リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

2021年4月19日 (月)

サイエンス小ネタ2題

●東北地方太平洋沖地震と長野県北部地震(栄村震災)

連動して起こったのは皆さんご承知の通りで。

「どうやって?」が見えてきたという話。

1_20210419215401

https://research-er.jp/articles/view/98519

「ゆっくりすべり」という現象がござる。この記事で書いたが、地震の大きな揺れが始まる前に地面がゆっくりだが動き出す現象のこと。これが栄村の地震の時もデータ解析したら見つかりました、というのが一つ。
そして、その「ゆっくりすべり」は東北地方太平洋沖地震の1時間以内から始まっているのが判りました、というのがもう一つ。
最後に、大規模地震とその余震による震動が繰り返し襲ったことで、これら地震活動が誘発されたっぽい。とのこと。

これの得たい成果は、「誘発されそうな地震の始まり」をキャッチできるかもしれない、ということ。

●野良ブラックホールを探そう

2_20210419221401

https://www.universetoday.com/150941/roman-space-telescope-will-also-find-rogue-black-holes/

ブラックホールは、大抵、「連星系の片方」…つまり相方は死に神とでも書くか、なので、我々は言わばそこに捉えられた「断末魔の叫び」を通じて間接的に、あそこにブラックホールがあるな、と認識している。このプロジェクトはそーゆー奴ではなく、宇宙空間に何か吸い込むでなくぽつんとあるブラックホール…流浪する孤独な死に神を見つけようという物。原論文は「Rogue Black Holes」とあって、まぁ西部劇のならず者みたいなイメージだろうが、日本の場合「野良」というよい言葉あるのであてがってみた。

方法だが、野良なので隣で死んでる(!)奴いないので、その強大な重力が発生する「重力レンズ」効果を使いましょう、というもの。強大な重力が存在するとそこで光が曲げられるため、あたかも「凸レンズ」がそこにあるかのように作用する。これを「重力レンズ」という。

800pxeinstein_cross

これ、真ん中の天体は「LEDA 69457」という4億光年離れた銀河である。その周りの4つの光は実は「QSO 2237+0305」という別の天体で、LEDAさんと「同じ方向」だが「80億光年」離れた距離にある。LEDAの重力で光が曲がって届き、このように4つに別れて見えている。こういうのを、アインシュタインの一般相対性理論から導かれる存在であることから、「アインシュタインの十字架」と呼ぶ。

3_20210419223701

(この論文の説明用のビデオ。「重力レンズ」の影響の例。○されてるのは「本体」と「レンズが作った虚像」。円弧状にぐにゃ~んと伸びてるのもレンズの影響)

逆に言うと「こういう見え方をする天体」が見つかれば、それをもたらしているのが「見えないけれど重力はデカい」天体であるなら見えないそれはブラックホールだ、というわけ。

これ、言われただけだと「ふーん」で終わるけどスゴイ大事だと思うの。

ブラックホールって見えないので、もし、地球へ向かって接近してくる野良があっても判らないのよ。でも、これなら存在を浮かび上がらせることが出来る。

2021年3月31日 (水)

ヒアデス→ヒーーーアーーーデーーースーーー

「すばる」(プレアデス星団)って天文に興味の無い方でもご存じですわね。すばるは「おうし座」にあるのですが、そのおうし座にもう一つ「ヒアデス星団」ってのござって。

1_20210331211101

星って集団で生まれてわちゃわちゃしているうちに宇宙に広がって行くパターンが多いのでござるよ。太陽もヘルクレス座の方向109光年ほどにある「HD 162826」なんかと同時に生まれたと見られています。で。

26683_tails

「ヒアデス星団」もそうやって集団で生まれてわちゃわちゃ状態から広がりつつあるところ、とされているのだけれど、高精度な観測で「数万光年」にびろ~んと引き延ばされているらしいことがわかった、そうな(天文衛星「ガイア」の写真に赤プロット)。ただそこまでの広がりは星団の年齢(6~7億年)に比して広がりすぎで、「何か巨大な質量と衝突し、ばらまかれた可能性がある」とのこと。その「質量」太陽の1000万個分。

新たな知見が謎を呼ぶ。人類はてめえが存在する銀河で起こっている出来事すら把握できていないのです。

 

2021年2月26日 (金)

HDE226868

怪しげなコードネームのようだが実際怪しい。正体はこいつだ。

Photo_20210226212001

青白い方が青色超巨星HDE226868。右側の円盤…の真ん中の黒い点こそは「ブラックホール」はくちょう座X-1だ。HDE226868は太陽質量の15倍と見積もられ、しかし5.6日周期で「何か」に振り回されている。これだけのサイズの星を振り回すのなら応じた大きな質量であろう。調べたのが故・小田稔宇宙研所長で、おや?

太陽の6倍質量だが直径は300キロ以下。

月はおろか、「東京-名古屋間」に太陽質量の6倍分が詰め込まれている。

そんなもの、予言された「ブラックホール」以外あり得ない。

故・ホーキング博士は、こいつが「ブラックホールでは無い」方に掛けて1974年に負けを認めたというエピソードがある。

で、このほどこの人を地球直径を利用した「電波干渉計」で調べたんだと。そしたら、

距離:6000→7200光年
質量:15太陽質量→22太陽質量

と、見積もられた。これまでに見つかったブラックホールで最も重いそうな。

怪しい奴はまだまだ怪しさを提供してくれる。

2021年2月 4日 (木)

46億年という時間

哲学に近いかもしれんが。

その昔「平安京エイリアン」というゲームがあった。平安京に侵入したエイリアンを検非違使が穴掘って埋める、というものだが、仮に本当に地球にエイリアンが侵入するなら、光年単位の真空を超高速で移動できる超科学を持っているか、億年単位の長時間生きられる超生命力を持っているか、どちらかであろう。であれば、「宇宙は銀河で終わりでは無い」と気付くのが1920年代の人類以下、地球に本当にエイリアンが攻めてきたらひとたまりもなかったに相違あるまい。一方で我々の存在は一定の確率で生命が育まれることを証左し、四大文明より数千年で現下科学水準を得るに鑑み、46億年という時間は、上記超科学・超生命を生み出すに充分な時間と考えられる。なのに現下、こうしてチキューカンキョーハカイガーとか言いつつこの星でのほほんと暮らしているのは、そういう生命体に達していないか、そういう科学力を得ていないか、まだ地球に到達していないか、実は我々はぼっちなのか。

実は地球に入り込んでいるが、我々が想定するのとは態様の異なる生命かも知れないとか、害悪を及ぼしていないので気付かないだけ、という可能性はもちろんある。「クマムシ」という生物は1ミリ内外のサイズでおよそ地球上のどこにでもいるが、絶対零度の真空で放射線ぶっ掛けられても生き延びるという。ひょっとすると「超生命」そのものかも知れないが、まぁ過酷な先カンブリア時代を経て獲得した進化した地球生命という理解が一般的であろう。

一方で地球が永遠の住処で無いことも明らかである。いつの日か太陽は今より膨張し、地球は干上がって地球型生命は居場所を無くす。その時人類かどうかは分からないが、その時代を迎える知的生命は存在するであろう。死や滅亡を意識しない(超越した)生命でないなら、生き延びる道は生きられる星を見つけるか作ること。過去46億年地球に訪れた生命が無いのに、向こう50億年で地球から他の星へ到達できるのであろうか。

ひょっと46億年何も来ないのは、そうやって生まれた星で繁栄し、星と共に命脈を閉じられるのが「生命の運命」を証しているのかもしれない。

2021年2月 2日 (火)

春は名ばかり

今日が節分になる説明は実にややこしいのだが、要は「うるう年で生じるズレを100年に一度リセットするが、西暦2000年はそのリセットを行わない年だったので更にずれまくって2日が節分」こうなる。なお、「3日が節分」は西暦2100年までは4年に1度ペースに減少し、「3日と思っときゃ間違いない」に戻るのは22世紀になる。ドラえもんが製造され、ガミラスが地球を攻撃し、ヤマトが復活する22世紀であるw

さておきコロナの緊急事態宣言は延長されたし、明3日の天気予報は気温が低い。そもそも2月入ったばかりだし名ばかりの春である。

Etocthovoaiymse

但し、星空は春。

2020年12月22日 (火)

忙中閑なし

イヤなクリスマスプレゼントのためにジタバタする。

「ある程度在庫積めそうだな」

ぜーはー。

すると父からSMS。

「調子が悪い」

おいおい。血糖値が上がらずしんどい→薬の飲み忘れ。ばかもの。ブドウ糖の錠剤かじるなり砂糖なめるなりしれ。

いっぽう、義父は義父で夜中に起きた際、強い腰の痛みを訴え。転んで尻餅をついてしまったとのこと。→整形外科

「腰椎と胸椎骨折してます」

コルセットを発注。

Ep1bvfcucaacyz2

今日の土木コンビ。一応肉眼では分かれて見えている。あーそこの鉄の方、架線と架線柱に反応しない。

2020年12月20日 (日)

やや、不完全燃焼

この週末はgdgdになってしまった。土曜はケツ揉みで午前中潰したし、その後もほぼほぼぐったりしていた。日曜も土曜日すべきだったことを繰り延べた結果、今度は「休んで英気を養う」がおろそかになった。

Epqyc8ovgamebbp

接近中の土星と木星置いとく。木星が明るい方、木星の左上にポチッと見えているのは多分木星の衛星の一つガニメデ。三脚+双眼鏡+スマホアダプタ+iPhoneSE

2020年12月19日 (土)

さむいだるいめんどくさい

Eplj09suuaige6i

木星土星が接近中。クリスマスツリーのてっぺん「ベツレヘムの星」候補とも言われる現象。望遠鏡おっぴろげて狙ってもイイが、身体がだるくて寒いのでめんどくせぇ。スマホパシャで抑えておく。

Epkvtr9veaajbkz

で、足元を見ると蠢く者達がいるので唸ってしまう。こいつらはツマグロヒョウモン。昆虫の越冬というとじっと動かないイメージだが、こいつらゆっくりした動きだがスミレの残った葉っぱ食ってる。幼虫は比較的飢餓に強いらしく、温度による活動の低下をそれで補い、春まで生き長らえるスタイルのようだ。

Epkvtr8uwaa2hg7

同じくヒメアカタテハ。ツマグロヒョウモンもそうだが表皮が黒いので熱の吸収が早いというのもあるだろう。

固定観念というか既成概念の打破を迫られる。

2020年12月14日 (月)

流星群ことごとく外す

昨日は空が明るすぎ。

Epmviducaegeih

今日はドン昙。これで今年の3大流星群(しぶんぎ・ペルセウス・ふたご)全外し。日頃の行いが悪いんだろうな。

Epf8dk7vqaaemco

私はどこへ向かえば良いのでしょうか。

●メモ
義父BCG投与準備。ツベルクリン→来年初め
実父入院待ち多数につきリハビリもそこそこに追い出される。インシュリン注射と塩分抑制が生命線。

2020年11月28日 (土)

我ら銀河系オリオン腕の辺境に住まい

我々の住まう「天の川銀河」は、長いことアンドロメダ銀河

857894aa8738366aa82ce89aeb27666b3ecce0c4

(すばる望遠鏡)

とよく煮た、わはは、よく似た円形の渦巻き銀河と思われてきた。しかし近年、電波や赤外線、重力分布などの調査から、「棒渦巻銀河」

Hubble200501barredspiralgalaxyngc1300

(NGC1300・ハッブル望遠鏡)

っぽいぞと言われるようになった。観測データに基づく想像図がこんな感じ。

Artists_impression_of_the_milky_way_upda

「Sun」は真ん中やや下。「オリオン腕」と呼ばれる中心部とは離れた小島のような部分にある。今回、日本の電波望遠鏡を連携させたVLBI(Very Long Baseline Interferometer:超長基線電波干渉計)を使って、銀河系の中心、いて座A*(いてざえーすたー/サギタリウスA)までの距離が正確に計られた。

 ・距離約2万5800光年
 ・太陽系の位置における銀河回転速度は秒速227km

これはいて座A*を周回する天体の速度からいて座A*を銀河系の重力中心と仮定した計算結果とよく一致するという。言うなれば太陽系までの「測量」が出来たということだ。

天の川銀河は直径10万光年と言うから、半径は5万光年、太陽系はその半分あたりに存在することになる。東京-大阪が500キロであるから、名古屋あたりになろうか。

そうか、太陽系は名古屋だったのか←どんなオチじゃ

ネタ元

より以前の記事一覧

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック