リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

2021年10月20日 (水)

納期がNO期

部品が来ない→部品の製造装置が作れない→部品が作れない

……どうしろと。これが今世界中の製造業で起きていること。

Photo_20211020193901

電気のコネクタ。アキバや大須、日本橋に行くとスーパーのキュウリみたいに盛られているもの。それがこの有様。何だ納期195日以上って。他も同様で部品メーカ→工場直接購入できなかった奴が世界中の一般市場で刈り尽くされて尻の毛も残ってねぇ。

「修理用の部品もないので壊さないでくださいね」

おい。

2021年10月13日 (水)

わーいかくゆうごうだ(おいおい)

Photo_20211013222401

太陽って「核融合」で光ってるんでやんすよ。巨大な重力がもたらす高温高圧で水素の原子核(陽子)同士が融合する。で、膨大なエネルギーが解放され高温が維持され次の核融合が……という機序。欧州や大陸の赤い国が作ろうとしてるのもそっち。

こいつは。

1003cleanplanet1

「高温高圧で水素同士を強引に近づける」のではなく、水素を金属に吸着させた状態(ニッケル水素電池はそういう金属を実際使っている)で刺激を与え、水素同士を融合させる……だそうな。

「常温核融合」って一時騒ぎになって「ウソじゃん」ってなって、それもあって人工太陽の方にベクトル向いてるんだけど。

・他にNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)、東北大学等が関与
・実験室再現性100%
・2023年商用化

さてこういうのは特許を確認する。検索したらサクッと出てきたが。

2_20211013225601

理由:常温核融合で安定したデータ出てねぇじゃん

でも、商品化するんだそうだ。

出来れば画期。常識(=固定観念)を疑い覆す努力は大事。でも原理原則を超えて起こることはない。

さて。

2021年10月10日 (日)

売る物売って買う物を買う

Fbv3cmsveaeewms

娘と二人でリュックに手提げの出で立ちで出かける。どっちも別途にせどり屋に行く。金なし親子の日銭の工面、みたいな。

Fbthhlyvqaqze5v

ドニチエコきっぷで地下鉄を乗り回す。まずは新幹線2万5千円でさようなら。同じ店で鉄道省の特別二等車をお迎え。

Fbvkmijvqamk5cb

ラーメンを食う。

Fbuomfuvcaitpal

大須に向かいアニメグッズを売る。大須の人出は「いつもの」という言葉が使える。安いオーディオケーブルを買う

Fbuyvojucamdbqr

名古屋駅。Sっ気のある奴が居たので撮っておく。アニメショップを2つ3つチェック。名古屋駅ナカぎっしりだが、エスカならそうでもない。コーヒー飲んで名鉄百貨店

「父がファンケルで何買うの?」

Fbvfybcvgau80tl

じじいだ。

締めは東急ハンズ。娘の買い物と、おいらは鉛板など。

Fbtxr4avcamj0ib

キアゲハ出立。

Fbvnhfvvcaik8z1

久々にこんな歩いたわ。

2021年10月 7日 (木)

「教えてあげないよ」が滅ぼす

工場においては「迷った若手の駆け込み寺に使ってくれ」(オレんとこ聞きに来い)としてある。よく書くのだが、会社という組織体において「叱る」とか「突き放す」という行為は、それが生じた原因の解決が遠のくばかりでなく、当該者の心をくじき、組織としての力の底上げに何にも寄与しない。要するにデメリットしかないのである。

我々昭和人間が「若い」時代から今までに技術の進歩は大きく、比して大学で教える工学は昭和のレベルにとどまっており、令和に世に出る若手はその間の進歩を急激に吸収しなければならない。ぶっちゃけ平成30年間を研修期間+αで身につけないとならないのだ。

30年分を「自分で考えろ」「自学自習」……スキル・ノウハウの断絶を惹起することは明らかだろう。

話全然違うが自分の模型鉄道「土日鉄道」のブログにおいては、昭和のぼろ電車が走りジオラマに興味がある=<del>鉄キチ</del>エンスージャストが訪うものと想定し、記事中、鉄道の基礎知識みたいな説明は一切省いてある。ただ、間違ってお子様が「在籍車両紹介」をクリックした場合に備え、実車の登場の経緯や簡単な特徴、技術解説みたいなものは入れてある。

一見、つながりのない話のようだが。

鉄道も平成30年挟んで駆動装置のコンピュータ制御化が進んでるのよ。昭和の頃なら小学校で電磁石やモータを学び、抵抗器でオームの法則を学ぶ。抵抗器で電圧を変えてモータの回転速度変えてるんだぜ、で理解ができる。鉄道の原理機構を身近に捉えることができる。比して今の電車は

VVVFインバータ。

Vvvf

(富士電機のサイトより)

鉄道の本質は電気と機械を融合した総合システム工学であるから、「○○系はどこそこを走っている」をひたすら覚えて行くだけではそれ止まりになってしまい、なぜ、そうなのかを知り、知識欲を最高レベルで満たす「真の面白み」は得られない。趣味の幅が広がらない。技術も踏まえて知見を増やすと、逆にそれを起点に論理的な現象の理解度が上がったり、電気・機械の知識も増える。比して「どうやって走ってるの?」というつぶらな瞳に、この大学でようやく出てくる回路と理屈をどう説明すればいいのだ。

そう、同じような断絶がここに存在する。だから趣味の門戸を広げ、スマホやゲームから取り戻すには、同様な知識と魅力の広報拡大が欠かせないのだ。

「迷惑撮り鉄」がたびたびメディアやネットで取り上げられる昨今であるが、鉄道趣味の本質は電気と機械の両面から理解を深め、明治期、さらにはスティーブンソンによる勃興期からの発展を通じて、人類が歩んできた「電気と金属」の技術史を側面から把握し、もって未来を俯瞰し、あまつさえは自身がその発展に寄与することであろう。

「中身」を伝える者でありたい。

2021年9月30日 (木)

パソコンに頼りすぎてパソコンが分からない

Photo_20210930211901

有料記事なので引用は見出しだけ。

2_20210930212201

メーカも認めている、それはいいんだが、新聞記事の方に「うーん」な文言が。

「IT機器に不慣れな教員が多くパニック」

中日新聞(東京新聞の本体)だから眉にツバする必要はあるにしてもよ、ネットとパソコンが情報インフラの地位に座って何年経った。自分が初めてパソコンに触ったのが1991年で、「PC-9801Vm」とか。理系の大学生で、時期的にも理解度も早いほうであるから、まぁ50歳より上の世代でパソコン不得手で、というのは分からぬではない。一方で2010年には、業者に回線工事してもらってパソコンを接続すれば即インターネット開通の時代になっていたから、これ以降の大学生は文系理系を問わずパソコンで……ナニ?学校自体のパソコン導入はつい最近だ?それどころかリモート授業という着想自体が去年?パソコンはセットアップ「してもらう」もので、自分でやったことは無い?

何度か書いてるが、そもそもパソコンは「機械」だけ販売されていて、直接計算機として使うなり、OS(オペレーティングシステム・人とパソコンとアプリケーションを仲介)とアプリケーションを入れて現在知られる「パソコン」のスタイルで使うなり「買った人が自分でやって」というスタイルだった。そりゃ専門知識が無いと扱えんわ。これは逆に言うと、今の「家電化」したパソコンは、そーゆー面倒くさい部分を全部メーカで済ませた状態で店に並んでいる、ということになる。スイッチ押してユーザ登録するだけで「使える」わけだが、その「使える」理由を知っておかないと「使えない」状態になったときドコに問題があるのか分からなくて詰み、ということになる。電源が~ということだが、長押し強制リセットとか、電池やケーブルを動くモノのそれと交換して、PC本体なのか電池やケーブルなのか確認するとか、「知識と経験」がモノをいう、ただし「きかいをうごかす」にあたり基本的なことは、身についてないんだろうね。「画面が出るか出ないか」で始まる世界に「まず電源を確認しましょう」は存在しないわ。

ちなみに「行ける学校に行った結果、教員免許が取れたので先生になりました」って手合いを知ってるが、まさか、ね。

2021年9月29日 (水)

ビョーキ【 #ハイレゾ 音源再生】

Ed6gk2bu8aa3txt

プリメインアンプ、デノンPMA-600NE。192/24対応のDAコンバータ内蔵で、パソコンから音源放り込んで鳴らしている。オーディオの電源入れて後はアプリで楽曲選べばいいので「手順に従ったオーディオの操作」要らないので、機械に疎い妻でも音が出せ、リビングでそれはそれは便利に使っている。

が。

Faddxjgucainuuv

CDプレーヤをこの方にしてからというもの、リビングを在宅勤務に使う場合は円盤選んで回すようになった。理由は簡単でその方が音質がイイからである。配信で購入したハイレゾ音源はバックアップもかねてDSD方式の円盤も作ってあるが(DSDディスク。スーパーオーディオCDを自作するようなもん)、それを回して入れ替えるとかいう不便なことをわざわざやっている。音質がイイからである。

んー。

これを30年前に「発症」して、機械をグレードアップしてきた今があるのだが、応じて「特にこだわらない」対象と「妥協できる」水準を設定したつもりであった。が、その範囲内でも「差」を作ってしまい、その差に気づくと、気になりだしてリラックス目的の音楽が逆にストレスになってしまう。

そんなに変わるのか?アンプの中のDAコンバータは「も、できる」一機能だが、CDプレーヤのDAコンバータは「それがお仕事」主機能・エンジンだ。その上CDプレーヤの方がアンプ2台分のお値段である。かなり露骨に違う。

まぁ、在宅勤務は今日までの予定なので、余計な懊悩を引きずることは無いと思うが。

2021年9月 7日 (火)

普通、目に見えるように置いておく

環境試験装置を使った試験を頼む。

「温度はこのペースでこう変化するようにあーだこーだ」

昼に様子を聞いたら

「自動設定方法が分からないのでマニュアルで設定変えに行ってます」

マジデ?今時シーケンスプログラム機能が無いわけが……。45分ごとに設定値変えに行く?んな地獄作業だめよ。

現場行ってみると技術者が困った表情。

「タッチパネルだと思うんですが」

タッチでダメならぐいと押す。ピピッ。

「あ、反応した」

が、プログラム終わり登録、リピートポイントの設定が分からない。ウェブでマニュアル探すも、んな高価格な機械のマニュアルがアップされてるわけも無く。

「普通機械のそばに置いておくもんだけど……」

日常点検表、使用時間表、終夜運転表示。

日常点検表のバインダーに手を突っ込む。ん?過去の点検表が重なってるのちゃうぞこれ。

『取扱説明書』

「あ」
「あ」

まぁ、そんなもんだ。

メモ:婚姻届出して20年目

2021年9月 2日 (木)

去りゆくモノへの挽歌

通達:テレビ会議システムを廃止する
事由:ネット会議システムの普及により使用されなくなったため

てのがメールで来た。ここでスマホで無料動画チャットをしている世代向きに軽く説明する。その昔個人対個人のリアルタイム交信は「電話」しか手段がなかった。電話局と個々の電話がケーブルで接続されており、電話番号に基づいて相手先の電話局→個々の電話と接続される。「声」に特化しているので、ある瞬間に送れる情報量は少ない。

そこに何とか工夫して静止画を送れるようにしたのがファクシミリであり、リアルタイムで動画のやりとりは「テレビ電話」と呼ばれ、未来を象徴するアイコンだった。これで推察可能と思うが、相手の装置に電話番号で接続して、可能な範囲でリアルタイムの動画通信を実現したのがテレビ会議システムだった。ただそれは品質の割には非常に高価で、スマホの動画チャットのように気楽に所有し、利用できるシロモノではなかった。

インターネットでそれが難なくこなせる理由は何かというと、「電話における音声の代わりに必要な情報を載せる」のではなく、「電話用の通信線だが、通信線が機能性能上対応可能な範囲で電話の規格とは全く無関係に信号をやりとりする」からである。そして逆に、電話の機能をインターネットの規格に取り込んでしまっているのが昨今である。テレビ会議システムが「空きがなくて取り合い」だったのは2010年くらいだっただろうか。それでも新幹線は出張のおっさんで満員だったわけで、テレビ会議の満足度推して知るべしである。そしてその「同等機能」であるところのネット会議に対し、テレビ会議の質の低さにトラウマな世代は及び腰だったわけだが、テレビ会議の2拠点(3拠点以上のシステムもあったのか?)に対し、同時に100人くらい別々の場所から接続できる。ほぼほぼ、「対面会議のバーチャル化」が可能なレベルと言える。ならまぁ「これでいっか」になるし、テレビ会議システムなんか価値はなくなるわけで。

機械を借りて、配線して、電話番号打ち込んで、ログインパスワード入れて……いま、過去へと消える。多分、忘れ去られる運命。なのでせいぜい、ここに「そんなものあったよ」と書き残しておく。

2021年8月19日 (木)

宇宙の原動機

20210819_1thumb700xauto9197

https://www.isas.jaxa.jp/topics/files/20210819_1.jpg

デトネーション(detonation)エンジン。無理矢理日本語にすると爆轟原動機。爆発衝撃波で高速発熱反応を惹起し、その発熱反応で更に衝撃波を作らせる……ことの繰り返しで連続爆風を得る熱機関。事故的な爆発でこれが起きると高温の衝撃波が爆発を誘発しながら広がって行くことになり、大きな被害をもたらす。これを制御して大火力の原動機を得ようというものである。

レシプロエンジンをご存じの方には「圧縮・点火」を衝撃波にやらせるものと理解されたい。得られる熱衝撃波はマッハ10とかのスケールでノズルからぶっ放され、まぁ、宇宙機に使える。ここでレシプロや普通のロケットエンジンと違うのは「爆発の方向」(ベクトル)の軸が揃えやすいことと、推進軸と違う方向へ向かったエネルギも衝撃波生成に一役買うので、要するに「効率が良い」のである。

今回の実験は推力500ニュートンで6秒間作動(H2ロケットのメインエンジンLE7Aは1100000ニュートンで440秒)とのことで、まだまだ「第一歩」だが、小さくて大出力のメリットは計り知れない。

さぁ、宇宙へ行こう。

2021年8月16日 (月)

源流の違いが聞こえる#ハイレゾ @DenonJP

E86t4kkuyaqmzcx

CDプレーやDCD-1600からアンプPMA-600に送り込むというかなり価格差のある構成にして1ヶ月が経過した。

基本的にはパソコンからUSB-S/PDIF変換をしてアンプに送り込むルートを主としている。パソコンからはランダム再生。

なのだが。

音質差をかなり感じる。同じ音源ならパソコン出力よりDSDディスクに作ったものをプレーヤで再生する方を選ぶ(ハイレゾの場合)。えー、そんなに差が出るか?と逆に驚くほど。

このことは「それなりのDAコンバータ」使えば、合計10万円という範囲内でもしっかりとした「聞いていて気持ちの良い」システムが組めることを意味する。昭和と違い、令和の今は出力をパソコンに一元化できる。「あっ」と思うのは昭和のシステムを知る方だろう。令和の現在レコードもカセットもラジオチューナ(→rajiko)も買う必要なく、何ならCDもリッピングしてしまえば「デジタルファイル」と化す。DAC→アンプ→スピーカ……同じ予算で買えるグレードを上げられる。

音楽はスマホとイヤホンで映像とともに楽しむ昨今だが、「音のある空間に身を置く」ことは、いくらイヤホンで音質エミュレーションしても得ることは難しい。そこに、オーディオハードウェアのレゾンデートルが微粒子レベルだが存在する。

スピンドル機構が無いだけで、電力・振動対策両面で掛けられるコストは大きくできる。「USB直接突っ込めるDAコンバータ」これを核とした「実体オーディオ」そこそこ行けると思うが如何か。「イヤホンよりいいじゃん」と思わせればしめたもの。

音を、音楽を空間に解放しようず。

より以前の記事一覧

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック