リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

2022年8月26日 (金)

オレもその時見えるかな?

Fbe_djkvqaipfwc

そういえばそうでしたね。宇宙戦艦ヤマトの艦載機みたいに地上から飛行機スタイルで宇宙まで行けるのはいつの日やら。

Photo_20220826232101

待ち時間についったーダラダラ見てたら流れてきたのがこんなの。もうちょい現実的な太陽系外=星間空間=インタステラ航行する探査機のお話。バカでかいロケットで打ち上げて、木星等でのスイングバイで加速し、「1000天文単位」=150000000000キロ=0.016光年を50年掛けて探査しようというもの。まぁ探査装置自体はもうちょい小さく作れると思うんだけどね、データを送るアンテナがね。

「光の速さで何年」という世界を相手にするなら、ロケット推進では不可能でブレイクスルーが必要で、推進源が光の速度に近いシロモノが求められる。反物質を燃料とする「対消滅機関」くらいしか理論的に対応可能なものはなく、それと超小型化技術を融合すれば「50年で光速の50%」まで加速できる探査機が作れるという試算がある。よらずもしかしても、もしかしなくても、「22世紀」……ドラえもんが誕生し地球がガミラスの攻撃を受けてヤマトが波動エンジンで飛び立つ時代には、人類はどうにか、太陽系の外へ意図的に人工物をほっぽり出す可能性が見えてきた。

上記探査機が予算の審査が2024年までだそうで、まぁその後設計製造となれば、打ち上げは早くて2030年代。50年後は「22世紀」間近の2080~90年代。

わし120歳。よし、見届けるぞ←逝ってよし

 

2022年5月26日 (木)

天と地のネタ

地球に落ちてくる隕石の中には、火星や月面にあったものがそこへ落ちてきた隕石によって弾き飛ばされ、地球まで飛んできた、というものもあって。

Photo_20220526193501

「ヒュパティアストーン」(Hypatia:古代アレクサンドリアの数学者♀)と呼ばれる石がエジプトで見つかったのが1996年。同様に「地球外」であることは分かったもの、詳しく「どこから?」は分かっていなかったそう。ダイヤモンドを含んだいろんな鉱物がガシャガシャ固まっていて、彗星に見られる「汚れた雪だるま」の実例ではないかとされていたことも。でも「リン化ニッケル」(たとえばNi2p)という太陽系の中では作 ら れ な い物質が検出されて話が変わった。「外から来たんじゃね?」

オウムアムア(ʻOumuamua)という地球外から来た物体が観測されたが、「鉄、硫黄、リン、バナジウム」が異様に多く、要するに大変な高熱を経ており、オウムアムアのような「惑星のかけら」でもない。

結論は:「Ia型超新星」

すなわち主星ー白色矮星の連星系

250pxsirius_a_and_b_hubble_photo

(実例としてシリウスさん。我々が見ているのはシリウスAでビカビカ光ってる方。左下の白い点はシリウスBでその白色矮星)

において、白色矮星が親分星からガスを吸い取って膨張し、超新星爆発を起こして、その際に吹っ飛ばされてきたモノ。

遠い遠い昔、銀河系内のどこかで超新星爆発が起き、その際ぶっ飛ばされた星のかけらが、永遠のような時間を掛けて地球まで飛んできて落ちた。

距離と時間、文字通り時空の旅人。

2022年5月13日 (金)

我ら銀河の辺境に住まい

S_color_20220513120000

(ひまわり)

地球、は太陽系の第3惑星でござる。

536_pia23645_palebluedotrevisited_1600

(ボイジャー1号)

太陽系は、渦巻き状の星の大集団である「銀河系」(天の川銀河)の中心より2万6千光年。「オリオン腕」と呼ばれる離れ小島みたいなところにある。

101

(Wiki)

直径10万光年=半径5万光年と言うから、東京-大阪間500キロに例えると、東京から見て名古屋あたりと言うことになる。ぶっちゃけ「辺境」である。

さて太陽系は銀河を2億年掛けて一周しており、これだけの星を束ねるには応じた巨大な重力源が中心にあるのでは、と言われていた。その中心はいて座の方向にあり、

Photo_20220513203801

(ステラナビゲータ)

いて座A*(いてざえーすたー/略号Sgr A*)と呼ばれる。理屈の導く重力源はブラックホールでしかし、この方向には塵とガスが充満し望遠鏡では見えないことから、赤外線や電波と言った他の電磁波によるアプローチが続けられた。そして、

20220512ehtfig

(国立天文台/EHT Collaboration)

2022年、地球上の電波観測装置を一斉に動かしてSgrA*の映像化を目論んだプロジェクト「イベント・ホライズン・テレスコープ(EHT)・コラボレーション」により、その姿が明らかになった。御簾の向こうに影だけ見えた天長様、太陽質量の400万倍に及ぶ巨大重力源はやはりブラックホールであった。

光っているのは重力によって高温になったガスである。ブラックホール本体は中心の黒い部分に存在する。ちなみに「イベント・ホライズン」は日本語で「事象の地平面」と訳され、要は「そこから内側へ入ったあらゆるものは光の速さでも脱出できない」すなわちブラックホールの「領土」である。極端に巨大な重力の影響で時間の進み方が異なっており、もし、地平面へ向かって進む物体を外から見たら、物体が進む速度は地平面に近づくに従い遅くなり、ついには貼り付いて動かなくなるように見えるという。一方で物体は何ら変化なく事象の地平面へ入り込むのであり、その代わり、地平面を横切る一瞬に、彼方では永遠の時間が流れる(これ書いた方が「地平面」という用語の重みが増す)。

ちなみに、同じくブラックホールの可視化は、前にも紹介したが同じEHTチームがおとめ座の方向5500万光年に存在するM87銀河で成功している。

M87a

こちらは太陽質量の65億倍。当のM87のみならず、天の川銀河やアンドロメダ銀河も属する2億光年に広がる「おとめ座超銀河団」(Virgo Supercluster……ヴァーゴ・スーパクラスタ……この字面と響きよ)の重力的中心である。

私たちの細胞一つ一つがこれら遙かなる巨大ブラックホールと方程式で記述できる重力的な結びつきを持っている。

我らホモサピエンス銀河の辺境に命を得て住まい、その光の王国の中心に座する真の闇を垣間見たり。

2022年4月 5日 (火)

星の生まれかた

Solsys_fig_03_1

(国立科学博物館)

「太陽系はどうやってできたか」ってのは、教科書を見ると太陽の周りにチリの円盤ができて、そのチリが各所集まって惑星になったと説明される。ただその場合、チリは重力の強い太陽の近くの方が多くなるはずで、木星とか土星とか、図体のデカい奴らがむしろ太陽から離れていることを説明できなかった。

現状、最新の研究では、こいつら成長しながら徐々に外側に移動していった「マイグレーション(migration)」を起こした、と考えられている。火星から内側はそのとき召し上げられなかった円盤の「残りかす」でできており、更にたまたま火星サイズの微惑星と地球が衝突して月ができた。

こじつけめいてくるが、中心星(太陽)の大きさ、温度、回り集まったガスやチリの量で如何様にも進化する、というのが実態らしい。

Fig1j20220404science

(すばる望遠鏡/国立天文台)

こやつは「ぎょしゃ座AB星」といって、ここ20年ほど「すばる」を始め世界各所の天文台が追いかけてきた「星の生まれる場所」である。件の「チリの円盤」が存在し、惑星ができようとしている。この星系は形成が始まってから200万年ほどとか。ただ、この原始惑星(中二病な響きだな)「AB Aur b」は質量が木星の4倍で中心星(太陽質量の2.4倍)から93天文単位離れた場所(冥王星が40天文単位なので倍以上)に形成中とか。しからば、当然太陽系とは異なる過程をたどり、異なる星系に行き着く。それは惑星系誕生の謎を更に深めるだろうが、同時にバラエティ豊かな様々な惑星系の存在を示唆する。文字通り「星の数ほど」星の成長と惑星系の成長パターンはあるのである。

翻って、地球という星に生きる我々の存在は奇跡であることよ。

2022年4月 1日 (金)

タイムカプセル・リュウグウ

Hb412mcn

「彗星」という奴は星空に見えるものの中で最も特異で美しいもののひとつで、正体をちょっと調べると「汚れた雪だるま」という表現に行き着きます。で、その「雪」成分が太陽に近づいて蒸発し、このように宇宙空間にたなびいて見えていると。すると素朴な疑問がわきます。ハレー彗星みたいに太陽に何度も近づいてる奴はそのうち雪成分なくなっちゃうんじゃないのか。

Ryugu01

小惑星「リュウグウ」。先に「はやぶさ2」がここから表面物質取ってきたのですが。

20220401-224908

  • 岩石の塊が弱く集合した多孔質な内部構造(ラブルパイル構造)
  • 高速自転による変形を示唆するコマ型の形状
  • 有機物に富む組成

という特徴があって、しかしこれを全部一発で説明できる「リュウグウの生い立ち」パターンが見つからなかった。が、リュウグウが元・彗星で、宇宙空間の有機物を取り込んで生まれ、そして「燃えがら」の岩の塊に成り果てたのが今の姿だ、とすれば合理的な結果ということがわかったそうな。

32130_diagram

リュウグウに残っていたそれらは、太陽系生成期の物質を今に伝えると共に、リュウグウ自身の長い旅路をも教えてくれたようです。

ネタ元

2021年12月11日 (土)

年の瀬のお買い物

自家用&贈答用に養蜂場まではちみつを買いに出る。

「ハチ飛んでるの?」
「彼奴らにカレンダーはない」

Fgsrpi5ucaacpo2

そもそも彼らは体温が高く、巣の中は応じて暖かいので、日が照って気温そこそこなら採蜜に出て行く。

Fgsskgqvqambjx

黒い服着てるから寄ってくるんだよw。ちなみにそれでも空飛べば体温奪われるのであろう。木の葉に止まって日光浴して再度飛ぶ奴、こうして指にとまり、しばしじっとしておいらの体温チャージしてから飛んで行く奴。
【注意!】当たり前ですがまねしないで下さい。間合いとか平常心とか経験に基づく特殊な対応力が必要です。

Fgps_keuyamtvfh

さて、帰宅するとサラ・ブライトマンのスーパーオーディオCDが着弾している。

Fgptnzjvgaudrm9

アマゾン・アメリカ経由で取り寄せたもので、当然ライナーノーツは全て英語である。

Fgpta0vuyacbch

マニュファクチュアド・イン・ジャパン。航空燃料使って片道1万2千キロ往復したの?この円盤。

Fguraoguyaep9jf

同梱で届いたAnkerのワイヤレス充電器。スタンドも充電器で要はスマホ2台までOK(コレ重要)。ケース付きでも電力授受成立し(コレ重要)、充電能力も大きい。今のところ同社製品は良心的、という印象。これでスマホ使いの家族3人食卓充電可能。

Fguvsyrvcae8nla

寝しなの読み物。読むのか?読むんだよw。

2021年11月25日 (木)

二番目の月(もどき)

「ルナツーか」

Locationimg

違う。ちなみにこの図に出てくる「L**」のLはLUNAではなく「ラグランジュポイント」(Lagrangian point)で、重力的平衡点である。ここに居ると吸い込まれたり飛ばされたりしない。

さて。

「カモオアレワ(Kamo`oalewa)」と命名された天体ござる。ハワイ語で「かけら・破片」みたいな意味。ハワイ語なのは、ハワイにある探査システム「パンスターズ」が発見したから。直径50mくらい。

Illustration_2

(想像図・アリゾナ州立大学

この人、500年ほど前に地球の重力圏に捉えられ、地球の上行ったり下行ったり、前行ったり、後ろ行ったり……要は周りをぐるぐるしながら、あたかも第2の月のように地球と一緒に太陽を巡っているそうな。こういうのを「準衛星」と呼びます。 ただし、地球との距離は1400万キロ(地球と月とのそれは38万キロ)離れているとか。

Photo_20211125221601

ややこしいのはこいつ、「月」のかけらっぽい、ということ。つまり、隕石等が月に衝突して宇宙空間へ飛び出したかけらじゃないか、というわけ。ちなみに似たようなので「火星からはじき出されて隕石として地球に落ちてきた石」ってのもござる。

あと300年くらい、地球の周りにいるそうな。少しの間庭に同居しているトカゲやカエルみたいなもんですかね(違

2021年11月19日 (金)

赤い月の夜2021 #部分月食

前回、「まともに」月食見たのは2014年になってしまう。

7e81b840191d423e87358c68fbdd13c1

今回もあと月が出てから曇り始めて、「ひまわり」見たり外を確認したりしておろおろしたが。

Feiwrs9aqaes7xi

お?

Fei70ahagampnum

食分最大で雲が途切れた。97.8%という「ほぼ皆既」。通りすがりの人に見えますかと聞かれるので双眼鏡をどうぞどうぞ。あそこに動く光の点が見えますか?アレ実は宇宙ステーションです。などなど。

Img_0117

「赤い月のある風景」が撮りたいのだが……

Feiozaaqaeypl

Feiozcamae6jxy

名鉄瀬戸線、線路沿いにさまよって「日本でここだけ」の風景でどや。漆黒の天空に赤い月もいいけど、街中日常に赤い月、というのもまた。

あー、すっきりした。

Fejulibaaaihyhn

お帰り。

2021年11月17日 (水)

「アウトリーチ」の難しさ

Photo_20211117234101

いや、いやいやいや。

「しし座流星群」って「テンペル・タットル彗星」が地球に近づく時期に活動が活発になるもので、およそ33年周期なんでやんすよ。この動画の奴は先回、1999~2001年の活動を捉えたもので、逆に言うと、同彗星は今、地球から最も離れた位置にいるわけ。なのでおよそ流星は望み薄。

「ウェザーニューズ」のこの手の天文系記事・ツイートは、大げさ・やり過ぎのものが多くて正直どうなの?といつも思う。「ネイティブアメリカンの言い伝え」とかいう「なんとかムーン」も、満月が1月に2回のブルームーンとか、事象の珍しさもあったからまだいいが、だんだんと毎月なんとかムーン言い出した。

「天文現象に興味を持ってもらうにはいいかもしれない」

と、天文クラスタの声も聞くが。

例えば「しし群」。それこそ今夜期待して見上げて、ユーミンの「ジャコビニ彗星の日」(※)みたいになったらどうよ。

「なんだ全然見えないじゃん」……折角夜空に向いた興味がしぼんでしまうかも知れない。興味を持ってもらう……アウトリーチ活動大切だが度が過ぎると折角の機会が永遠の別れにつながってしまう。

大切なのは「理論や確率」をきちんと説明して理解してもらうことだろう。ちなみに何とかムーンは天文の用語ではないし、当然、学術的な意味も全くない(どころか、ネイティブアメリカンの言い伝え……自体、あやふや)。

「理屈で押されるとつまらない」

ハートキャッチで、理屈っぽくなく、理論を理解してもらう。

ボーズアインシュタイン凝縮が~~~~←錯乱

※ジャコビニ彗星が地球をかすめて行くので、同彗星がまき散らす星屑で未曾有の流星雨が現れる、と予測され、ラジオで生中継したり、シベリアまで観測に出かける者も現れた。が、すっからかん、という事象(事件?)を元にした曲。なお、国立天文台・渡部潤一准教授が天文に進むきっかけになったのがこれだったとか。

2021年11月 9日 (火)

雑感集

個別に長々書く気はないがとどめておきたいモノたち。

●ぜいきんどろぼー

Photo_20211109220301

「厚顔無恥」を筆頭にありとあらゆる罵詈雑言を用いても表現しきれないシンノゲス。え?名古屋市民と議会関係ない?こいつ愛知県の出自なんだよ。一言言うなら「お前がこんな奴の子供だったらどう思う?」。

●名選手名監督にあらずと申しますが

典型的なのがN島

「N島選手。ヒットが打てるこつを教えてください」
「いい玉が来たらね、こう、スパーンと」

ピッチャーから130~150キロで飛んでくる数秒間で「コレは良い」と判断し、バットを振る。それを直感でやってる、というのがこの言葉には含まれている。多くこういう人は「技術」を「理屈」で説明できない。そして「自分が出来るからみんなも出来るだろう」と思ってしまう。結果、「自分なら出来るはず」のプレーを指示して采配としては失敗する。アメリカプロバスケットボールNBAの選手なんかでも過去にあった。

2_20211109221601

彼は、どうだろねぇ。「理屈に相当することを理屈を使わず説明する」ように見えるが、ホントかな。

●行ってらっしゃいお帰りなさい

1_20211109222101

衛星9個相乗りして全部出してきました、と。人工衛星小さく作るの大事。あわよくばソーラセイルでふわふわ動けるレベルまで小型軽量化進めるべき。1度に多く打ち上げられるのみならず、姿勢制御にエネルギが要らない。なおこのイプシロンロケット、打ち上げ官制がパソコン1台とか。ペンシルロケットから50年。

4_20211109223101

お帰りなさい。何度か上空通過を見届けました。

より以前の記事一覧

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック