リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

2023年1月25日 (水)

フクイチの処理水

「風評被害が避けられない」

左派系(右よりはないんじゃないか?)メディアは主題のネタで二言目にはこれを言う。

ばーか。

放射線関係は理屈が物を言うのでメディアのすべきは理屈の丁寧な説明・解説では無いのか?東電や政府の批判を書く前に「正しいこと」書くべきじゃ無いのか?「正義」ではなく「理論」だ。政治的偏向や世論形成をからめることではあるまい。

トリチウムは宇宙放射線が酸素や窒素に衝突することで発生し、酸素と結びついて水になる。水の分子は「H2O」と表記されることをご存じと思うが、この中の水素(H)がトリチウムに置き換わって「トリチウム水」になる。海水1リットル中に1ベクレル。人体中の水は数十ベクレル。

放射性物質であるから放射線を発して別の物質に変わる。「ベータ崩壊を起こしてヘリウム3に変わる」。ベータ崩壊で飛び出す放射線は電子ビームで、細胞を構成する分子にぶち当たってこれを壊して回り、しかしそのうち勢いを失って止まる。あちこちぶつかって仕舞いに止まる暴走車でも想像してくれれば良い。暴走距離は「数ミリ」である。ここで「壊され」るとヤバいのはDNAだが、少なくも数ミリどころか人体ぶち抜くレントゲンで浴びて良い放射線量(1ミリシーベルト/年)に対し、「飲み水由来」は0.1ミリシーベルト/年である。つまり、そのくらいでは何も起きない。

処理水放出でどのくらいのトリチウムが供給されるのか。1リットル当たり1500ベクレルで、年に22兆ベクレルというから147億リットル。冒頭書いた宇宙放射線で作られるトリチウムが5京7000兆~28京6000兆。宇宙線供給量の実に0.0077%相当を福島から放出!

147億リットルはどう考えようか。海水全量140京トン。1トン=1000リットルだから14垓(がい)リットル。全海水量の0.00000105%が自然水の1500倍のトリチウムに汚染されている。うわー大変だ。

処理水を飲んだとしよう。トリチウムを水経由で10000ベクレル飲んだ時、身体が受ける被曝量は0.00019ミリシーベルトである。1リットル当たり1500ベクレルであるから、1リットル当たり0.0000285ミリシーベルト被曝する。健康診断の胸部レントゲンが1回0.05ミリシーベルトである。レントゲン200回、処理水3万5千リットルが年間上限、こうなる。1日96リットル以上飲まなければ良い。なお、実際には水として飲んだトリチウムは1~2週間でオシッコとして出て行き、細胞組織中に取り込まれたものは6週間ほどで出て行く。トリチウムがずっと体内にとどまった場合、先の「暴走」活動が半分になるまで12年だが、実際には2週間ごとに半減して行き、1500ベクレルの放射線量は3ヶ月後には23ベクレル……すなわち「普通に水飲んでる時」と同等まで減少する。

特別な何かが起こるように思うかい?え?どうせ都合のいい捏造だろって?それじゃ議論にならないわ。勝手に反対してろ。41569a80f225ca080c7102481bab671e_1

処理水そのまま飲料水水準に浄化処理してペットボトルに詰めて売れや。飲むわw

2023年1月24日 (火)

長考案件・ジェンダー問題その4

●得手不得手はあるのよ

道順を尋ねると男は現在位置から目的地までの概略の距離と方向を説明し、次いで具体的な指示に入る。幾つ目の信号とか、目印を教える。狩猟採集の時代、実を付ける樹木や獲物動物が集まりやすい場所を把握しておくことは有利なことで、また応じて崖や木の上から遠くを眺めて把握した。現代を生きる男のDNAに受け継がれている基本因子と思っている。一方ルーチンワークを丁寧に繰り返すなどは女性の方が長けている。おっぱい・おしめ・寝かしつけ……子育ては繰り返しを基本としている。ちなみに男が炊事洗濯を始めると「効率」や「早さ」を求めて工夫を始める。狩猟なんてどんどんパターンを変えて行く必要があるし、体力は温存しないとならない。「非生産的」なタスクは簡略化したがるし、繰り返しを好まない。ちなみにライン工……流れ作業の繰り返し作業の場合、女性は教えられた通りをキチンと繰り返してくれ安定生産に貢献し、男はより早く確実に出来る方法を常に考え能率が向上する。相乗効果が発揮できたりする。

それはさておき、論客が何を言おうとDNAレベルの違いがあるのは事実で、暴力が物を言った時代の名残で「男性優位」が存在するのはまた確かであろう。だが、だからといって最初から男女比を決めたり、固定枠を設けたり義務を課すのは何か違う。これもまた激変緩和で、とりわけ理工系へは「差し伸べられる手を待つお姫様」ではなく、積極的な進学・就職を目指していただきたい。「女性ならではの細やかなどーたら」とかよく見るが、んなもの理工に要らぬ。課題を突破するアイディアと数理を武器にする能力がありゃええ。ちなみに天文学では女性研究者の割合は工業系に比べてかなり高い。ほぼ「ガチ理論のみ」の世界で極端な差は出ないということであろう。そうそう、「万葉集」を初めとする日本の古来歌集ってジェンダーフリーだわね。

「女だてらに」ということばがある。「女のくせに」という意味である。だいたい、男勝りの武勇を示した女性に対して(少し非難の意を込めて)使う。まぁジェンダー的にはNGワードだろう。だが、現下人口減少して「……だからこの仕事」とか言ってられなくなってきた。戦力になるならどっちでもいい、が本音だろう。しかも今後はそういう世代が社会の中心になって行く。固定化された価値観そのものは消えて行く。

●そもそも、日本ですから

天照大神を戴き、卑弥呼を崇め、推古天皇が統べ、短歌を共にたしなみ、戦乱の世においては第一に守護とし、戦前から女性専用車を走らせ(平成になってからじゃねーよ)、そして見よ、アニメはすべからく女の子が登場するではないか。皇紀を通じて「何も変わっていない」と思うがいかがか。え?美少女アニメはおしりとおっぱいが強調されて性的搾取だ?ちゃうちゃう、話が面白く出来ないので「女に頼っている」そんだけ。それはそれで創作の敗北だと思うけどね。本来、物語は女性があって初めて動的なベクトルを持つ。振れ幅大きく豊かに動く感情は物語に躍動を与える。「物語には女神が必要だ」(平井和正)。

諸悪の根源は「性的な」を「悪」としていること。それが強い傾向にある「男」全体をも悪とするかの言動が見られること。途中出てきた賤職化を引きずっているのであろう。確かに人としての敬意より前に出るのは単純に相手に失礼でNGだが、生き物としての本能まで否定しているのは目に余る。人類滅びていいのか?「そういう、どうにもならんものが男にはあって、安易な対応は身体に深刻な影響を与える」……要は「正しい性教育」から始めないといけないのではないか?隠しても生理始まるしおちんちんは大きくなる。説明しないと子供達は戸惑い持て余すばかりだ。

つがいで生き物飼ってりゃそのうち交尾するだろ。何かのタイミングで人間も交尾するんだで終わる話だ。結果としてウチの性教育は5秒だ。むしろ予備知識持っていたから、「女の子だけ集める授業」は合点が行ったとさ。

今までの「ジェンダー」の枠の中から考えてるから「ジェンダー」からフリーになれないんだよ。

(おわり)

Empress_suiko_by_tosa_mitsuyoshi_1726_ei

2023年1月23日 (月)

長考案件・ジェンダー問題その3

●あるべき姿

殊に家事育児において、娘を成人式に送り出して思うのは、「腹を痛める」ことと「リアルおっぱい」以外は男でも全く問題はない。むしろ夫婦で同等の生活力を確保し、並行して時に一緒に役務を遂行すれば何事も早く片付く。その結果育児に割けるリソースと余裕が増える。ただ、激変緩和策はどうしても必要だ。いわゆる主婦業は結婚して即時そのプロフェッショナルになったわけではない。多くは家事をこなす母の姿を見て、母の仕事と認識し、そのように教えられたり、あるいは自発的に、子供の頃から習って覚えてきた成果の発揮であったり、「花嫁修業」で習得したもののはずだ。だのに男に対して「時代が変わったから即戦力を発揮せよ」と言い出すのは暴論であろう。「見てたから判るでしょ!」……見てて判ったのかあんたは。これは学校においては……それこそジェンダーの起点である「技術家庭で男女に教える内容に差がある」から是正されるべきであろう。自分の身の回りのことくらいは義務教育の範疇で性差なく確保されるべきだ。最短で中学卒業で社会に出る。自活できて当然ではないのか。

これから結婚、であれば、夫婦で教え合って覚えて行く手が使えるだろう。簡単そうに見えたことが高度なテクニックを必要としていたり、毎度出来映えの違うものが理屈を知れば安定するかも知れない。大変と判れば自発的に手伝いたくなるし、感謝と敬意も自ずから生まれるだろう。ただ、特に昭和生まれのおっさんは生活力スキルゼロの場合もあり得る「何コレ!もうやめてやり直すから」……こういう場合は手遅れで、ジェンダー分業を維持した方が逆に効率が良いかも知れない。ただし男の領分とされるものは夫が完璧にこなす責務を有する。

さて家庭はこれで良いとして、業務スキルを見てみよう。え?ジェンダーフリーの話ってそういうことだろ?力仕事を筆頭に「男の仕事・男の領分」とされる分野は非常に多くある。公共交通機関の乗務員は昨今女性がかなり増えてきたが、トラックドライバーはまだ珍しい。これは以前別件で扱ったが、トラックへの荷揚げ荷下ろしもドライバーの役目にされている場合が多いからだ。それは体力と腕力が要求され、どうしようもない。ざっくり3Kに分類される仕事は使命感を持って役務に奉ずる男が多い。

エンジニアは基本的にアタマが物言う世界で、そもそもジェンダーフリーなはずだが、はてさて設計開発の男女比率は何かの意思が働いてそうなっているのだろうか。「育児休暇でキャリアが止まる」問題も特に昨今在宅勤務OKで様々なコンピュータシミュレーションが可能な時代にあっては起きにくいはずである。最悪でも休暇中に資格や免許を取得して復帰後に備えることなどできるはずだ。

文字通り協働が必要なのは介護である。優しさと気遣いと腕力をその都度使い分ける必要がある。最もこれはチームで持っておくべきスキルと分担だと思うが。

ここまで読んできて眉をひそめる向きが出てきたようだな。そう、広げ散らかされているジェンダー論っていつも一方通行なんだよ。

Img_01

↑いかにもその筋が食いつきそうなこれだが「参加をきっかけに女性が働く環境になっているか考える契機になった」とか「女性社員向けの制服を初めて制定した」という事業者もある、と書いたらどう思うね?

(つづく)

2023年1月22日 (日)

長考案件・ジェンダー問題その2

●勘違いの固定化

「性差による役割の押しつけ」を促進したのは、狩猟採集を離れた人類がそれ以降現在に至るまで約1万年繰り広げている「戦乱」であることは、論を俟たないであろう。力が物を言うので矢面は全て男で、男がいないところ(いわゆる銃後の守り)は女が担った。こうなる。武勲は栄誉であり、領土と財産と奴隷を勝ち取り、銃後は同列に語られない。性別が生んだ役務に優劣の価値が出来上がる。

奴隷というと、ジェンダー問題目の敵である「性の売買」であるが、発掘されたポンペイではその手のお店がシステムとして存在していたことが判っている。宿屋が囲った専門の奴隷(男娼もあった)が担ったそうな。なお目にした論文によると「妻には優秀な子を産んで欲しいので、はけ口はこちらを用いた。妻には敬意を持っているので性の対象ではない」そうである。劣情を催すとかよく言うが、男性原理とその処理に対する価値観が判るし、男性原理が商売のエンジンになっていることが判る。主と従の関係が出来上がっていった経緯がうかがえる。なお日本では10世紀頃からシステムが存在し始め、人身売買に組み込まれて賤職扱いという経緯をたどる。日銭を稼ぐ最終手段というわけだ。

一旦、置く。

Theathres_of_pompeii

(つづく)

 

2023年1月21日 (土)

長考案件・ジェンダー問題その1

●冒頭の能書き

要するに「めんどくせ」ネタを腰を据えて扱おうという腹づもりなシリーズ。なお、絶対に反論が出てくる話ばかりで落とし所はそもそもないので、読んでるアナタがムカついても受け入れないし、受け入れなくていい。

■そもそもジェンダーって?

「社会・文化が作り出す性別」だそうな。「ジェンダーレス」はこの作り出された性別に影響されず(あっても束縛されない)能力を発揮できることで、「ジェンダーフリー」はこの作り出された性別を受けることなく(あってはならない)能力を発揮すること、である。こう書く分には、万人に否定される内容はないだろう。

さてでは固定化された「ジェンダー」とはなんぞやと問われた時、その答えは昔話の王子様とお姫様に集約できる。勇敢でカッコイイ王子様と従順で美しいお姫様である。各々性別のあるべき姿のカリカチュアライズそのものではないか。

■なぜ、そうなった。

いきなり暴論だが「その方が都合が良いからそこに落ち着いた」のである。人類は生命体としては「ひ弱」で、サーベルタイガーにかじられた骨など出土している。これに「でかい脳みそのもたらす知恵と数の暴力」で対抗し、狩猟採集を行って版図を広げてきた。ひ弱さの最たるものは赤ん坊で、自活できず、基本的に母親がつきっきりを要求する。一族郎党が同じ穴に住まい、体力のある者が外へ出て行って食い物を集め、母親は子供のそばにいて、他の子供や老人はそれをサポートしていたのである。栄養、衛生知識とも乏しく病気やケガですぐ死ぬ人類は、文字通り「子宝」を手厚く大事に育てることでこれに抗い、子宝を宿す女という存在は生物学的メス以上の尊い存在であった。だから女神様に祭り上げられたのである。元始、女性は太陽であった。

そしてこのことは、この元始システムに都合の良い性別のあり方を生じさせた。すなわちジェンダーである。男は強く、女は優しく、そして生き残るに有利なこれら条件をそれぞれ求め、地位や対価を得る手段としても用いるようになった。

Cleopatra_and_caesar_by_jeanleongerome

(つづく)

2022年12月10日 (土)

人生鉄道好きのメリット

Photo_20221210181501

迷惑撮り鉄のおかげで鉄道ファン=頭おかしいという定説が出来つつある。

「写真を撮ったところで何の役にも立たない」てのが背景・下敷きに存在するのだろう。

当の鉄ヲタとしては半世紀ヲタやってて「損した・失敗した・ムダと感じた」ことは微塵もない。

駅と路線配置を覚えることで地図地名を覚えるに等しいことは何度か書いているが。

応じて「漢字が読める」ようになんだよ。雑餉隈、留辺蘂、八丁畷……駅名から文字を切り離して類推できる。

「君は読みは100点だが書く方はイマイチだね。なんで?」

そういうことだよ。

そして当然だが「動く仕組み」と「動かすシステム」を知ろうすれば電気と機械に興味が向かう。

Ceafkz7veaeqldd

P4240140

エンジンやモータ……理屈の前に「どうやって動いているのか」知ることが出来る。そして電気と機械両方に手を出せるというのが非常にインパクトとメリットがデカい。数学と物理を通じてどっちの方向も理解が深まっていくからだ。その応用範囲は家電から宇宙に及ぶ。宇宙は地学を通じて地図……土地の成り立ちのメカニズムと有機的に結びつく。

 

ちなみに信号や保安装置の知識は「片方がOKなら反対側は動かさない」……すなわち応じた電気回路構成や機械構造の設計・配置にそのまま生かされる。

鉄ヲタ極めることで無駄なことは全くない。ただ、鉄道も進歩し続けていて、最新のテクノロジを導入しているから。

「ママー『VVVFインバータ』ってなあに?」

M_vvvf

親が困るんだけどさ。

2022年11月29日 (火)

こーせーを、どーせーと

飛脚に届けてもらったモノを組み立てる。

Fiuuovtuuaa9edo

Fiuuvlhuuaac70i

風袋質量をリセット。

Fiuuc0puaaeotv

みかん56.26gと。電子天秤である。こんなもの買った理由は娘がレジンの調合に使うから。2液式の場合、わずかな間違いでいつまでも硬化しなかったりする。そのうち自分もジオラマ水面の表現にレジン使ったり、モルタルの調合に使うかも知れんし。

「小麦粉測ったりとか」
「ええよ。コンセント電源で動くけど」
「え?」

さてこの手のちょっといい測定器を買うと問題になるのが精度の維持である。そのための作業を「校正」(本当は較正)という。具体的には不変の何かを測らせて、不変の何かとどれだけ外れた結果が出るか把握することを言う。そして一般に不変の何かと同じ値が出るように調整を行う。一般に「校正」というと、調整まで含んでいることが多い。

重量測定器の場合どうするか?「キログラム原器」という存在をご存じと思う。「ワイが不変の1キログラムじゃ」という白金とイリジウムで出来た要は「分銅」である。
※現在はキログラム原器お役御免。詳細はこちら

2_20221129235201

これを載せたら1kgと表示されるように世の中の秤は出来ている、と考えれば良い。ただもちろん、こいつ持ち歩くわけに行かないので、コピーと言える「標準分銅」が制作されている。ふつーにあまぞんあたりで「分銅」と検索すると小学校の実験で使ったような奴が数千円だが。

標準分銅を買うとなるとどうなるか。標準分銅は精度が何種類かあって、取説を読むに分銅で校正する場合、目量の1/3以下の精度を持つモノを使えというので、0.01gすなわち10mgの1/3以下、3mgより誤差の少ないモノを使えとあるので「F2級」以上となる。

Photo_20221129235401

こうなる。秤自体は2万円で、校正は150gでやれとあるので、100gと50gの分銅を揃えると本体価格を上回る。こういうのを「メンテナンスでぼったくる」という(おいおい)。ちなみにその天秤実験で分銅を素手で掴んでドチャクソ怒られた経験をお持ちの方あると思うが、それは手垢レベルでも質量が変わる上に、「汚れを拭き取る」作業で分銅の表面が削られる可能性もあり、それを繰り返して行くとドンドン分銅としての精度が落ちて行くからに他ならない。そしてその理由は大学か仕事場で天秤いじってようやく気づく。

ってこの子そこまでするかねぇ。ちなみに秤の値がずれるのは、中のキカイやカイロに起因するズレの他に、地球重力およびその反力となる遠心力とそれを支配する自転速度の変化による部分が大きい。ほう、標準分銅を使わない場合は重力加速度を選択しろと。で、気づいた方あると思われるが、本当は引っ越しをすると、その距離が南北に長いほど、お持ちの重量測定アイテムは新住所に合わせた校正が必要になる。昔ながらの八百屋さんの店先でびよんびよんしてるバネばかりも、実は販売地ごとにばね定数が変えてあったりする。

で、重力加速度であるが。

Fivbn2bveaebco Fivbn2tveaemjfy

それこそ今日買ってきたここに実測値があるので打ち込む。名古屋9.7973337m/s^2

家庭用として精度ヨシ!

(絶対そのうち分銅買ってくるぞこのおっさん。。。)

2022年11月17日 (木)

82番

テメエの部署が監査を受ける番。

「はんだ作業は鉛フリーと共晶(要は昔ながらの鉛アリーのはんだ)で使い分けてますか?」
「2セット用意して都度チェンジです」
「共晶の頻度は?」
「毎月数回、ですね」
「取り扱いはマニュアル化されてますか?」
「技術者個々の知識と技能です」
「ふーん」

で、終わってから「あれは間違える可能性があるから、共晶は専用のスペースを確保して下さい」

おいおい。そこら辺も含めて工場で技能認定するんやろがい。技術者に失礼だろうが。

で、困ったのがカチョーである。

「間違える可能性がある……じゃぁ予算取れないよなあ。何のための技能認定だって言われるだけだし」
「健康問題にしたらどーでしょか」

Fhxkdw2vuamzvgo

原子番号82・鉛。

生物には「毒」である。

「体表や消化器官に対する曝露(接触・定着)により腹痛・嘔吐・伸筋麻痺・感覚異常症など様々な中毒症状を起こすほか、血液に作用すると溶血性貧血・ヘム合成系障害・免疫系の抑制・腎臓への影響なども引き起こす。」
(Wiki)

触らないに越したことはないし、微細になって飛び散ったりするので吸わないに越したことはない。なお、人体に入ると骨に取り込まれて、半減するまで5年とか10年とか。逆に言うと食物などから入ってしまうこともあるので、ある程度までなら排泄される能力を人体は有する、といえる。過剰がヤバい。

「はんだ作業の煙をわずかでも吸わないようにするには逆に専用ブース化しかないので、現状は排気が不完全と言うことで稟議に出せば……」
「そっちで行くか」

やだねぇ。これは「技術」じゃなくて「政治」だわ。

★土日鉄道では茶飯を食うようにはんだづけを行い、金属ハサミで鉛板をチョキチョキ切って車両の加重とか使ってますが、まぁ、マネせんでください。これからはんだ付けの設備を持つ方は鉛フリーで。鉛板を加工する場合はビニール袋を介するなど「素手」は避けて。

2022年10月16日 (日)

けつあな確定な

Photo_20221016191101

ネタとしてツイッターで流れていた記事だが、元論文漁りに行ったら深刻で画期な内容だと判明した。

父親の心臓手術(連合弁膜症)の際に「最大のリスク」として言われたのが、肺機能の急性増悪(ぞうあく:要は突然呼吸と血液のガス交換が不能になること)であった。静脈血の二酸化炭素を排出し、酸素リッチな動脈血としてリフレッシュする肺機能(ガス交換)の置換装置は、今般のコロナで有名になったECMOなど広く知られるところとなったが、これらは心臓機能も代替するものの、何せ太もも経由で抜いて戻すだけであるから、四肢末端や内臓深奥まで行き渡らないことが多く、あくまで心肺機能の一時停止期間中にピンチヒッターで利用するものに過ぎなかった。逆に言うと肺機能を置き換えるシステムを人間は持たない、ということである。

一方世の中には肺を持ちつつも、それ以外の部位でもガス交換が可能な生き物があって、皮膚の他、タイトルに繋がるが消化器官であるところの腸でも行う種類がある。この研究は、哺乳類は直腸の構造上、座薬の存在で分かるように腸内から血液中へ吸収する能力を持つことから、血液へ酸素を送りこめるんじゃね?との予測を立てて実験したものだという。

結論から書くと、かつて「人工血液」とも言われたパーフルオロカーボン(C10F18)に酸素を溶かして肛門に注入したところ、呼吸能力が致死レベルのブタさんでも30分の延命ができた、という。

教授らはこれを腸換気(Enteral Ventilation :EVA)法と名付け、人間への応用をめざし、将来的には、人工肺や人工呼吸器の離脱促進(自力呼吸に戻すこと)や、呼吸不全の症状緩和を目的とした補助的使用(サブ肺)として利用できるようにして行く、とのこと。

人体組織を傷つけず人体機能をアシストできる。今後に期待したい技術だ。

2022年8月26日 (金)

オレもその時見えるかな?

Fbe_djkvqaipfwc

そういえばそうでしたね。宇宙戦艦ヤマトの艦載機みたいに地上から飛行機スタイルで宇宙まで行けるのはいつの日やら。

Photo_20220826232101

待ち時間についったーダラダラ見てたら流れてきたのがこんなの。もうちょい現実的な太陽系外=星間空間=インタステラ航行する探査機のお話。バカでかいロケットで打ち上げて、木星等でのスイングバイで加速し、「1000天文単位」=150000000000キロ=0.016光年を50年掛けて探査しようというもの。まぁ探査装置自体はもうちょい小さく作れると思うんだけどね、データを送るアンテナがね。

「光の速さで何年」という世界を相手にするなら、ロケット推進では不可能でブレイクスルーが必要で、推進源が光の速度に近いシロモノが求められる。反物質を燃料とする「対消滅機関」くらいしか理論的に対応可能なものはなく、それと超小型化技術を融合すれば「50年で光速の50%」まで加速できる探査機が作れるという試算がある。よらずもしかしても、もしかしなくても、「22世紀」……ドラえもんが誕生し地球がガミラスの攻撃を受けてヤマトが波動エンジンで飛び立つ時代には、人類はどうにか、太陽系の外へ意図的に人工物をほっぽり出す可能性が見えてきた。

上記探査機が予算の審査が2024年までだそうで、まぁその後設計製造となれば、打ち上げは早くて2030年代。50年後は「22世紀」間近の2080~90年代。

わし120歳。よし、見届けるぞ←逝ってよし

 

より以前の記事一覧

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック