リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

2021年10月 8日 (金)

「教えてあげたいが」滅びる_____? @StereoSound_inc @DenonJP @Yamaha_ongakubu @avexsebofficial

Fblubaevgaiy2n0

オーディオ。

ブームは80年代であろう。その時代に夢中になった我々は順調にアップグレードして、家電品としてはアホみたいな価格の機器を並べて悦に入ってる。その間に「聞き方」はウォークマン、そしてスマホ+イヤホンで「曲の要点」(これ重要)を聞く方向へ進んだ。この背景には、大きな音+機械の値段+置くスペースという問題に加え、みんなで聞く音楽から自分だけの音楽に変化(オタク化)し、「人に聞かれると恥ずかしい・趣味をけなされたくない」という心理が広かったこともあるだろう。「釘宮病」とか最たるものだ。別にイイと思うがね釘宮さんの声かわいいし。

その一方で。

音楽の質の低下、とりわけ「売り方(売れ方)」が質と正の相関を見せなくなったことも非常に大きい。最たるものが言わずもがな何らか抽選券方式だ。その時のためだけに作られて捨てられるコンテンツ。サビのフレーズとメロディだけ知っていれば話題にはついて行ける。そこに、ひずみ無く聞こうとか、ミュージシャンが歌手が思いを乗せた瞬間を描き出そうという需要も方向性も存在しない。流行(に定義された)音楽がその刹那そこにあるだけ。何のことはない。鉄ヲタの最新型新幹線○○系!と一緒だ。次の車両が出れば古い車両はスクラップになるだけ。

イヤホンで無料動画見てれば充分な音楽。

昨今、最も安価なオーディオ機器はテレビの音を大きく聞かせる「サウンドバー」や、イヤホンやパソコンの音を取り出して大きく鳴らせる「パワードスピーカー」

D2aa3ibu0aaqhll_1_20211008222801

あたりであろう。前者は配信映画をちょっと劇場っぽく、後者はイヤホン付けたまま家の中歩くわけにも、さりとてスマホの音量じゃ非力、そんなニーズが正体であろう。オーディオ本来の姿である「ハイフィデリティ(High Fidelity・HiFi:高充実度。Wi-Fiとちゃうで)」への一里塚では決して無い。「そんなもんで充分な日常の音楽」が跋扈したことによる「それ以上は不要」という断絶が発生しているのだ。高級なキカイで訴求しても意味は無く、そんな音楽を高い機械で鳴らす意味もない。オーディオは滅びの道のただ中にある。

だが、しかし。

上で釘宮病と書いたが、アニソン・声優歌唱というのは「HiFi」復活への突破口になりうると考えている。イヤホンで脳内に召喚するのが基本だが、スピーカーを使うと部屋の中に三次元で立たせることが出来る。部屋に声を満たすことが出来る。声のある空間を作れる。耳だけでなく肌や毛先で振動を感じることが出来る。

いささか表現が気持ち悪くなってきたが、この究極の姿が「音を浴びる」という状態だ。将来脳内の電気信号までいじくれば同じことはバーチャル化できようが、部屋中の空気が動いて身体を包む世界はスピーカーでしかなし得ない。そしてその素晴らしき世界は体験しないと同意や共感「いつかは自分も」を惹起しない。

音楽の質が悪いというなら原点に戻ってクラシック……でもいいのだが、クラシック愛好家はコンサートに出かけてしまう。家のオーディオでクラシック聴いてるのは「スピーカーから聞こえる弦が絶品」とか、ある程度「病状」が進行して更なる症状を発した結果であることが多い。実際、ある程度のグレードの機材を使わないと弦や管はうるさく聞こえる。アレクサがオーケストラを鳴らせるか?

幸いにもアニソンには声優さんの他、Kalafinaや梶浦由記といったHiFiにする価値ある歌い手・作り手が伝統の延長線上にある。それらを「浴びる」素晴らしさをアウトリーチして行くしか手はあるまい。ライブに行くのではなく、眼前に来てもらう。これはそもそも「浴びる」音楽であるダンサブルなサウンド、ディスコティックとも親和性が高い。

なおメーカーよスーパーオーディオCDと192/24のハイレゾが再生できて入り口から出口まで10万円で揃うシステムを作ってくれ。10万ならオトナの一発買い物としてそこそこだし、バイトで貯めて買える値段だ。もちろん、再生・増幅・スピーカーは別々に販売されること。スマホ+α、これらキカイ+イヤホンでも「違い」は感ぜられるはずだ。

そして音楽はどうぞダイナミックレンジいっぱい使った階調豊かな楽曲を。味海苔貼り付けたようなクリップだらけのエンベロープなんか見たくない。音楽はサインカーブの集合体だ。「握手券」じゃなくて、オーディオセットが当たってもいいではないか。

2021年9月29日 (水)

ビョーキ【 #ハイレゾ 音源再生】

Ed6gk2bu8aa3txt

プリメインアンプ、デノンPMA-600NE。192/24対応のDAコンバータ内蔵で、パソコンから音源放り込んで鳴らしている。オーディオの電源入れて後はアプリで楽曲選べばいいので「手順に従ったオーディオの操作」要らないので、機械に疎い妻でも音が出せ、リビングでそれはそれは便利に使っている。

が。

Faddxjgucainuuv

CDプレーヤをこの方にしてからというもの、リビングを在宅勤務に使う場合は円盤選んで回すようになった。理由は簡単でその方が音質がイイからである。配信で購入したハイレゾ音源はバックアップもかねてDSD方式の円盤も作ってあるが(DSDディスク。スーパーオーディオCDを自作するようなもん)、それを回して入れ替えるとかいう不便なことをわざわざやっている。音質がイイからである。

んー。

これを30年前に「発症」して、機械をグレードアップしてきた今があるのだが、応じて「特にこだわらない」対象と「妥協できる」水準を設定したつもりであった。が、その範囲内でも「差」を作ってしまい、その差に気づくと、気になりだしてリラックス目的の音楽が逆にストレスになってしまう。

そんなに変わるのか?アンプの中のDAコンバータは「も、できる」一機能だが、CDプレーヤのDAコンバータは「それがお仕事」主機能・エンジンだ。その上CDプレーヤの方がアンプ2台分のお値段である。かなり露骨に違う。

まぁ、在宅勤務は今日までの予定なので、余計な懊悩を引きずることは無いと思うが。

2021年9月25日 (土)

そろそろ2年になりますが【 #ハイレゾ 音源再生】

Nwzx500

ウォークマンZX507。2年ごと買い換えているので、あるならと「残価設定」で割賦にしたのだが。

後継の話を聞きませぬ。コロナの所為だと思うが、このまま恬淡と払い続けるのかな?

2013~19年は、ハイレゾ対応、バランス接続と次々新機軸加わって大いに盛り上がったが、「11.2MHzをバランスで聞く」に至り一段落。ストリーミングやワイヤレスもムーブメントと言えなくないが、電池持ちと音質を犠牲にしてまで乗るもんじゃなし。それよりゃ電池大食らいを何とかしてくれと思う。

音さえ良けりゃ他のメーカに乗り換えても別にいいんだけどどうだろう。

中国の会社・半島の会社

スペック自体は全部ソニーより上。しかし出自。

iPodはハイレゾをまともに受け付けない。

後継もないし上級機はこいつより発売が古いと来てる。

ええんかおい。

2021年9月 8日 (水)

テクニクスは「妥協」なのか #ハイレゾ

何度か書いている話。

現在、音質追求システムは、デノンDCD-SX11→バランス接続→アキュフェーズE-470→

7cb2e727c68a4e9ab6ac2c8d640c0de2

ヤマハNS-F500

この子自体は悪いとは思わないのよ。アキュフェーズさんがギッチギチにダンピングしてくれるしね。ただエンジン、駆動系に対してタイヤが細い、とでも言うか。

で、出口としてはダイヤトーンかTAD狙いなのだが、

1_20210908210201

TAD(ME1)はスタンドが幅取り過ぎる。でもって、価格帯的にはもうワンランク下の方が優しい。

「B&Wで可能な範囲で買えば?」

ごもっとも、なのだが、あのシリーズの「素材特有の音」が聞こえちゃうタイプなのと、みんなと同じじゃつまらねぇ、って天邪鬼。

Bw_product_702s2_b

ちょんまげさんなのもね。

と、

F048877a39a0e7c912123561d52e9e2aecd881c4

テクニクスSB-G90M2。いろいろと趣向にマッチ。音質が気に入れば決めても良い。ほぼアキュフェーズの音になることは目に見える……否否耳に聞こえる(想像に難くない)ので。

令和テクニクスは昭和のそれとは違い小川理子ディレクターが率いるプレミアムブランドである。パナソニックの道楽(ダイヤトーン自体三菱電機の道楽だが)事業と言って良い。黒字商売と言うより求めるモノを届けるというほうが正確だろう。なので多分、間違いは無い。

が、もうちょいで手が届くようになったTADをソデにしてまでこっちを食うか?という。池袋オーディオフェアでときめいた「エクスクルーシヴ」の音を現実的に考えられる状態において。ダイヤトーンでこんな感じなら「ソデにする」「妥協する」って感覚はないんだけどね。ソナスファベールフランコセルブリンはキカイとしては好きだが、それで重爆ビートのジュリアナ東京鳴らすかって話よ。

彼奴等は「楽器」だ。うおー、じたばたー(七転八倒)

2021年8月16日 (月)

源流の違いが聞こえる#ハイレゾ @DenonJP

E86t4kkuyaqmzcx

CDプレーやDCD-1600からアンプPMA-600に送り込むというかなり価格差のある構成にして1ヶ月が経過した。

基本的にはパソコンからUSB-S/PDIF変換をしてアンプに送り込むルートを主としている。パソコンからはランダム再生。

なのだが。

音質差をかなり感じる。同じ音源ならパソコン出力よりDSDディスクに作ったものをプレーヤで再生する方を選ぶ(ハイレゾの場合)。えー、そんなに差が出るか?と逆に驚くほど。

このことは「それなりのDAコンバータ」使えば、合計10万円という範囲内でもしっかりとした「聞いていて気持ちの良い」システムが組めることを意味する。昭和と違い、令和の今は出力をパソコンに一元化できる。「あっ」と思うのは昭和のシステムを知る方だろう。令和の現在レコードもカセットもラジオチューナ(→rajiko)も買う必要なく、何ならCDもリッピングしてしまえば「デジタルファイル」と化す。DAC→アンプ→スピーカ……同じ予算で買えるグレードを上げられる。

音楽はスマホとイヤホンで映像とともに楽しむ昨今だが、「音のある空間に身を置く」ことは、いくらイヤホンで音質エミュレーションしても得ることは難しい。そこに、オーディオハードウェアのレゾンデートルが微粒子レベルだが存在する。

スピンドル機構が無いだけで、電力・振動対策両面で掛けられるコストは大きくできる。「USB直接突っ込めるDAコンバータ」これを核とした「実体オーディオ」そこそこ行けると思うが如何か。「イヤホンよりいいじゃん」と思わせればしめたもの。

音を、音楽を空間に解放しようず。

2021年7月24日 (土)

【ハイレゾ音源再生】オーディオスパゲティの調理と実践 @DenonJP

E7bi6uzvcaad7ta

「助っ人を頼んだのは君かね?」
「!?1600様!。わたくしのような600族に畏れ多いことで」

さておき、このアンプ、デノンPMA-600NEに音源送り込んでいたユニバーサルプレーヤが、だんだん円盤を認識しなくなってきたので実家から徴用する。2021年夏現在、「スーパーオーディオCD(SACD)を普通のオーディオアンプに普通に接続して聞けるCDプレーヤ」で最安価なのは何と本機である。DCD-1600NE。SACDの利点は「ハイレゾ音源」の再生に際し、応じたパソコン・ネットワーク環境の構築が不要なことであるが、その代わり、専用のプレーヤが必要(データをパソコン等で抜き出すことができない)で、全体としてのコスパを考えると疑問を抱く現状ではある。ただまぁ。SACD聞くような人はすべからくオーディオにお金を掛けている人であるから、下限値この辺(10万円)でも問題はないのか。

ちなみにウチのリビングの構成とコンセプトであるが、基本的に「オーディオセットの電源を入れ、パソコンの音源管理ソフトを起動し、ダブルクリックで再生できる」である。その一方で音質はリビングにおける機器の存在主張を抑えたため、サラウンドはおろかリスニングポイントとの三角形も崩れたため、妥協できる最低水準まで出力系のコストを抑えた。スピーカはケンブリッジオーディオのSX-50であり、エントリークラスの定番アンプ、デノン390→リニューアルして600番を抜擢した、という次第である。PMA-600NEは同軸デジタルで放り込むことができ、それはパソコンUSBからコンバータで取り出してやれば良いので、所期のコンセプトを達成でき、丁度良かった。さらには義父の資産であるレコードやカセットテープの再生に必要な入力類も備えており、都合良いことこの上ない。
E7b0gx3veaeb64v

配線スパゲティの調理。なお入力は昭和オーディオの3定番、カセット・チューナー・レコードが全部ぶら下がるほか、現在唯一無二のリアルタイムデジタル録音機、TEAC SD-500HRも接続される。アナログ端子はフル接続、そしてパソコンからの同軸デジタルがつながる。時々、Bluetoothでウオークマンをつなぐ。

E7b0kykvoama6bd

並べ替えて色を揃えて積み上げてこう。「リビングで目立たない」……?ぶら下がる機械5台だものしゃぁなし。黒系の一番下は監視カメラのタイムラプスだがHDMIでテレビにつながっている。

E7b1ywbvcaizalq

デノンチーム(withヤマハとTEAC)はこんな感じ。

E7cbo6huyaeybhw

音質だが先代より音の一つ一つをキッチリ描く印象。上流の変化をちゃんと下流で捉えられた。ただ、何せスピーカの配置とサイズがアレなので、オーケストラはジャカジャカ鳴ってるだけでどうにもならん。室内楽や普通に内外のポップスなど、小綺麗に「音のある空間」を作るのは上得意。

よく書くのだが、上流大本の信号純度を高めておかないと、欠落した情報はいくら下流で頑張っても蘇らせることはできない。逆に言うと、上流にしっかりしたのをドカンと入れて、下流をぼちぼち高めて行けば良くなる変化だけを楽しむことができる、と言える。特に現下の上流は円盤系・配信系とも新しい規格や信号処理が続々出てきているので、集約できる送り出しを持っておくと将来的にも強い、となる。

音楽は心の友。

2021年7月19日 (月)

利便性のややこしさ

Photo_20210719181401

音響映像機器のワイヤレス化は利便という点ではどんどん進めてイイと思う。「何をどこに、どんなケーブルで」とか考えなくてイイ。

E6o0krpuyaiyymx

何をやってるか?ウォークマンで音楽を聴いている。ただし電源はレコーダーからUSBでもらっていて、楽曲自体はBluetoothでアンプ(金色のキカイ)に飛ばしている。アンプからスピーカーへ送られる。レコーダーはアンプから音楽信号をもらって音量レベルメータを光らせている。これでもし、ウォークマン内の楽曲が「WAV形式」なら、USB→レコーダー→アンプとケーブル経由で再生できる(多分)。ウォークマンには容量を圧縮するため「flac形式」で入れてあるのでBluetoothを使わざるを得ないわけ。

クルマが「ペダルを踏めば走って止まるキカイ」と化した結果、エンジンやトランスミッションを理解せずに乗ってる手合いが多いのだが、電気系ガジェットでもそれは進んでいる。それはこいつらの場合、ペアリング成功すればいいが、「それ以外扱えない。何か起こったときに対処や代替ができない」ことを意味する。「動かない→コンセント抜けてました」……出張調査5000円あざ~すとか既に起こっている。これを放っておくと「総員機械音痴」に至ることは目に見えている。「ダメなときはどうすれば良いか」……トラブルシューティングの一環できちんと技術的背景を記述するとともに、応じた啓蒙……「科学する心」の教育周知(アウトリーチ)をしないと手遅れになると危惧している。

ナニ?Bluetoothならスマホと通信ができるはずだ?うん。なら、トラブル時はAI搭載アプリを起動して双方機器と通信させて何が起こっているか把握できるはずだ?解決策を提示させろ。あわよくば通信させて解決させろ。おん。

ええのかそれで。

2021年7月13日 (火)

在宅にベートーベン

父(1948年生まれ)は、履歴書の趣味の欄に「音楽鑑賞」と書き、「何が好き?」と突っ込まれて「ベートーベン!」と答えたとか。

もちろんハッタリだが(1960年代に「ベートーベン」が「鑑賞」できるってどんだけやねん)、更に曲名を問われたらどうするつもりだったのだろうw

 

「じゃじゃじゃじゃ~ん」

ベートーベンっつたらこれで、

E6kv4mwveamyd2m

カラヤン指揮ベートーベン。まぁ「みぃはあ」セットである。ただ、個人的には交響曲「以外」で重宝している。

E6kd25vgaehxsma

児玉麻里さんのベートーベンピアノ協奏曲全集とか。

E6kwtuuuaectwr

オーディオ評論家・大学講師麻倉怜士先生おすすめの「Quatuor Ébène」(エベーヌ弦楽四重奏団)による「ベートーヴェン・アラウンド・ザ・ワールド」

児玉さんのは103曲10時間。エベーヌは70曲8時間。

いずれもCDだと何枚ものセットになるが、配信なのでガバッと買って仕事中にランダム再生。

仕事のBGMは「動」か「静」かどっちかになりがちだが、ベートーベンなので双方行き来するのよ。だあがそれが「メリハリ」を生んで案外気持ちいいかも。ハイレゾだから倍音成分もキチンと(位相特性を損なうことなく)再生されるしね。

当面、これをぐるぐる。旋律覚えちゃって飽きるようなことはねーべ。

2021年6月29日 (火)

#ハイレゾ 音源再生 BDP-103危険水域

自分の行くとこSACD/DSDの円盤/ハイレゾ音源ファイルが再生できるようにしてある。実家は音源自体多くないけれども。

1_20210629183501

OPPOブルーレイBDP-103。SACD/DSDの円盤が再生でき、DLNA対応ネットワークプレーヤでもある。我が家のハイレゾ環境はこいつからスタートした。現在、リビングでそういう仕事を請け負う。自宅ではNASからの再生がメインであるが、趣味に走りすぎた音源を家族が間違って再生しないように、リビングの再生ソフト(ソニーMusicCenter)からはそういう音源が見えないようにしてある。その代わり、在宅勤務等、リビングで趣味に走る場合に備えてDSDの円盤を作って転がしてある。

が。

こいつ再生できなくなってやんの。円盤は認識するが、そこから1階層下に入れない(大抵、DSD_DISCというフォルダが切ってある)。

2014年のキカイだから、駆動系・あるいはDVD向けの短波長のレーザダイオードの寿命が来ていてもおかしくはない(SACDレイヤーは読めるんだけどね)。修理点検をしようにも、OPPOはもうスマホ以外のキカイを作ってない。

SACD再生機。安い順。

1_20210629185101

ぴえん。

「SACDも回るうんこみたいな再生機」ちょっと前はいっぱいあったが駆逐されたか。ちなみにP社のPD-10/30はともに1年足らずで円盤を認識しなくなり、ハドオフに500円で引き取ってもらった。

しょーがねーな、実家に置いてるデノン1600召し上げるか。アンプがPMA-600になっちゃうけど。

すると実家用の円盤がなくなってしまうが、実家にはマランツのAVアンプを突っ込んであるので「HDMI出力しか持ってないSACD/DSDの円盤にも対応するテキトーなブルーレイ」

1_20210629190601

で十分、ということになる。

ちなみにOPPOはSACDレイヤーのデータを88/24で取り出すことができる貴重な……おや、誰か来たようだ。

 

2021年6月 1日 (火)

音楽の買い方2021

Photo_20210601203801

名古屋・栄地下街の老舗円盤ショップが閉店した。聞けばレコード時代「発売前予約」を始めたのはここだそうな。

されど今「楽曲を聞く」だけなら、手のひらでポチポチすれば済んでしまうのはご存じの通り。音質派はハイレゾダウンロードに移行したし、「聞けりゃいい」層はプロモーション動画をブックマークして終わりだったりする。対価払わずにファンですもないと思うが。

「円盤」に楽曲データ収納装置としての存在意義は今や非常に低い。「円盤と一緒じゃなきゃ手に入らない何か」を付加しないと円盤が選ばれない。デザインやアルバムという提供形態にプライオリティを持たせる向きもあるが、付加物含め電子データで代替できないものはない。ぶっちゃけ「アーティスト本人から手渡しされる『物体』」……現物エビデンス位しか残らないのではなかろうか。抽選アイテム等を求めて大量に購入し、転売という騒動が引きも切らないが、その手もPCやスマホでデータ対価に抽選権を付与する形にすれば、本当にほしい人に公平に抽選される。転売自体も成り立たない。加えて「物体」であることによる在庫・流通・需要と供給のバランス……。

音楽が電気信号に変換できる以上、電気で流通させるのが最も無理無駄ムラのない形態なのだ。それが可能になった以上、媒体として、その流通形態としての延命・再起の方法を考えるより、使命が終わったと考えた方が多分良い。

「円盤の作成販売」はあるかもしれない。ジュークボックスのように楽曲をカタログから試聴して選ぶと円盤(カセットテープ)に書き込んで売ってくれる。スマホ・PCの環境がない、操作できないというシチュエーションは必ず残存する。ただこれは逆にコンビニの一業務に落とし込んだり、例えばカメラ屋さんがデジカメデータを印刷するついでなど「専門店」である必然を要求しない。DJのように「俺のセンスのコンピレーション」で円盤を売りまくる向きが出てくるかもしれないが。

実態に合わせた次の一手を打つ最後のチャンスではないのか。

より以前の記事一覧

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック