リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

2022年6月 8日 (水)

次は蒲生の頃

「特急」に乗るのに特別料金が必要な私鉄は結構多いが、「急行」でも、となると相当なレアと言って良い。令和の現在、列車の存在自体が観光対象のいすみや大井川のSLを除くと、秋田内陸縦貫鉄道の「もりよし」、秩父鉄道の「秩父路」、位ではないのか。

Futjahgwyaczema

東武急行「りょうもう」(中央)。浅草から伊勢崎線(スカイツリーライン?うっせぇわ)太田・赤城・桐生を結んだ。そこいら工業地帯で、「ビジネス急行」を標榜した。日光・鬼怒川へ向かう特急「きぬ」「けごん」(手前)が国鉄グリーン車並みのリクライニングシートを備えたのに対し、リクライニングしないシートで「ワンランク下」であり、「急行」らしい内装と言えた。記憶が確かならば父にせがんで館林まで往復しているはずである。

奥手は日光鬼怒川へ走った快速やその座席指定列車で快速急行と称した「だいや」(大谷)「おじか」(男鹿)である。北千住の次は春日部なので、越谷民のボクチャンは線路際から見上げるだけの存在だった。勾配と長距離を走る装備でギッチギチという理由で冷房が搭載されず、方や「りょうもう」がフル空調だったことから「快速以上急行未満」という位置づけで「快速急行」となった。

以上、50年前。ようやく、模型でお出まし。

いま、スカイツリーライン()で急行というと、ステンレスの通勤電車が来る。もちろん、料金なんか取らない。

Photo_20220608190601

南越谷駅及び越谷貨物ターミナル。昭和48年。新越谷駅なんてモノはねーんだよ。

2022年6月 4日 (土)

土砂崩れ二題

●飯田線

Photo_20220604213901

信号が「赤のまま」変わらないので線路伝いに見に行ったらこうなっていたそうで。これは偶然でも何でもなくそういう設計。信号機は基本的に「赤」で、条件が整わないと青にならない。信号回路が落石で切れたので全部赤になった結果。直撃受けなくて何より。

●天安門が観光地の国

Photo_20220604214501

E2のコピー車が突っ込んだらしい。駅の手前、トンネル出口の土石流に突っ込んだそうな。保安装置?知らんよ。

今日は以上

2022年5月18日 (水)

鉄道のれぞんでぇとる

Photo_20220518205201

まぁ、ねぇ。

「鉄道」って大量輸送機関なんでやんすよ。利用者が多いほど効率がいい。東海が新幹線バカスカ走らせているのは実はウハウハ。一方で線路回りの維持費用は距離に応じるから、「長いけど誰も乗らない」路線はじり貧が必定。

今後日本が人口的に痩せ細って行くなら、鉄道が成立するのは都市近郊輸送と都市間輸送に収斂する。「公共輸送サービス」の一環として鉄道を選択するなら、人口に見合った一定水準の赤字や補填を覚悟せねばならない。単に公共輸送サービスを維持するだけなら鉄道は絶対の選択肢ではない。専用軌道による定時性なおかつ高頻度運転(フリークエントサービス)が公共輸送サービスの使命であるが、流用可能なインフラを最大限活用するなら、道路と車のノウハウが豊富なバスで、何なら専用道路作って自動運転で動かせば良い、が結論になる。

その昔の鉄道は東京から田舎の末端までリアルたどれば行き着けるのに呼応し、「東京直通」が多くの地方に設定されていた。2両3両で出発した列車が集まって大編成となり、東京まで行くわけだ。今は新幹線+地域への輸送という形態に転換し「東京行き」長距離は壊滅しているが、バスになるのはこうした「つながり」がリアルに断絶するという部分もあろう。

だが、だからって鉄道会社がダラダラ血を流し続けるのはいかがなものか。

冷徹だが冷静な判断が必要なタイミングに来ていると思うが。

四国に特化して言うなら、淡路島経由で大阪まで新幹線でぶち抜くくらいじゃないと、人の流動と量を画期的に変えられない。大都市直結こそ正義かつ絶対で、四国においてその大都市とは大阪に他ならない。

000022

(すまんね岡山)

1280pxoh_naruto_bridge_inside

大鳴門橋は瀬戸大橋と同じく、下層に新幹線を抱ける構造になっている。わしならそこへ税金を投入するとなっても文句は言わぬ。

2022年4月25日 (月)

4月25日の鉄道模型

Frhpz2wagaahum6

塚口より事故地点方向をのぞむ。

ウクライナや観光船事故で前に出てこないが福知山線事故の日である。鉄道趣味者として今日という日にこの趣味に興じることはいささか忸怩たるものがある。ただ、同じく人災である桜木町事故(1951年4月24日)と共に、応じた力学や構造と共に趣味者ゆえの知識を持って語り継ぐべきものであると思う。例えば先の列車放火事故で取り上げられた「非常コック」は、桜木町事故で乗客が閉じ込められて焼け死んだ教訓として備えられたものだ。

一方で地震による新幹線の脱線など、人の手に負えないエネルギ量で原理上防止できない事象が起きてきつつある。「理論上存在しうるものはどんなに馬鹿げていると思うものでも必ず存在する」とは物理学の至言だが、見よ、原発を愚かな対応でぶっ飛ばした会社と政府があるではないか。

信号システムや各種保安装置、子供達もマネする指差呼称など、実は尊い犠牲を経て再発防止の願いを込めて導入された仕組みやルールなのだ。それは経緯を理解して意識して励行してこそ意味を成すものであり、形骸化・習慣化は避けねばならず、また、あってはならない。「ルールだからやれ」ではなく「こういう理由でルール化したのだ」と教え、理解し、語り継ぐ必要がある。人はミスをするし機械も故障する。互いに補って初めてシステムとして機能する。

電気と機械が人に利便と幸福をもたらす存在であり続けますように。今日も一日ゼロ災ヨシ。

2022年4月20日 (水)

移動装置

たまにゃこんなところ。夜8時でがら~んってなるなよ。ちなみにこれだけでヲタはドコの駅か分かる。

Fqyogbyauaqkyn4

で、帰路ついにこれに当たる。

えーとね、209系w。ここ99年のトーキョー?みたいな。

とにかく椅子が硬い。21世紀も20年過ぎてなんで?って位。これで中津川快速とか正直バカじゃねーの?東海の役員と椅子メーカはこれで中津川往復してみろ。

サスペンションの動作自体は313系と同じフィール。剛性感はない。要するに安っぽい。

幻滅。

2022年4月19日 (火)

manacaこんなできるんか?

Photo_20220419185801

manaca(マナカ)名古屋エリアの私鉄系交通ICカード。

メインは名古屋市営地下鉄と名鉄なのだが、ややこしいことに「地下鉄で発行するmanaca」と「名鉄で発行するmanaca」は発行会社が違う。

A

そしてコロナ明けの今春、娘が大学に通えるようになって問題が生じた。娘のmanacaは名鉄発行だが、地下鉄しか使わない定期券を載せることはできるのか?ネット情報じゃ不明確だ。駅で聞け。

結論:「できたよ」

よかった。

「お金ちょうだい」

んご。

 

2022年4月17日 (日)

火を見るより明らか二題

Photo_20220417174501

そりゃ本数も車両数も減らせばこうなるに決まってるじゃんか。しかも4月って鉄道による通勤通学が初めてって人がどっと増えるのに。

B1eced3e89764e60ada0264e165313c4

こっち。「みどりの窓口」が大量に閉鎖され、券売機からオペレータに通話して下さい……に変わった結果、死ぬほど待たされるようになったというもの。今日日「ネット予約を使わずみどりの窓口に出向く人」は、応じて鉄道に乗るための知識がないから係員に聞いて買う人が多いんでやんすよ。対してオペレータも不慣れ。「何を言えばいいか分からない人」と「必要な情報を要領よく聞きだす手順を身につけていない人」とが会話だけでどうにかしようとするから当然こうなる。一方「みどりの窓口」存置された駅には利用者が集中して大混雑、も発生。

良く書くのだが

D11f7c73772d4ce590a549104313d8a2

これ、パリからブリュッセル・アムステルダムなどに向かう国際特急「Thalys」のサイト。言語を選ぶと「どちらへ行きますか?」と聞いてくる。比して。

Photo_20220417180801

「何を買いますか?」

いや、それが分からないんじゃないの?普通の人は。「大阪一枚欲しい」こんなアバウトな要求なんじゃないの?

やり直せ。納期も遅らせてはならん。

2022年4月16日 (土)

100年間走ったワニ

Fqdgyavaiaak80

スイスはご承知の通りアルプスに抱かれた山岳国で、鉄道の普及に際して登坂とトンネルを苦手とする「蒸気機関車」で運用するのは深刻な困難を伴った。

一方でダムを使った水力発電は豊富に見込めることから、早い段階で機関車の電気動力化、すなわち電気機関車の開発が進められた。そして1918年、ゴッタルド峠越え用強力機関車として開発されたのが本形式である。正式にはCe6/8(8軸中6軸を動輪とする最高速度65km/h以下の電気機関車)である。

Ce68

交流の電気機関車で、変圧器を使って電圧を下げてモータを回す。その変圧器は帯分数「16下2/3ヘルツ」(50Hzの1/3)に対応するため非常に大きく、真ん中の運転室の下に納められている。モータはデカいのを前後に1個ずつ写真の位置に納め、歯車ではなく蒸気機関車と同様の連結棒で車輪を回す。茶色い初期車の方は回転バランス調整用のカウンターウェイト「↓部」を有する。

このメカキチ大歓喜のダイナミックで複雑繊細な動きと姿形から、付いたあだ名がクロコダイル。すなわちワニ。世界中の鉄ヲタの人気者で、100年を経た今もルツェルンの博物館に所属し、時々特別運転をしている。そう、ガチのマジで100年越えて走ってるわけ。

ただこういう、手の込んだ大がかりなキカイ、ロストテクノロジになりつつある。

2022年4月 6日 (水)

早すぎたテクノロジ~381系~

Photo_20220406191301

カーブを高速で走り抜けようとするならば、遠心力に対抗して車体を内側に傾ければ良い。

2_20220406193801

時計でおなじみ振り子の原理を応用しているので振り子式と呼ぶ。

Fplbdqoacaefeoz

381系という。「しなの」(名古屋-長野)のほか、「くろしお」(新大阪-新宮)「やくも」(岡山-出雲市)などに投入された。1973年。

が、まるしかくの絵の通り、カーブに入る→冷房機等の重さでよっこらせと傾く、という機序なので、実際のカーブより遅れるんですね。鉄ヲタは挙動を把握しているので、少し遅れてぐに~と傾くのを「おお、振り子っとる」とニヤニヤするわけですが。人によっては「乗り物酔い」するわけです。

結果「げろしお」「ぐったりやくも」……。

今は他に「ソニック」「かもめ」「うずしお」など振り子特急活躍しているが、彼らは位置情報に基づいて「カーブの曲がり始めから徐々に」車体を傾ける。逆に言うとこの技術、少し早すぎたかと。

Be_wsuecmaaua9k

中はこんな。車体が傾く、裾回りがはみ出して危ない→丸っこくする→狭い。なおこのダクトは床下冷房機から天井の吹き出し口へ冷風を持って行くためのもの。

スピードのために犠牲になったものは結構多かったかな。その点でも「早すぎた」かも知れない。

Be_woymcqaa8hlx

「こうのとり」に関しては実にややこしい。すなわち、元々福知山線を電化する際にこの人を導入する計画があったのだが。

・車両が高価
・車体が傾く=パンタグラフが傾く(偏倚:へんい)ので架線の貼り方が特殊

→や~めた→「くろしお」でお役御免になった車両を使い回し→乗り心地が悪いと苦情→じゃぁパンタグラフに影響しない範囲でユラユラさせましょうか。

そして。「やくも」が新型に置き換わる。今度こそ「ゆったり」でしょう。まぁお疲れさんだわ。

2022年4月 4日 (月)

ああ博多駅 @tetsupic

998

ニヨニヨしながら読んだ。博多は母親の郷里であって「しんかんせんでいくおばあちゃんち」である。

Img_8492_20220404230901

ちなみに以前紹介したこの写真はどこの駅か不明なままだが、本書により自分が生まれる前に博多駅からSLは消えたとのことで、まぁ、小倉で良かろうとしている。

さておく。

鉄道大好き男の子は新幹線の終点で越谷じゃ絶対見られない車両がたくさんあって、路面電車がバンバン走る博多・福岡は大いにお気に入りだった。デイトスから筑紫口の諸配置、そしていつもお別れの11番ホームと小学1年生の段階で全て掌握しており、たまに出張で訪れる50過ぎた今であっても迷い無く歩き回れるなど大いに役に立っている。ちなみに夏休みの宿題絵日記で、当時宮地岳線にいた「博多湾鉄道汽船時代生え抜きのボロ電車」に乗った強烈な印象を書き留めたのだが、まぁ、当時担任だった女先生には小学1年生の男の子が昭和一桁の電車に馳せた浪漫は理解できめぇ。ジェンダーがぎゃーぎゃーうるさい昨今だが、「女は男のロマンを理解できない」……男の子達よ良く覚えておくように。

祖父母宅には新幹線の食堂車でお昼を食べてから着くので、筑紫口からタクシーに乗るのだが、たまに筑肥線の踏切に引っかかって「珍しいね」となったもんだ。バキバキの新幹線高架の直下を古ぼけたディーゼルカーが各形式ごちゃ混ぜにつないでのろのろ走っていたのを、50年近く経った今模型でやろうとしている。

そして祖父母宅近くの公園からは、「幹ハカ」(博多総合車両所……ざっくり博多南駅) に出入りする新幹線車両を眺めて喜んでいた。そこを「九州新幹線」の乗客となって出張で乗るようになるのはそれから40年後の話である。

博多。そこに「親戚として遊びに行く」ことはもう無いのだろうけど、脳内にマッピングされた博多・福岡の駅と地下街、そして地下鉄路線図と大まかな西鉄バス路線図は、まだしばらくは活躍する時がありそうだ。

「名古屋しょ?なんでそげん知っとうと?」
「東京出身名古屋在住阪神ファンだからっすよ」

勉強したわけでもなく調べたわけでも無く「勝手に覚えた」とか説明しづらいわ。

西国の雄都福岡・博多に幸あれ。

より以前の記事一覧

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック