのように「越冬はさなぎ」という特定の態様を持つには至らない気がする。寒くても動ける奴が生き残るようにダーウィン的選択が成されるからだ。「命を賭して生き延びる」種である。そしてビオラやパンジーは冬でも買える園芸種である。かなり深刻な園芸害虫に発展しそうな気がする。

ハッシュタグで検索すると飼育下・野生種とも2月から成虫が見られるようである。

 

まぁ翅伸びて飛べるな。飛べる奴は屋内飼育できない。

じゃぁな。 

2020年12月12日 (土)

まぁ、強く生きろよ

買い物から帰ってくるとヒラヒラしたものが庭を巡る。

「12月だよ?」

Epabchzvoaatuib

なぜ、羽化したし。

Epabchvu0aaew1m

冬のチョウなんかたやすく手づかみ。ヒメアカタテハ。ツマグロヒョウモンと同じく南方系。砂糖水やろうとしたが、窓際ポカポカで元気になったようで落ち着かない。そうなると部屋の造作で翅を傷つける方が怖い。

解き放つ。餌食えるか繁殖できるか知らんが強く生きろよ。

Epb10vdu8ae9arl

娘の合格祝い。

メモ:おやじ病院から退院をせっつかれる。急遽火曜日。まぁそりゃもう「病人」じゃ内科も知れねーけどよ。リハビリ終わってから、じゃないのけ?慶応病院ってどこまで患者と家族振り回すねや。

2020年11月25日 (水)

11月25日やで

Enqzt9hvqaeo3x2

1匹サナギになっとったが…。

Eno9yqwuwam9ahv

羽化してやんの。おいおい、花も咲いてないし交配相手もおらんのとちゃうけ。ちなみにまだ様々な大きさの幼虫がいてスミレ食ってる。このバラバラ感はこの虫がまだ「日本の冬」に適応していないことを示唆する。幼虫かサナギか、生き残れる奴が生き残って「越冬に適した変態をする遺伝子を持つもの」が定着して行く。ダーウィン的には。

我々はこの虫が順応進化を今まさに成し遂げている最中を見ているのかも知れない。

より以前の記事一覧

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック