リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

2024年5月20日 (月)

さすてなびりてぃ

20240520-220742

「ん?このサムネまたデンシャか」

そうだよネタが無い時は鉄道頼みよ。

Xのトレンドに「西武鉄道」ってあって、何のことかと覗いたらこの小田急車がJR武蔵野線新秋津駅から西武鉄道内に引き込まれました、という数多撮り鉄の動画と写真。

西武ではぶっちゃけ中古車をサステナ車両と名付けて他社から購入することにしたそうな。西武には古くて重くて電力を食ってメンテにも手間が掛かるデンシャがいっぱい残っているが、まぁ手っ取り早く消費電力の少ない中古車を導入して古いのを一掃したいと。

サステナビリティ=(sustainability)とは、環境や経済などに配慮した活動を行うことで、社会全体を長期的に持続させていこうという考え方です。「Sustain(維持する、持続する)」と「Ability(~する能力)」を組み合わせた造語で、日本語では「持続可能性」……とかコピペ。

ちなみにこのサステナデンシャは資源廃棄削減・省エネ・CO2削減の一環だそうな。

まぁ要するに中古車両なんだが(二度書くな)。どのみちおめかしし直して仕業に就くだろうから「それがそれと知っている」ヲタ以外は気にもとめないだろうが。

電車のリユース自体はそれこそ明治期には既に始まっていて、だいたい、大都市圏の私鉄車両が中小私鉄でセカンドライフという事例が多い。小田急で言うと「あさぎり」に使われていた車両が「富士急行」に譲渡されて「フジサン特急」

20240520-222753

になっていたり、東急車だと例えば田園都市線の顔だった赤いストライプの8500系が

20240520-222926

長野電鉄で地元の足になっている。なお長野電鉄にはこちらも元小田急のロマンスカーや成田エクスプレス、東京メトロ車など「呉越同舟」状態で営業している。お財布苦しいのが見え隠れするわけだが、バラエティ豊富で逆に面白いのではないか。

ただ、これらは「大手→中小」のいわばトリクルダウン。大手→大手というのは聞いたことがない。過去に名鉄が東急から3700系を買い取ったことがあるが、これは乗客の急増に「作っとるヒマがあらせん」ということでピンチヒッター的に導入されたものだ。その当時、大体新設計の電車は冷房付きであるが、昭和20年代に製造された「新車」はどのように迎えられたのであろうか?なおこの譲渡車は10年ほどで廃車されている(それでも10年使ったんかい)。

鉄道車両は平成になった頃から軽量ステンレス無塗装の銀色電車が大流行だが(その嚆矢が東急だったりするが)、現在徐々にアルミ車が増えてきている。これは加工・組み立て方法の進歩により鉄道車両への利用が容易になったことに加え、「古くなったら溶かして再利用できる」これが大きい。ステンレスは固いので加工が面倒くさい上、合金なので溶かしてうんぬん、て訳にも行かぬ。アルミは材としては高価だが、リサイクルが出来る。それはサステナビリティ上のPRポイントにもなる。……まぁ、デンシャとしては高い買い物だが、SDG’sの観点からも色々と使い回しが出来てコスパは高いと。

サステナビリティの根幹は日本で言う「勿体ない」であって、「みみっちぃ」とはちょっと違うんだけどコストダウンになれば経営に寄与するか。ならいいんじゃね?知らんけど。←雑な〆

2024年5月19日 (日)

趣味商品のコストを削るな

アナタは自分のクルマのエンジンが外為法における「ろ地域」の産品だった場合、そのクルマに乗りたいと思うか?

Gn7wrfsb0aaudfp_20240519192601

この山のようなモータは鉄道模型の走行用で全部不良品である。前はマブチから供給を受けていたが、真鍮製の部品(フライホイール)を付加する代わりに「ろ地域」の産品になった。マブチは30年以上問題ないが、ろ品はヘタすると買ってきて30分でぶっ壊れる。何がどう不良なのか説明すると長くなるが、直流モータは回転し始めると「発電機」としての性質も表れるため、発電された電流を上手く流してやるよう、停止時と回転後で「ブラシ」と呼ばれる電気接点の位置をちょっと動かしてやる必要がある。が、こいつにはそれがなく、ショート故障してぶっ壊れる。フライホイールという実物により近づく利便の代わりに根本的な性能を失ったわけだ。こういうのを「安物買いの銭失い」という。

一般に使用部品のコストを下げようとするのは、売価を維持して原価を下げようという意思・必然が生じた場合だ。だが趣味商品でそれをやると、趣味=金を掛けてもいいからその道の最高を目指したいというユーザの意図と反する方向になるので、往々にしてこのようなほころびが生じる。必要なのは売価でなく品質の維持だ。売価が上がってもいいのである。2倍になってもこういう結果になるよりずっといい。ケチるんじゃなくて必要な利潤が得られるようにフッかけて構わない。ちなみに鉄道模型のモータはポツンと1両編成から大都市圏の10両編成以上まで再現する可能性があり、速度は変わるし坂も登る可能性がある。負荷も速度も常時変動する難易度の高い用途である。「へなちょこ」に務まる原動機ではない。

Gn7wrfvaoaavagr

これ。先にJR線上から引退したディーゼル車「キハ85」である。令和最新型リニューアル品が出てきたので調達した。連結器の部分に「トイレタンク」が表現されている。これは初期製品には付いてなかった。ディテールアップと言うわけだが、驚きは箱から出した瞬間しょんもりに変わった。

Gn7wrftaeaamma

台車にくっついて動くな。ウンコが線路に落ちるじゃねーかw

このメーカのこういう対応を見たのは実に昭和の頃より40年ぶりである。鉄道模型特にNゲージは実物より遙かに急なカーブを通るので、連結器は車体より台車に付いていた方がスムーズに動く。ただそうすると特に機関車の場合、車体の下のスカートを大きくえぐって台車と連結器が左右に動く構造を取る必要が出てくる。

Gn7wrfsaiaa1eqm

(えぐった事例)

同社はこれを嫌い、スカートを台車側に表現して、台車ごと左右に動く構造を選んだのだ。模型はデフォルメがあってナンボだが、これは流石にドン引きしたファイルも多く、あたかも人がアゴを左右に動かしているかのように見えることから「アゴ外れ」とか揶揄された。その後この問題はスカートから連結器を生やしつつも大きく動く構造を編み出して解決するのだが

Fwkogliakauxc9o

(解決)

まさか正面から見てニヤニヤする機会の殆ど無いディーゼル車の連結面でやらかすとは。ちなみにこの令和最新型は、モータがフライホイール非装備など、リニューアルというより「旧製品をちょっといじりました」感がハンパなく、要するにこれもコストケチったの部類と言って良い。前述の通り本物はJR線から引退したので(京都丹後鉄道に2両+部品取りが買い取られて移籍したが)、今後新たにこれを買おうという人は多くないことは誰でも想像つく。大きな費用を投じられない……素直な結論であろう。だがその結果動力機構は30年前のまま、ディテールは先祖返りでウンコ垂れ流し、でいいのか。

趣味だからこそ妥協したくないのだよ。妥協したくない水準だからこそ趣味なのだよ。そのためにお金掛けてるのよ。あなた方が作っているのは趣味商品なのだよ。

まぁ、40年でようやく売価が2倍程度に収まっているので「ようやっとる」方だとは思うが。鉄道模型なんか大人の財力で初めてガバガバ買えるくらいの水準でいいのよ。だからこそ子供たち・入門者は「それだけカネ出しても必要かどうか」懊悩するし、買えば買ったで次の買い増しまで長い時間がかかるので、虎の子の「最初の編成」をずっと大切にする。するとここに議論トップに戻って「長持ちすべき」蓋然性が生じる。

しっかり作ってしっかりふっかけろw

2024年5月17日 (金)

新宿発・最終列車

懐かしい列車名がトレンドに上がっていると思ったら。

20240517-215353

夏の臨時列車の名前は「アルプス」でしかも夜行と来たもんだ。夜行列車はコスパが悪い(乗る側には新幹線で現地入り+ビジホの方が早い。夜行バスの方が安い)ので、「サンライズ」系統しか残っていないという有様だが、座席車しかも「特急」(応じた料金が必要)で勝算はあるのか。2024年問題で夜行バス減ったと読んだか。ちなみに「ムーンライト信州の再来」だろうという声があるが、新宿発の優等列車は「アルプス」が先に設定され、後に特急「あずさ」に吸収されていった、という流れなのでアルプスの復活でしかも特急化……格上げというのが時系列と言えば時系列になる。それはさておき。

「新宿発の夜行列車」は昭和の時代「うじゃうじゃ」設定されていた。朝早くに諏訪や安曇野に達してそこから登山(冬はスキー)、という需要があったためだ。急行アルプスだけで3本4本存在した時代もあったほどだ。上記のように特急化と、中央高速道路の整備による高速バスの台頭に敗北したことで消滅するのだが、一本だけ「新宿発・夜行」は残った。てっぺん回って0:01に発車する普通列車の上諏訪行きだ。八王子より先の最終列車にもなっているので、ハイシーズンの週末などはハイカーに18キッパー、終電まで働いていたリーマンと酔っ払い(何ならゲロ吐く)でかなりカオスだったと聞いている。伝聞形なのはこれに乗った経験があるのは当時新宿で働いていた父親だけだからだ。基本京王ユーザーだったが、場合によりギリこれで帰ってくるのだ。八王子着は午前1時少し前なので当然バスは終わっている。

Dfvqxctuyaa5lct

(↑こいつは元々中央線にいて、そーゆー運用に就いていた)

「迎えに来てくれ」

へーい、と免許取り立てでクルマ転がして迎えに行ったもんだ。もちろん、往々にして寝過ごしがあって。

「……上野原だったよ」
「高速道路で行くから30分待ってろ」

携帯電話もない時代、電話が掛かってこないとこちらからはどうしようもなくて。

午前2時。黒電話の最初の「り~ん」が鳴りだしてすぐ取る。

「……あれ?」
「もう出たよ。もしもし、ひょっとして大月か」
「おお、すまん」
「1時間待ってろ」

深夜を過ぎて夜明けが近いような時間帯。誰もいない中央高速を親子でアスファルト切りつけながら。

2024年5月 9日 (木)

そらそうよ~みどりの窓口はこの先生きのこるのか~

20240508-225154

そらそうよ。ってか、これを進言した奴とOKした奴以外(全JR利用者)は「アホだろ」としか思ってないわ。

●何が問題なのか

20240508-225329

こりは「みどりの窓口」の傍らに時刻表と一緒に置いてある紙でやんす。これに書いて駅員に渡すとスムーズに切符作ってもらえます。逆に言うとそれを全部自分でやる必要があるのが「みどりの券売機」でやんす。

出発日、乗車区間と経由地、指定を取りたい列車の乗車駅と降車駅。自分で調べて書けますか?

窓口で行列をなす人は、んじゃそろそろ行こか~が集団で動いた結果として間違いないだろう。なぜならいつどこに着きたいか決めてある人は混雑する前に買うからだ。

・今から××まで行きたいんだけど空いてる奴

こういう買い方をする人が上記の紙書けるわけないわな。

八王子からユニバーサルな遊園地に行くと仮定して「仮想・窓口のやりとり」を書いてみようか。

「どちらまで?」
「ユニバまで」
「大阪のユニバーサル(登録商標自粛)ですね。今からですか?」
「はい」
「指定券とか事前に買ったものお持ちですか?」
「ないです」
「ちょっとお調べしますね」

20240508-230852

「新幹線は新横浜からのぞみ号でよろしいですか?今から行くと一番早いので新大阪に10時半ですから、ユニバには11時過ぎちゃいますが」
「それでいいです」
「窓際とかご希望の席ありますか?」
「富士山が見えるといいな。だけど日焼けするのは」
「わかりました……窓際E席が空いてますのでこれ抑えますね。新横浜8時18分発の『のぞみ61号』をお取りしました。切符を出しますのでお待ちください。横浜線は7時28分のにお乗りください。14740円になります。お支払いは現金ですかカードですか」
「現金で……」
「15000円のお預かりでお返し260円です。切符はこちらです。ご確認ください。まず新幹線の特急券はのぞみ61号で新横浜から新大阪まで。二人がけの窓際です。こちらが乗車券で八王子から新横浜で新幹線ご利用で大阪市内まで。ユニバーサルシティまでこれで行けますので、新幹線降りる時取り忘れないようにご注意ください。ではどうぞありがとう御座いましたお気を付けて行ってらっしゃい」←最近窓口殺伐としているのでここまで優しい係員は少ない

さて以上より「ユニバへ行きたい」に対し、切符を購入するのに必要な情報は、

・最終目的地の最寄り駅はどこか
・八王子から横浜線→東海道新幹線経由大阪市内までの乗車券(どこから新幹線を利用し、そこまでどうやって行くのか)
・八王子から横浜線の移動時間を見込んで最短で乗れるのぞみ号がどれか(新幹線にアクセスするまでの時間の見積もり)
・席はどこがいいか(5列の座席ABCDEの位置と時間帯による陽光の有無)
・新大阪からユニバーサルシティ駅までのざっくりした所要時間

Kenbaiki_img_20240508232501

以上自分でやれよってのがこの機械。どこ触ればいいと思う?駅員は「指定席」で「のぞみ」確保してから前後の乗車・降車・ルート選んでるんだわ。満席になるとやり直しだからね。ただそれやると、後から買う乗車券は「経由する路線名」をあらかじめ知ってて選んで行かなくちゃならない(冒頭の紙はここで活躍する)。八王子の人間なら横浜線くらい知ってるだろうが、行き先の路線なんか、慣れてるか、鉄ヲタじゃなきゃムリだろうよ

20240508-234140

(ユニバはどこにあるでしょうか?)

で、「乗り換え案内」という「どこからどこまで?」で買う機能が付いているのだが。

20240508-232836

やってみたまい

・要求される情報が多すぎる
・鉄ヲタでもないと要求される情報の内容が分からない
・業界用語で書かれ不親切で階層の深すぎるインタフェース

三倍満なんだよ。

加えて、これを見ているアナタは液晶画面ポチポチには抵抗ないだろう。だが上の年齢層には「間違って変なところ触ったらどうしよう」と怖くて仕方がない方々が一定数いるのだ。最早数え役満である。

●どうすればいいのか

1.スマホ組のチケットレス化推進
簡単そうに見えるでしょ?でも例えば特急「しらさぎ」は「米原-敦賀」はチケットレスで買えるけど、「名古屋-敦賀」は紙でしか買えないのよ。JR東海と西日本をまたぐから。東海はそもそも新幹線以外でチケットレスやってないし。

Photo_20221122230801_20240509191801

(ICカードで乗り継ごうとする場合、米原で一旦降りるw)

また例えば同じチケットレスであっても、
・新幹線は「乗車券と特急券(指定券)をクレカ決済。ICカードをチェックインツールに利用」
・新幹線以外の特急は「乗車券はICカードのチャージから引き去り、特急券はクレカ決済」
こうなってるのね。なぜか?新幹線は乗る駅降りる駅双方に改札があってそこで「切る」ことができる。要は航空機と同じ扱い。一方で普通の特急は「JRの乗車・降車駅と特急の利用区間が必ずしも一致しない」ので、「切る」場所が決められない。別扱いにせざるを得ない。

・JRをまたいでもチケットレス決済可能な仕組みの構築(早くしろバカ)
・交通系ICをチェックインツールとして共通利用化またはQRコード対応

インフラ整備として上記が必要で、

・スマホアプリからの検索結果で直接必要なブッキングが出来る仕組みの構築

これが必要。JR各社検索アプリ持ってるが、基本「自社路線のみ」。全国規模化するか、「駅すぱぁと」や「ジョルダン」等はもちろん、ヤフー・グーグルなど経路検索からでも「買う」をタップすれば手配が終わり、リマインダーに登録され、当日はアラームで行動を促し経路と乗り換えを案内する……くらいやって初めて「誰でも」使えるレベルになる。

2.紙切符購入手段の簡素化

要は「目的地の最寄り駅から調べなくちゃならない(調べてもらう必要がある)人」ですわね。

・JTB・近ツリなど旅行会社が請け負う(本来そういうのは「旅行業」の仕事だし手間賃取っていい。なお、現時点でこれら業者で旅程作成依頼すると、発券用QRを出してもらえる)
・券売機と別個に相談電話などを設け、QRコードをFAXやコンビニのネットプリントサービス等で取り出す。QRはそのままチケットに出来るか、券売機に読ませて切符に引き換える
・主だった行き先・観光地は宣伝込みでフリーペーパーにQRを印刷して配る。券売機はQRから最短最安価のルートで販売する

「切符を買うための準備」と「実際の機器操作」双方に時間を取られるので、機器操作の工数を減らし、そのための準備も券売機にたどり着く前に終わらせたいわけです。殆どがバーチャル不得手な層であろうので、冊子を作って配るのが手っ取り早いし、ビジブル化できているので「見て分かる」。トップから広告かねて季節のオススメ観光地、良く選ばれるターミナル駅(市内区間・都区内区間の中心駅)、後は個々の駅名リストでも付けておけば良し。券売機にQR読み込ませると最短最安価のルートが選定され、出発日だけ選ばせる。なおこの手の利用者は選択肢あると迷うだけなので、最安価だけで良い。どうしていいか分からないから駅に来るので、安いと言えば大抵納得される。ああ、席位置くらいは好みがあるので選んでもらっても良いか。

のぞみ号座席

←太平洋・ひなたABC DE→富士山

こんななら分かりやすいか。

北陸新幹線座席

山←ABC DE→山

落語か。

【閑話休題】

01_20240509224101

JR東海の機械。中央本線大曽根から「しなの」に乗って長野方面を選ぶと、経路候補に「千種から『しなの』に乗る」が出てくる。大曽根から千種は一つ戻るわけで、何かサービス切符でも作ってくれるのかと思うとあにはからんや。指定券はさておき、乗車券が「大曽根→千種」「千種→目的地」の「連続乗車券」をわざわざ作って発券する。普通の人はそんなもん知らない。時刻表の後ろしげしげ読んだりしない。なおこれで大曽根から入り、目的地で「大曽根→千種」を自動改札に突っ込むと「千種から目的地まで乗り越し」と判定されてピンコーンとなる。じゃぁと「千種→目的地」を突っ込むと、千種で改札を通ってないので「入場記録が無い」と判定されてやはりピンコーンになる。お客さんからしたら券売機様の言う通り買ったのにキセル扱いされるわけだ。
正解は「千種でいっぺん出て、千種からの切符で入り直す」なのだが、わざわざ出てまた入るかアホかとバカかとという。
※改札機によっては、2枚重ねて突っ込むことで「経路繋がってる。ヨシ通れ」と判定してくれることもありそう。知らんけど。

【閑話休題終わり】

さて以上で「みどりの券売機」は無敵最強になるのだろうか。

「えっとこのメモの『柏原』に行きたいんですけど……どれでしょうか」
「どれ?ってどれ」
「え?」

20240509-204546

どれだよ。

「福岡に行こうとしたら北陸新幹線とか出てきたんだけど」

Gni2upqamaaooro

20240509-204751

そりゃぁ福岡県にある福岡駅は西鉄の駅だからだよ。

「どちらまで?」
「分からないんですけど」
「どっか行きたいけどどこ行きたいのか分からないってことですか?」
「えっとこれなんですけど」

Fpaxhyuaiaui1db

Fpaxvfyaaaqwam_20230215205901

結論:人と人とが対面して販売する手段はなにがしか残しておく必要あり。ただし、スーパーのチェッカーと支払いと同様、「切符作成用のデータ出力」(人力)と「支払い・発券機械」(QRで発券等)は別で良い。人力はそれこそ専任のリモートワーカーでも良いはず(鉄ヲタなら喜んでやるだろうよ)。

Bqtdqxxcqaamurr

あと、それこそ「鉄ヲタ」な。こういうひねくれた切符買う鉄ヲタはスマホで全部対応できるスキルをおしなべて持ってます。ただいかんせん「紙の切符に途中下車のはんこを沢山押してニヤニヤする」という性癖があるので、紙の切符を作りたがる。こういうのは駅員用の機械(MARS)と同一機能のアプリでも用意して、予約番号とクレカで発券、それ以外では売らないようにすればいい。ちなみにGWに実家行ってアホほど遠回りして戻ってきたが、全部紙切符で用意すると乗車券はこうなる

名古屋市内→新幹線→横浜→中央東→武蔵野→東北→新幹線→北陸→東海道→名古屋市内

4/29に決定した旅程なので「みどりの窓口」行きたくない(=駅員困らせたくない)からヤメたけどさ。

本音:も少し地理と鉄道の仕組み勉強してね

2024年5月 7日 (火)

休み明け小ネタ三題

Gmnkcrzboaafccp_20240507230301

(サムネ対策)

「GW直後ですいませんが現物見て会議なので出社を……」

へいへいでラッシュの時間に出て行く。一般にGW明けというのは「1ヶ月試したけど無理と分かった」通勤・通学経路の変更で乗客が減るモノだが案外ぎっしり。雨だから?どうでもいいけど。

さて今日は妻がケアマネさんとともに義父の老人ホーム候補先を見学。旧居近くで勝手は知ってる上に設備雰囲気とも良さげとの由。

ただ食事は別料金だし身の回りの消耗品は買って持って行かなくちゃならない。テレビも自費。まぁ「風呂付き下宿」に近いかもね。

「パソコンやりたいんだが……」

んじゃモバイルWiFiも用意しないと。使い方もレクチャーしないと。

さて帰宅すると妻がちょっと困惑顔。妻は休み中にスマホをiPhoneXRから15plusに機種変更。手帳型のカバーを付けたのだが。

「ワイヤレス充電ができない」

んご。図体デカいから給電コイルとの位置がずれている上、ケースを付けたので距離があり、スロットインタイプだと幅があるので入らないと来やがる。

色々取っ替え引っ替えしてAnkerの1機種が充電可能と判明し、玉突きで配置転換。なおスマホの充電完了時にどーしてもケーブルを引っこ抜いてケーブルを壊すクセがある人はワイヤレス(Qi:ちー、と読む)オヌヌメ。値段もこなれてきた。

 

 

2024年5月 6日 (月)

レアでマイナー2024

急遽の実家帰省。帰りは八王子から果てしなく遠回りして名古屋に帰ることにした。要するに「未乗」の北陸新幹線・長野-北陸間を乗りつつ帰ろうというのである。

Gmshu_bbsaauvod

で、八王子から乗るのに選んだのがこれ。「新幹線に乗る」というと、東京・新横浜というのが第1候補であるが、東北・上越・北陸新幹線の場合、新横浜的ポジションが大宮になる。八王子からだと東京に行くのも大宮に行くのも大して時間は変わらない上、東京-大宮間は沿線住民がギャーギャー言うカーブが多いので100キロ前後でダラダラ走る。あまり高速走行メリットも無い、というのもある。これはそんな旅客向けに乗り換え無しでお届けしようという列車で日に数本ある。八王子から出る東京方面の電車は基本的に全部東京行きだから、「知る人ぞ知る」とでも言うか。

さてこの電車に乗ると大宮定時10:40着で、もしその7分後「かがやき509号」に空きが出ればチケットレスを生かして乗り換えようと企んでいたが……待てど暮らせど発車しない。

Gmsmrgebyaesiuq

「中央線内でSOSボタンが操作されて対応した関係で列車が遅れております。このため当列車の発車も遅れております」

ああん。で、見ての通り大宮着は10:45予定になっており目論見は八王子発車時点で儚く消えた。ちなみにこれは逆に「かがやき509」を紙切符で持っている人には大ごとだったわけだ。もちろん鉄ヲタ的対応としては、一旦途中で降りて後続に振り返ればいい、のだが、

Gm4vd3zaiaaofkl

紙切符持ってるような人に例の機械で乗車変更を扱わせるのか、という。なお今回帰省に合わせて母親にはスマートEXに入会させた。これなら我々息子'sで予約を取り、母親には自動改札をパンパンしておけ、で済む。

さて「むさしの号」は遅れている中央線の電車に前後を挟まれつつ、メインイベント?ここへ進行。

普段貨物列車しか通らない「中央本線と武蔵野線を結ぶトンネル」を通り、武蔵野線へ進行する。これにより「西国分寺で武蔵野線へ乗り換える」が不要というメリットを得ている。同様に南浦和もパスして大宮へ直結している。ちなみに列車は八王子発車時はガラガラだったが、豊田、日野で座席はほぼ埋まり、武蔵野線へ進行すると定員近くまでの結構な乗車率となった。大宮には大きなショッピングモールがあり、「武蔵野線界隈から大宮へ乗り換え無し」は、その手のお買い物電車としての需要もあるのだろう。

Gms4x85amaabw90

乗り換えてと。

Gmtslr2asaa2lps

ここで敦賀行き臨時「つるぎ」に乗り換え。しかし往事「夜行列車」すら走っていた大宮-金沢が2時間だぜ。文字通り「ワープ」感覚で、距離感と所要時間が乖離していてバグる。これで北陸新幹線は全線完乗。

臨時「つるぎ」は途中福井だけ停車の速達便。福井駅は新幹線ホームと同じ高さに見学デッキが作られていて、子供たちの良い憧れスペース。GWただ中と言うこともあってもう鈴なり。そりゃあんた「絵本やビデオの中だけしか知らなかった、遠いところを走っていた超高速列車」が身近ド地元に来たんだぜ。それが男の子にとってどれだけ、どれだけ革命的でエモーショナルな出来事か。

って、金沢-敦賀40分。いや距離120キロを時速200キロ平均で走ればそーなって当たり前なんだけどさ。……新幹線偉大だわ。

さて敦賀からは「しらさぎ」を名古屋まで乗り通すこととし買い込んだお土産を荷棚に上げる。しらさぎ-新幹線「ひかり」の乗り換えだと料金がかさむから。そんだけ。そしてこれだけ遠回りしていて30分早く着く着かない拘ることもねーだろ。

Gmt5zpha8aaybvr

伊吹山(夏毛)

名古屋まで乗り通したのは同じ車両で6人。これは乗り換えイヤ勢の他、岐阜や尾張一宮といった新幹線から遠い駅の旅客しか利用しないから。ちなみに以前は「東京から福井に行くのは米原でしらさぎ乗るのが最速」だったのでそういう利用者いたが、今は北陸新幹線の方が早い上に乗り換え無し。マイナーな存在に成り下がってしまった。米原-敦賀は全部快速になるか、北陸新幹線とセット販売専用のリレー列車にするかしないと採算取れないんじゃないのか。

Gm4f0hwbqaahhs2 Gm4f0hramaacqte

敦賀駅寿司系弁当's。中二階乗り換え口のお店の皆さん、大丈夫ですか?みんな「8分」に命かけて上下移動するのでお土産だのお弁当だの目もくれない。

 

 

2024年5月 5日 (日)

GranClass - グランクラス乗車記

●くそ長い冒頭の能書き

日本の鉄道はイギリスのコピーであるから、開業当初から客室・座席にランクがあった。上から上等・中等・下等と称した。後に1等2等3等と呼び名が変わるが、江戸時代の「しおこしょう(自粛変形)」は四民平等の観点で廃したとはいえ、皇族・華族・士族・平民という「生まれついて決まっていてどうにもならない」ものは残っており、近づくことすら許されない、みたいな部分は継承された。これは鉄道の客室等級制とピタリとマッチし(そもそもイギリスのそれが「居場所を区別するため」作られたものだから当たり前)、普通のお金持ちは二等車、普通じゃないお金持ちは一等車、その他平民三等車という「無形の厳然」は存在した。芥川龍之介に「蜜柑」という作品があるが。

……三等の赤切符が大事さうにしつかり握られてゐた。私はこの小娘の下品な顔だちを好まなかつた。それから彼女の服装が不潔なのもやはり不快だつた。最後にその二等と三等との区別さへもわきまへない愚鈍な心が腹立たしかつた。(青空文庫より引用)

「座席等級」に現在の「金さえあればグリーン車」とは全く異なる人権的背景があると理解すれば、この部分の「意図」が通じるのではないか。もちろん、「私」が読者に対してまでセレブ気取りでマウントを取っているのであるが。

さてこれは横須賀線二等の出来事であるが、「一等」はどうだったのであろうか。鉄道開通は明治5年だが、明治45年に東京から下関まで通じた時点で、「一等」が走っている区間は既に限られることになった。東京-下関・敦賀間の特別急行列車である。この時代、下関は併合した半島への出入り口として、敦賀はロシア経由ヨーロッパへの「世界の玄関」として一等の需要があった。逆に言うとその程度であったし、この区間は「一等車付き」が走っていないと対外的に恥ずかしい、という側面もあったのではないか。なお、特別急行……すなわち特急は実に昭和33年まで東海道・山陽本線以外には存在しなかった。文字通り「特別」な急行で「一等」は応じた車格であったと言えよう。

能書きはまだ続くw。車内はどうだったのであろう。「日本の客車」という1まんえんの本から「一等車」の変遷を拾ってみると、明治・大正期は車両が小型なこともあって、現在の通勤型と同じロングシートの座席配置であった。これは「足を伸ばして座れる」ことに主眼を置いたものであるが、車内全体の造作は「走る応接室」である。「1等室は壁紙を貼り、敷物(絨毯)を敷き、彫刻を施した」……見知らぬ者同士向かい合わせもあり得るわけだが、乗って10人もないだろうし、乗り合わせてもお互い華族級なので、セレブな社交場になるだけで別に良かったのであろう。そして明治44年、上記下関行きの特別急行設定にあたり、一等車は展望ラウンジを備えた「一等展望車」として最後部に連結されることになり、これが定着する。後ろの景色見放題は良いサービスとなったことはもちろんだが、一番後ろなので「下々の者が車内を通過しない」これが大きい。

「特別急行列車用の車両は特に製造所を指定し、各車種ごとに入念な工作を施させた。そのため受注者は技術の粋をつくし、最高の出来栄えをうる様に努力した。オテン9020の展望室最後部の窓に曲面ガラスが使用されているのも、競争制作のあらわれである」(日本の客車p54)

江戸川乱歩の明智小五郎はそんな一等車から降り立ち、荷物を赤帽(当時鉄道周辺の小手荷物運搬業者および従業員のこと。駅の出口まで対価を払って運んでもらった)に渡すのであるが、「一等車から降りてくる」と書くだけで、明智の「格」を伝えることが出来たわけだ。令和のキッズにこの「重さ」が読み取れるであろうか。

太平洋戦争終結後、日本国憲法施政下で身分制度はなくなるのであるが、「一等展望車」は連結が続き、最終形態に至った。廃止直前の特別急行「つばめ」の展望車「マイテ58形式」の状況を書き出すと以下の通り。

M_tsubame_elaphe_climacophora_en

P4240104

(マイテ39。鉄道博物館)

展望ラウンジはソファが配置され、仕切り無く一人用腰掛けがあり、更に3人用と6人用個室を配置。定員は17名。キャビンアテンダントに相当する「つばめガール」(特急「はと」もあって「はとガール」)が乗務し、接客を担当。彼女らは英語堪能で、一等の主たる利用客であった今で言うインバウンドの外国人に対応した。冷房付き。冷房はこの時代一等車と特急用食堂車しか付いていない。一等のサービスだったわけだ。

ステータスの崩壊が始まるのは新幹線にその名を残す特急電車「こだま」のデビューからだ。昭和33年、床下でモーターがぶんぶん回っている電車なんかを特急に使うのはもってのほか、という固定観念をぶち破ってデビューした同車は、全車冷房付きで最高速度110キロ。機関車に引かれる客車で8時間を要した東京-大阪を6時間半で走るにおよび、客車特急自体一気に色あせた存在となり人気凋落。客車による特急は廃止され、同時に「1等」も廃止された。それまでの2等が1等に、3等を2等とした。ただ、従来の展望車利用客向けに「こだま」の1号車には特別車両「クロ151」形を制作して連結した。

Kuro1516b41b

それは4人用個室と(模型のドアより右側の窓部)、1人掛けで前向きなり窓向きなり自由に回転も出来るリクライニングシート、シートラジオ、電話サービスつきという内容であった。電話というのは給仕(キャビンアテンダント)に頼むと、黒電話を座席まで持ってきてケーブルをコネクタにブスッと刺して電話が出来るというシロモノで、ビュッフェ車にこれ用の配電盤室を設け、メンテ用技師が乗り組んだ。これが半世紀を経て手のひらに収まったのが現在の携帯電話・スマートフォンである。だが、これらサービスもわずか6年、昭和39年の新幹線開業で一気に衰退する。そして昭和44年、豪華さよりも速度に金を出すセレブを飛行機に奪われた1等車は、「グリーン車」と名称を変えることになって、ほぼ、単なるリクライニングシート付きの有料客室と成り果てる。ただ、芥川の書いた横須賀線などは、誰もいなくなった夏のグリーンで車掌が窓のカーテンを一つづつ下ろし、残ったゴミを拾って枕カバーを直すなど、良い雰囲気が残っていた。

M_fma5iczuyaibtgy

グランクラス……すなわち「グリーン車より上級」の復活・胎動が見られるのは1985年の100系新幹線のデビューであろう。同系ではグリーン個室が設定されたほか、2階建てグリーン車の1階がカフェテリアで、おねーちゃんパーサーに頼むとハンバーグセットなどレンチンしてシートまで持ってきてくれた。ただこれも「のぞみ」の登場で一旦消える。

さてここで私論だが、「グリーンより上」を加速させた出来事は1988年「オリエントエクスプレス’88」プロジェクトではないかと思っている。上記貴族社会の流れを残し、アガサ・クリスティの時代そのままのサービスを提供する、本物の大陸セレブ列車オリエント急行を日本に持ち込んで走らせたのだ。

Gbjvwonbcaaqsqk

全車個室寝台でバーサロンを備え、食事はフレンチフルコース、各車にボーイ(ホテルボーイ)がいて夜通し対応。比して食堂車もロクに残っておらず、座席は乗るだけ寝台寝るだけのJR接客サービスを右ストレートでぶん殴ったのは間違いない。その後「贅を尽くした」イベント客車「夢空間」が製作され、更に走るパチンコ屋全車A寝台個室「カシオペア」に結実する。一方1992年にはJR九州が自社のフラグシップトレインとして787系「つばめ」を製作した。

Gm0dthbauaes_zy

(1つ離れた大窓の位置)

往年の展望車特急の名を継ぐ同車には「トップキャビン」と称するグリーン個室を配し、後にグリーン車よりハイグレードとしてDXグリーンとなった。

そして2008年、走行距離が800キロを越える東北新幹線青森開業、その先北海道への延伸を視野に、JR東日本が「スーパーグリーン車」の構想を発表する。今でもそうなのか知らないが、東北地方にはかつて、上京して財を成したら「故郷に錦を飾る」べく上級車両で帰って来るという習わしがあり、だから寝台特急「あけぼの」のA寝台車も2両あったとか。それに相応しい「格」をも意識したのだろうか、これが本日のお題「グランクラス」へと結実し、最高速度320キロの「はやぶさ」として2011年から走り始めたのである。

能書きは以上、さぁ、令和の一等車の実力は如何なものか。実際、乗ってみましょう。

●新幹線「かがやき」グランクラスW7系(JR西日本車)

Gmx6au4a8aaqunl

ドアはGマークが貼ってある以外特に。

Gmx6au5a4aayjrn

デッキに入ると飾り柱。「春夏秋」を再現したんだって。反対側は「冬」らしいのだが撮るのを忘れたわ。

Gmx6au2bcaaeuoa

キャビン入り口。左手は大荷物用の棚。照度は下げてあるが足下の明るさは確保。

Gmx6au8b0aaxdy

なお隣接グリーン車とトイレは共有で、そこから振り返るとこう。

Gmx8hw4agaaydds_20240505111302

キャビン。カーペット敷きに革張りシートが並ぶ。定員18名に対し乗車10名。オレが大宮から乗った以外東京・上野からの乗車とみられる。なお全員終点金沢までの利用であり、すなわち大宮-金沢間で他に出入りは無かった。

Gmx8hw5asaaumd3

Gmx8hw4bcaafsun_20240505111701

照明とシートの造作。電球色LEDを使った間接照明だが、案外と客室内光が回って「暗い」ということない。

Gmx8hw3bwaaqylh

シートはこのようにシェル(殻構造)になっており、殻の向こうでシートがリクライニングするので、よくある「前の席が倒れてくるとウザい」はない。

Gmyasjda8aafbd9

シートは電動フルリクライニングの本革シート(E7・W7系のそれはトヨタ紡績製)で、背もたれ、腰位置、レッグレストが操作可能。なおレッグレストがあるのでフットレストはない。読書灯付き。荷棚は飛行機と同じハットラックだが、今回は荷物少ないので未使用。

Gmyasjbbeaadz09

足下。グリーン車のシートピッチは1160mmだがこいつは1300あり、前の席を蹴る(マナーの悪い客が前の席の背もたれに足を上げていたりする)ことはできない。当然広々としておりレッグレストを使いたくなる。

Gmyasjbbmaamzs

Gmyasjcbkaacfzp

小物入れに室内履き用スリッパがあって持ち帰って良い。良くビジホの客室に紙で出来た奴置いてあるが、アレよりはしっかりしている。

Gmyfjxjawaaiewk

さてベストポジションを見つけようと椅子をうにうに動かしてるとパーサーさんが来て一礼「ウェルカムセットで御座います」。

Gmyfjxjbkaaf0hf

Gmyfjxobsaab683

と、ミールサービスメニュー、ペットボトルの水、家に帰って気づいたが米沢牛のサラミ入りの小袋を渡され、食事の選択を促される。

Gmyfjxlbsaabnb8

「洋食セットはお品切れとなっております」

選択の余地無いじゃん。和食セットとホットコーヒーをオーダー。

Gmyirlebiaaeiqo

さてその間にベストポジション見つけてシートに収まり込む。リクライニングの角度取れるので、風呂で足伸ばしてリラックスしている状態に近づけてみた。ホールドされる(包み込まれる)のがいいのか、幅方向自由に使える開放的なのがいいのかは人それぞれだが、まぁ、こんだけ操作パラメータあれば殆どの人が好きな位置を見つけられるだろう。なお書いたようにシェル構造のため、椅子動かされるとウザいってことはないので、特に長時間乗る場合は常にベストを探り続けて良い。また、革シートだが、表面メッシュ切ってあるので、JR九州のそれのように座面(おケツ)が滑ることはないし、ムレたりすることもない。

騒音はこんな感じ。 特に山陽新幹線岡山以西でスラブ軌道(全面コンクリート敷き)の区間に入ると、走行音が反響しまくって耳障りなのだが、同じスラブ軌道でこいつはこんな感じ。

Gmykpaga4aahmso

惜しむらくはシートシェルが窓からちょっと離れているので、景色を見るのに窓が遠い上、ガラスへ室内が映り込んでしまいがちなこと。

「お食事お持ちしました」

おっ。

抜刀。面白いけど(多分子供さんはこれで遊ぶ)これはダメ。自分の場合ちょっと動かして仕組みが分かったからいいが。

・高級機は間違えずに動かせないと恥ずかしい(こいつ初見だなプークスクス目線が痛い)
・この手の車両に乗る「全部お任せ」な人には実際問題仕組みが複雑すぎる。
・「やって下さる?」としてパーサーさんに手伝ってもらうにしても、パーサーさんがスッと手出しできない(客の足下をまたがないといけない)

高級機はおしなべてシンプルかつスマートであり、応じて「機能美」を持っているモノなのよ。これはその点でもっとシンプルでいい。その板材の仕上げに凝ったほうがいい。

で。

Gmyu4easaa6jy1

東日本はグランクラスの供食サービス(乗車料金に入っている)をリフレッシュメント・サービスと呼んでいる。2011年にサービスを始めた当初は「普通のサンドイッチと駅弁じゃねぇか!」と批判されてこーなったのだが。

Gncwtfbbuaa2nvn

見ての通り軽食というより「微食」。質上げた分量を減らしたのかね。ぱっと見もう少しボリュームのある洋食セットが売り切れるのは当然か。ぶっちゃけ男のドカ食いだと「1分」で終わるがまぁちゃんと食べてあげるわ。コーヒーはガラスのカップで敷いてるコースターは滑り止め付き。おやつのパウンドケーキも(何も言ってないが)一緒に持ってきた。ウェルカムサービスのサラミと合わせ、寄せ集めてお腹満たして下さいという切ない思いを受け取る。なお、今回金沢までなので大して長時間乗るわけでないし、足りなきゃその先道中で何か食えばいいのでかまわないが、青森や北海道まで乗る場合、車内販売もなくてひもじい思いをするので、事前に買い込んで置くのをオススメ。

一番お高い客室に乗るのにねぇ。

20240505-130530

とまれ、ただきます。

20240505-130450

タルト
これはそもそも少しずつ食べるとタルト生地が割れてポロポロ落ちるので(おしゃれしてる列車内で出すには不向きよ)一口で終わらせる。グリーンピースのあの味が出しゃばる。味付けは薄手で上品なもの。

 鶏白髪 べっこう若布 あさりしぐれ 菜の花お浸し
鶏肉は本当に「さっぱり」で、しかし良く染みており、駅弁に良くある濃い味でインパクトを与えるやり方とは真逆。あさりしぐれは書いてあるほど「生姜」感はないかな。わかめは柔らかく出来上がり、菜の花も料亭の味とでも書くか。

青森県産煮ホタテ 印元 キウイ酪寄せ 
ホタテは上のあさりと被る上、どっちも煮込んであるので「ダブってる」感が残念かな。味付け自体はこれもサッパリお上品でオホホって感じ(何なんだ)いんげんは茶色系が目立つのでいい彩りぽりぽり。キウィはどう見てもデザートフルーツなので最後に食べたが、あまりキウィ感は無かったかな。ココナッツバターですって感じ。

菜の花信田巻 筍うま煮
だし・醤油系。口に含むと油揚げからじわっと広がって「お嬢様」感がある。

おしなべて「出汁と醤油ベースのあっさり」なので、駅弁ドカ食いみたいに食ってて飽きてくるようなことはない。ただとにかく量が少ない。ミールサービスとしてのコスパは悪い。おにぎりか助六寿司、北陸新幹線なら予約制でいいので峠の釜めしくらい付けたらどうだ。

なお、ウェルカムサービスのお水は北海道から、結局家まで開けなかったサラミは米沢牛。

Gmyb2ycayaaouh  

(帰宅後サラダに盛るの図)

サラミはねぇ、元肉のうまみより味付け次第ですからねぇ。これもそこらのスーパーで売ってるサラミと比較して差があるかというと。
コーヒーもガラスカップに入ってるだけで「新幹線のコーヒー」そのもの(それはそれでコンビニのアレと同様に豆から挽いてるけどね)。
パウンドケーキは和食お嬢様軍団と真逆のベクトルで(そんなもん食ったから余計に)チーズがキツく感じられ損をしている。いや少し時間空けて出した方がいいよこれ。

さて食べ終わってまだ高崎である。

「他お飲み物よろしいですか?」

食い物プアだからせいぜい飲んでねってか。なお酒飲み放題なのだがこちとら飲まない族なのよ。炭酸水頼んで碓氷峠登坂を見てみようか。

国内鉄道最大の隘路だった碓氷峠は、新幹線化に際し高崎から少しずつ登って行くという豪快な方法を選んだ。それでも整備新幹線の最高速度260キロは満たせず230キロ止まり、モータもフルトルクで回るので振動も大きくなるが、先頭車でモーターなしだしフルアクティブサスペンションも付いてるせいかまぁこんなもん。

Gmyhpmwawaadk2a

しかしまぁ大宮-長野1時間か。隔世の感とはまさにこのこと。

「他お飲み物よろしいですか?」

空腹を水でごまかすとか小学生かよ。まぁタダだから(要はドリンクバーだわ)高いの飲んでおくか。

「黒烏龍茶で」
「かしこまりました」

食ったらこんなデカいテーブルは要りません。

納刀。引っかかったwえーいくそ。な?失敗するとみっともないだろ。シンプルこそスマートなのだよ。

Gmyfwa4baaaqphl

以下金沢までこの状態。ただこれ通路側にあるのよね。洗面所に行こうとした時一旦移動できる場所が無い。座面側にスライドするとか一工夫欲しいわ。

Gmyfwa1akaa3r8c

寝心地も試したかったが、長野-金沢は初乗車の区間なので勿体なくて今回ここまで。ブツクサ書いたが偉そうに座っててご機嫌なのは確かで「2時間じゃ勿体ない」かな。

■まとめ
令和の一等車。演出・雰囲気作りは頑張ってるけど質は伴ってないかな。外装はキラキラだけど音質の悪い「高額オーディオ機器」みたいな。航空機ファーストクラスと比較して「貧相」と一笑に付すブログを見たが、一等車サービス再起してまだ10年。本当の「質の高さ」は「あるべき姿でより良くしよう」の結果として身につくもの(すなわち機能美)なので、応じて時間がかかるモノ。対してシート以外は妥協の産物が透けて見える。その妥協を越えて(コスパを捨てて)進化できれば身の丈に合ったサービスになり得るだろう。パーサーを付ければいいってもんじゃないのよ。ただ多分、誰もが言うだろうが、その中でもミールサービスについては早急にもう少し何とかした方がいい。みみっちい。せこい。トータルコーディネート誰がやってるか知らんが、自社ホテルのメトロポリタンや、自社クルーズ列車「四季島」のテイストを取り入れてもいいんじゃないの?
ただ、シートポジション作って身を預けてしまえば、適当に飲み物ちびちび口にして寛いでいられることは確かで、今回何度もパーサーが用訊きに見えたが、ファミレスじゃないので「呼ばれるまで適当に放っておく」配慮をしてもらえば、青森や北海道までの長距離旅客には適切なシェル・繭として機能するだろう。特に新幹線の場合、トンネル区間があるので「寝る」という時間は必ず発生する。
最上位クラスは長時間乗車する時ほどありがたいもの。東洋の最高速Train de luxeに幸あれ。

★おまけ
今回旅程はGW入って急遽決まった帰省で「すげぇ遠回りの帰宅」を組み込んだもので、みどりの窓口が混雑しているであろうことと、あわよくば1本前の敦賀直通「かがやき509」に空席出来たら乗り移れるようにとチケットレスにしていた。が、乗る段になってそれじゃ「紙の切符」が残らないことに気付き、東海道新幹線のEXサービス同様に乗車票を発行させて残すこととし、大宮駅で端末をいじった。その結果。

Gmyfwa6bgaadjx7

だっさwしかし「大宮-金沢」が2時間って。敦賀-名古屋が1時間と同じくらい距離感と乖離してて脳がバグるわ。

2024年5月 4日 (土)

みどりの日にかこつけて令和グリーン車考

●クソ長い冒頭の能書き

そこがどんな空間であるのか知ったのは昭和50年、幼稚園坊主の頃。

母親の郷里が福岡博多なので、鉄キチの息子連れて行くには「新幹線」が最適解になるわけですな。ジュースを飲んで食堂車行って電話室でおばあちゃんに電話を掛けて……が、何せ6時間かかるので、いかな鉄ヲタなボクチャンでも退屈してくるわけですよ。しかも後半戦山陽新幹線区間になるとトンネルだらけで見るものもない。

そこでボクチャンは全長400メートル16両編成を「散歩」に出かけるわけです。1号車へ行って、16号車へ行って、自席へ戻る。幼稚園坊主が一人でテコテコ歩いているわけで現代なら立派な「事案」。しかし車掌にも、車販のおねーさんやビュフェ・食堂の従業員さんに声を掛けられた記憶は無い。そして。

11号車と12号車。2両だけ、違う車両。

雰囲気が違うのはすぐ判った。ほぼ無人で、大ぶりなオリーブ色の座席で足台つき。木目の仕切り板。クローバーをモチーフにしたマーク。

一方、

Gmle4x0bgaamvih

(鉄道博物館)

この時代の新幹線普通席はこんなので、リクライニングなんかしない。グリーン客室が「上級座席」であることをボクチャンは直感で理解した。

「ボクはグリーン券は持ってるのかな?」(←これは今にして思えば「鉄ヲタ男子に対する対応」だわ)
「いいえ、すいません」(←グリーン車に乗る仕組みを知ってる回答)

赤い腕章に夏の白い制服、車掌は温和な表情でボクを見送った。

時を経て新幹線に限らず「グリーン車」という車両に客として初めて乗ったのは中学2年の春のこと。「大都市近郊区間」では路線網が迷路のようであるので「同じ場所を二度通らなければ最短経路の運賃で計算する」という特例があった。鉄ヲタはこれを逆手にとって「隣の駅まで最も遠回り」な経路を選んで丸一日列車に乗り倒すという遊びを良くやった「大回り乗車」とか「一筆書き乗車」(同じ場所を2度通らないすなわち路線図で一筆書きの経路を取るに同じ)とか言った。その途中特急に乗ってもグリーン車に乗っても全く問題は無かった。応じた料金を払いさえすれば。

八王子から茅ヶ崎へ達してそこから東海道本線を東京へ……「130円の乗車券」を持った中学2年生は当時東海道・総武横須賀線にしかなった「普通列車のグリーン車」の乗り場に立った。ただ、ロックオンしたのは特急型185系(踊り子号)を使った普通列車……。

Ckjt4iqveaaqgtw

(これは同じ185系で「特急はまかいじ」運用中)

そう、そのグリーン車に乗るなら「普通列車のグリーン料金で特急用グリーン車」に乗れるのだ。

当然、車掌がすぐ来る。

「どちらまで?」
「東京まで」
「乗車券を拝見」
「八高線北八王子から八高線横浜線相模線東海道本線総武本線成田線常磐線武蔵野線東北本線川越線八高線経由で小宮まで」

もう、途中から車掌は笑い出して。

「ありがとうございます。グリーン料金1000円になります」

こうして、「プチ贅沢」に、はまった。

翌年中学3年の夏休み。その福岡の祖父母を逆に東京に招き、そこから東北旅行に出かけた。仙台まで新幹線に乗り、松島を観光。そこから花巻まで移動するのだが、当時東北新幹線は開業直後で本数が少なく、仙台まで一旦戻るのも何だかなぁ(乗車券の連続性が途切れるのもあった)と、松島からの移動は快速「くりこま」を選んだ。ところが到着した「くりこま」普通車はデッキに立ち客が溢れる状況。じいちゃんばあちゃんいるのに花巻までの90分余を立つ?

「グリーン車で行こうよ」

同行していた父親をたきつけた。

「しょうがねぇな」

「グリーン車」と書かれた扉を開くとデッキまで立ち客ギッシリの普通車と明らかに空気が違う。静かなキャビンは赤いリクライニングシートのそこここに人の頭が見えるが、ご一行様6人がまとめて座る程度は可能。3列に分かれて座り、リクライニングシートを倒す……がった~ん。じわじわ力入れないと一気に倒れるのであった。足置きを起こしてのびのびと足を伸ばし……悲しいかな程なく寝入って詳しい記憶は残っていない。

Gmvgxyma4aa9iok

(そん時の車内補充券。4人+2人に分かれて乗ったうちの4人分)

新幹線のグリーンとなると就職してから、となる。入社当初静岡だったので、東京までは短距離と言って良く、プラス4000円くらいの負担は重くなかったこともあろう。初任給で100系新幹線の2階建てグリーン席に収まり、ゴールデンウィークの帰省をした。初任給は育ててくださった父母へのお礼品~というのが良くあるパターンだが、新幹線のロザ(オタ用語でグリーン座席のこと)でふんぞり返るのを選んだ親不孝者がここにいる。なお、その後、祖父の初盆で夏の福岡へ帰省することになり、ここでお礼をかねて「新幹線グリーン料金回数券東京-博多」(18万円!)で母をグリーンに乗せている。そしてそれが最後の福岡帰省であった。

趣味の延長としての贅沢……であったグリーン車が「深刻な助け船」に変わったのは三十過ぎて腰を痛めてから。腰へ荷重が集中しない座面構造はありがたかった。新幹線もEXカードで早割が効くことも手伝い、プライベートで90分以上の移動をする際は極力グリーンを選んで乗るようになった。ちなみにそれは周辺の人口密度を低下させ、コロナ禍で感染確率を下げる効果を持ったことは言うまでも無い。

一方、その間にグリーン車の「接客」は合理化簡易化要するにサービス低下が進み、単なるリクライニングシート着席サービスに成り果てた、と言って異論は少ないだろう。別記事でグランクラスを扱っているが、存在自体限られたそれに対して、概ね全ての新幹線・特急列車に組み込まれたグリーン車令和最新事情はどうなっておるのか、というのが長い長い能書きの終わりに示す本記事の趣旨である。

●東海道新幹線「のぞみ」N700系

Gmuylfdbiaauohm

外観。初代新幹線0系のグリーン車はドアに金色の縁取りが施されていたが、こいつはそういう演出ははなし。

Gmuylfcauaeel3u

デッキ入り口。「高額座席の演出」は見えるが「高級」じゃないわな。車内入るとカーペット敷きでかなり強く吸音される。ただ空調・換気はのべつ唸っている。この車両の乗車率は(そもそも客の少ない臨時便を選んでいるが)3割程度。ちなみに満席になるのはプロ野球チームが移動しているとか団体さんが乗ってる場合。

Gmuylfeboaazsl1

Gmuzpw9bmaavr7p

シート外観。電動フルリクライニングで、高さが変えられるフットレスト付き。読書灯・シートヒータ・コンセント内蔵。このほかに車端部荷棚にある毛布は勝手に使ってよし。

Gmuzpw9baaayv6b

テーブル他居住空間。シートピッチ(座席間隔)が広いので、背面テーブルは下ろした後手前に引っ張って寄せることが出来る。

Gmuzjpoaoaaxgba

飲み物等を置けるインアームテーブル(肘掛けの中)あり。背面テーブルとは干渉しないように配置。

Gmuzpw7aqaaoquu

足下。前の席を蹴ろうと思えば蹴れるが、という程度。大抵靴脱いでフットレストでさぁね。座り心地は過去一番自分の身体にフィットしたのは100系のそれだったが、N700はサイズはさておき軽量化されていて剛性感がも少し欲しいのと。座面がチト固い。ただ2時間3時間乗ると普通車(以下ハザ)と疲労度や降りた時の腰痛感がまるで違う。

Gmudds_acaauh9n

ウェルカムサービス。往年のそれは夏は冷やした・冬はホカホカのおしぼりだったが、今は紙タオル。

Gmuc1krbyaavdsa

ミールサービス。ワゴン販売なくなった代わりに、類例のサービスはグリーン車のみになった。パーサーを呼びつけるか、スマホでQRを読み込んでオーダーする。

Gmuc1kmawaecqco

乗ってる列車と座席を打ち込む。「○時に着く奴の一番いい席で頼むわ」で乗ってる層にはハードル高すぎだろ。

Gmuc1knbaaadhhp

え待って「ごはん」はあの鳥の餌みたいなサンドイッチと幕之内御膳(とりあえず一番高い奴)しかないの?

Gmuddtabuaaagn1

今回は午前中の移動で朝ご飯は済ませてきたので、おなじみ「シンカンセンスゴイカタイアイス」とそれ用アルミスプーン、ホットコーヒーをオーダー。

Gmuhz0gbsaawzu1

コーヒーは都度豆挽いて作ってるし(コンビニのアレと一緒)、アイスも新幹線と通販しかない。ただそれは元々ワゴン販売でロザとハザ共通で販売されていたもので、特別料金取られるなりのアドバンテージはない(上記幕の内もネット予約で誰でも買える)。

騒音。

 

 カーペット敷きのフルアクティブサスペンションでバラスト軌道(砂利敷き)を280キロで走ってこんな状態。テキトーにガタピシ揺れるしハザに対してアドバンテージは感じないなぁ。

■まとめ
ハザで居眠りしてるとだんだん身体がずれ動いて丁度腰の痛い位置が刺激されたりするが、ロザは座面構造とフットレストで足を支えることもあってそーゆー現象は起こらず助かる。ただ、毛布もヒータも要らない原子炉人間としては、あまりフルサービス活用できないのでコスパの点で言えばイマイチ(真冬にヒーター使ったことはある)。ミールサービスも「元々すべからくあったものをココ以外無くした」っていうグレードダウンだしね。走行音が静かって訳でもないし。腰痛の緩和に金払っているだけという状況。

●しらさぎ(サンダーバードも同一車両)681/683系

Gmtsnllacaab3zx

新幹線以外の特急代表でみんな大好きサンダーバード・しらさぎのロザ。今日のしらさぎはクロ681。

Gmu_dgqaaaablth

ドアは四つ葉マーク以外は特にハザとの差違はなし。

Gmu_dgsa8aaqp0w

デッキのドアは照度を落として少し雰囲気出しているが、特別な設えをしているわけでなく。

Gmu_dgsbcaa5fwh

中は間接照明・カーペット敷きで大ぶりなシートが1+2配列で並ぶ。なおこの辺りの造作は他の西日本の特急車は大体一緒(なぜならサンダーバードを基準にその後の新型電車に展開したからである)。今日の利用者は10名。まぁ東京から福井に行く場合「ひかり」+「しらさぎ」より北陸新幹線回りの方が早くなった。応じてしらさぎ利用者は大きく減った。

Gmva62lboaaincw

シート外観。枕は上下に動く。操作系は肘掛けにリクライニングボタンのみ。これは体重掛けて背もたれを倒す昔ながらのスタイル。

Gmva62lbwaavo8r

製造され30年。色々劣化進行。コンセントなど令和当然のサービスはなし。ただ米原行き「しらさぎ」なら30分、サンダーバードでも1時間。今更付けるの?という部分はある。

Gmva62kbqaaew2

テーブルは肘掛けから取り出すインアームタイプ。ちなみに以前は更に左右に広げて両方の肘掛けの間に渡して使うことが出来たが、令和最新型は半分しか使えないようにボルトナットでロックされてしまっている。弁当広げるのに困る……のだが、上記の通り「30分」「1時間」が前提。そのくらいは……という意図がありあり。まぁ実際問題靴脱いで酒飯広げてひとりどんちゃんって訳にも行かないだろうが。

Gmva62obaaajvja

フットレストは裏表があるだけで高さまでは変えられない。シートサービス一切なし。編成の一番端なので車掌が検札に来る以外トイレ利用者がドア開けるだけ。静かっちゃ静かだが、言い換えると「それだけ」。

シート自体の座り心地は良い。ただ、電車自体がくたびれて来ていて結構揺れるしうるせぇ。オレは音も含めて面白がるかいいが、静寂と静粛を求めてロザを選ぶ人には向かない。

■まとめ
米原-敦賀30分。サンダーバードで1時間。しらさぎは1本おきに名古屋まで直通するがそれに乗っても90分。正直ロザを選ぶメリットがあまり感じられない距離と走行時間だ。しかも「しらさぎ」は前述の通り東京-福井利用者が抜けたので編成を更に切られてもおかしくないような状況。グリーン車の「ならでは」もフルリクライニングシートと、客の少なさ故の静けさ程度で、それよりうらぶられた感が目立ち、正直痛々しい。ただ、椅子自体の座り心地は良く、適当に揺さぶられるとよく眠れる。

●総括
「占有空間」を買うモノに成り果てた、と言えばいいか。「安く行く人は来ない」……いささか暴言だがそういうもの。昔はグリーン車の両側をビュッフェで挟んだり、サンダバしらさぎのように逆に端に置いたりして「それ以外の客が来る理由がない」ように編成した。自分の場合腰の養生のほか、姿勢を正すために動くので、隣に誰か座っているとシートを一緒に動かしてしまい迷惑を掛ける。そういうのも回避できることから好んで座っている。ただまぁ、「しらさぎ」で今後ロザを選ぶことはまずない。なお、「しなの」と「あずさ」を乗り継いで名古屋から八王子とか良くやるが、こいつらのロザは普通の4人掛けなので、そもそもがフラグシップトレインだったサンダバのロザよりは「格下」と言わざるを得ない。「1回、見直さない?」

Gmvk2eia8aa7_u4

★おまけ

Gmvdezlbgaaspvt

JRの前身である国有鉄道の客室は元々3等級制で、上から順に形式名に「イ・ロ・ハ」と付けた。現在のグリーン車は元二等車で、形式「ロ」の「座席車」だから「ロザ」、普通車は「ハ」で「ハザ」である。

2024年4月29日 (月)

電車に乗って電車を売って電車をいじって

ニヨニヨ笑う😏←おまわりさんこっちです

Gmvf32ca0aak3tv

「ドニチエコきっぷ」でこっちの方へ。アンタ編成数少ない割りに良く当たるわね。元日進住みとしては懐かしくていいけど。

さて本日は「用途廃止」にした鉄道模型の車両や、レイアウト(ジオラマ)の計画変更で不要になった部材などをせどりに売りに来た。

知ってる?旧ユーゴスラビアの構成国家の一つ「スロベニア」にある模型・おもちゃメーカ「MEHANO」社製のイタリア国鉄電気機関車E444R形。オリエント急行を牽かせるために買ったが、まぁ見ての通りで、Nゲージの本家「アーノルト」からE656形が出てしまっては、ねぇ。含めてリニューアル品に置き換えたモノや、もう走らせなくなったモノなど売りに行く。

「見積もりお時間戴きますが」
「小一時間うろついてきます」

Gmvoe2waaaac7et

行ったのはココ。名古屋市交通局の路面電車やら地下鉄電車やら置いてある。

Gmtxtpwbwaargfm

ああ懐かしい。その日進にいた頃の東山線はこれ。行き先はパタパタ看板。

Gmvpofebmaajlre

冷房?そったら贅沢なもんはねぇよ。

61211a9324f94fa8b81b3185ba10

↑有名な誤植。

操作感は結構重い。なお前後進切り替えを「切」位置にしておくとマスコンレバーは動かない。ちなみにこれいじっても何か動くわけではない(動く奴は市営交通資料センターにある)。

Cardan

東武鉄道が懲りた直角カルダン駆動機構。ギアボックスはべべルギア(傘歯車)というめんどくさい構成。

Gmt5_ccagamrfjg

Gmt5_ccbaaajdkt

名古屋の東山・名城線や東京の銀座線・丸ノ内線。大阪のパンタグラフを使わない各線で採用されているシステム。3本目のレール(第三軌条)を少し浮かせて配置し、そこに架線の代わりに電気を流し、台車に装備された集電靴(コレクターシュー)から取り込む。メリットはパンタグラフと架線のスペース要らないのでトンネルを小さく出来る。ちなみにそう、たまにこれらの地下鉄で駅の中を線路歩いて横断するバカがいるが、ここに600Vとか加わっているので、「バカ」そのものと言えよう。

Gmtt6dbuaavtx

おいらが名古屋へ来た頃には既に無かった名古屋市電。

Gmvvp3gaoaaaw2q

木の床の電車。最後に乗ったのはいつですか?1時間なんてあっという間。お店に戻りましょう。

「6万円でいいですか?」

元値20万くらいだが、逆に言うと10~20年使って1/3でも値が付くなら上等。

今日は以上。……なお、帰宅後母親からの「録画機(HDDレコーダ)がおかしい」コールでGW後半上京することに。ん~、それならば。

(ComingSoon)

2024年4月28日 (日)

特別急行「白鳥」の肖像

1961年10月。後に「サン・ロク・トオ」と言われた昭和36年10月のダイヤ改正で、北陸本線に待望の特別急行列車が設定される。列車の名は「白鳥」。

Gmqhibtbuaaswwz

当時新鋭だったキハ82系ディーゼル車を用い、大阪から北陸本線経由で直江津まで12両で運転、そこで編成を分割し、方や信越本線・長野を経由し東京の北の玄関口上野。此方そのまま日本海縦貫線を北上し青森に達する。青森行きの場合実に1052キロメートル余を走破する長距離特急の誕生であった。青森編成は早朝に大阪を出発、青森まで15時間45分を要し、深夜着。そのまま夜行便の青函連絡船へ乗り継ぐダイヤであった。飛行機など社会的地位の高い人が乗るモノだった時代、北海道へ行く手段は第一に青函連絡船であった。

20240428-213345

大阪から青森へ。特に関東にお住まいの方には不思議に思われるルート選定かも知れぬ。だが見ての通り東京経由より遥かに近いのである。

1972年。日本海縦貫線は全線の電化が完成。ここに白鳥は485系電車特急へと生まれ変わった。3時間ほどスピードアップになった。

Gmqklx_auaabvp

当時既に北陸本線には特急「雷鳥」がデビューし、順調に本数を増やし、「北陸特急の代表格」の地位にあった。しかし、「白鳥」は雷鳥グループの関西-北陸直結とは一線を画し、対北海道を使命とし続けた。雷鳥グループより1両多い13両編成。特に青森方にグリーン車を2両配した編成は「白鳥」のみで、孤高の存在であり続けた。ちなみにこの「青森方にグリーン車」は、青森駅は降りて前の方に歩くと青函連絡船の乗り場に入る構造になっており、グリーン旅客の歩く距離を短くし、自由席船室の争奪戦を回避させようという配慮に基づくものだった。

「白鳥」は走り続けた。日本海の荒波を、瓢湖に白鳥の憩う冬の雪の中を、故郷と関西を結ぶ使命を負って北上南下した。雪まみれの姿で湖西線から駆け下りてきた「白鳥」を京都で迎えたファイルも多いことだろう。

Gmqnfwyakaeh7gf

合理化と共に食堂車が抜かれ、グリーン車が減らされと徐々に短くなりつつも、白鳥は1000キロの旅路をひた走った。青函トンネルが開通すると、接続先を連絡船から特急「はつかり」に変えて、JRになってもなお、その姿は鉄路にありつづけた。往年の長距離列車の命脈を受け継ぐ者として乗った方もあるだろう。もちろん、この間に北海道は「飛行機で行くところ」に変わっており、「白鳥」→青函トンネルで北海道など、全体の1%もあったであろうか。

命脈は21世紀に入って程なく、2001年3月改正で尽きることになる。「輸送実態」に合わせ、富山までは「サンダーバード」新潟までは「北越」そして新潟以北は「いなほ」に分割されることになったのだ。

Gmqp_stboaamnca

2024年3月。「白鳥」のバトンを受け継いだ雷鳥・サンダーバードグループは北陸新幹線敦賀開業により、ついに北陸トンネル以北へは進まなくなり、ここに「日本海縦貫線走破特急」としての使命を終えた。ただ、ただ、そう。

北陸新幹線全線を走破する「かがやき」「はくたか」は何のことはない、長野を経由して東京へ向かう……そう「上野行き白鳥」が令和になり名を変えて降り立った姿である。その羽ばたきは「白鷹」が継承し立山連峰に「輝き」を放ち続ける。

より以前の記事一覧

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック