リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

2024年7月21日 (日)

雨ニモ夏ノ暑サニモ負ケルDJ

毎度実家のお祭りDJに徴用される。

「双葉SAがリニューアルしたって言うし、山道で涼しい中央道で行こうか」
「ええよ」

Gs1jrrnauaar1yv

ごろぴかどしゃん。

「怖い~」
「やり過ごすわ」

パーキングで30分ほど待ってGO。

さて双葉SAにあるのはそば屋とラーメン屋とほうとう屋。麺ばっかw

Gtauj4laqaa0spa

ほうとうのつけ麺。麺はそこらのスーパーで売ってるほうとうに比べて幅広で食いでがある。ぞぞぞ。

さて実家に着いて音源の確認。去年と同じ盆踊り定番プラスアルファがあるという。

「荻野目ちゃんだって」
「CD?」
「いやカセット」
「……」
「ダメなの?」

……まぁ踊りのお師匠さん80過ぎのご婦人だし、その「踊りの定番」をCDに作るのに業者に頼んだらしいし。いやオーディオインタフェース持ってきてるからカセットからデジタル化出来るけどさ。

うっ、面倒くせえ。

20240721-214116

ハイレゾリマスターあるじゃんか。バージョン違っても個人的に聞くからええわ。ポチッとな。

同時再生して聞き比べると全く同じミックスであることを確認。よしこれで。

Gtavjjmbsaagbni

さて今年のスタッツ。PA機器は去年の実績から大幅に簡略化。一方でDAコンバータ→アンプ入力はある程度ヴォリュームいじれた方が良いのでifiのグリフィンさんをセレクト。USB→グリフィンさん→PAのRCAピン入力。

Gs6gldgbiayd6ca

Music Center for PCさんはDAコンバータの能力の限りアップコンバートして送信する。のは、いいが、「東京五輪音頭」を176kで送ってどうするw

Gtazlxxbsaen3q

おや?

ごろぴかどしゃん!キャーワー!

それでも30分くらいで上がって後はまぁ。なお今年はプリキュアに加えて、男の子ウケも狙ってスーパー戦隊や仮面ライダーの曲も持っていったが、「浴衣着てお祭りで遊ぶ」ってのは圧倒的に女の子の方が多いんだよなぁ。

「あ、プリキュアだ」

そうよ^^

Gtakj5ibcaapepm

祭り囃子の後は雑木林に繰り出してご覧の通り。ナニ?これが主目的だ?

2024年7月13日 (土)

趣味と断捨離

Gswb3ayxgaacb6q

「ヘッドホンおよび類似の機能を有するキカイ」が5つ見えている。「STAX」と書いてあるスタンドにうやうやしく掛かっているキカイが「ガチ」用で最高の音質を有する。ただし音はダダ漏れだしコンセントの電源で動くので持ち歩けるシロモノではない。

白いのはワイヤレスでノイズキャンセル機能を有し「まぁまぁ」の音質である。主に出張時に飛行機や新幹線の騒音低減を主眼に「まぁまぁ」の音質で妥協するために持っており、在宅勤務時はヘッドセットに使役される。べろんと剥がれてオレンジ色のスポンジが見えているのは「有線ヘッドセット」で会社で使っていたが、べろんと剥がれたので引き上げた。現状、用務無しだがべろんと剥がれているので中古にも売れない。ワイヤレス故障時の予備である。他はソニーのスタジオ用で「ガチ」の予備、イヤホン2本は予備とネタで買ったダイソーである。捨てちまえ?動くのに?

ここに「ガチ高音質でワイヤレスでノイズキャンセル機能付きヘッドセット」があれば全て解決、という答えが導き出せる。やいどこか出せ。

Gswuuwoxoaeyojr

全部同じキカンシャである。銀色のは関門トンネル専用で国鉄時代に主として活躍。2番目は全国各所(主として関西-北陸)。3番目は北陸地域。4番目は関門トンネルからJR九州区間。1番下は関東から東北地方である。そう少しずつ仕様や色が違う。この場合「全て解決」となるものはない。いや銀色さておきピンクは1こ持っておけば遠くから見たらワカラネェというのはあるのだが、どのみち2両同時に動かしたりするので、そうなると同じ物2つ持ってても面白くないし……となるのである。ちなみに現物は細かいところが1両ずつ違ったりするので「それを全部加工で表現した!」という御仁も稀におられる。

趣味のものが断捨離はかどらないのは、趣味のもの故に細かいこだわりが反映されており、こだわりを充足できないことにストレスを感じるからである。

 

2024年7月11日 (木)

違和感を感じて頭痛が痛い

「X」(ついったー)のトレンドに「有線イヤホン」

20240711-183159

基本的には鬱陶しいケーブルと音質優先の果てしない言い合いになるのだが、気になったのはキャプチャしたITメディアの記事だ。

「有線イヤフォンは先端のプラグを、スマートフォンやPCなどのジャックに差し込めば、再生したコンテンツの音を聞ける。プラグを経由して電力供給を受けるため、イヤフォンの振動板を動かす程度の電力をまかなえる。」

【有線イヤホン】

電池──┐
___
音源→増幅装置=ここがケーブル⇒発音体

【ワイヤレス】

電池

音源→アンテナ-電波で飛ばす-アンテナ→増幅装置⇒発音体
____________________
___________________電池

ざっくりした構成はこの通り。「電力」というのは「回路が動くためのエサ」である。その流れを赤くしてみた。発音体は、どっちの場合も「増幅装置がエサ食って動かしている」のであって、発音体がエサをもらっているわけではない。この記事の書き方では、「電池を持つ代わりにケーブル経由で電力をもらっている」ように読めてしまう。ケーブル経由で発音体を駆動しているのである。強いて言うなら「発音体が駆動できる強力な音楽信号」を「電力を使って作って」送っている。ただ、その構成そのものは増幅⇒発音体の部分は同一で、両者に違いがあるわけではない。

専門系メディアにしては不正確だと思うわ。

【有線のメリット】
・落とすことはない
・電波に依存しないので音質は確保できる
・電力は再生機だけが持てば良い
【有線のデメリット】
・ケーブルがウザい
・断線のリスクはある

【無線のメリット】
・取り回しはスッキリする(ケーブルの範囲に束縛されない)
【無線のデメリット】
・落とす無くす危険
・電波の規格に束縛されて音質的には不利
・電池充電の手間と容量。交換の可否。

一般に、「発音体だけ」の有線イヤホンと「電波受信・増幅・発音体」で構成されるワイヤレスでは、同じコストで比較した場合、音質的には有線の方が良い結果になる。他方、ワイヤレスの場合は、音質を決定するのはイヤホン側であるので、スマホ等音質の配慮がない機器に音源があっても、スマホから直接有線イヤホンを接続するよりは良い音質を得やすい。

2024年7月 7日 (日)

正直に話そう~USBケーブルで音質は変わるか?番外編~ #ハイレゾ 音源再生

IOのサーバ「Soundgenic」からUSBでデノンのプレーヤに放り込んで音楽聞いてるわけだが。

時々楽曲のサンプリング周波数に追従せず「Unlocked」表示になることがあった。

USBケーブル起因かとifiオーディオのポタアン付属品→ゾノトーンに変更したが、効果は感じられなかった。

パソコンからオヤイデのUSB-Cで接続するとUnlockは解決する。ただし、今度は音質が今ひとつ。周波数高いところスカッとかっ飛ばされてるようになるのだ。

この辺からUSB周りのうんにゃらもんにゃらは別記事でもひとり議論したが。

・データが欠落している
・クロック振幅が不十分でロックしない
・ノイズが飛び込んで、あるいは発生して回路動作がスポイルされている

だいたいこんなもんだろう。ただ、USBのスペック480Mbpsに対し、最もレートの高い楽曲でも11MHzのDSD信号(×2チャネル)であるから、それでデジタルデータに何か起こるなら480Mなんかとても扱えないことになってしまう。

さてゾノで1年ほど使って最近「Unlock」表示が出る頻度が多くなった。実はゾノとデノンのUSB端子の嵌合、プリンタやなんかのそれと比べるとチト緩い。抜き差しし直すと認識する。USB端子の寸法精度は結構ガバガバで往々にしてこういう相性問題は起こりうる。

上記オヤイデのケーブルは2mあって、しかも在宅勤務中はまさか会社パソに刺すわけに行かないからサーバ=デノン間USBを「別の何か」に変えた方がよさそうという示唆が得られる。問題はだ。

・短さ原理主義で普通のOA用但し最も短いの
・やっぱりオーディオ用

どっちがいいのだろう。ゾノトーンはオーディオ用で60センチだがぶっちゃけ音質自体はifiの付属品と差は感じない。ロック能力はデータ転送の正確さと相関があると考えればオーディオ用でもう少し凝ったもの、という意義はあるように思われる。

問題はだ。

20240707-173107

オーディオ用と称するものはピンキリだ。「電源」2線と「データ」2線の計4線で成立する。データ線にノイズを入れない・データ線からノイズを出さない。電源もデータも減衰させない。責務はこれだけだろう。電気抵抗に凝るのは判るとして、

20240707-174309

なに言ってんだおめ。

20240707-174558

多少は納得できるものとしてこれにしてみた。アコースティックリバイブである。アコリバはケーブルやスピーカースタンドなど周辺機器・アクセサリの類いを多数手がけるが、納得できるものとオカルトまがいのものが入り交じり(よかれと思うこと片っ端から試しているという心意気自体は買う)少し注意したいメーカではある。ただこれ関してはデータと電源を別々にしてしっかりシールド。

20240707-175211

まぁ、これだけで「良い方向に違う」感はあるように思われる。ぽちっと。

「郵便局でーす」
「へーい」

Gr32wmtbwaavgoh

怪しいものほど外見でごまかそうとするって鉄則があってね。ただまぁ、こいつクソ固い(固いクソではない)ので箱に入れるしかなかったのだろうが。

Gr34uwba8aahojt

直線距離20cmを1mで接続するの図。とはいえ書いたように固いので、無理ない半径で線を曲げようと思うとこんな感じになる。見事に分離している。なお、デノンとの嵌合だが、目論んだほど「がっちりホールド感」はない。あ、スピーカーケーブルから見えてる土俵上の房みたいな奴は絹糸で静電気の放電効果があるんだって。なおアコリバさんUSBにも織り込んである模様。まぁいいや聞いてみよう。

Grzg_8makaajw0i

「わたしは仰天してイスから転げ落ちそうになった」(評論家的表現)

は行き過ぎにしても、音質は確かに良くなっている。高音方向の張り出しが強まり、ニュアンスを隅々まで伝え、メリハリが出る。音のエッジがキリリと立っており、過渡特性が向上している、という印象。ハイレゾはもちろん、CDをリッピングした楽曲(=伝送レートは応じて低い)でも同様の効果が得られる。音の定位が明確になり、結ばれる音像もより小さくピンポイントにまとまる。

伝送特性は良くなり、ノイズは減った。S/N比という尺度があるが、Sが保たれNが減れば応じた結果になる。にしても、かなりあからさまだ。ただ、悲しいかな「ロック外れ」自体は44系と48系の切り替え時など、皆無とはならなかった。これは受信(デノン)側の追従能力もあるだろう。

「デジタルケーブルで音質が変わるか?」は常に議論の的になっているが、ウチでは「変わった」が端的な結論になる。2日経ち、3日経ち、「やっぱり前よりいいよなぁ」

しょうがねぇ。しょうがねぇもんはしょうがねぇ。重箱の隅が見えるような音だぜ。

2024年6月25日 (火)

良かれと思い

義父がデイサービスに「寄付」したCDが戻ってきた。

Gq7lhd8bwaegq1q

「誰も聞きませんので」(=邪魔)

さてこれは高齢者福祉とオーディオマニアの両観点から語れることがある。

・高齢者福祉の観点
認知症の場合それが顕著になるが、高齢化による記憶力減退の影響は「今に近いほど」大きくなる。これは音楽の場合、子供の頃・若い頃聞いた曲を覚えていて共感できる。こうなる。80代後半から90代。

「童謡とか演歌が殆どで」

比して義父が持ち込んだのはクラシック(オケもの、オペラ)、イージーリスニング。……80代90代が日常的に聞いてたと思う?宜なるかな。なお義父に言わすと「童謡ばっかでつまらんだわ」……後半へ続く。

・オーディオマニアとしては
リチャードクレイダーマンくらいならそういう世代でも聞けば分かるんじゃないかと思うが。
さておく。義父のコレクションは見ての通りソニーがCD創世期に手持ちのレコード用音源をCD化したものや、初期のデジタル録音をCDで売り出した物が多い。曲そのものは有名だが指揮者とオケの知名度がねぇという。ナニ?メータとバーンスタインがあるじゃないかって?クラヲタとオーディオヲタなら通じるかも知れんよ。てのと。

Gq4yq7pbwaayj1p

キリ・テ・カナワ。失礼、ディム・キリ・ジャネット・テ・カナワ稀代のオペラ歌手。グラミー賞。大英帝国勲章(デイム・コマンダー)を授与しているので、「サー」と同様に「ディム」と付ける。レコード用音源をリマスタリングしたモノで87年の円盤。令和なシステムに突っ込むと周波数上の方丸いが十分ストレートでクリアだ。微弱音から1/fゆらぎバリバリのビブラート、ロンドンフィルを振り回すトゥッティまで鋭く録れている。問題はだ。

マニア機器ならさておき、CDラジカセ辺りだと微弱音は良く聞き取れずヴォリューム上げざるを得ず、すると今度は盛り上がったところで音割れしてやかましい、とこうなる。だから「ちゃんとした」オーディオ機器を買いましょう……となるのだが、まぁデイサービスじゃムリだわな。そもそも「そうやって聞かないと真価が発揮されない」という気づきを得る機会が無い。メーカーとお店の怠慢だろう。ナニ?そおゆう機器でも問題なく再生できるように録音しろ?

Gq7vrvabmaajaxf

「生オケ並み」の音の大小表現(ダイナミックレンジ)に近づけるってのがCDのダイゴミなのに。いやこう、折角デジタルで封じ込めた文化遺産、ポテンシャル引き出してやれよ勿体ねぇ、というお話。

2024年6月17日 (月)

BLU-SWING 「Panorama」on 24bit #ハイレゾ @BluSwing

20240617-195622

ハイレゾ派なのでダウンロード購入なのだが、何で発売日に書かなかったかというと、クレカの決済が15日締めなので、16日に買うと支払いが1ヶ月先延ばしに出来るからなのだよ←セコい

J-WAVEで流れてるし、メンバー個々は例えば浅田真央まおのアイスショーで演奏とか定評持ってるのでステマ仕掛けるほどでは。

以下音質という観点から幾らかかいつまんで。

1 Summertime
シンバル(ハイハット?)の「金管の響き」にハイレゾのクリアネス。ギターのピックアップも鋭くて快い。yu-riさんのヴォーカルはツイーター結んだ線より若干上に浮かんで定位。間奏の管物やピアノの響きもぴん!という感じで良き。

2 Moonlight
ふわり浮かんで広がるような音場であるがバスドラムがしっかり地を食んでいて安定感を与える。ヴォーカルには「色気」が宿り、艶っぽいグラデーションを描く。

3 Sunrise
2と曲名は対極を成しているがサテ。だんだん豊かに広がって行く音数がステキ感。その音の一つ一つ綺麗に分離され定位が確認できるかがオーディオ的なチェックポイントだろう。

4 In your eyes
しっとりしているが意外や通奏ズドーンと低く、これがあるかないかで印象が変わる。ゆっくりしているから音符一つ一つと対峙できて「クオリティ」を楽しめる。

8 Circularity
一聴して「あーこれはクリアだ」という印象。48/24というフォーマットはハイレゾ名乗っちゃいかんと思うのだが(おいおい)ここまで透明感があってスムーズならまぁ。これも低音が強いのでしっかり気配りを。

9 Gravity
シンセサイザでいろんなことをしている。応じてインパルスやディストーション(故意の)を含んでいる。それを尖って、そしてうるさくなく再生できるかが勝負。

10 Moment
一口に「ジャズ」といっても幅広いのだが、BLU-Swingは「スムース・ジャズ」という呼ばれ方を良くする。最終トラックのこれはその中でも王道に近いと言えるか。常々書いているがオーディオ最難関楽器の一つが実は「ピアノ」で、本作の特に間奏だがクリアな部類。くぐもって聞こえなければ勝利。

●まとめ
クールでスマートでスタイリッシュ。「ピアノを混濁せず、そして地に足の付いた低音が出せるか」がキーになるだろうか。この辺をスッと出せれば、クールさを白色LEDのブリリアンスで再現する。アンプリファイアの照明だけをお供に夜のひととき。

Gqru7hja0aira3k

2024年6月 7日 (金)

Friday CD Ripper

Gpcefnqboaaytqq

「パラパラ」で知られるユーロビートは、avexの始祖たる「スーパーユーロビート」シリーズがメインで、ディスコのマハラジャで流していた……というコンセプトの「ハイエナジーレボリューション」シリーズは亜流というイメージがある。ただ、安室奈美恵がカバーした「Stop the music」はこっちが出自だったりする。

それはさておき。

ウォークマンのメモリ容量が少なかった頃、ハイエナジーは「厳選of厳選」を書き込み、そのまま音楽サーバに放り込んだのであったが、サーバの容量はテラだし、一方でCD板は30年近くになるので、「劣化する前にデータを丸取りしておきたい」と押し入れの奥底から引っ張り出してリッピングに臨む。

Gpedcsoagaetero

それは「パソコンの光学ドライブからCDのデータを吸い上げる」行為なのだが、音キチの端くれとして少しでも凝ったコトしてみる。こりは首の皮一枚繋がって残っている「パイオニア」ブランドのBD-ROMドライバである。コイツを音楽サーバに直結して悶々と吸い上げを繰り返す。

Gpedcsnayaa_rmo

もちろん普通の機械とやり方じゃなくて、「Accurate Rip」という文字が見えると思うが、2度読みして結果を照合、同一なら「完璧」として登録、という作業をしている。ただ出来上がるのはwavなので、別途flacに変換して楽曲情報とジャケット写真を与える。Glacenoteアクセス遅いよソニーさん。

Gpeag8fbyaamimn

27枚処理するのに半日かかったわw

再生すると懐かしい音だが令和最新型でカリカリに解像してくれる。デジタルだから後になるほど時代時代の最新型できめ細かさが増すと言えるが、そもそもデジタルで作る時にその時の水準では「データに出来なかった音」を失ってしまったとも言える。

さぁ踊ろう←

2024年6月 2日 (日)

HAP-S1令和に再起【 #ハイレゾ 音源再生】

義父に「父の日」のプレゼントとしてソニーのハードディスクデジタルオーディオプレーヤ「HAP-S1」をプレゼントしたのは丁度10年前2014年の6月のこと

19年より自宅で同居することになったが、義父は「ヘッドホンをつないで聞く」と言って、自室に配置した。パソコンで自分史を書きHDDコンポでハイレゾのクラシックを聴く。なかなかの「ハイテクじじい」と言って良い。しかし。

電源入れてヘッドホンつないで曲を選んで……という作業が面倒になったのか、液晶の操作画面が見えなくなったのか、ここ2年ほどはラックの下段でホコリをかぶっているばかりだった。そんな義父も6月から施設に入った。

で、再起を図ることにした。

Gpdhwqvayaa1ixw

電源入れると早速ファームウェアの最新版をダウンロードしてくる。完了後ヘッドホン(MDR-CD900ST)つないで音出し確認。DSEEHXを通したその音は「ウォークマンZX1のスケールアップ版」と書けば良いか。エッジを立て、高域をきらめかせ、心地良いミストのようにノイズを拡散させる。それで不思議と雰囲気と実体感のある音場を形成する。ひたすらストレートで情報量ゴリ押しの令和最新型よりは「古い」音作りだが、一聴してワイド感があり、この時代のソニーの音は嫌いじゃない。

OKなのでごっそりHDDの中身を入れ替えよう。エクスプローラでアクセスして……あれ?

ネットワークストレージとして表示されない。こいつのファイル管理は「HAP Music Transfer」という専用アプリを利用する。現時点でもダウンロードできるので突っ込んでみたが、コピー(書き込み)は出来そうなものの、他は変わらない。ちぇ、しょうがねぇ。

Gpdhwqvamaair11

本体で操作してフォルダ単位で消す。あー、めんど。え?何時間かかるんだこれ。寝るでやっとけ。

さて朝起きてパソコン起動すると「~Transfer」の「エクスプローラを起動」メニューからHDDが見えるようになっている。

20240602105956-1

なんじゃこりゃ。認識するのに再起動が必要だった?ともあれこれなら「~Transfer」の要求する「コピー元ファイルをパソコン内の一カ所に集めておく」という作業は不要。NASの中身をエクスプローラでがんがんコピーする。

Gpcq8smamaaixba

終わったら寝室にセット。ここにはデノンのRCD-M41がいたが、まぁ、ちょっと流石に10年前の機械とは言え値段の差が出たかな。HAPの方が好もしく聞こえる。モニタ画面「Bling-Bang-Bang-Born」だが、こいつ低音は破綻するがそれはスピーカー(ケンブリッジオーディオCX-50)の限界を超えているせい。ただ、スピーカをガチッとくわえ込んでドライブしている感はHAPの方が高く(素子が効いてるかな?※)、ここはHAPの延命という決断とした。妻が好きな楽曲を中心に、クルマで聞いてる画面のような流行歌フォルダをそのまま移植。それ以外はウォークマンから放り込めばいい。まぁ、鳴ってろや。電解コンデンサいつまで持つかな?w

(※)エミッタバラストトランジスタ
小容量のトランジスタを多数並列駆動して電流容量を確保しつつ応答性を高める。素子差による電流集中を回避するためそれぞれ抵抗を抱かせて分散させる。もし電流集中が起こると電流×抵抗で電圧が高くなり、その素子には流れにくくなる……ソニーって最近の製品こういう「小ネタ」がないよな。だからつまんねぇんだよ。

2024年5月21日 (火)

エレクトリカル・トラップ

在宅勤務の最大の恩恵は音楽流しっぱにできること。オーディオマニアを自称する者としてこれは楽園で仕事するに等しい。

が、今朝はプレイリスト放り込むと何か変。がさついていて潤いがなく、広がりがない。まるで「WindowsMediaPlayer」で再生しているかのようだ。あまつさえは曲間で、サンプリングレートの違う曲に遷移する時、ブチブチ切れる。

土日鉄道社長室のオーディオシステムで最古参のメンバーはデノンのCDプレーヤである。2015年の製品だからまぁ家電系機器としては後がまを考えなくちゃいけない「お年頃」である。うーん、来てしまった、のか?

とりあえず再起動と再接続を試みる。各機器電源オンオフして、サーバ(I/O-DATA Soundgenic)からUSB直結なので、デノンを認識しているか確認して、おや?

Gogto_wbwaakrgm

カーネル?

2024032011510413yorozuns0001

(違

そりゃ「メディアプレーヤみたいな音」になるだろうよ。パソコンOSに再生させてるようなもんだから(OSの中でいろいろ混ぜるので音質は悪い)。サーバって要するにネットワークにぶら下げて「いじられる」ことに特化したモニタもキーボードもないパソコンであって、内部の構成は変わらんもんね。デノンに変更して。音出し。あー戻った。この定位。深さと広さ。「飛んでくる・包まれる」音。

ちなみにキャプチャの画面は有料管理ソフト「JRiver Media Center」から出力先をタップしてそーなってると分かったわけだが、同じJRiverでもパソコンからはここにたどり着けないし、Soundgenicの独自のコントロールアプリ「∱idata Music App」でもUSBドライバに今ナニ使ってるかは分からない。

……これ意図せずカーネル駆動されてると環境によっては詰みじゃねーの?「意図通り」になってるかどうか確認・変更が出来る手段が必要なんじゃないすかね。

てなわけでデノンちゃんも少し頑張ってね。

2024年5月11日 (土)

林ももこon栄ミナミ音楽祭 @sakaon2011 @hayashimomoko @hayamomo_staff

Gnsrfgbaeaal291

コロナ禍の中止を経て久々復活の「栄ミナミ音楽祭」。要するに名古屋・栄でホコ天も併用し、あちこちで路上ライブを楽しんでもらおうというもの。これで知った歌声も多いが、今年は家を長時間空けたくないのでももさんだけ参戦。

Gnr08liasaajvrz

「宇宙と星と空と飛行機が大好き」で、「青い空と白い雲」が似合う歌沢山お持ちだが、今日はまさにそんな天気。

Gnr1wglbmaa3h3c

H@ppy Together!!!

Gnsps2bbuaa3ogp

グッズ少し買ってサインをいただく。「娘は就活で顔出せなくて」「頑張ってくださいね!」中々ライブ出撃できなくてすいませんね。

「フライヤー作ったので持ってってください!」

はいはい宣伝します。

Gnsqjezbaaab369

セットリスト

・カラフル
・TRANSIT
・H@ppy Together!!!
・Gift

ももさんをよろしくお願いします。まぁ、いっぺんこの文字クリックして聞いてみたまい

より以前の記事一覧

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック